なぜ「矢野官房長」なのか?

「矢野官房長」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      財務次官セクハラ問題 野党議員は抗議活動よりも問題解決のためのシステムづくりを

      財務省の福田淳一事務次官がセクハラ問題で辞任に追い込まれた問題。テレビ朝日では社内調査の結果、セクハラを受けたのは同社社員だったことが判明したとして財務省に対して正式に抗議した。述べ、1年半ほど前から取材で数回、福田氏と二人で食事をした際にセクハラ発言があり、自らを守るために会話を録音していたとした。21日放送のAbemaTV『みのもんたのよるバズ!』では、この問題について女性議員を交えて議論した。 政治ジャーナリストの安積明子氏はテレビ朝日の対応について「セクハラがあり、女性記者の方が嫌だというのであれば、配置替えなどの対処方法もあったのではないかと気になった。身の危険を感じている社員がいるのであれば、会社は守る義務があると思う。 元財務官僚でニューヨーク州弁護士の山口真由氏は「被害者とされる方を配置替えして終わりにするのはおかしいと思う。した上で、「強制わいせつ罪、つまり言葉だけのセクハラでは刑事事件にすることは難しい。 ジャーナリストの江川紹子氏は「週刊新潮によれば、何人もの人が同じような目に遭っている。

      し、「本当は別の人に相談するなどして対応すれば良かった。自分のところで無理だったら他のメディアでちゃんと伝える。ジャーナリストは社会の問題を伝えて、解決を図っていくことが使命だ。

      述べ、セクハラ被害者として、週刊誌に情報提供したことはやむを得なかったとの見方を示した。 一方、"被害者が申し出なければ、セクハラの事実認定をしない"という財務省のスタンスも批判を浴びている。

      元自民党衆議院議員の金子恵美氏は「私も選挙の時に"女を使え"と言われた。パンツスタイルではなくて、スカートを穿いたほうがいいとか、握手する時は手を胸元に近づけた方がいいとか言われた。なぜかと言えば、そういう女性議員たちが今までいたから。話す一方、財務省への抗議活動に参加した民進党の牧山弘恵参議院議員に対し「今回の問題は与野党関係ない問題だ。

      「超党派で、男性も女性も関係なく一緒にやらないといけない。私の周りの方々も、"MeToo"という世界的なムーブメントに対し、日本でも機運をあげるんだと言っていたし、セクハラを真剣に考えてもらうチャンスだ。

      それなのに民進党や野党だけでやってしまうと、また政治利用、政局を作ろうとしていると思われる。プラカードを持ってのパフォーマンスは止めてほしい。 これに対して牧山氏は「これは単なるパフォーマンスではない。 江川氏は「今回の問題は森友、加計、あるいは防衛省の日報問題とは違って、政治的な立場で分かれるのではなくて、人権感覚に対する感度が高いか低いかだと思う。 山口氏は「財務省の前で"MeToo"をやることも大事かもしれないが、私は違うことをやってほしい。今回のような事案というのは、非常に難しいと思う。例えば保険会社の人の顧客との間にあったセクハラ。う1つ、懲戒処分をする時に加害者側の言い分を聞かないといけない。これは法律上、当然のことで、これをしないと違法になる。事案解明をした上で加害者に不利益処分をしないといけない。どうするとスキームを組めるのか、どうするといいのかというプラクティスをこの機会に考えるべきだと思う。 「アメリカの"MeToo"ムーブメントが人権に強く傾き過ぎたので、女性が声を挙げた途端に"加害者は絶対にクビだ"みたいな風潮になってしまった。ハーバードで最も左と言われている女性の労働法の教授ですら、加害者の言い分を聞かずに処分してしまうのはよくないと訴えている。

      ▶放送済み『みのもんたのよるバズ!』の映像は期間限定で無料視聴が可能。
      関連キーワード - AbemaTV - セクハラ -

      次官セクハラで「そんなに苦痛なことか」暴言の財務省・矢野官房長、テレ朝『報ステ』に圧力メールを送った過去!

