なぜ「浜美枝」なのか?

「浜美枝」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      第59回<怪獣ブーム50周年企画 PART-9>『キングコングの逆襲』

      今から51年前の1966年1月2日、記念すべきウルトラシリーズの第1作目『ウルトラQ』が放送を開始した。『鉄腕アトム』や『鉄人28号』などのアニメを見ていた子供達は、一斉に怪獣の虜となった。すでにゴジラ映画は6本を数え、前年の1965年にはガメラがデビューした。『ウルトラQ』終了後、これに拍車を掛けたのが同時期に始まった『ウルトラマン』と『マグマ大使』。見た事もない巨人が大怪獣を退治していく雄姿に、日本中の子供達のパッションがマックスで弾けた。 これに触発された東映も『キャプテンウルトラ』『ジャイアントロボ』『仮面の忍者赤影』と次々に怪獣の登場する番組を制作。大映はガメラのシリーズ化に併せて『大魔神』を発表し、日活と松竹も大手の意地を見せて参戦した。そして少年誌はこぞって怪獣特集記事を組み、怪獣関連の出版物や玩具が記録的セールスを計上した。呼ばれる社会現象となり、『ウルトラセブン』が終了する1968年まで続いた。銘打った節目の作品に、ゴジラではなくキングコングを持ってきた。そして同時上映は、同年4月で放送を終了している『ウルトラマン』を劇場用に編集した『長篇怪獣映画ウルトラマン』。人気怪獣のレッドキングやゴモラが登場するエピソード4回分を75分に編集したものだ。

      ゴジラは出ないし、すでにウルトラマンは観ているし......。筆者を含む全国の子供達は、この夏休み興行に大満足した顔で映画館から出てきた。 公開に向けて、人気少年誌各誌の表紙を飾る『キングコングの逆襲』。 ※筆者私物 まず『長篇怪獣映画ウルトラマン』は単なるオマケではなかった。カラーテレビの普及率が白黒テレビを上回るのは1973年で、筆者も『ウルトラマン』の本放送をモノクロで観ていたので、大きなスクリーンとカラーで大好きなウルトラマンと怪獣に再会できた喜びは大きかった。そしてメインイベントでは、脇役の電子怪獣メカニコングと原始恐竜ゴロザウルスが、主役のキングコングを食ってしまうほどの存在感を示した。北極圏に眠るエレメントXなる世界を征服できる核物質の採掘を依頼する。だが遠隔操作で地中を掘っていたメカニコングは、エレメントXの強力な磁気で故障してしまう。3人は、南洋のモンド島で全長35メートルの恐竜ゴロザウルスと身長20メートルのキングコングの死闘に遭遇する。キングコングはスーザンを気に入り、お人形さんのように掴んで喜ぶ。ついでに全長85メートルの大海蛇も現れるが、同じくキングコングに口を裂かれてしまう。対ティラノサウルス戦を再現したもので、アメリカ側は旧作のような流血戦を要求したが、子供に血を見せることを嫌う円谷英二は、泡を吹かせて信念を貫いた。キングコングのスーツアクターは、歴代ゴジラを演じた中島春雄。ダメ出しし、本作では動物園に通ってゴリラの動きを研究し手本を示した。夜の東京港にメカニコングが現れるが、ここ台本の第1稿では、「競技前の選手のような膝の屈伸運動をしてから、見送る乗員達に一礼をする。このシーンがNGでなかったら、観客は違う意味でどっと沸いていたであろう。芝の増上寺に現れたキングコングに続いて、ビルをぶち壊してメカニコングが登場!この映画の世界観にゴジラは存在しない。ゆえに巨大ゴリラと巨大ロボットの東京襲来は天下の一大事。メカニコングを見た瞬間に民衆と一緒になって腰を抜かす自衛隊員達の情けなさは一見笑えるが、実はリアルな描写でもある。すぐに追い付かれ、足を引っ張られたメカニコングは思わず手を離す。悲鳴を上げて落下するスーザンをキングコングがナイスキャッチ。メカニコングは突如コントロールを失い、掴まっていた先端のアンテナが折れ、333メートル下に落ちていく。なおメカニコングは、のちにゴジラの宿敵となる人気ロボット怪獣メカゴジラのヒントになった事は言うまでもない。

      【映画惹句は、言葉のサラダ。】第22回 惹句もデカいぞ。歴代『キングコング』映画たち。

      この連載でも色々な惹句を扱ったけど、間違いなくこれはその頂点に位置する映画惹句だ。

      ある日、昔のチラシの複製本をぼっと眺めていて、その長さとハイテンションぶりに、思わず目がテンになった。 このフレーズをメインに、どどーんと打ち出し、その後にサブ惹句が続くわけだけど、このサブ惹句、やたらに長い。これでは惹句ではなくて、ほとんど解説なんじゃないかと思ったが、文字サイズもメイン惹句と同じなので、これは惹句と解釈する。 「前世紀の巨獣が生きていた!六拾尺五十噸の大ゴリラ 丸ビルなんか一跨ぎだ。

