なぜ「投手戦」なのか?

「投手戦」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      【プロ野球】夏の甲子園で和田毅が石川雅規に押し出しサヨナラ負け!? オレたち、甲子園で戦ってました!

      プロ野球選手は、甲子園を目指す高校球児だった。高校時代から宿命のライバルとしてしのぎを削ってきた選手もいる。

      ※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題! ■20年前に対戦した2人が未だに現役 1997年夏の甲子園。春夏連覇を達成する前年にあたるこの大会で、大会屈指の好左腕対決が行われた。 試合は両投手の好投で締まった試合となり、9回表終了時点で3対1と浜田高がリード。 秋田商高は連打で無死一、二塁のチャンスを作ると手堅く犠打。すると、和田の悪送球で2人の走者がホームへ還り、浜田高が思わぬ形で同点に追いつかれる。その後、浜田高は2者連続敬遠で満塁策をとり、守りやすい形を作った。和田は1球もストライクを投げることができず、石川に押し出し四球を与えてしまう。 この大会から20年が経った2017年も2人はプロ野球の第一線で戦っている。

      すでにベテランの域に達しているが、まだまだ健在ぶりを見せてほしい。 ■山形県勢初の決勝進出を阻んだ高橋光成 長い甲子園の歴史において、決勝戦に辿りついたことがない山形の代表校。夏の甲子園においては準決勝進出ですら、2013年夏の日大山形高が初めてのことだった。山形県勢初の準決勝進出を果たし、決勝へ向けて万全の状態だった。 高橋は準々決勝までの4試合で32回を投げ、自責点ゼロと圧巻の投球を見せていた。同時に、日大山形高、そして山形県勢の悲願を打ち砕いたのだ。

      この試合での奥村と高橋の対決に目を向けると、3打数1安打、1三振、1四球。プロの世界で2人の対戦はまだなく、交流戦などでの再戦を期待したい。 ■暴投で決勝点を奪われた有原航平 2010年夏の甲子園の2回戦。一戦は、後にプロ入りを果たす両右腕の投手戦となった。聖光学院高は2安打で2死二、三塁のチャンスを作る。有原は次打者の星祐太郎を空振り三振に切って取ったかに見えたが、これが暴投振り逃げとなり、三塁走者が生還。 有原は評判通り、8回1失点、被安打4、6奪三振、無四球と圧倒的な投球を見せたものの、自身の暴投に泣いた。被安打5、与四死球4と走者を出したものの、粘りの投球で見事に投げ勝った。 早稲田大を経て日本ハムに入団した有原は新人王を獲得し、ローテーション投手に成長。高校卒業後に阪神に入団した歳内は中継ぎに転向したものの、現状伸び悩んでいる。

      ■高校ビッグ3の競演 まだ、記憶に新しい昨夏の甲子園。雨が降るなかで始まった優勝候補同士によるこの一戦。履正社高は寺島を先発に立てたものの、横浜高は2番手の石川達也を先発のマウンドへ送った。 試合は、2度の中断を挟んだ2回に石川が履正社高打線につかまり5失点。結局、この5点が響き横浜高は1対5で敗れたものの、藤平は6回1/3回を無失点に抑える好投を見せた。 一方、寺島は初回に1点を失ったものの、2回からはスコアボードにゼロを並べ、さすがの投球を見せている。

      試合後にすがすがしい笑顔で握手をした2人は、卒業後のドラフト会議でそれぞれ1位指名を受けてプロ入りを果たす。リーグが違うため顔を合わせる機会は多くないが、近い将来、プロのマウンドで投げ合う2人の姿を見せてくれることだろう。

      東京ドームで飲むビールの味は? 金曜夜は仕事帰りにほろ酔い観戦!

      気象庁が“スーパー猛暑”を警告するなど、今年は例年以上に暑い日々が続いている。

      こんな日には、仕事をさっさと片付けて冷たいビールをグイッと飲み干し、昼間の暑さを忘れたいもの。 野球ファンであれば、それが球場だったら至福の一杯、至福のひとときとなるだろう。今日は読売ジャイアンツと東京ヤクルトスワローズの一戦となっていますが……試合開始前にも関わらず、すでに場内は立ち見が出るほどの盛況ぶり。 今日も暑い一日だっただけに、すでに喉もカラカラ。東京ドームにはビールのつまみにピッタリなフードメニューも数多くある。球場ならではの開放感と、観客の熱気がビールの味を引き立ててくれる。カレー風味のポテトと甘辛いソースのかかったソーセージをとり合わせたドイツの定番料理だそうで、ほどよい辛さにビールが進む。 などと言っている間に、プレイボールの掛け声がかかった。 取材日の先発投手は、読売ジャイアンツが菅野智之。ピンチは招くものの、なんとか踏ん張り、前半は投手戦の様相となった。 手に汗握る展開……となると、やはり喉が渇く。今度はキュートな売り子さんから注いでもらったが、彼女たちに入れてもらったビールがまた格別。 実際に彼女たちがビールを注ぐところをよく見てみると、巧みなハンドルさばきで泡とビールの割合を調整してくれていることがわかる。この絶妙な配合によって、ビールの旨味を逃さない、最高の一杯を提供してくれているというわけだ。

