「真田丸で見る俳優「小日向文世」さんの演技力の高さ!」のサマリー
小日向文世さん演じる秀吉が、“天下一の人たらし”でありながら、どこか不気味さを感じさせられ、登場直後から“ハマり役”だと話題になっている。

悪役を演じるなど“カメレオン的”な俳優として知られている。

大坂編では、山本耕史さんが演じる石田三成、竹内結子さんが演じる茶々も新たに登場し、物語の中心的な存在となっていく。人たらしだが恐怖すら感じさせる秀吉、冷たいようで人間的な三成、闇があるがチャーミングな茶々……。信繁は、一筋縄ではいかない三人に振り回されることになるようだ。

小日向さんはダブルフェイスのやくざの組長役で、びっくりしました。



つづきを読む

話題のトピック