なぜ「福岡 強盗」なのか?

「福岡 強盗」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      「全員死刑」大牟田4人殺害事件が映画になった。殺る気満々、1人目の犠牲者はYoutuber

      タイトルに偽りなし!お前もお前も全員死刑!すこぶる景気のいい、殺る気満々の一本が『全員死刑』だ。

      殺人一家、場当たり的に大暴れ! 『全員死刑』は、2004年に福岡県大牟田市で発生した大牟田4人殺害事件をベースにした作品である。この本のタイトル通り、事件を起こした家族には本当に全員に死刑判決が下っている。

      ヤクザの組長の息子、タカノリは風俗店をシノギにするヤクザ。渋るタカノリだったが、結局は実家でもある組のため、懲役を食らうことを決める。テツジは自殺未遂を起こし、ナオミはますますヒステリックに。そんな状況を打破するべく、サトシは近所の資産家である吉田家からの現金強奪をタカノリに持ちかける。しかしあまりにも無計画にターゲットの家に押し入った上、資産家の息子を場当たり的に殺してしまったことから事態は悪化。後のことを一切考えてないからアッという間に行き詰まる。人間はなかなか死なず、首を絞めている最中も喉が乾くからお茶だって飲みたいしタバコだって吸いたい。かく間抜けでガバガバに穴だらけな連続殺人がこれでもかと描かれる。 恐ろしいのが、『全員死刑』でギャグのように描写されている要素はほとんど全部実際の大牟田の事件通りという点である。するのも、凄まじく適当な感じで彼女と仲直りするのも、びっくりするくらい人間が死ににくいのも、全部犯人の手記に書いてある通りなのだ。

      一見すると最悪の悪ふざけにしか見えないけれど、実は犯人の手記に沿った内容になっている。

      そういう点で、『全員死刑』は案外真面目な作りの映画である。インディーで不良が暴れまわる映画を撮りまくり、『全員死刑』のフランスでのワールドプレミアではフルチンで自分も暴れるという小林勇貴監督だが、おそらく根は真面目である。この作品が映画初主演となる間宮祥太朗は役柄の割にはちょっと顔がキレイすぎる感もあるのだが、それでもシャブをキメてギンギンになったりタオルやキーチェーンで頑張って首を絞める姿からは清々しいものが漂っていた。さらに本物っぽいのが兄サトシ役の毎熊克哉である。ヤンキーというのは数秒おきに機嫌がコロコロ変わり、小さいことでいきなりブチ切れて相手を威圧する癖がある人が多い。タイトルに偽りなし! 前述のように実際の事件に関するディテールを作り込んである『全員死刑』だが、もちろん映画なので様々な点が改変されている。

      実際の事件では犯人一家の息子たちは相撲部屋に弟子入りするほどの巨漢なのだが、間宮祥太朗はシュッとしたイケメン。登場人物の体型やルックスの点では実際の事件から大きく離れている。

      映画オリジナルの要素として付け足されているのが、犯人一家の家に大量に貼ってある相田みつをっぽい筆文字のメッセージである。かなり大量に貼ってあるのでひとつひとつ読み分けることは難しいが、そういう張り紙に囲まれて犯人一家が殺人家族会議を開く様を見ているとついつい性格の悪い笑いが出る。 一人目の犠牲者がYoutuberになっているのもオリジナルの改変要素だ。

