「今すぐ意識してやめるべき!悪い口癖(NGワード)は悪印象を与え自分を不幸にさせる!」のサマリー
逆に言えばネガティブな口癖をやめれば人生は好転するはずです。 「友達に『どうせかわいくないしさ』とか言われたら『そんなことないよ!』と言うしかないので疲れます。私って太ってるでしょ 「女の子で体重の話ばかりしてくる子がいました。

気持ちはわかるんですけど、ちょっと食べただけで『太る~』と騒いだり、いちいち面倒くさいです。そんなに騒ぐくらいだったら自分で体重を管理して、それでも太ったんなら節制や運動して痩せればいいのにと思ってしまいます。

「一緒に遊んでいて『つまならいよね~』と言う子はちょっと嫌ですよね。

竹山は続けて、「こいつは合コンばっかりやってる。仕事よりも遊びに熱中するタイプであることを訴えた。 これらの言葉は話の“いい流れ”を作りません。
いい流れが作れなければ、いい結果にも辿り着くはずもありませんよね。

自分で最近頻繁に口にしているかも、と気づいた時は“マイナスの言葉”を控えるように意識しましょう。 気持ちが不安定な心境の時は、ついマイナスの言葉が無意識に口をついて出る事が多くなるので、そんな時こそより一層の意識が必要です。 そして否定的な感情を持つと、今度それに連動して否定的な行動を起こしやすくなります。言葉や感情や行動というのは、それぞれお互いに作用し合っているからです。 思ったことや感じたことを言いたいと思っても、実際には何も言えず、自分のなかでどうにかしようとしてもできないという状態のとき、こういう言葉を発してしまいますね。


このように、自分で感じたことや思ったこと、気持ちなどを言葉にして表現することが苦手な人が最近増える傾向にあります。 これは、あなたの中の勝手な思い込みに過ぎません。
人はそれぞれに、頭の構造も考え方も捉え方も異なりますから、相手にあなたが思ったことや考えていることを伝えて、はじめて理解されたりコミュニケーションが広がっていきます。

しかし、あなたが自分から相手に伝えなければ、相手には何も伝わりません。
相手にはかまえず、力を抜いて、勇気を持って、あなたの感じたこと、思っていることを伝えてみましょう。25年で2000人ほど会社員を取材してきたジャーナリストの吉田典史氏は、出世競争の勝者と敗者の分かれ目には、一定の法則があることに気づいたという。それは、会社員が競争に負けるのは、自らの意識や考え方に原因があることが圧倒的に多いということだ。

口にし、ライバルと競い合う前に、闘いのリングから降りてしまう。そして、負けたことの検証ができないから問題点や課題が残り、ずるずると落ちこぼれていってしまうのだ。

つぶやいた後、周囲の雰囲気や表情を上目づかいでしっかり見ているはず。弱者のふりをしつつ、自分にとって都合のいい状況をつくろうとするのが、落ちこぼれの性癖。優しい言葉をかけてほしいならば、日ごろから周囲に親切に丁寧に接しないといけないはず。 普段から相手に投げかけた言葉が返ってくるものなのだ。

ころが、自分のことしか考えていないから、周囲のことがわからないのだ。

目の前の仕事に集中しすぎるあまり、広い視野で全体を見ることができなくなる。出世する人は、半年後、1年後、3年後と長いスパンでとらえる。ん仕事を休止して、これからどうするべきか、現状をどう改善するべきかと考える時間を設け、対策を練ることができるのだ。

内側から自信が溢れ出し、今まで灰色に見えていた世界が鮮やかに見えてくるはずですよ。例えば、もう少し体重を減らしたい、職場環境がイヤ、付き合っている友達がイヤ、などなど……。仕事がイヤなら、もっとやりがいがあってストレスの少ない仕事に変えれば良いだけです。付き合っている友人がイヤならば、関係を良くするために何か行動を起こしたり、もしくは友達関係をやめたりすればいいだけ。簡単にできることではありませんが、その方がよっぽど健康的で幸せな生活が送れます。世の中にはどうやっても変えられないことがあります。 それは起こるべくして起こっているのであって、そのことに対して無駄に心配したところでシワが増えるだけ。そして、そういう時にはどう対処すればいいのか、結果どうなるのかを学ぶいいチャンスだと捉えましょう。今、あなたがいかなる問題に直面していようとも、最終的には全てうまくいくと考えてください。悪いときはそう長く続きません、必ず良い方向へとあなたを導いてくれます。自律神経失調症の治し方!症状を理解して、克服しましょう。

つづきを読む

話題のトピック