      売り子さんはさすがプロ!巧みな手つきでビールを注いでくれる。 ビールと泡のバランスが絶妙の1杯を提供してくれた。 さて、2杯目のビールに突入したので、新たなおつまみも用意。 見ての通り、メロンパンにハンバーグ&キャベツを挟んだものだが、ハンバーグにしっかりと味がついており、それがパンの甘さと思わぬマッチング。ストロベリークリームやレモンチーズリームをはさんだタイプもあるので、甘党の人にもオススメだ。

      周囲の観客を見渡してみると、実にさまざまな方がビールと一緒に野球を楽しんでいた。仕事帰りに一人で立ち寄って、一杯やりながら観戦しているベテランファン。そろいの応援ユニフォームで、女子会さながらに乾杯しているグループ。ビールのつまみにも、お子さんのおやつにも最適で、大人から子どもまでに人気の商品だそう。器がジャイアンツのヘルメット型なので、観戦のおみやげにもぴったりだ。

      さっそくビールで祝杯をあげるファンの姿も、ちらちら見え始める。 坂本のホームランにスタンドではオレンジのタオルが躍る。 今度は、先ほどとは違う売り子さんにビールをお願いしてみる。ご飯の量を少し減らして、その分、ビールのつまみに最適なシュウマイやから揚げといった8種の料理を盛り込んだ、ビール党にはたまらない弁当だ。

      さらにほろ酔いも手伝って、いい気分で試合を楽しむことができた。結局、試合は2対0でジャイアンツの勝利!極上のビールを堪能し、美味いつまみをたらふく食べ、さらに愛するジャイアンツも快勝。通常価格一杯800円のビールが、500円で販売されるという。ビール党にとっては見逃せないイベントになるだろう。みなさんも、週末には東京ドームへ駆けつけ、イベント価格のビールを堪能しながら、野球観戦で盛り上がってみてはいかがだろうか。

      【高校野球】《スペシャルインタビュー》好素材・東晃平(神戸弘陵)は「好投手激戦区」の兵庫を勝ち抜けるか!?

      春の県大会ではロースコアの接戦が多く、夏も熱い投手戦が予想される。 ※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題! ■柔らかいフォームで繰り出す快速球 東のストレートの最速は145キロ。トレーニング理論の進化などにより、全国的に140キロを出す高校生投手は珍しくなくなった今、飛び抜けた数字ではない。全身に力をみなぎらせて快速球を投げるなか、東のフォームは実にしなやかだ。

      ゆるやかな始動から体の勢いに頼らずに鋭く腕を振り抜く。このギャップは並大抵の高校生が実現できるものではない。フォームが瓜二つというわけではないが、肩、ヒジの柔らかさとマウンド上での余裕は甲子園で楽々と140キロ台を連発したダルビッシュを彷彿とさせる。 「小さい頃に家のなかで壁当てをさせていたら、腕がいい位置から出てくる。幼稚園のときから毎日欠かさず肩甲骨のストレッチをやらせました。

      やや苦笑いだったが、中学時代は120~125キロ程度だった球速がここまで伸びたのは、貯蓄が一気に現れた結果だろう。 また、東は高校に入ってから球速が伸びた理由のひとつに硬球が、合っていたことを挙げる。中学時代はクラブチームを経て2年から軟式野球部に所属。 軟球だから潰れて当然かと思うかもしれないが、意外にもこの感覚を強く持っている投手は多くない。 ■ドラフトに向けてあとは勝つだけ! 東は178センチ71キロ。2月下旬に練習試合を見た際には細身の印象があったが、わずか4カ月で胸板が明らかに厚くなった。昨年までは自宅から通学していたが、今年からは寮に入り、勝負をかけている。

      「ランナーを背負ってからの投球にも信頼感があります。ドラフトで指名されるかどうかは夏の勝利にかかっています。

      チームにも『同級生をプロにいかせたかったら夏は勝つしかない』と伝えています。

      「これまで東に助けられた試合がたくさんあった。 昨秋にはセンバツ4強の報徳学園との練習試合で7回無失点の好投を見せた。 神戸弘陵は東のケガもあり夏のシード権を獲得できず、関西学院、市尼崎と同じ第2ブロックに入った。今夏の兵庫大会は16ブロックに分かれて4回戦までを戦うが、大会屈指の激戦区だ。

      夢を叶えるためには出色のストレートとキレ味鋭いスライダーで三振の山を築くしかない。

      【高校野球】引き分け再試合が続いたセンバツ。投手の肩ヒジをいかに守っていくべきか?