      恐竜、飛龍、巨龍を投げ殺して巨獣地帯の王となった キングコングが生捕られて紐育へ連れて来られた、その夜、 巨獣は檻を破ってブロードウェイに暴れ出た! 飛行機を鷲掴みにし、高架鉄道を一はたきにする怪腕力。 まあ当時はメディアもろくになかった時代故、映画チラシも貴重な情報源だったわけですから、そこでこの超大作に観客を誘導すべく、ここまでハイテンションな惹句を使ったチラシが作られたわけですな。特徴は、なんたってコングの巨体を特殊撮影で表現し、髑髏島での怪獣、怪生物たちとの対決。東宝が自社の大怪獣と対決させたのが、1962年8月公開の『キングコング対ゴジラ』。怪獣バトルのみならず、サスペンスあり笑いあり逃げ惑う群衆ありと、怪獣映画という枠を超えて、あらゆるエンタテインメントの要素をぶち込んだ名作というのが、筆者の評価。 この映画のために取得したキングコングの使用権の期限がまだあるとかで、この後コングのキャラを使った『キングコングの逆襲』が製作されますが、こちらのほうはなかったことにしておこう(笑)。日本では12月18日から、当時としては画期的な全国109地区拡大一斉公開となり、TVからはコングの咆哮が絶え間なく流れ、街角にはイラストで描かれたポスターが溢れ、とにもかくにも一大ブームを形成していった。ならばと、当時の新聞広告から惹句を抜き出してみた。宣伝されたコングも、実はぬいぐるみであったことが後で発覚したりと、映画の内容よりも宣伝の大きさ、けたたましさの方が記憶に刻まれた作品であった。2005年クリスマスに一斉公開されたこの作品、出来は悪くないのだが、我が国公開時の惹句を観ると、ちょっと首をひねってしまう。そのせいか、日本での興行成績は配給会社の思惑を大きく下回ってしまいました。

      そのピージャク版コングから12年の歳月を経て、今月25日から公開されるのが『キングコング:骸骨島の巨神』。その『キングコング:骸骨島の巨神』の日本での惹句がこれ。それは架空の生き物を想像し、技術を駆使してそれを娯楽映画として再現する、そのプロセスこそが映画作りの楽しさに満ちているからに違いない。 数あるキングコング映画の惹句の中に、そんな映画人たちの思いが籠もった1行を発見した。

      4児を育てあげた日本初 “ボンドガール” 浜美枝さんが語る、「幸せな女性の人生」とは?

      4児(!)の母として幸せな家庭を築き、現在も美しく心豊かな人生を謳歌されている浜さんが、最近『孤独って素敵なこと』(講談社)という潔いタイトルの著書を上梓しました。

      その中には、子育てや生き方に悩む女性にぴったりの珠玉の言葉がたくさん。 そんな浜さんに、育児中の母親たちへのアドバイスも含め、お話を伺いました。

      わりあい冷静に自分を客観視してみて、自分では認めたくないことだけれども、きっと今、私は美しくない。世の中から求められる状態の浜美枝じゃないんだわ、と思ったんです。 で、これは一度まっさらになって、まず睡眠を取ろう、健康的になろうと自分で順番を決めました。

      三人の子どもを両親に見てもらって東京と行ったり来たりしながら、仕事も中途半端にするくらいなら辞めよう、と。個人的な話で恐縮ですが、かつてゴダールからの映画出演の依頼を断った、とご著書で読んだ時は、思わずのけぞりました。

      キャリアが大事とかそういうこと、あんまり思わないんですよね(笑)。そして、ゼロになってみたら、意外に心地よかったんです。自分の力では何をどう努力しても、自分の感情をコントロールできないんです。 その時、たまたま仕事で南アフリカに行き、お休みが1日あったので、ヨハネスブルクまで自分で運転して喜望峰へ足を延ばしました。

      浜さんの言葉は私たちに生きる勇気を与え、エールを贈ってくれます。男の子の教育が肝心! 現在は、住み始めてから40年になるという箱根の森の中の古民家で、大自然に囲まれながらお好きな美術品や選び抜かれた道具たちと、美意識が隅々にまで活かされた暮らしを楽しんでおられる浜さん。育児中も料理だけは手を抜かなかったという彼女は、次男夫妻と同居する中、ランチだけは手作りするとか。Reserved. 「家にいる限り、お昼ご飯を作るのは私の役目なんです。月曜から金曜までは、一週間で冷蔵庫のものを使い切ることを前提に、私が買い物もします。今、イワシやサバが美味しいから、サバの味噌煮とかね。

