なぜ「水戸ホーリーホック」なのか?

「水戸ホーリーホック」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      40歳で世界初の“クラウドファンディングJリーガー”になるまで。ヤンキー高校、本場ブラジルの過酷な環境を経て…

      世界初のクラウドファンディングJリーガーとして注目を集める安彦考真。サッカー界の現状と未来について、独自の切り口で考察してもらった。そして、その哲学に行き着いた原点となる自身のキャリアを改めて聞いてみた。

      しかし、自分が一番でなきゃ嫌だと思いながら、仲間外れになるのも怖い。ガキ大将気質なのに、どこかでビビっている、そんな子供だったと振り返る。 「中学校のときに1か月くらい、クラス全員からシカトされていた時期がありました。

      原因はTVゲーム好きのオタクを僕がからかったため。すると、からかっていた子が力を持って、あいつ無視な。 いきなり挨拶さえ返されなくなり、毎日お弁当を交換していた友人まで離れていった。 「暗黒の時代でしたが、サッカー部の連中が心の支えになりました。



      しかし、評定平均的な部分が足りず、結局は入学を許されなかった。 「サッカーで行く気満々だったから、勉強なんて全くしてないわけで。 強豪に入るどころか、弱小高校に行かざるをえなくなったのだ。

      サッカー部のチームメイトはリーゼントやパンチパーマばかり。 とはいえ、幼少期からプロを意識していた安彦氏。40代の陸上競技記録を持つ担任、吉田先生が作った練習メニューに従い、弱点である足の遅さ克服も図っていた。 「荒れている環境でしたが、どうしてもプロになりたい一心です。そして、次のステップに行きたいと思っている矢先に、友人がブラジルにサッカー留学。 毎日午前2時に起きて、自転車の前後に100部ずつ積んで配達。「気づいたら階段で寝ちゃってたり、雪の日なんか全部ひっくり返しちゃったり、大変でした。そんなシリアスな姿勢がほか部員との対立を生み、サッカー部は分裂してしまう。その時初めてみんなの意見を聞き、そういう考えもあるかと理解して。飛び交う日常 厳しい環境のなかでも諦めずにプロを目指していた安彦氏。高校三年生の夏、ブラジルへのサッカー留学を実現させる。当初1か月の予定だったが、サイドバックの正選手が離脱。同じポジションだった安彦少年は監督から残るよう頼まれる。 「学校にも親にも確認せず、ただ一言『ハイ』っと。両親には相当怒られたと思うんですが、どう説得したのか覚えてないんです。 ちなみに、現在はポルトガル語の通訳もできる安彦氏だが、当時はサッパリだったという。監督への手紙もスタッフに訳文を書いてもらったそう。 「サッカー自体はボディランゲージだけでもなんとかなりますが、もっと伝えたくなるんです。あくまでも覚えることは手段であって、目的ではなかったんです。伝えるのが目的なので、僕はそうなってくると強い。目的が明確になった瞬間、手段に没頭できるタイプ。 そのため、話す聞くなら完璧だが、書くのはいまだに苦手だという。あれ、ブラジルで3か月を過ごし、大会にも出て、そろそろ高校卒業が危ないという頃に帰国。卒業後も再び渡伯し、トータルで居た年数は2年半に及んだ。

      日本と外国ではまったく価値観が異なることは言うまでもない。そこには様々な苦労が伴っていたことは想像に難しくないが、実際のところどんな暮らしぶりだったのだろうか。 「例えば『お前の母ちゃんデベソ!』とブラジル人に日本語で言わせて僕らが面白がるのと同じ要領で、言葉がわからない僕に本当に酷い言葉を言わせる。安彦氏によると、“国を知るすべとして言葉がある”という。パッと見たらチームメイトが僕のアディダスのハーフパンツ穿いているわけ。まだまだ居るように振る舞って、ちょっとそのカメラ貸して、明日には返すね。

