なぜ「池の水ぜんぶ抜く大作戦」なのか?

「池の水ぜんぶ抜く大作戦」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      テレ東『バイプレイヤーズ』続編に寺島進がいないワケ「前作でやり尽くした……」

      おなじみの名脇役6人を揃えて話題になった前作の成功を踏まえてのプライム進出だが、今回の出演者の中に寺島進の姿がない。語り、そもそも続編には乗り気ではなかったことが事務所関係者への取材で明らかになった。 金曜日の“ドラマ24”という深夜枠で放送された『バイプレヤーズ』は、ドラマ、映画で脇役として引っ張りだこの大杉漣、遠藤憲一、松重豊、光石研、田口トモロヲ、寺島進の6人が実名で登場するだけでなく、役所広司、椎名桔平、竹中直人、安田顕を含め、野村周平、志田未来、川島海荷、それに出家騒動で世間を騒がせた清水富美加ら若手俳優も実名でゲスト出演するという、キー局では発想できない斬新なドラマとして、コアなファンだけでなく、業界関係者からも注目された。『池の水ぜんぶ抜く大作戦』など、低予算ながら独自性の強い企画重視のバラエティ番組で高視聴率を取っているが、ドラマは他局の後塵を拝しているイメージが強い。

      しかし、“金曜8時のドラマ”枠では『三匹のおっさん』でファミリー層の視聴者を獲得したり、“ドラマ24”でも『孤独のグルメ』などのヒット作品を制作。着実に、このジャンルでも追い上げを見せているのだ。

      テレ東は、プライムタイムに昇格させる方向で続編を検討していた。前作も6人のスケジュール調整に難航したが、続編制作にあたっても、スケジュール調整の段階から実は寺島は乗り気ではなかったという。結果、2月7日からスタートする続編は寺島抜きとなった。 番組関係者によると、このドラマは当初、黒澤明監督の名作『七人の侍』をリメイクするというオファーから始まったという。結局、今回も『七人の侍』は実現せず、寺島抜きの5人での続編がスタートするが、そもそも遠藤と松重はいまや、脇役というより主演クラスの役者だけに、続編はもはや新鮮味に欠けて、プライムタイムに見合った視聴率が取れるかどうかは怪しい。それより、殺陣師も経験している寺島が固執する『七人の侍』のリメイク版というほうが、確かに魅力的だ。

      筆者としては、新たな顔ぶれの名脇役たちによる、この企画の実現に期待したい。
      関連キーワード - テレビ東京 - 視聴率 - 役所広司 - 川島海荷 -

      日テレの「物置の中身を全部出す」特番は、テレ東のアレを参考に制作された!? だが、ミラクルが起こって亜流に終わらず

      前年を振り返り、テレビのあり方を語り合うのがこの番組の趣旨だが、1月2日に放送された“2018年版”で話題になったのは、テレビ東京系で定期的に放送されている特番『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』であった。シンプルながらも、池の水を全部抜くまで何が出てくるかわからないドキドキ、ワクワクが視聴者の心をつかみ、この特番は2017年に計5回放送されている。

      上記の“宿題”を受けて制作されたと思われるバラエティーを、民放各局で探し出すことは容易だ。

      40年ぶりに見つかり、オークションで2億3,000万円の値が付いたこともあった。 というわけで、番組は日本全国の物置へと赴いている。

      また、岐阜県の物置には、フレームにダイヤが散りばめられた約1,000万円の眼鏡や、およそ総額3億円の宝石箱が眠っていた。蔵が2階建てという大きなサイズとなるため、埋蔵品はなんと1万点を超えていたのだ。

      そこで番組は引っ越し業者に依頼し、5時間をかけて蔵から物を一気に出すことを決意!まさに、『池の水ぜんぶ抜く大作戦』を彷彿とさせるやり方である。

      しかし、これらの膨大な品々から“お宝”を発見することは叶わなかった。今回の作業に参加し“お宝発掘”を期待していた地元の郷土研究会会長は「お宝とは、その家にとって価値のある物。ない次のフェーズに番組がヴァージョンアップしたことを感じさせる。彼の両親は茨城でスーパーマーケットを経営し、見事に成功。立派な家と、家のサイズに匹敵する物置を所有していた。 さっそく、カミナリの2人が7年ぶりに物置を開けてみると、そこには幼なじみである2人が中学時代に撮ったプリクラや、相方の石田たくみがまなぶとの出会いの感謝を綴った卒業文集が保管されていた。顔やお尻を隙を見て激写した“盗撮写真”が不意に発見されてしまう。 続いて、何が撮影されたか不明の8ミリビデオテープも発見。竹内家全員でそのテープを視聴すると、登場したのは中学時代のカミナリの2人である。 若き日のまなぶが自分の部屋に入ると、そこには若き日のたくみがいる。

      促すのだが、なぜかたくみは勉強しながらまなぶの股間に手を持っていく。家族全員が観ている前で再生される、あまりにも露骨なエロ展開。 繰り返すが、この番組は『池の水ぜんぶ抜く大作戦』にインスパイアされ、出来上がった企画のはず。だが、ミラクルが起こったことで、着地点は想定外にスゴいことになってしまった。 加えて、ゲスト出演した六角精児によるコメントが秀逸だ。

      カミナリのVTRを観終わるや「物を捨てちゃうと、こうはならない。置いとくと、こういうオモロイことが色々と起こる。終わるかと思いきや、唐突に昨今の“断捨離ブーム”に異を唱えだした六角。番組は、制作陣の意図する着地点にことごとく収まらない。
      関連キーワード - テレビ東京 - 視聴率 - 役所広司 - 川島海荷 - NHK - テレビ東京 - 松本人志 -

      低迷するフジテレビは復活することができるのか?

