「奥歯がウズウズすると悩む親知らず問題…抜くべき?そのまま?判断は」のサマリー
10代後半から20代前半ごろに最後に生える永久歯のことです。昔の日本人の寿命が短かく、親知らずが生えてくるころには親はすでに亡くなっている、というのが名前の由来だと言われています。

他の永久歯より遅れて生えてきた親知らずは、横向きに生えたり、傾いて生えてきたりすることが多い。したがってむし歯や歯周病になる可能性が高くなります。きちんと噛めば、ほかの歯のように役立つことができる。かなり意識をしないと歯ブラシが届きにくく虫歯や歯周病になりやすい。他の歯が押される事によって、歯並びが悪くなってしまったりします。親知らずが虫歯になったら治療をせずに抜歯をするケースが多いです。年齢が上がると顎骨と歯根が癒着してくることがある。

つづきを読む

話題のトピック

リアルタイムトレンド


Yahoo!検索ランキング