      僕らは『あいつは裏切り者だ!』なんて、日常で使わないじゃないですか。 ◆ブラジル人がサッカーにハングリーなのは稼げる現実的な仕事だから 価値観の違いだけではなく、食事や衛生環境にも辟易した。クソ、ペーパー、クソ、ペーパーのミルフィーユが便器に溜まって、最終的に溢れちゃう。 「単純にその国で一番稼げるのは何かということ。当時のブラジルでは泥棒するか、サッカー選手になるか。サッカーは彼らの特技であり、なおかつ好きなことで、お金も良い。大学出て、大企業に入ったら良い生活ができるとされる日本は、みんな勉強に没頭する。日本人だってハングリーなんですよ、勉強することに対しては。ブラジル人のサッカーで食っていくんだというガッツは、日本の受験生と一緒ですよ。

      しかし、リーグ戦開幕の直前に前十字靭帯を断裂し、失意の帰国となる。「また渡りたいと思っていましたが、ビザの関係もありなかなか動けず。エドゥのもとでトレーニングを積んだ彼に、清水エスパルスとサガン鳥栖の入団テストのチャンスがやってくる。 「好機到来だというのに完全にビビってしまい、まともに受けられなかったんです。みたいな感じだったのに、周りはもっとうまくてシュンとなっちゃったんです。 22、3歳でサッカー選手に区切りをつけ、プレイヤーを引退。その後、ブラジル留学の経験を活かして、通訳の道を歩むことになる。 大宮アルディージャに’03年から通訳として参加するも、目の前のプロ選手たちに眩しさを感じていた。 「それこそ現水戸ホーリーホック強化部長の西村とか、選手の冨田大介とか。同い年が躍動している姿を見ていると、やっぱり自分もやりたいんだなと。見栄はって、俺はそういうんじゃない、裏方で、と言い聞かせますが、結局自分が前に出たいんです。 不完全燃焼を解消するため、指導者の道に進もうと、大宮アルディージャ退任後、通信制の高校に。 「茨城県の大子町で、サッカー部を作って欲しいと招かれたんです。任せろと引き受けたんですが、部員が1人も集まらず、半年後にクビ。その後、元Jリーガーの北澤豪さんがサッカースクールを始めるのに呼ばれ、立ち上げから一緒に活動して。 そして、スポーツディレクターとしてフリーランスになった。 「中央高等学院という通信の高校で総監督としてサッカーコースに参加。 東京ヴェルディと組むプロジェクトに、ディレクションまで請け負って講師も兼ねた。サッカー部を2回連続でインターハイに連れて行けました。

      そうやって自分のやり残したこと、やりたかったことを取り返せたんです。スポーツディレクターとしての活動では飽き足らず、次のアクションを仕掛ける。それが“クラウドファンディングJリーガー”だったのだ。

