なぜ「日本 対ベネズエラ」なのか?

「日本 対ベネズエラ」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

GGRYみんなの意見

  • ひろさん: RT @keiji_ch: チャレンジカップの日本対ベネズエラ戦、後半絡見始めたんだけどなんで前半4点取られたのかわからない展開になってるな。 - 1 日と 21 時間 44 分 13 秒前

関連する記事のサマリーを読む

      関連キーワード

        侍ジャパン稲葉篤紀監督、『プレミア12』で「東京五輪に弾みをつけていきたい」

        より4年に1度開催される野球の国際大会で、第1回大会は2015年11月8日から台湾と日本で開催された。22日に都内ホテルで開かれた記者会見では、同大会の日程の発表や優勝トロフィーのお披露目があった。今大会には世界ランキング上位12か国が参加するが、東京五輪の出場予選も兼ねており熱戦が予想される。 4年前の第1回大会では惜しくも3位にとどまった侍ジャパン。抱負を語り、「選手を試す段階は終わったと思っている。

        を掲げる侍ジャパンは、10月21日に招集、宮崎と沖縄で合宿をスタートする。進出し、11月17日には決勝戦と3位決定戦が東京ドームで開催され、シルバー製の優勝トロフィーを手にするチームが決定する。斉藤惇コミッショナーは「世界ランキング1位の侍ジャパンにとっては、前回大会3位の雪辱を期す大事な大会。東京五輪で悲願の金メダルをとるために重要な戦いになる。侍ジャパンの山中正竹強化本部長は、「プレミア12で少年たちに夢や希望を与え、野球の力や価値を伝えるプレーをしてもらいたい。 前回の大会は侍ジャパンの活躍により準決勝の日本vs韓国戦のテレビ中継では25%を超える視聴率をマークした。期待しているが、それには今後の侍ジャパンの活躍や見応えある試合が一番のカギになるだろう。東京五輪まで全力で戦い、未来に侍ジャパンのユニフォームを着る子どもたちを是非とも夢中にさせてほしい。

        中居正広、WBC解説で「俺、向いてない」……野球愛ゆえに「自分に落ち込んで」と吐露

        “侍ジャパン公認サポートキャプテン”を務めた中居正広。一部の野球ファンからは中居の起用や仕事ぶりに批判的な声が出ていたものの、本人も今回の仕事を通じて自身の欠点に気付き、歯痒い思いに駆られていたようだ。

        中居は野球好きで知識も豊富なことから、前回大会の13年に侍ジャパン公認サポーターに就任。伝えるなど、中居に対する否定的な反応も多かったが、15年に開催された『世界野球WBSCプレミア12』で、その風向きが逆転した。をいち早く見抜き、リポートするファインプレーが評価されたのだった。難しさを感じていると話していたが、今大会であらためてアナウンサーへ尊敬の念を抱いたようだ。

        中居は、 「もちろん、まぁ語弊があるから難しいんだけども、特にバラエティをやってる人を見ると、まぁこんなこと言ったら失礼かもしれないですけど、『その代わりだったら俺でもできるかな』とか、『あの司会ぶりだったらもしかして、ちょっと勉強すればできるかなー』とか思ったりするんですよ。共演している清水俊輔アナウンサーのようにバラエティやスポーツの実況が上手な“二刀流”のアナウンサーを褒め称えた。これ結局、正解っていうか、別に怒ってくれる人もいないし、台本もないから。さらに、「インタビューは俺、向いてないことにも気づいたんですよ。インタビューって、あの短い間によりいいお話をしてもらいたいから。あるという考えから“淡々とした相槌”で返すことができないそうで、「もっと勉強しなきゃいけないな。プロとアマチュアの間を行き来してるようなタレントだからさ。 今回は、侍ジャパンメンバーに背番号&名前入りの高級ヘッドホンを贈呈するなど、チームへの配慮も忘れず、大会の盛り上げに一役買った中居。を担当しており、今後も変わらず野球に関連した仕事を続けることだろう。批判の声にも負けず、独自のスタイルで野球の魅力を伝えていってほしいものだ。

        尋常じゃない野球愛 『侍ジャパン公認サポートキャプテン』中居正広の貢献ぶりがハンパない

        野球の世界一決定戦『2017WBC』で無敗のまま2次ラウンドを突破した侍ジャパン。2017年3月15日侍ジャパンの快進撃をテレビ中継で観戦している野球ファンたちに感謝されている、ある人物がいます。

        それは『侍ジャパン公認サポートキャプテン』に就任している中居正広さん。 無類の野球好きとして知られる中居さんの今大会における貢献度は、とてつもないものでした。 『グラウンドレベル中居』の活躍ぶりはハンパない中居さんは試合をカメラマン席脇で観戦。グラウンドでプレイする選手たちと近い視点でコメントする、ゲストコメンテーターを務めています。

        そんな中居さんは、『グラウンドレベル中居』とネット上で呼ばれています。

        野球に関する基礎知識はもちろん、選手たちについての情報量が豊富な中居さん。 2015年に行われた野球の国際大会『WBSCプレミア12』の対ベネズエラ戦では、相手チームの守備が内野5人シフトという特殊な守備陣形になっていることに実況者や解説者が気付きませんでした。しかし中居さんだけはいち早く気付き、伝えるというファインプレーも話題になりました。

        現場取材をこまめに頑張っている中居さんの球場での侍ジャパンの選手たちへの取材現場の裏側について、爆笑問題の田中裕二さんが明かしました。

        爆笑問題の田中さんは、3月12日に行われた日本対オランダ戦を観戦するために東京ドームに足を運びました。

        TBSだろうがテレ朝だろうが、中居君はずっといますから。 メモ帳持ってさ、取材とかをこまめにやってんのよ。爆笑問題カーボーイーより引用仕事ぶりを称賛しつつ、中居さんの苦労について説明していました。

        スーパースターの中居さんは、選手たちにも顔が利きます。 侍ジャパンの選手たちにも高級ヘッドホンをプレゼントまた、中居さんは侍ジャパンの選手たち全員に約4万円相当の高級ワイヤレスヘッドホンをプレゼントしたことが報じられています。

        しかもヘッドホンにはそれぞれの背番号と名前入りという特注品。多くの選手たちがそのヘッドホンを装着して球場入りする場面が目撃されていて、ナインたちも気に入っているのがわかります。 中居さんの頑張りは視聴者にもしっかり伝わっている中居さんの今大会での頑張りは。

    -->
    考察。「日本 対ベネズエラ」とは何か?

    「日本 対ベネズエラ」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

    話題のトピック

    ブログで注目


      Googleでホットな話題