      知ったふうなことを言っているのを思い出すと、またしても意地の悪い笑いが漏れる。また、3人目の犠牲者がやたらと携帯ばっか見てクネクネしてる上に声がすごくちっちゃいとことかも、見てて非常にイライラする。 これらの改変箇所は、まさしく監督の意図が読み取れる部分だろう。思っている人をスクリーンの中でどんどんひどい目に遭わせ、バンバン殺すのである。思い切りの良さに唖然としつつも、前からウザいなあ~と思ってたような人たちがドカドカ悲惨な目にあうので爽快感がある。しこの映画の中なら、四六時中ネットばっかり見てダラダラしているおれだって、間違いなく殺られる側であることに。無軌道で無計画な自然災害みたいなヤンキーが自宅に突っ込んできたら、なす術なく絞め殺されてしまうことに。公式サイト 監督小林勇貴 出演間宮祥太朗毎熊克哉清水葉月六平直政入絵加奈子ほか 11月18日より上映中 STORY 金欠に悩むヤクザ一家の息子、首塚タカノリは兄のサトシにそそのかされ、近所に住む資産家吉田家の家を襲う。そのはずみで吉田家の息子を殺してしまったタカノリだが、今度は父や母も参加した吉田家への強盗計画に巻き込まれる。

      間宮祥太朗と小林勇貴監督が語る、衝撃作『全員死刑』の舞台裏

      お前はまだグンマを知らない』、青春スポ根映画『トリガール!』とバラエティに富んでいる。

      そしてここへ来て、実際の殺人事件を扱った主演映画『全員死刑』という強烈な作品が公開されている。

      本作のモチーフは、福岡で実際に起きた強盗殺人死体遺棄事件。実行犯は次男だが、事件に関わった家族4人全員に死刑判決が下された。監督の事件に対する温度感や距離感にも大いに共感したという。 「小林監督は、事件に対してすごく近い距離感で見る目線と共に、冷静に距離を置き、鋭い考察をするという目線の両方を持っていました。

      僕自身、本作をやるのなら、その両方の目線がないとダメだと思っていたので、そこに対しては全幅の信頼を寄せられたんです。 ハハハと照れ笑いする小林監督は、間宮の演技に惚れ込んだ様子。 「実際に肌で感じてきものが蓄積した本物の不良の顔は、リアリティうんぬんの話ではなく、すでにリアルです。役者は演技という手段を使ってそこに近づけることが仕事で、彼らに匹敵する演技をするというよりも、彼らを超えないといけなくて。「僕はこれまで本物の不良を撮ってきたので、みなさんからは芋版のように『本物を使われたら勝ち目はないです』と言われてきました。

      近年、コンプライアンスという言葉に縛られがちな映像作品だが、本作はそこに威勢良く斬り込んでいっている。

      「観客は、実際に列車が突っ込んでくると思って悲鳴を挙げましたが、まさにバイオレンス映画はそこから始まったんです。「その結果、いつか収縮しすぎて爆発するんじゃないかと。自分が主演をさせていただいたことで、本来こういう映画には絶対触れなさそうな女子高生たちが観に来てくれるとしたら、商業映画としてやった意味があるんじゃないかと。 たとえば、僕が映画好きになったきっかけも、思いもよらないところだったりするし、今、キャピキャピしている女子高生も本作を観て、何かに開眼する人が出てくるかもしれない。

      間宮祥太朗が熱烈なプロポーズ!「一緒に生きていきましょう!」

      これが映画初主演となる間宮は「一生に一度の初主演映画。 本作は2004年に福岡県で起きた大牟田4人殺害事件の実行犯であり、現在も投獄されている一家の次男が記した手記をベースにしたバイオレンス映画。弱小ヤクザの家に生まれた次男のタカノリは、借金に苦しむ家族を救うため、兄のサトシと一緒に近所の資産家の家に強盗に入ることを計画する。ころがはずみで人を殺してしまったタカノリは、家族を守るために、狂気じみた連続殺人をすることになってしまう。そして映画愛あふれる小林に対し「僕も同じように映画が好きでこの世界に入りました。

