「つけまVSマツエクVSマスカラ…1番まつ毛にダメージを与えるのは?」のサマリー
ぱっちりまつ毛は女子の憧れ!でもそのメイクには重大な負担が・・・。ついているのを無理やり自分でとろうとして自まつげを一緒に抜くと少なくなります。付いている状態ですので、まつ毛1本1本に負担がかかっているのは事実です。 肌質によってはグルーとの相性がありますので、事前にパッチテストをしないと負担が増えることも・・・。まつ毛エクステを付けた場合のまぶたを持ち上げる負担を1年分に換算すると、約61kgのものを1cm持ち上げる仕事量に相当し、言い換えれば女子柔道選手1人を持ち上げるのに等しい。 エクステの後ごそっと毛がなくなったと感じるのは、エクステで付けた繊維と、自分のまつ毛の両方がなくなってしまったからです。落ちないウォータープルーフタイプはまず毛に悪いです。 強いタイプを使い続けていくと、毛がどんどん細く、傷んでいきます。 1年の負担の合計とはいえ この犬たちを持ち上げるのかと思うと 結構ゾッとしますね。


マツエクの接着剤は負担があまりかからず、つける量も最小限に抑えていますが、つけまつげは取れないよう、毎日、たっぷりの量をつけていますよね。

そして、取り外しを毎日行うので、かなりの負担が自まつげにかかってしまうわけです。つけている間中、とても繊細なまつ毛の地肌にノリがついている状態です。 まばたきで力士を持ち上げ はずすときはブルドッグを持ち上げる。 まつげの根元が炎症を起こしたりすることにより、かゆみからこすってしまったりすることで自まつげが抜けてしまったり痛んでしまったりします。ビューラーが自まつげにかなりの負担をかけるんです。まつげパーマなんかもっての他で、一番負担をかけるといわれています。

まつげに化粧をする際の必須アイテムであるビューラーもまつげにダメージを与えている場合があります。まつげを出来るだけ長く見せたいと根本から力いっぱい折るように上げていませんか。

つづきを読む

話題のトピック

リアルタイムトレンド


Yahoo!検索ランキング