      安彦考真が40歳でJリーガーを目指す理由「サッカー選手は個人競技のアスリートの姿勢を見習うべき」

      トレーニングや遠征にかかる費用をクラウドファンディングによって工面しながら、本気でJリーガーになろうとしている男がいる。

      2018年3月現在、J2所属の『水戸ホーリーホック』に練習生として参加している。

      言われながらも、“世界初のクラウドファンディングJリーガー”としてメディアから注目を集めた。 ブラジルへのサッカー留学、現地チームとのプロ契約ののち、23歳で現役を引退。 ◆クラウドファンディングを始めた理由 「不登校児を中心に受け入れている中央高等学院のサッカーコースにて、総監督兼講師として活動し始めた頃、生徒と向き合うことで自分自身をよりハッキリと見ることになったんです。素直な生徒たちに触れていると、嘘をつけないというか、自分自身のメッキが剥がれていくんです。僕が変な“知識”だけでものを言ってしまうと、ダイレクトに受け止める彼らはいろいろと動いてしまう。 間違いがないよう、“知識”だけではなく“実体験”を元に授業していたが、肝心の“実体験”という貯金はいつか尽きる。本で得た知識ばかりが多くなってしまったと悩み始めた頃のこと。 「クラウドファンディングとかベーシックインカムの話をし、将来こんな社会になるんじゃないだろうかと、僕なりの頑張った知識で進めたんです。さらに同時期、お金に縛られている自分にも気付く。 「独立以降、まぁまぁの家賃の東京タワーが見えるマンションに住んでいて。気付いたら、自分がしたい仕事を、その家に住むためにしちゃっていたんです。子供達の未来を良くしたいとか、サッカー界をより発展させたいと思ってきたのに、優先的に僕を縛っているのはお金になっていた。例えば、生徒たちのためになることでも、学校関係者に気を使って言えない状態。 ブラジルから帰国後、清水エスパルスとサガン鳥栖の入団テストを受けるチャンスがあった。

      しかし、周囲のテスト生のレベルの高さに萎縮してしまい、満足な結果を得られなかった記憶がよみがえる。 自問自答を繰り返し、彼はもう一度リスタートを決意する。 「自分が自分の人生のリーダーになるため、クラウドファンディングJリーガーに挑戦した。たしかに、40歳から目指すなんて間抜けかも知れません。
      誰もやっていないなら、結果はわからないはずです。 成功率上昇のため、彼は自分の努力を可視化させた。トレーニング風景をSNSにアップし、今まで通りで足りない分はプロにも頼ろうと考えた。専門的ジムとトレーナーを使うため、実際にクラウドファンディングによる資金集めをスタートした。 しかしながら、まだまだクラウドファンディングは一般的とはいえない方法。聞き慣れない単語に対して“怪しい投資話”のように受け取る人も少なくなかったという。『プロ選手を目指します!』と初めてフェイスブックに告知するときには不安、怖さもありました。

      だけど、そんなこと言っていたら、いつまでも後悔を引きずっていく。 こうして踏み出した結果、目標額85万円のクラウドファンディングが、121万まで貯まった。 「ほとんどがそこまで言うならお前の夢に乗っかるわ、って人。 そして、テレビ東京の『フットブレイン』に出演したことで追い風が吹く。より広く活動を知られ、多くの人と話すきっかけにもなった。関わらず、スポーツ界は結構なムラ社会なので、新しい潮流が入りづらい。Jリーガーでもクラブでも、僕は彼らがどれだけ働き、スゴいのかを知っています。

      ◆Jリーガーも個人競技のアスリートの姿勢を見習うべき 今までと違うアプローチの広報活動や、選手とクラブの状況改善策などを、自身のトライによって打ち出したいと、彼は言う。 「水戸ホーリーホックの西村強化部長が考えるプロの要素は2つ。 水戸としては、若手の意識や思考を変えるべく、“影響力のある選手”を求めていた。 「外部から招いたコーチやスタッフでは、どうしても授業っぽくなり響きにくい。それに、スタッフとしての加入じゃ、僕のクラウドファンディングは成功しない。 共感を集めるということは、ファンを集めるということ。ここに安彦氏が考えるサッカー界発展の鍵があるという。 「今までJリーグがしてきた地域密着も大事です。加えて、例えばプロレス型のようなアクションが入って欲しい。人のストーリーや歴史には、感情移入させるパワーがあると思っていて、僕はそっちでやりたい。 水戸というチーム、土地にやってきて感じたのが、人々の暖かさと吸収力だとか。 「みなさん、積極的に新しいことを吸収しようと取り組んでいる。

      水戸ホーリーホックは現在の平均観客動員数が約5千人。今シーズンの開幕戦の動員数の目標を1万人と掲げていた。そのためには、選手ひとりひとりの意識改革が必要だとも。選手それぞれが五人でも十人でも百人で増やせば、1万人なんてあっという間。そしてそのファンは、たとえチームが変わってもついて来てくれるんです。ファンがいなければスポーツ選手は成り立たないんです。か、その人を知ろうとするだけでとても喜んでもらえる。 ◆安彦が考える“プロ選手”の姿とは ところで、彼はなぜ水戸ホーリーホックを選んだのだろうか。 「水戸ホーリーホックは、地元やファンを楽しませるため、どうしたら良いのか、めちゃくちゃ考えているチームだと感じています。