      “狂気の新人監督”と称され、園子温、白石和彌につづくハードバイオレンスの作り手として期待されている彼が、本作でついに商業デビューを果たしたのだ。

      復活を高らかに宣言した小林は、本作で往年の日活映画を彷彿とさせるパワフルで荒削りな作品を生み出した。日本映画の黄金時代への愛情が全身から溢れ出る彼に、ベテラン俳優の六平は「深作監督や伊丹十三監督に負けないセンスの持ち主。 そして舞台挨拶では、間宮の初主演と小林の初商業という2つの記念すべき事柄が重なった本作を祝い、相思相愛の間宮と小林で、結婚式さながらのファーストバイトをするイベントが決行された。2人の顔が描かれたケーキが運ばれてくると、登壇者たちはそのケーキのクオリティの高さに興味津々の様子。叫びながら間宮にケーキを食べさせると、その想いへ返事として、間宮はスプーンに乗り切らないほど大量のケーキを小林の口に運ぶ。強い絆で結ばれた2人が、今後さらに凄い日本映画を作り出すことに、大いに期待したい。

      間宮祥太朗、“ゆとり同世代”監督とタッグで映画初主演 最凶の男役に俳優魂注ぐ

      ここ1年の間宮祥太朗の躍進ぶりを見れば納得するほど、イケメン先輩、情けない高校生、ハーフの高校生と、作品ごとに役柄も印象も変幻自在に操る。そんな間宮が、映画初主演に選び取った役こそが『全員死刑』で家族のために人殺しを繰り返す最凶の男だ。

      だが反面、一度観たら強烈に脳裏に刻み込まれ忘れられない1本になるだろう。間宮祥太朗『全員死刑』インタビューフォトギャラリー かつて福岡で起こった強盗殺人死体遺棄事件では、被告である家族4人に死刑判決が下った。その死刑囚の獄中手記をベースにした『我が一家全員死刑』を基に映画化したのが『全員死刑』である。 俳優の世界を志すきっかけになったのは映画だという間宮だからこそ、多種多様な作品が存在することの意義を強く感じている。

      ただ、僕は想像もつかない作品を観ることによって、過ごす世界や日常は違えど、共通する人間の性みたいなものも見えると思う。一言ずつかみしめるように作品参加への想いを語る。特に終盤、目の色ひとつ変えず殺りくを行う場面では、まるで人の顔ではない間宮の表情をカメラが捉える。「殺していくにつれ、何と言うか、慣れていく部分と諦めていく部分がありました。

      この映画は人を殺す映画ではなく、人を殺すことに至るまでの映画。 間宮の演技にうならされる理由の一つに、タカノリという役をアンチヒーローに仕上げていない点が挙げられる。「やるにあたって、格好よく見えてはいけないと思いました。

      ほかの作品で、ヒールが格好よく見えることはあると思うんですけど、そういうものではないですし。 今回初めてタッグを組んだ小林勇貴監督は、間宮と3歳差という年齢の近さ。「僕と小林監督は同じ世代で、『ゆとり』と言われ育ってきました。


考察。「福岡 強盗」とは何か?

「福岡 強盗」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

福岡 強盗に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • まっしゅさん: 福岡市でタクシー強盗相次ぐRKB毎日放送 - 12 時間 33 分 47 秒前
  • 銀河美少年ファウルさん: 割と近場でアドレナリン無くすやばい 刃物持ってコンビニに強盗する高校生福岡こわい - 12 時間 45 分 14 秒前
  • Takutooo🍮さん: RT @Taxi_News_: 刃物突きつけ「金を出せ」 福岡市でタクシー強盗 6000円奪う 17日午前4時15分頃、博多区須崎町でタクシー運転手の男性が乗客の男に料金を請求したところ、刃物の様なものを突きつけられ、「金を出せ」と脅されました。男は車内にあった現金、約6千円… - 19 時間 36 分 11 秒前
  • ココフク!!@福岡の情報WEBマガジンさん: 福岡に関するニュースをお届けします! 天神強盗 男性2人不起訴に
    > https://t.co/NsvOZNsd33

    [PR]
    > https://t.co/3dLn02I546


    > https://t.co/WJVgHYgfM7

    - 1 日と 15 時間 5 分 4 秒前

話題のトピック