      嫁も、私が出かける時、何時に帰るか聞かれるのが嫌なタイプだって知ってますから。 同居していても知らないことがいっぱいあります。嫁に言ったから息子に伝わるとは限らないし、その辺のところは非常に合理的な家族です。だから、私は世の中でいう嫁姑での嫌な思いって、したことがないです。してもらって嬉しいことは『ありがとう』って言う。そういう柔軟性がないと、あんまりがんばり過ぎてもいけないし。 私は、息子にそれだけはきつく言ってきたのが、『料理や洗濯をしてくれる人と結婚するわけじゃないのよ』と。そういうことは自分でやって、その上で『共に歩む人と、結婚てするものよ』。だから、小さい時から料理もさせたし、洗濯も洗濯機の中にパンツ突っ込んじゃうだけ、なんてことは絶対させませんでした。女の子って、愛してる相手であれば、してあげたいじゃないですか。美味しい料理を作ってあげたいし、基本的には、女性は人を愛する、命を育むっていうものを持ち合わせていると思うんです。そこを大事にして、男性がしてあげれば女性は変われるし、優しい気持ちでいられるじゃないですか。をちょっとでも持ってほしい もともと民芸や骨董が大好き。イベント開催時のみ広間などを開放し、オープンしている。

      を吹き込んで次世代へつなげたい、と日々の暮らしを大切に営んでいます。

      私、最近のブログに書いてますけど、『裸足の季節』という映画、本当に感動しました。

      「よく眠って精神的なストレスを溜めなければ、30~40代は十分美しいです。わかっていても、なかなかそれができないんですよ。 あと、『さざなみ』という映画もよかったです。男性の監督なのに、どうしてここまで女心がわかるのかしらって、ブログに書いちゃいました(笑)。一人になる時間がないということがどんなに辛いことか、よくわかっていますから、お嫁さんにはそういう思いをさせたくないです。 育児中こそ、なるべく女性がゆとりを持てて、自分のことも考えたりできるといいなあと思うんです。ミシンを使ったりする時間はないけれど、かぎ編みは楽しめている。

      じゃあ、読みやすい本があったら紹介してみよう、とかね。

      優しさを持っているお嫁さんだから、私も優しくなれる。伺ったら、「自分が出演した後の『007』は観てないの。1960年、バスの車掌をしていたときに受けた東宝のコンテストを経て女優デビュー。1967年、映画『007は2度死ぬ』に、日本人として初めてボンドガール役として出演。女優業のかたわら、40代から箱根に古民家を移築し、4人の子どもを育てる。

      ngAP・木村拓哉、八代亜紀も狙われる? 箱根山噴火で暗躍する「芸能人別荘ブローカー」

      SMAPの木村拓哉や八代亜紀が別荘を売りに出すなんてウワサも飛び交っているのが、噴火した箱根一帯。 ここ最近の火山活動の活発化に加えた今回の小噴火には、宿泊予約のキャンセルが続発している。

      「噴火前から相談が相次いでいたのは別荘などの売却。を想定したマニュアルの作成を進めているところで、手放す選択をするのも無理はない。

      ただ、首都圏から近い保養地の箱根は有名人の所有する別荘も多い。釈由美子は約2年前に両親に富士山の見える温泉付きの別荘をプレゼント。父親は今年1月に亡くなり、またこの状況では今後も保持しておくかは迷うところだろう。 「芸能人の別荘といえば高く金を出す人がいるんですよ。 また、こうした火山活動期においては過去、詐欺のような悪質な買い付けも横行。 「箱根界隈で有名なのは、鉱山研究会の代表を名乗る女性で、今回も各所に営業電話がかかってきています。

      箱根の噴火は、ここに別荘を持つ芸能人たちにも大きな影響を与えている。


      関連キーワード - 箱根山 -

考察。「浜美枝」とは何か?

「浜美枝」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

浜美枝に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 光士さん: RT @1632bdkrst: 《ボンドガール・コンビ…若林映子(左)と浜美枝、…「国際秘密警察/鍵の鍵」(1965)》
    > https://t.co/CTTN4fkN2U

    - 6 時間 37 分 52 秒前
  • ケン・北斗さん: @hamachanko 長らくの運転お疲れ様でした👍❗全く知りません。『和みや・おかむ』名店❗またしても、3時のおやつタイムに『馬刺し』凄杉飯傑作浜美枝卍です🐴👍❗ - 8 時間 18 分 54 秒前
  • kaeruchanさん: 今日、浜美枝さんをお見かけしたんだけど、とても綺麗で颯爽としていました。あんな風に年を重ねていきたいなあ。 - 2 日と 27 分 38 秒前
  • モロロ軍曹さん: 最近は始まるまでの間浜美枝のラジオで心を落ち着かせる #kimimachi - 4 日と 12 時間 51 分 42 秒前
  • 衆議院さん: RT @zenrachuunen: 「浜美枝に対抗して…玉見え!」と絶叫して自らのズボンを引き下ろして玉をさらけ出した一人の中年男性は、心の中で「そろそろ、対抗するネタがなくなってきた…」と行き詰まりを感じていた… - 6 日と 30 分 3 秒前
  • Pakki@Mナンバー探偵さん: @nqhcw708 ゲンとイズミが迷子になった途端、走ってきたボンネットバスの運転手がなんと夏木陽介さんだった事に驚いた記憶があります。冒頭、バスを止めて、しょうちゅう屋の娘・浜美枝に会いたいからと、少しだけサボって、二人で会話してた印象があります。 - 6 日と 38 分 30 秒前

話題のトピック