「癌を予防&撃退!組み合わせで相乗効果も!納豆は癌退治にもってこいの食材だった!」のサマリー
便秘や下痢の原因になる腸の腐敗菌の働きを抑制する 体内で長生きするしぶとさ 納豆菌には次のような効果があることが知られています。

1.体内に入った悪い菌の増殖を押さえたり、殺したりする抗菌性が強い。 2.便秘や下痢の原因になる腸の腐敗菌の働きを抑制する。新たにわかった事実とは、このポリアミンのアンチエイジング効果が遺伝子レベルで効果を発揮しているということ。「健康長寿食といわれている食品には共通の成分、ポリアミンが含まれています。

ポリアミンが遺伝子の炎症を抑え、がん、特に大腸がんを抑制することをマウス実験により確認し、ポリアミンの大腸がん抑制の仕組みを見いだしたのだ。

つまりポリアミンを多く含む納豆こそが、がん抑制に最適な食品ということなのだ。

その炎症をポリアミンが抑えることが、多くの研究者によって判明したのだ。

「両足の付け根にガン細胞を移植したハツカネズミの片方の足にだけ、納豆菌を注入してその後のガンの発達を観察したところ、納豆菌を注入しなかった足にはガンが発生していたが、注入したほうにはガンはなく、あったとしても半分以下の確率だった。治療の選択肢が広まったとはいえ、がんから身を守るのがまず第一。またレタスには精神を安定させ、眠りを誘発するラクッコピコリンという催眠作用のある香り成分が含まれています。

眠れない日が続いていたら納豆+レタス料理を作ってみてくださいね。

ビタミンKは、怪我などで血が出たときに、血液を固める働きを助けてくれます。スペインの研究グループが、ビタミンKを摂取する量と、すべてのがんを含む死亡率との関係を調べ、昨年論文を発表しました。

研究グループは、約7200人を対象に、137品目の食品について食べた量のアンケートを行い、年間のビタミンK摂取量を計算しました。

その後、長い期間にわたって行われた追跡調査においても、ビタミンK1やK2の摂取量を増やした人は、減らした人や変わらない人よりも、がんによる死亡率が減っていました。



つづきを読む

話題のトピック