なぜ「揺れた」なのか?

「揺れた」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      Ricky主催イベント『SOLODIERS』、個人戦士たちが生み出した魅惑の夜

      “これからは個人の時代だ”そういわれるようになったのは、いつからだろうか。私たちは日常を生き抜くために戦っている、“個人戦士”なのかもしれない。そんな“個人戦士”の代表ともいえる者たちが、集いし夜が存在した。を掛け合わせた造語で、現代社会を戦い生き抜くためのマインド、スキル、スタイルを持ち合わせた人という意味を持つ。 暗闇の中、satoruの奏でるピアノが鳴り響きショータイムは封切られた。今かい今かと騒がしかったライブハウスの空気がガラッと動く。マッドハッターのような服装に身を包んだ彼は、ポップなトークと瞬く間に変わる表情によって会場を釘付けにした。を力強い声で歌いあげ、出だしからステージを盛り上げる。ヘドバンで会場を前後に揺らし、その勢いが確固たるものであることを提示してみせた。 アコースティックギターを片手に現れたのは大成亮祐。ヴィジュアル系な見た目からは想像できないほどのギターテクでコール&レスポンスを繰り広げ会場を盛り立てる。一人でステージに立っているとは思えないダイナミックな演奏に、その背後にはバンドメンバーがいるのではないかと錯覚したほど。“広い世界でたった一人”と歌い上げる眼差しはとても優しく、観客の女性一人一人を彼女として見ているようだった。SOLODIERによるアクトを受けて、いよいよ本編が開幕!このイベントの首謀者であるRickyが舞台に舞い降りた。間奏では“リッキー!”と彼を呼ぶ声が響き、彼がいかに愛されているかということを実感せずにはいられなかった。サングラスと髪の隙間から覗く瞳が色っぽく、観客の心を射抜いていた。 続いて登場したのは黒い衣装に身を包んだmichi.(S.Q.F)だ。

      指先まで神経を行き届かせた所作には大人の色気が漂い、会場中が恍惚の表情を浮かべる。“飛べよ!”と彼が呼びかけると、一気にフロアが上下に揺れた。曲中に用いられるウィスパーボイスは麻薬的で、脳が溶けそうな感覚に陥った。 正統派ポップソングを真っすぐに歌ったのはコタニキンヤ.だ。

      クリーントーンのギターソロが感情的に旋律を奏で、彼の透明感ある歌声を後押しする。Marmalade』でフロアに微笑みかけ、バンドマンとアイコンタクトをとる姿は本当に楽しそうで、彼がステージや音楽、お客さんを愛していることが十分に伝わるステージングだった。 歌だけで終わらないのが、『SOLODIERS』のすごいところ。本編でダンサーを務めていたKO-HEYとKAZUKIのスペシャルタイムのスタートだ。

      1曲目は二人の長所を発揮したコンビネーションダンスを魅せ、高い身長と長い手足を最大限に活かした振付はとてもダイナミックで、宙を舞うように踊る二人の姿に胸が高まる。ソロダンスではKO-HEYがリズムを的確にとらえたHIPHOPダンスを披露し、KAZUKIは静寂のなかに激情を秘めたコンテンポラリーダンスを踊った。ポップなRickyの声と妖艶なmichiの声が生み出すハーモニーは独特で、二人しか生み出せない世界がそこに存在していた。フロアを幸せそうに見渡す彼の瞳の奥には、“絶対に記憶に残る一夜にしてやろう”という決意がしっかりと浮かんでいた。SOLODIERとしてステージに呼ばれたのはパフォーマーのKay。普段はペン回しなども得意としている彼だが、この日はクリスタルを用いたコンタクトジャグリングを魅せつけた。曲を重ねるごとに1つ、また1つと増えていく水晶玉。最初は1つで始まったジャグリングだったが、最終的には4つの玉が縦横無尽に空間を行き来していた。 ステージにRicky、michi、コタニキンヤ.が集まり始まったのは『魁☆ソロイスト塾』の公開生放送。ゲネプロ時や3人で飲み会をしたエピソードなど、ファンにはたまらない話が盛りだくさん。和気あいあいとトークを繰り広げるさまは打ち上げをのぞき見しているようで、演者とファンの距離の近さを実感する時間となった。3人に誘導されるがまま、上下左右に揺れるフロア。その一体感はすさまじく、それでいて多幸感に溢れていた。しかし彼らには、ついてきてくれるファンの人々がこんなにもいる。