      財務省の福田淳一事務次官による女性記者へのセクハラ問題について、テレビ朝日の抗議文を受けて、麻生太郎財務相は一切謝罪することなくこう居直った。 麻生財務相の暴言だけでもおなかいっぱいだが、麻生財務相が乗り移ったかのような暴言を連発しているのが、女性記者へのセクハラ問題で福田淳一事務次官の辞任に伴い、事務次官代行も務めている矢野康治官房長だ。

      矢野官房長は、被害者への配慮も、セクハラに対する問題意識もまったくない、上から目線の暴言を連発している。

      佐川宣寿前国税庁長官といい、福田次官といい、出てくる人出てくる人、上から目線のパワハラ気質丸出しで、財務省にはまともな人はいないのかと言いたくなる。 しかも、この矢野官房長は、安倍官邸の意を受けて報道機関に圧力をかけていたということが明らかになった。それも、テレビ朝日の『報道ステーション』に圧力メールを送っていたというのである。 本日20日、元経産官僚の古賀茂明氏がこんなツイートをした。宣戦布告とも取られかねない発言を行ったことを批判。番組編集長に電話をかけまくり、先方が出なかったために今度はショートメールで猛抗議したという。から、報道局ニュースセンター編集長の中村直樹氏に電話があったという。たまたま中村編集長が電話を取り損ねると、今度はショートメールが入った。いったような、強烈な内容だったそうだ〉 〈報道によると、この日、菅官房長官は、秘書官と一緒に官邸で番組を見ていたそうだ。

      その真偽はさておき、仮に直接聞いていなくても、私の発言を知れば、菅官房長官が激怒することは容易に推測できる。 秘書官としては、アリバイ作りのためにも、すぐに抗議しておかなければならない。ショートメールを送ったのが、当時菅官房長官の秘書官だった矢野官房長だというのだ。

      この矢野氏と中村氏からの"脅迫"が決定打となって、古賀氏は2015年3月27日放送分を最後に降板に追い込まれることになったのだった。 「安倍は新内閣発足に当たり、首相秘書官に財務省が推薦した人物を拒否し、官房審議官だった中江元哉を引っ張った。安倍が財務省出身秘書官の候補に描いていたのは中江と、主税局総務課長だった矢野康治の2人。 つまり、いま安倍政権が抱えるあらゆる問題に共通する官邸の人事掌握による官僚支配の象徴のひとりが、矢野官房長なのだ。

      この古賀氏降板事件以外にも、古舘伊知郎の報ステ降板、『朝まで生テレビ!』のゲスト論客ドタキャン事件、選挙報道への"公平圧力"など、テレビ朝日にはこの間、安倍官邸から陰に陽に数々の報道圧力がかけられている。

      先日深夜にセクハラ公表会見を行った篠塚浩報道局長も、昨年の加計報道が盛り上がる最中の5月に早河洋会長とともに安倍首相との会食に参加、政権批判を牽制されたことがある。 テレ朝の会見以降、ネット上では被害者の女性記者とされる実名や画像がさらされセカンドレイプとも言うべき卑劣な個人攻撃がなされているが、彼女がセクハラを相談した上司とされる人物の名前や画像もあげられ、攻撃の対象となっている。



      しかし、これまでの安倍官邸からテレ朝への圧力の数々を見れば、直属の上司レベルが報じようとしたところで、上層部の横やりで潰されていたのは火を見るより明らかだ。

      もちろん、これはテレビ朝日に限ったことではない。選挙報道をめぐる圧力文書は在京キー全局に送られた。ほかの局の記者が被害者だったとしても、結果は同じだろう。いや、テレビ朝日のように事後的にも公表することすらできなかった可能性のほうが高い。福田次官のフジテレビの女性記者に対するセクハラ的言動も掲載されているが、フジがセクハラについて社内調査などに動いた様子はない。 あの木村太郎氏ですら「『週刊新潮』に言ったのが、いちばんいい方法だった。なければ、ここまで大きく報じられることはなかった。自社で報道なんて、できるわけないじゃないですか、絶対どこかで潰されてますよ。 むしろ注視しなければならないのは、このあとテレ朝へさらなる圧力がかけられないか、だ。

