なぜ「石丸幸人弁護士」なのか?

「石丸幸人弁護士」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      「今後は肩書きを隠して……」業務停止でテレビ出演も絶望的!? “元アディーレ弁護士”に吹き荒ぶ逆風

      現在はアディーレ所属ではなく、今回の処分対象にもなっていないが、問題の広告が掲示されていた期間にアディーレの弁護士として仕事をしていたことがあり、その過去を隠す意図があるようにも思える。 過払い金の返還訴訟を主体としていたアディーレは2010年以降、期間限定として着手金無料などのキャンペーンを宣伝していたが、実際には期間限定ではなく、5年近くにわたり広告を掲載していたとされる。して10月11日付で法人としてのアディーレ法律事務所が2カ月、元代表の石丸幸人弁護士が3カ月の業務停止処分を受けた。して、日本弁護士連合会に処分取り消しを求める審査請求を申し立てている。

      当然、アディーレ所属の弁護士たちのイメージダウンは避けられず、前出の“元所属”弁護士にとっても、在籍の過去が黒歴史のようになってしまったようだ。

      を含めれば、かなりの数の“アディーレ弁護士”がいることになる。彼ら一人ひとりに問題があったとされてはいないが、そのキャリアに対する見方は厳しくなるかもしれない。 公にはされていないが、こうした問題が表沙汰になった弁護士事務所については最近、一部テレビ局がコメンテーターなどで出演させることに慎重になっている。

      「アディーレの弁護士はテレビ朝日の番組出演が主だったように思うけど、テレ朝はもちろん他でもブラックリスト入りするんじゃないか。ついては、法人業務停止期間中の出演が休みとなることが伝えられているが、今後、局や番組側がなんらかの判断を下すこともなくはないだろう。
      関連キーワード - 田村淳 -

      【アディーレ法律事務所業務停止】テレビ弁護士って信じられますか?

      この人たちに被害の相談とか行ったらちゃんと聞いてくれるのだろうか。 記者は、取材過程や記事が出た後、抗議をくらったり裁判になる事がある。程度の差こそあれ、誠実な人がいたり、面白い弁護士の方もいる。

      賛否両論あるが、安田浩一弁護士に取材した際、事務所に寝袋があったのを覚えている。

      テレビには、バラエティ、報道で必ずと言っていいほど弁護士が出演する。毎日、キャスターをやっている弁護士は、通常業務はどうしているのかと疑問を抱くのは当然だろう。 アディーレ法律事務所が業務停止処分になった。代表の石丸幸人弁護士はテレビだけでなく、雑誌にも数多く出演していた。彼に限らず、この手の弁護士にはいつも、眉につばをしている。

      寝袋を持って、事務所に泊まり込んでいる弁護士とはずいぶん違うなあと。 大手の企業や政治家、団体の顧問を務めれば収入に困らないのはわかります。
      関連キーワード - 田村淳 - スッキリ -

      女子中学生に淫行、5億円の借金踏み倒し…弁護士のモラル欠如が深刻化、懲戒処分が過去最多

      ずだが、現実では必ずしもそうとは限らないようだ。

      過払い金返還手続きに関する着手金の全額返還キャンペーンの触れこみが景品表示法違反に該当するとして、各地の弁護士会に懲戒請求を起こされた。 また、記憶に新しいところでは、テレビのバラエティ番組でも活躍していた大渕愛子弁護士も昨年8月、着手金を不当に受け取ったとして業務停止1カ月の懲戒処分を受けている。

      このように、大々的にテレビCMを流していた法人事務所やタレント弁護士ですら、倫理に反するとも取れる行動をしているのだ。

      ほかにも、一般に名前を知られていない弁護士が陰で悪行を働いていても不思議はない。 そこで、あまり報じられていない、弁護士の懲戒処分事例をいくつか挙げていこう。だったとして、業務停止2カ月の懲戒処分を受けた。なぜ共犯者を隠して弁護活動をしたのかについては不明だが、新井弁護士は懲戒処分を受けるのはこれで2回目だ。