      またクラブとしてアジア戦略や、廃校利用、アニメとのコラボなど、多くのチャレンジを積極的にしている。

      ただ、選手というスタンスで入って、僕のファンも一緒に連れて来たいんです。ちろん、自分自身に向けられる批判は重々承知している。

      Jリーグを舐めるな、馬鹿にするなという意見が多いですが、一切そのつもりはありません。
      Jリーガー=サッカーが上手い選手、であることに間違いないのだろうが、“プロ”とは一体なんなのであろうか。彼らは毎日がオーディションで、日々11個の椅子を争っている。

      仲間として一体感を求められるが、ライバルでもある特殊な関係。 「だから、選手の手助けをピッチ外も含めてしたい。 安彦氏は、プロの定義は自分で決めるべきであり、サッカー選手はかくあるべきという思い込みも捨てるべきだという。問われて、車があって家があって家族がいて、日曜日はピクニックみたいな。サッカー選手もこうでなきゃいけない、が強すぎます。 試合に出ずともチームに貢献できることはたくさんあり、良い影響をもたらせる。 「僕のプロフェッショナルの定義は年俸やお金ではなく、影響力などの数字で表しづらいもの。例えば、『試合に出してもらえない安彦があれだけトレーニングしているのに、俺たちが練習サボるわけにいかないな』と若手が思えば、チームにとって僕の存在がプラスなのは間違いありません。
      「子供たちにとってプラスの存在であるサッカー界を心から望みます。体罰上等のコーチング、横暴な指導者、好きなものを嫌いになるような教育法など、大人のエゴで子供の好きを潰して欲しくない。そして、失敗を否定せず、チャレンジを応援する社会になってほしい。応援って何もデメリットないし、もしかしたらリターンが望めるくらいなのに、なぜかチャレンジを否定したがる人が多い。 40歳という年齢でJリーガーを目指す本意は、こういった声を届かせるため。かつては彼にとって目的であったサッカー選手が、声を大きくするための手段になりつつあるわけだ。

      「目指した変化が現れるのは、僕が死んでからでも構いません。
      名を残したいわけでもないので、メッセンジャーは僕じゃなくたって良い。 現在は、練習生という難しい立場にある安彦氏だが、チームに影響は与えているのだろうか。 「安彦さんは積極的に選手の間に入っていきます。遅くまで残って練習していて、若手選手への良い刺激になっています。

      また、通訳の経験を生かしてブラジル人選手の支えになり、チームの潤滑油としても機能。オフザピッチの在り方も重視している西村強化部長からの期待も大きいです。
      関連キーワード - 安彦考真 -

      日韓W杯メンバーが集結! 元日本代表・鈴木隆行が引退試合へ

      鈴木隆行は鹿島アントラーズ在籍中に日本代表に選出され、2002年の日韓W杯では先発FWとして活躍。初戦のベルギー戦では、失点直後に得点を挙げて、日本初の勝ち点1獲得に大いに貢献した。その後、2015年にジェフユナイテッド千葉に移籍し、このシーズン限りで引退した。
      関連キーワード - 安彦考真 -

      中村俊輔や中山雅史ら豪華メンバーが集結! 1月13日は鈴木隆行の引退試合

      当日は中村俊輔や中山雅史、柳沢敦ら元日本代表が多数出場する予定だ。

      鈴木隆行は鹿島アントラーズ在籍中に日本代表に選出され、2002年の日韓W杯で先発FWとして活躍。初戦のベルギー戦では、失点直後に得点を挙げて、日本初の勝ち点1獲得に大いに貢献した。その後、2011年から2014年までは水戸ホーリーホックに在籍している。

      今回の引退試合は水戸ホーリーホックのホームグランドであるケーズデンキスタジアム水戸で開催。中村、中山をはじめ、鹿島アントラーズで同僚だった小笠原満男、曽ヶ端準、さらには日本代表で一緒にプレイした名波浩、服部年宏、藤田俊哉など豪華なメンバーが集まった。
      関連キーワード - 安彦考真 -

    リアルタイムトレンド Part I

考察。「水戸ホーリーホック」とは何か?