      そして、圧力の結果、とくに被害者である女性記者や、記者からセクハラの相談を受けていた上司に対して、左遷などの人事で報復がなされないか。彼らはすでにネトウヨたちの卑劣な攻撃にさらされているが、勇気をもってセクハラを告発した者がこれ以上不利益や二次被害を被ることのないよう、社会全体で監視する必要がある。語っていたが、まさか圧力の連絡でないといいのだが。
      関連キーワード - AbemaTV - セクハラ - 福田淳一 - 矢野康治 -

      セクハラ被害を公表したテレビ朝日と女性記者を批判する他メディアの無責任! 被害者は複数いるのに社内調査もせず

      セクハラの音声データを提供したのもその女性記者であることを公表した。 テレ朝の説明によれば、セクハラ被害を受けていた女性記者は、上司にセクハラの事実を報じるべきではないかと相談。 その上で、会見では、セクハラの事実を否認し続けている福田財務次官に対し、テレ朝は自社の女性記者へのセクハラ行為は事実であると表明。 たしかに、社員がセクハラ被害を訴え、さらには報道することの提案を受けながら対応しなかったということは報道機関として批判は免れないが、公表することでテレ朝自身も批判を受けることが予想されるなか、それでも公表に踏み切りセクハラは事実であると財務省に叩きつけ、女性記者の人権を徹底的に守っていくことを明言した点は評価すべきだろう。 ところが、メディアの批判は、福田財務次官のあるまじき行為ではなく、テレ朝の対応に集中。報じているように、福田財務次官のセクハラは複数の社の記者に対しておこなわれており、テレ朝ではない民放の女性記者も被害を受けていたことを同誌に認めているという。だが、テレ朝以外のメディアが、社内調査を実施し、その結果を報じているかと言えば、答えはノーだ。

      こうした社に、公表に踏み切ったテレ朝を叩く資格はないだろう。 さらに、本サイトの既報の通り、記者クラブを通じて官公庁の情報を得ている新聞やテレビは、官公庁との関係悪化や報復の嫌がらせを異常に恐れる。これはけっしてテレ朝だけの問題ではなく、他社も同様なのだ。

      訴え出た女性記者の勇気は褒められこそすれ、非難されるようなものではない。産経新聞の記者はいったいどういう神経をしているのか。 言うまでもないが、セクハラやパワハラの被害者がその証拠として録音をおこなうことは当然のことで、相手の了解を取る必要などない。攻撃されセクハラの事実は葬り去られていたのは想像に難くない。情報提供したことを、取材情報を第三者に渡したなどとしてオウム事件になぞらえ女性記者を批判する声もあるが、まったく的外れだ。

      情報提供したのは、テレ朝で報じることがかなわなかったためであり、テレ朝の対応が責められることはあっても記者が責められるようなことではない。だいたい、セクハラ被害の当事者が自身が受けた被害についてどこのメディアに情報提供しようと非難されるいわれはないだろう。しかも、財務事務次官という公人のセクハラというすべての国民にかかわる情報を、自社での報道がかなわずとも取り得る手段で公にすることは、テレ朝社員である以前にジャーナリストとして、むしろ真っ当なことだ。

      何度でも繰り返すが、問題の焦点は福田財務次官の卑劣なセクハラ行為であり、この期に及んで福田財務次官はセクハラを否定し、昨日の会見でも今朝の取材に対しても一度たりとも謝罪しなかった。いま、問題にすべきは、そうした福田氏の態度であり、そのような人物を庇い続けた麻生財務相の責任および安倍政権の姿勢だ。

