「バレンティンが打ちすぎでヤバい!本塁打記録が射程圏内に」のサマリー
驚異的なペースでホームランを量産するヤクルトのバレンティン選手。ヤクルトのバレンティンが大きな放物線を描く2本の左中間本塁打で、球団記録のシーズン44本を超える45号、46号を放った。 ペタジーニと岩村のもつ球団記録を1試合2本塁打であっさり超えた模様。計算なので、四死球が嵩んでしまうとそのぶん本塁打数が減ってしまいます。



つづきを読む

話題のトピック