      “俺たちは、一人であっても独りではない”、そう背中で語っているような時が流れていた。《今の場所から始まる》と歌う彼らの姿は本当に真意で、なんど挫けても立ち上がってきたからこそ届けられる言葉の重みがあった。最終的にはステージに演者が勢ぞろいし、大団円のうちに幕を下ろした。Rickyが創り出した決意の夜はハッピーエンディングを迎えたが、これはまだ序章にすぎない。それを指し示すかのように、すでに第二章の開催も決まっている。

      SOLODIERSが生み出す魅惑の夜に、あなたも足を運んでみてはいかがだろうか。

      【新車】ついにフォルクスワーゲンからディーゼルエンジン仕様が上陸。パサート、パサートヴァリアントのディーゼル仕様は4,229,000円~

      かねてからアナウンスされていたとおり、VWのディーゼルエンジン車が日本に上陸しました。

      拍車を掛けたという見方もあり、電動車両へのシフトも同社が進めています。

      一方で、日本でのクリーンディーゼルエンジン車の認知度は年々高まっています。

      『007』ダニエル・クレイグの女優妻「ボンド役は女性じゃダメ」

      このほどインタビューに応じ、ボンドの役を女優が引き継ぐべきとは思わないと発言した。ボンドを演じるのは英国人の役者がいいと思ってきたけれど、アメリカ人の役者を入れるのもアリかもね。

      このキャラクターは男性で、女性に対しての関わりも独特だわ。叩かれる風潮にあるため、レイチェルも言葉を選びながら本音を明かした。言いたい放題であったが、制作サイドとの話し合いがまとまったとみられ、来年公開かと報じられている次回作にも出演するもよう。

      SILENT SIREN、ファンの声を元にした リクエストライブ開催! ランキング1位の楽曲は「Limited」

      よる企画で、彼女たちが表紙を飾る最新号の発売記念と共に、同プロジェクトの集大成となるライブ。 会場の扉を開けると、三方をロープとポストに囲まれたリング風のステージが目に飛び込んでくる。“サイファミVSサイサイ”というタイトルどおりのセットだ。

      場内はバンドのイメージカラーであるピンクのTシャツ姿のサイファミで埋め尽くされていて、開演前から熱気がすごい。Stageオーディションでグランプリを獲得した4ピースロックバンドだ。

      切なげなメロディと力強い演奏が魅力で、結成からまだ3年弱とは思えない堂々たるパフォーマンスを見せた。ステージが暗転し、会場を揺るがすほどの歓声が響くなか、ステージ後方に設置されたスクリーンにオープニング映像が流れる。いったサイサイメンバーの意気込みと、ライブ前に収録されたサイファミたちによるコメントが交互に流れる演出で、のっけから対決ムードを煽る。ってメンバーがステージに現れると、場内はさらに大きな歓声に包まれた。彼女のお母さんを想いながら書いた曲で、ライブで披露されるのは数年ぶりとのこと。イントロが鳴らされると、再び喜びと興奮が入り混じった歓声が上がる。リードに合わせて、フロアでは手が一斉に左右に揺れた。叩き出す性急でタイトなビートで場内の熱がグッと高まる。 ちなみに、この日のステージ衣装もサイファミの投票によって選出された。これに対してサイファミは拳を突き上げて応えていた。最近のライブで披露されることはないが、メロディアスな隠れた名曲だ。

      これも久しぶりにプレイされた曲だが、近年顕著な4人のスキルアップに伴って全く別の曲に聞こえる。前のめりな熱い演奏で、来るツアーに賭けるメンバーの気合いが伝わってきた。 蓋を開けてみれば、特定の時期に偏ることなく、様々な時期の様々な楽曲が選ばれるという理想的な投票結果となり、サイサイに対するサイファミの深い愛情と、それをしっかり受け止め、数倍にして返すサイサイの懐の深さが伝わってくる素晴らしい一夜となった。

考察。「揺れた」とは何か?

「揺れた」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

揺れたに関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news2/index.php(562): tweet_output('\xE6\x8F\xBA\xE3\x82\x8C\xE3\x81\x9F') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143