なぜ「益田恵梨菜」なのか?

「益田恵梨菜」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      阪本奨悟がドラマで予想のつかない恋に、夢に奔走!!

      ある日、弁護士を目指す大学院生の和人(阪本)が、マンションの隣人であり同じく弁護士を目指しているサクラ(益田)と出会う。2人は互いに引かれ合い、共に同じ夢に向かって頑張る。だが、それぞれの暮らしに大きな変化が訪れ、すれ違いや激しくぶつかってしまう。を懸命に駆け抜ける2人の夢、そして愛はどうなるのか壮大なラストシーンは必見。

      タクフェス第5弾『ひみつ』東京公演開幕!戸田恵子×宅間孝行の涙に溢れた物語

      本作は、全国10都市を回ることになっており、すでに鹿児島、石川、富山、新潟で公演を終えている。

      戸田は、これまでの公演を振り返り「小屋が違ういますが、どこでも熱く観ていただけたというのは変わらないです。ちなみに、カンパニーでは、“人狼ゲーム”が流行っているのだという。 福田は「精神的にも追いつめられるのは、どの公演も同じで。 稽古場では、宅間は「炊き出しをしたりしました。

      恒例行事のようになっている“同じ釜の飯”エピソードを披露。 東京公演に向け、宅間は「新作は不安ですが、ここまでの4公演、非常に喜んでもらえている手応えがあります。ある田舎町にある別荘に連れてこられた山之内夢は、車椅子に乗る年老いた一人の女性と出会う。そして突然、名前を名乗ることも出来なくなったその女性こそが、自分を産んだ母親なのだと告げられる。支えられ、人気絶頂だったこの姉弟に、運命を一変させる、ある出来事が起きる。宅間が4年ぶりに作り上げた涙に溢れた純愛物語を、お楽しみに。東京公演後は、栃木、山口、愛知、北海道、大阪を巡演する。
      関連キーワード - EXILE -

      福田沙紀「新しい挑戦だった」 タクフェス第5弾『ひみつ』で女優として成長

      同日にマスコミ向けに公開ゲネプロと囲み取材が実施された。 宅間孝行の4年ぶりの新作書き下ろしとなる同作は、ある家族を中心に描かれる、涙と愛にあふれた純愛物語。 約135分の上演の後に囲み取材に応じた宅間、戸田、松本、福田。 戸田も「一回一回を集中していきたいという気持ちです。精神的にも追い詰められていまして、終演後は独特な感じがあります。一回一回新鮮な気持ちで、みんな怪我のないように。健在で、ダンスタイムではEXILEの元パフォーマーでもある松本利夫がひときわキレが良く、華麗なダンスを披露した。 東京公演はサンシャイン劇場にて10月31日から11月12日まで。その後、足利公演、山口公演、愛知公演、札幌公演、大阪公演を開催する。
      関連キーワード - EXILE - EXILE -

      ベンガル、しずちゃんも参加する、宅間孝行4年ぶりの新作=タクフェス『ひみつ』は後半、意外な展開に?

      宅間孝行率いるタクフェスが、4年ぶりの書き下ろし新作『ひみつ』を上演している。

      さんざん笑いに笑って心を開いた状態のところに、切ない展開、胸にくるセリフの数々で号泣必至と評判の宅間作品は、これまで『くちづけ』『歌姫』など映画化、ドラマ化されたものも多い。今回の舞台について、宅間とベンガル、山崎静代に稽古中に話を聞いた。 ――『ひみつ』は4年ぶりの書き下ろしということですが。

      宅間この作品にはタイトルにも関わってくる、あるテーマがありまして。そのテーマに関しては、実はずっとやりたいと思っていたものだったんです。それで今回改めて挑戦したいというのが最初にあり、でも進行する物語に関しては、キャスティングに合わせたあて書きになっているところもあるので。 ――ベンガルさんと山崎さん、このおふたりをキャスティングした狙いは。 宅間ベンガルさんはもう、大先輩ですけど、芸名からして片仮名なんで。 宅間片仮名の名前の走りなんじゃないですかね。

      タクフェス『ひみつ』稽古場よりベンガル 宅間若い人は、もともと芸人さんだったと思ってそう。今回は最初から、ぜひ出てもらおうと思っていたんです。今回は“まわし”の役回りで静代にいてもらって、ちゃんと場を進めていければなと思っているんです。 宅間でもベンガルさんにしても、静代にしても、きっと舞台の上に立っているとお客さんはある種の安心感というか期待感が湧いてくると思うんですよね。

      だって、立ってるだけで面白いみたいなところもあるじゃないですか。ま、ウチは立ってるだけじゃダメなので、ちゃんといろいろやってもらうわけですけども。だけどベンガルさんの場合はちゃんと、というより、なにかと間違ってる時の方が面白いよね。

      宅間今回、物語としては古きよき時代、今からちょっと前の時代の話なので。 宅間いや、バックステージものではないですよ。ベンガルさんはそんなバブル時代の、お笑い事務所の社長。ある時は保養所で、ある時は秘密の話をするようなところ、ある時は隠れ家みたいな別荘。 ――ではその別荘のワンシチュエーションで、芸人さんや、その周囲の人々が出てくると。 宅間とにかく、頭の1時間とちょっとのところで、作風が変わるんですよ。 ――山崎さんとしては稽古をしていて、今回はどんな手応えですか。 ――宅間さん演じる<五郎>の奥さん役ということですが。

      宅間あれ、でも、そういえば夫婦のシーンみたいなのってなかったね。

      宅間夫婦らしい会話とか、全然交わしてないし。 山崎いや、後半のところで少し交わしはしますけど。あまりまともに会話をしていないというか、夫婦っぽい雰囲気ではないんですよね。

