なぜ「金銀銅」なのか?

「金銀銅」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      果物の摂取は本当に体に良いのか?どんな果物が体にどのような影響を及ぼすか?

      食事と健康についての情報を目にしないことが無いぐらい、現在は様々な『食と健康』についての情報があふれております。 ちなみに、健康的な果物の摂取量200gと言ってもなかなかピンと来ないとおもいますが、たとえば、梨なら1個、柿なら2個、桃なら2個、りんごなら1個、みかんなら2個と大きさによりもちろん前後はしますが200gというとこれくらいの量です。当然食べることで体にとってプラスのことはたくさんあります。 ビタミンやミネラル、そして最近話題のフィトケミカルがどう体に良いかはここでは割愛しますが、それらが体に良いことは明白です。すが、果物はヨーロッパのことわざでは『朝の果物は金、昼は銀、夜は銅』と言われるぐらい、古来より朝食べることがもっとも良いとされています。

      朝が良いという理由ですが、一般的には果物の主成分である果糖は非常に吸収が良い糖質で、エネルギーをもっとも必要とする朝に素早く脳や筋肉などのエネルギー源となり一日のスタートにピッタリだからです。そして、食べる時間にも気をつけてほしいですが、食べ方も大切です。ジュースやスムージーなどにして流し込むよりは、食後高血糖の防止にもなるのでぜひよく噛んで、果物その物で食べることをおすすめします。 ■果物にはカラダを冷やす性質もある そして果物はほとんどの物が基本的にはカラダを冷やす性質があると言われています。

      養生訓の著書で有名な江戸時代の儒学者『貝原益軒』はその著書の中でも『果物は基本的にはカラダを冷やすものなので、火を入れてから食べろ』という風に伝えています。

      最近では『焼きみかん』なども流行しており、少しずつ温めて果物を食べる習慣も増えてきていますが、冷え性の方などが冬場に果物をたくさん食べすぎたり、夜にたくさん食べたりすることはカラダを冷やす原因にもなるので、注意が必要です。
      関連キーワード - 果物 - 健康 -

      【日本人が知らないニッポン】陶器は宝石に勝る トーハクで『茶の湯展』開催中

      現在、東京国立博物館で『茶の湯展』が開催されています。

      これは、我が国日本が誇る歴史的な茶道具が勢揃いした一大特別展。学校の教科書に掲載されている品も展示され、連日多くの来場客を集めています。

      日本史を語る上で、陶器の存在は欠かせません。
      長年日本の文化や風習に接してきたフロイスは、日本人の陶器に対する情熱をしっかり感じ取っていました。

      そもそも欧米諸国が海洋進出に乗り出した理由は、貴金属や宝石、香辛料などを他国から分捕るためです。 この当時の西洋人が日本に期待していたのは、金銀銅の産出です。くに山陰地方にある石見銀山は、世界の銀相場を大きく変えるほどの産出量を誇りました。

      ところが、当の日本人は金銀を最上位格の宝物とは見なしませんでした。掌に乗るようなサイズの茶入れが、城ひとつと交換できます。
      各領内で産出された貴金属は、名器と言われる茶碗の購入に消えていきます。 一方で日本人は、宝石にほとんど関心を示しません。
      16世紀は今のミャンマーに該当する地域との交易路が開拓され、ルビーが出回るようになりました。

      西洋人が何に関心を示していたのかをよく物語る記録です。 ですが、戦国時代の日本ではルビーが流行することはついにありませんでした。あの織田信長ですらも、興味を示したのは器の蒐集です。彼らにとって茶の湯は哲学であり、茶器は最高の芸術作品でした。時代が進むと、何の装飾も華美さもない黒い茶碗に思想を見出す運動も発生します。彼の思想はあまりに奥が深く、未熟者の筆者の手には大いに余ってしまいます。

      見なされていた要素を茶の湯に取り入れることにより、ある種の平等思想を確立したのではないかと筆者は考えています。

      逆に常設展はおろか、貴重な文物の維持すら怪しい博物館も存在します。 そういうところは現地政府が弱体化しているか、文物保護にまったく関心を払わない無責任な政治体制の国と判断して間違いはありません。
      シリアの歴史学者や考古学者は、数千年来の文化財の危機を目の当たりにして涙を飲んでいます。

      我々の祖国の文化財は幸いにして、このような状況とは無縁です。平和な環境の下、偉大な先達が残したこの世にふたつとない財宝を共有することができます。
      見聞を広めることに、大金を投じる必要はありません。
      茶の湯展は、東京国立博物館平成館で6月4日まで開催されます。
      関連キーワード - 果物 - 健康 -

      使用済み携帯を活用!リサイクル金属を使った東京五輪のエコメダル作成にドコモが協力提案

      各種競技の開催場所などを巡ってニュースになっている東京五輪ですが、その一方で使用するメダルを携帯電話のリサイクル金属から作るという動きが出てきています。

      ■NTTドコモが携帯電話の回収から金属精錬までを請け負う提案 携帯電話や家電製品などは1台あたりの量は微量ですが、金などを始めとしたレアメタルを回収できるのは皆さんもご存知ですよね。

      以前かみあぷでもAppleが回収した端末から昨年1年間で約2.7トンの金属を回収しており、そのうち金が1トンも含まれていたとご紹介しました。

      今年の8月に天然資源に恵まれない日本であるが環境先進性を世界にアピールすることもできると考え、このリサイクル金属を活用したメダル作成を検討していました。

      メダルを作るために必要な携帯電話は800万台で、ドコモは年間300万台回収している実績があり必要分は充分確保できるとのこと。 東京五輪に使われるメダルの原料を供給したとなれば、企業としてはPRする良いチャンスとも言える今回の話。
      関連キーワード - 果物 - 健康 -

      「どれが俺のだよ!?」五輪イギリス代表のチームバッグが大変なことに…

      ゲームを選手の皆さんは母国に戻って早々、強いられたというワケである。
      関連キーワード - 果物 - 健康 -

    リアルタイムトレンド Part I

考察。「金銀銅」とは何か?

「金銀銅」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

金銀銅に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 1PPE1@☃さん: 金銀銅制覇 - 3 ヶ月 9 日と 14 時間 33 秒前

話題のトピック

リアルタイムトレンド


Yahoo!検索ランキング