なぜ「草津線」なのか?

「草津線」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      大人も楽しめる、本物の忍者屋敷を訪ねて

      決して創作物ではなく、実在していたその集団に興味を持った人も多いのでは。 今ではすっかり海外勢にも大人気の忍者だが、そんな彼等の生活や活躍していた時代の史料を見ることが出来る場所がいくつかある。行きやすい場所にあり、伊賀流の事を知ることが出来る。どかな田園風景を眺めながら行くと、一般の住宅や田畑の中にまぎれ込むようにして茅葺き屋根の立派な邸宅が建っていた。 これこそが、甲賀流忍者のトップとも呼べる望月氏の旧邸だ。

      甲賀流および望月氏の歴史的な説明をしてもらいながら、屋敷内のからくりを見せてもらう。 危急の際に逃げ出すため、そして侵入してきた敵を欺くための絶妙な仕掛けの数々に感心させられる。 見るだけでなく、実際に触らせてもらえるのが楽しい。扉に挟まれて、抜け出せなくなる事もあるのでご注意を。 そして手裏剣の体験も出来るので、童心に返って挑戦してみるのも一興。力一杯投げても、なかなか上手く刺さらないものだ。

      形が面白いと言うだけでなく、餡の甘さが絶妙で美味しい。 今現在も様々な製薬会社が甲賀周辺には建ち並び、漢方薬に使われる薬草を大手製薬会社や海外にまで輸出している。

      我々も、甲賀忍者にお世話になっているかもしれないと思うと、不思議なものである。

      ”くノ一”による忍法・変わり身の術を見た? 『甲賀流忍者復活祭』取材レポート

      忍者と言えば甲賀と伊賀が忍者ブランドしてはあまりにも有名であるが、県境を挟んだ隣同士である。 伊賀は現在の三重県伊賀市を中心とした地域で、甲賀は現在の滋賀県甲賀市を中心とした地域にある。 会場は家族連れが多く、親子や兄弟で手裏剣投げに興じるほほえましい姿も。 記者がこの記事で案内役に仕立てたのは甲賀市観光協会PR大使の前川保志花さん。 ”くノ一”なのに、忍びもせずウロウロ動き回って甲賀市を来場者にPRしていたところを記者が捕まえて撮影させてもらった。 最初に甘みがあり後で苦みがくるお茶や、その逆の順序で味がくるお茶等、休憩場所としても大盛況で、係の人はでっかい急須に何度もお湯を注いでは配って回っていた。 地元密着型媒体も、ここぞとばかり忍者コスプレでPR活動。 グッズも作っていて、地域とともに盛り上がると意気込んでいた。 彼女はフリータレントで、テレビ番組出演をはじめラジオ番組パーソナリティー、イベントMCやモデル等、幅広い分野で活躍する。 もちろん滋賀県甲賀市を愛する甲賀出身の”くノ一”だ。

      こちらは、風呂敷で忍者の覆面を再現するワークショップ。かどうかは知らないが、特にご年配の来場者は子供のころにはよく忍者ごっこをしたと懐かしそうに孫たちの忍者姿を見ていた。 8つの材料をすりつぶし、水でこねて丸くする。 これを蒸して出来上がりという、意外と簡単なもの。 カメラを向けると目線はくれるのだが、肝心の兵糧丸の手が進まない。 ビニールでできた忍者屋敷というかお城の中は、子供の遊び場。 お昼ごろには、セレモニーが開かれ地元関西のテレビ局が多く詰めかける中で盛大に執り行われた。 さらに、市議会議長まで登場し、あいさつ文を懐から出した巻物で披露する芸の細かさが来場者に好評だった。 甲賀市には本物の忍者の末えいも存在し、現在でも学術的な見地からの研究も続けられている。

      新名神高速道からは目的地に合わせて3つのインターチェンジが利用でき、1つのパーキングエリアとサービスエリアがある。 鉄道利用の場合は、東海道新幹線米原もしくは京都から東海道線で草津下車、草津線に乗り換えて市内5駅が利用可能。
      関連キーワード - 忍者 - 甲賀流忍者 -

考察。「草津線」とは何か?

「草津線」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

草津線に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

話題のトピック