      また、業務外の行動で懲戒処分を受けるケースもある。 一昨年の12月、札幌弁護士会所属の平岩篤郎弁護士は、14歳の女子中学生に現金などを渡してみだらな行為に及んだとして逮捕され、昨年8月に業務停止3カ月の処分を受けた。 この平岩弁護士は容疑を認めて処分を受け入れたが、徹底抗戦したケースもある。主張し、日本弁護士連合会に審査請求と効力停止を申し立てた。へと処分内容は変更されたが、処分の根拠が不透明として、日弁連に対する批判も多い。 ●弁護士の懲戒処分案件は最高を更新 このように、弁護士会から処分を言い渡された弁護士が審査請求を申し立てて処分が軽くなるケースは珍しくないが、反対に日本弁護士連合会の申し立てによって処分が重くなるケースもまれにある。 第二東京弁護士会所属の村岡徹也弁護士は、自身が代表を務める実体のない株式会社を借主として5億円の借入をしたが、返済が滞ったうえ、返済協議にも応じなかったことが弁護士の品位を汚したとして6カ月の業務停止命令を受けたが、処分が軽すぎるとして日本弁護士連合会が審査請求をし、業務停止1年に変更された。 大阪弁護士会所属、73歳の松井隆雄弁護士は、交通事故の民事訴訟で相手側に損害賠償を請求しつつ、並行して自賠責保険会社へ保険金請求を行い、保険金1095万4121円を受領した。本来は、それを裁判所に告げて損害賠償額から控除すべきであるが、裁判所にも相手側にも隠して和解を成立させた。また、その後に是正する機会が複数回あったにもかかわらず是正しなかった。これが弁護士として品位を失う行為だったとして、昨年12月より3カ月の業務停止処分を受けている。

      そのほかにも、懲戒処分を受けた弁護士の例を挙げればキリがなく、2016年の懲戒処分件数は114件と過去最高記録を更新した。 こういった数字を見てしまうと、いざ自分が弁護士の手助けを必要としたときに、誰を信じればいいのかわからなくなってしまう。だが、現在はインターネットで懲戒処分を受けた弁護士が公開されており、簡単に調べることができる。 単に弁護士というだけで無条件に“信ずるに値する存在”と妄信して仕事を依頼するのは危険だ。

      “悪徳弁護士”の毒牙にかからないように、注意を払わなければいけない。
      関連キーワード - 田村淳 - スッキリ - 弁護士 - 懲戒処分 -

      「懲戒審査相当」アディーレ法律事務所、大量の被害者を生んだ罪…業務停止処分なら大混乱

      アディーレといえば積極的な宣伝を行っている大手法律事務所として知られているが、別の法律事務所所属の弁護士は語る。 「『法律事務所が行政処分を受けた』という点において大きな問題であると考えざるを得ません。
      昨年2月にアディーレは『今だけ無料』というCMを繰り返したことを理由に、景品表示法違反として『措置命令』という行政処分が下されているわけですが、いわば、法律事務所が『消費者被害』を作出してしまった点が問題となるわけです。 まず、アディーレが提供する『債務整理』『過払い金の返還請求訴訟』などのサービスですが、同じようなサービスを提供している法律事務所は多数あります。 ここで、もし『いつでも無料』であるにもかかわらず『今だけ無料』を大々的に宣伝されてしまうと、一般の消費者は弁護士の評判や力量などの他の弁護士を選ぶ要素を考えずに『今だけ無料なら、せっかくだからアディーレに相談しよう』と判断してしまいます。

      「まず、東京弁護士会綱紀委員会は、相応の“覚悟”をもって今回の決議を行ったものと考えられます。アディーレは、100人以上の弁護士を擁する法律事務所です。 業務停止の期間中は、すべての法律委任契約を解除し、相談者や顧客に対するサービスを終了させなければなりません。
      すなわち、これらの数百人規模の方々が、突然に債務整理や過払い金の返還請求訴訟などのサービスを途中で受けられなくなるわけですから、引き継いでくれる弁護士を探さなければなりません。
      いったコメントが溢れているが、まずは憶測を立てずに東京弁護士会懲戒委員会の判断を待つことが大切といえよう。
      関連キーワード - 田村淳 - スッキリ - 弁護士 - 懲戒処分 - アディーレ法律事務所 -

考察。「石丸幸人弁護士」とは何か?

「石丸幸人弁護士」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

石丸幸人弁護士に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 大和さん: RT @bengoshi_info: 【著作権訴訟】アディーレ法律事務所・同代表者石丸幸人弁護士 著作権侵害したとして名古屋消費者信用問題研究会から訴えられるも勝訴/名古屋高裁(2012) -過払い金ゲットブログ
    > https://t.co/ZErF2SmlZb

    - 1 ヶ月 8 日と 13 時間 50 分 51 秒前

話題のトピック