「水戸ホーリーホック」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

水戸ホーリーホックに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 瑞稀@娘。’18さん: (定期)長パンは、YouTubeに水戸ホーリーホックの動画をあげてます直接撮ってるのでブレがありますがよければ見てください!
    > https://t.co/PaLnhkhrJR

    - 2 ヶ月 25 日と 14 時間 19 分 35 秒前
  • kenzwyさん: RT @hollyhock_staff: 【ニュース】水戸ホーリーホック ホームゲーム 『春の学生招待』実施のお知らせ。
    > https://t.co/zQzQAyIkRR

    茨城県内に在住・在学している中学生以上の学生さんは要チェック!対象4試合が無料で観戦可能です!小学生はケーズ… - 2 ヶ月 25 日と 14 時間 46 分 13 秒前
  • デズラーさん: RT @garupan: 今シーズンも共に戦います!ユニフォームのパンツにあんこうマーク入ります!頑張れ水戸ホーリーホック! #garupan #mitohollyhock
    > https://t.co/QbUqUuOX1J

    - 2 ヶ月 25 日と 15 時間 20 分 59 秒前
  • 新国立は見やすい球技場に改修をさん: RT @fsntweet: 【水戸】2018水戸ホーリーホック新体制会見「沼田邦郎社長挨拶、2018クラブスローガン発表」 [J論] -
    > https://t.co/5Ze5h919s5

    ぜひJ1ライセンスを取得したいと考えております。 - 2 ヶ月 25 日と 15 時間 21 分 51 秒前
  • 深秋二人・Jのある街でさん: このうち 水戸ホーリーホックのホームタウンは、水戸市、ひたちなか市、笠間市、那珂市、小美玉市、茨城町、城里町、大洗町、城里町、東海村
    > https://t.co/MKoAj5TigO

    - 2 ヶ月 25 日と 16 時間 11 分 51 秒前
  • すずきょん♪さん: 水戸ホーリーホックのファンに教えたい小型で便利すぎるウォーターサーバー』ハーレーとベンツとJリーグ(ブログ) 
    > https://t.co/UopbdKjHBR

    - 2 ヶ月 25 日と 16 時間 54 分 52 秒前
  • Naoya Sanoさん: 県警に元プロサッカー選手の警察官が誕生する。4月から県警察学校(茨城町上石崎)に入校する石神幸征さん(28)は平成24年、J2水戸ホーリーホックでプロとしての第一歩を踏み出したが、けがに悩まされ、昨年引退を決断。…
    > https://t.co/aFw0ylzvqv

    - 2 ヶ月 25 日と 17 時間 16 秒前
  • ひびき@ポケカ提督さん: RT @SoccerKingJP: ⚽️移籍情報⚽️町田、新潟からロメロ・フランクを獲得「必要としてくれたチームに感謝」
    > https://t.co/J1gsIkE9bf

    - 3 ヶ月 26 日と 18 時間 53 分 16 秒前
  • 栢さん: RT @soccermaniablog: ヴィッセル神戸がヴァンフォーレ甲府DF新里亮(27)の獲得が決定的となっている。すでに合意間近という。新里は2013年に中京大学から水戸ホーリーホックに入団。16年にヴァンフォーレ甲府に完全移籍していた。今季は33試合に出場している… - 3 ヶ月 26 日と 21 時間 50 分 3 秒前

話題のトピック

リアルタイムトレンド


Yahoo!検索ランキング