      だけど、逆に会話がないのもリアルかもしれないけどね。

      宅間10歳の子供がいる夫婦なので、そうそうベタベタもしないだろうし。それに今回は家族、夫婦というよりも、兄弟をフィーチャーしているので。 ――ベンガルさんは初参加ですが、タクフェスの稽古場はいかがですか。 ベンガルあとは初めてご一緒する方ばかりなので、とても新鮮です。今日もこうしてこの3人の組み合わせで座っているというのが、なんだかまだ違和感があるよね。

      これも、稽古でいい作用になると面白くなるんじゃないかという気がする。たぶん、たっくんの笑いと僕の笑いって質が全然違うので、そういう意味ではすごく勉強にもなる。 宅間ハハハハハ! ベンガルぎゅっぎゅって気持ちを入れていき、最後にここでドカン!という手法に対するこだわりは、ちょっと僕には圧倒的だったな。話すのは、静かに間を取り、ふっとセリフを吐いて笑わせるなんてことは、いつまでできるかということだったりするんです。年も取ったし、若くはないから全然違う笑いなんですよ。しかしそれにしても、しずちゃんってトーンがおかしいよね。

      ベンガルわーっと一緒に出ていっても、しずちゃんのところだけトーンが違うから、何か言ってるだけでおかしいんだ。

      タクフェス『ひみつ』稽古場より山崎静代 ――山崎さんは宅間さんの作品の、どういうところに魅力を感じられていますか。 山崎やはり、ストレートに笑って泣けるところです。笑いの部分はどんどん新喜劇、というか……。 宅間なんか俺、年々ベタになってるみたいだけど。この間の稽古で、ベンガルさんってやっぱりすごいなと思ってるんですけど。 宅間今回、ちょっと変わったシステムの芝居なんです。演劇では結構よく使う手法だったりもしますけどね。

      簡単に言うと、前半は僕と福田沙紀ちゃんがずっと過去を見ているというか、日記を読んでいる設定で。そうすると日記に書いてあることが目の前で起き、僕たちはそれを俯瞰で見ている。

      すっかり入り込んじゃっているんですが、直に関わりはしないんです。 ――回想がドラマになってて、それを外から見ているということですか。 宅間まあ、外から見ているというテイで、入り込んじゃうんですけど。 ――だから、本当はそこで登場人物同士で会話をしてはいけない組み合わせがある。人がしゃべっている時は相手の顔を見るのが自然じゃない。 ベンガル自分でも見てしまってから、気づくんだけどね。

      宅間ああ、シーンというか、タクフェスは必ず最後に“ライブタイム”があるんです。そのために振付の先生が来て、踊りの稽古があったので。 ベンガル僕らも初期の頃は踊ってましたからね。

      宅間あの頃の先輩たちの芝居は、みんなエンターテインメントだったからなあ。 ベンガル

      しかし、ここまで身体が動かないとは。 宅間でも“ライブタイム”は単に楽しむ時間なので。そこは負担と思わない程度にみなさんにも楽しんでもらいたいし、僕らも一緒に楽しみたい。 宅間ベンガルさん、ちゃんと想いを語ってくださいよ。 ベンガルいやいや、だって結局同じことじゃない。みんなで毎日顔を合わせて、それぞれの人間性もわかり合いながら作っているんですけど、やっぱりチームワークは大事ですよね。

      宅間さんの演出も、すごく細かくひとりひとりに向き合ってやってくださっているので、それに対してみんな応えたい、いいものを作りたいという気持ちでひとつになっているところです。ド頭にも、静代が出てくるとまさに新喜劇みたいだし。いえやはり、新作の書き下ろしは毎回ホントにすごく不安なんですよ。涙にも、いろいろな種類の涙があると思うけど、今回はここ最近ではやっていなかった感じのものになるかもしれない。あったかいんだけど、あったかいだけじゃないというか、何らかの感情が生まれると思う。そして、たぶんこの作品は評判が良くていずれ映画化されると思うので。
      関連キーワード - EXILE - EXILE - EXILE -

考察。「益田恵梨菜」とは何か?

「益田恵梨菜」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

益田恵梨菜に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • javさん: [Young Magazine] 2017 No.43 山本彩 益田恵梨菜
    > https://t.co/ZzlKFbFH33


    > https://t.co/WEwL3KcXMm

    - 11 日と 14 時間 14 分 16 秒前
  • frimgさん: [Young Magazine] 2017 No.43 山本彩 益田恵梨菜
    > https://t.co/D6jypJ2CXU


    > https://t.co/FCNSftZbjo

    - 11 日と 14 時間 14 分 19 秒前
  • 特になしさん: 益田恵梨菜って人がいるの知って今後枡田絵理奈と紛らわしくなりそう。 - 1 ヶ月 4 日と 1 時間 59 分 43 秒前
  • SIN/24karats/ONCEさん: RT @kaho_takashima: こんなに泣くやつだとは!前半笑いすぎて油断していた。いいね、舞台って素敵やね!何よりも益田恵梨菜ちゃんのお笑いセンスと、特攻服をセクシーに着こなすナイスプロポーションが最高です!!(`・ω・´)#タクフェス#ひみつ https:… - 1 ヶ月 11 日と 2 時間 26 秒前
  • 岡崎泰章さん: 益田恵梨菜さん#益田恵梨菜 #タクフェス 場所: 梅田芸術劇場シアタードラマシティ
    > https://t.co/mdaRQSZrQt

    - 2 ヶ月 17 日と 23 時間 14 分 52 秒前

話題のトピック