「赤木春恵が要介護4でパーキンソン病と闘病&「金八」共演の田原俊彦へ手紙【爆報!THE フライデー】」のサマリー
現在、要介護4でパーキンソン病の症状にも苦しんでいることが9日、分かった。1933年、帰国して京都に住み、女学校卒業後の1940年に松竹にニューフェイスとして入社し、同年に映画『二本松少年隊』でデビュー。1959年、森繁久彌主催の森繁劇団に参加するためにフリーとなる。1974年の『四季の家』に初出演して以降、橋田壽賀子や石井ふく子のプロデュースした作品への出演が増加。1983年、著書『おばあちゃんの家事秘伝』がベストセラーになる。2015年9月、東京都内の自宅で転倒し左足大腿部を骨折。12月には一時帰宅できるまでに回復し、同月、自宅で森の追悼番組の取材に応じた。話しており、本人もなお女優復帰を目指しているという。

つづきを読む

話題のトピック