      その追及を脇に置いてテレ朝批判にすり替える報道姿勢を見るにつけ、メディアが女性記者たちをめぐるセクハラ問題に真摯に向き合うとは、とても感じられない。くに醜態を晒しているのは、いつもの安倍応援団メンバーたちだ。

      言われてしまったという出来事を告白したシーンの動画を貼り付けた投稿をリツイートするかたちで、こう述べたのだ。

      これから朝日新聞の女性記者に取材されたら、オッパイを鷲掴みしよう。このような人物が作家を名乗り、一時はNHK経営委員だったことを考えると背筋が凍るようだ。

      こうしたメディアや安倍応援団の反応を見れば十分予想されたことだが、ネットでは女性記者の名前や画像がさらされ、おぞましい個人攻撃がすでに始まっている。

      メディアは内省もなく他社叩きに勤しみ、被害者を責め立てたり、はたまた加害を予告するような低レベルな言論がまかり通る社会──。答弁した矢野官房長が代行するというのだから、呆れ果ててしまう。 ともかく、セクハラを矮小化し、福田氏を庇った人間を黙認することなどあり得ない。宣った麻生財務相の、即刻辞任を要求しなければならない。
      関連キーワード - AbemaTV - セクハラ - 福田淳一 - 矢野康治 - フジテレビ - NHK - セクハラ - バイキング -

      佐川氏が喚問で安倍夫妻を庇うあまり露呈させた嘘と矛盾! 今井首相秘書官がらみの質問でもゴマカシが

      看破したが、午後の衆院でもとんだ茶番劇が展開された。言うが、そもそも官僚がこのような大規模な犯罪を犯す理由などまったくないし、独断でこんなことができるはずがない。この矢野官房長の答弁を、佐川氏は何の根拠もなく真っ向から否定したことになる。だったのなら、決裁文書を改ざんなどする必要はどこにもないのだ。

      っきり言えるのならば名前を見たときの感想くらい堂々と言えるはずだが、それはけっしてしないのである。 ●安倍夫妻を庇って否定するあまり明らかな矛盾と嘘を露呈 このように、納得できる理由を提示しないまま道理にかなわない根拠で安倍夫妻をただただ庇うだけに終始した佐川氏の証人喚問。 むしろ、安倍首相や昭恵夫人にかんするあらゆることを無理やり否定したがために、次から次へと矛盾が噴き出てきている。

      周知のように、改ざん前文書には、2015年1月9日の欄にははっきりと〈近畿財務局が森友学園を訪問し、国の貸付料の概算額を伝える〉と書かれており、もし改ざんがなければ、こんな強気の発言ができるはずがない。つまり24日以前に、決裁文書を改ざんしたのは確実なのである。だが、改ざんの指示云々とは関係なく、この森友問題で佐川理財局長が官邸で森友対応を担っていた今井首相秘書官と相談をしていないなどということは、霞が関の常識に照らしてありえない話だ。

      言い張るというのは、むしろ、今井秘書官との相談内容についてつっこまれることを恐れたためとしか思えない。 きょうの証人喚問によって疑惑は解明されるどころか、さらに深まった。しかし今日の様子をみれば、もはや官邸と裏取引をすませている佐川氏が真相をしゃべることなど、ありえないだろう。真相解明には、今井首相補佐官や安倍昭恵氏、土地取引時の財務省事務方責任者である理財局長だった迫田英典氏、総理夫人付きだった谷査恵子氏、そして籠池泰典理事長を揃えた全員の証人喚問が絶対に必要だ。

      安倍首相は真相を究明すると約束したのだから、当然、応じるべきだろう。
      関連キーワード - AbemaTV - セクハラ - 福田淳一 - 矢野康治 - フジテレビ - NHK - セクハラ - バイキング -

    リアルタイムトレンド Part I

考察。「矢野官房長」とは何か?

「矢野官房長」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

矢野官房長に関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news2/index.php(562): tweet_output('\xE7\x9F\xA2\xE9\x87\x8E\xE5\xAE\x98\xE6\x88\xBF\xE9\x95\xB7') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143