      PIXTA(ピクスタ) 昨年もフジテレビにとっては散々な年だったと言えるだろう。 「西内まりやが主演した『突然ですが、明日結婚します』第6話の5.0%を下回り、歴代“月9”史上ワースト記録を更新しました。

      フジテレビの“得意分野”でもあったバラエティー番組でもその凋落ぶりが話題となった。例えば、お笑いタレントの出川哲郎が異国の地でつたない英語を駆使して難局を乗り切る企画は人気を呼び、出川自身も好感度が急上昇しました。

      フジテレビ番組編成改革も見通しが甘い また、最近ではテレビ東京の躍進が著しい。直虎』の視聴率を複数回にわたり、テレビ東京のバラエティー番組『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』が上回った。製作費が抑えられている昨今、バラエティー番組はアイデア勝負の時代となっていることが分かる。 フジテレビは番組編成の改革に乗り出している。

      近年、低視聴率だった『めちゃ×2イケてるッ!』と『とんねるずのみなさんのおかげでした』という20年、30年と続く局の名物番組を今年3月に終わらせることを決めた。 「めちゃイケにしても、おかげでしたもしても、次の番組を何にするのか全く白紙の状態らしく、ただ終わらせることだけを決めても改革にはつながりません。
      メディアや娯楽として見放されはじめたテレビ。付け焼き刃のものを見せられても、さらに離れていくだけかもしれない。
      関連キーワード - テレビ東京 - 視聴率 - 役所広司 - 川島海荷 - NHK - テレビ東京 - 松本人志 - クリスマス - NHK - フジテレビ - TBS - テレビ東京 - 視聴率 - 民衆の敵 - 篠原涼子 - とんねるず - とんねるずのみなさんのおかげでした - めちゃ×2イケてるッ! - 西内まりや -

      嵐・松本潤をボコボコに……“昆虫本気モード”の香川照之が「民放の壁」をぶっ壊す!?

      それを検証するため、数種類の昆虫が入った水槽が運び込まれるも、その覆いをめくった途端、カマキリがコオロギを捕食している最中で、急遽、一種類減ってしまうという食物連鎖ハプニング。有吉や島崎和歌子らがそれに爆笑する中、どこかぎこちない松本の笑顔。全て知っている盟友からの逃がれようのない証言に、笑うしかない松本。知っていると当たり前に語る関係性に、デビュー前からプロ予備軍として同じ釜の飯を食ってきた2人の歴史を感じる。一人変なところでスイッチを入れる島崎和歌子を尻目に、ここで、いよいよもう一人の、いや一匹のゲストが登場する。 そもそも香川が最初に昆虫好きを爆発したのは、2年前のこの『夜会』だった。それをたまたまEテレのチーフプロデューサーが観ていて、悲願の昆虫番組『香川照之の昆虫すごいぜ!』が誕生したのだ。

      その回の『夜会』で着ていたコミカルタッチの着ぐるみが相当気に食わなかったのだろう、Eテレ番組開始と同時に香川が何度もダメ出しし、腕の棘の位置にまでこだわったというリアルな着ぐるみを製作、今回、その渾身のシェイプを引っさげての凱旋となった。ちなみに、なぜカマキリかというと、香川が一番好きな昆虫だから。鎌の部分を床に叩きつけて帰るというヒールレスラーのような魅せ方を心得ている香川。 ■ボコボコにされる松潤 ここで、松本が虫嫌いになったトラウマが語られる。なり、それ以降、虫を触ろうとすると痒くなってしまうという苦い思い出。当然スタジオには嵐ファンも多くいるだろう、同情や共感する観客の空気。

      しかし、カマキリの化け物がお構いなしに松本を責め立てる。 実際の苦い思い出をほんの少し語っただけなのに、サンドバッグのようにボコられる松本。 さらに香川は、そのEテレの正月特番でマレーシアまで行ったのに、ハナカマキリをゲットできなかったから今度はTBSでリベンジ番組をやりたいと本気で持ちかける。 TBS→Eテレ→TBS、と都合よく両局を渡り歩き、双方手玉に取ったあげく、いいとこ取りをしようとするその計略っぷりは、まるで『用心棒』の三船敏郎だ。

      実際、今度はTBSの予算でハナカマキリの着ぐるみをイチから作らせ、それを着て新番組のプレゼンをしていた。テレ東で絶好調の『池の水ぜんぶ抜く大作戦』シリーズを引き合いに出す香川。そこまで出ているわけでもないのに、バラエティの生々しい数字の動向にまで精通しているのがすごい。 そして、『池の水~』の番組ノリ的に、夏くらいに香川がテレ東で水を抜いてそうな予感もビンビンにする。だと語っていたが、現に公共放送との壁はとっくに崩壊させている。

      各局の電波をカマキリ姿で飛び回る香川の繁殖ぶりに期待したい。
      関連キーワード - テレビ東京 - 視聴率 - 役所広司 - 川島海荷 - NHK - テレビ東京 - 松本人志 - クリスマス - NHK - フジテレビ - TBS - テレビ東京 - 視聴率 - 民衆の敵 - 篠原涼子 - とんねるず - とんねるずのみなさんのおかげでした - めちゃ×2イケてるッ! - 西内まりや - TBS - 視聴率 - - 櫻井翔 - 松本潤 - 櫻井・有吉THE夜会 -

考察。「池の水ぜんぶ抜く大作戦」とは何か?

「池の水ぜんぶ抜く大作戦」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

池の水ぜんぶ抜く大作戦に関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news2/index.php(562): tweet_output('\xE6\xB1\xA0\xE3\x81\xAE\xE6\xB0\xB4\xE3\x81\x9C\xE3\x82\x93...') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143