      センバツでは連日、熱戦が繰り広げられている。

      甲子園に限らず地方大会も含め、高校野球につきものと言って過言でないのが投球数問題だ。

      少年からプロ野球選手まで、投手には自らの肩ヒジにスポーツ障害を抱えないための戦いもある。 ※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題! ■まさかの2戦連続引き分け。第2試合、第3試合はいずれも引き分け再試合となった。これらの試合を戦った福大大濠の三浦銀二の投球数は196。そして、福井工大福井の摺石達哉の投球数は193を数えた。 1日空けて行われた再試合でも三浦は先発し、130球で完投勝利を挙げた。さらに勝ち上がれば、これからもエースとしてマウンドを守り続けることだろう。第6戦で160球を投げ切り、第7戦でもクローザーとして登板。炎症を起こしていたヒジをケアするためには安静が必要だったが、2連投したことで賛否両論を呼んだ。

      思えば田中将大も2006年の夏の甲子園では165球を投じた試合が2試合あった。 高校時代からの蓄積疲労は大きく、メジャーに渡った2014年は旋風を巻き起こしながらも、夏に右ヒジ靭帯を部分断裂。特に子どもは、関節の軟骨が固くなる前に肩ヒジを酷使することで、スポーツ障害を引き起こすリスクが高いからだ。

      先日のWBCにおいても、先発投手が投球制限によって降板するシーンを多くの方が目撃したことだろう。を守ろうとする環境作りはグローバルスタンダードになりつつある。これは、休養日をどれだけ確保すべきかという判断と同様に重要な問題である。 日本ではチームへの貢献度が先立ち、個人に大きな負担をかけてしまう風潮がある。選手が長く野球をプレーし、ファンが観戦を楽しめる文化を守るために、選手の健康を重んじる風潮に目を向けなければならない時代に差し掛かっているのではないか。

考察。「投手戦」とは何か?

「投手戦」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

投手戦に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 将軍@配信&宣伝垢さん: RT @Ya0igKb: 二次元野球5thシーズン運命の交流戦初戦浦の星対ガルパの試合は本当にいい試合だった。両投手が踏ん張り、打線が食らいついていくまさに両者の駆け引きが存分に見れました。そして交流戦といお祭りで盛り上がった試合になりました。まだまだ交流戦は続きます。どの試合… - 8 日と 1 時間 9 分前
  • やまも@鴎党さん: RT @bb_snap: [180212@石垣市中央運動公園] 渡邉啓太。初見でした。投げるときに「よいしょ」と言うのは、まるでオリックスの戸田投手のよう。ラミゴ戦での先発が楽しみ。
    > https://t.co/Lq7gnNqt6T

    - 8 日と 1 時間 11 分 15 秒前
  • 大谷翔平さん: 大谷を選出した理由について「チームとしては大谷を先発投手として準備させることが最優先だが、打席でも出場機会を与えたい。オープン戦でどのように起用するのか、試合数は少ないが、そこで二刀流が実現できるかどうか見られるかもしれない」とし、オープン戦での起用法を注目ポイントに挙げた。 - 8 日と 1 時間 36 分 49 秒前
  • NICKはドミニカンズ応援さん: 藤平投手良いなぁ…←交流戦でまた対戦あるかしら - 8 日と 1 時間 41 分 58 秒前
  • きみどんさん: RT @yazawa2005: 育成から支配下に上がった笠井崇正投手。一般入試で早大野球部に入ったものの続かず、私の硬式野球授業をTAとして手伝いながら夢を追いかけた。4年時には信濃独立でプレイしながら勉強にも励む。やっと掴んだ支配下。今日ひょっとしたらSAMSUNGとのOP戦… - 8 日と 2 時間 17 分 54 秒前
  • 丈獅子さん: RT @lions_official: 今朝「今日はなにもしない」と言っていた #十亀剣 投手ですがブルペンで342球の熱投!一球ごとに気合いと気持ちの入った投球を見せました!これからの紅白戦などの実戦でどんな球を投げるのか。ここからさらに調子を上げる十亀投手に期待しています!… - 8 日と 2 時間 24 分 49 秒前
  • ハマ虎5753@7月納車待機中さん: 今日の楽天戦を虎テレで観戦中。6回の攻撃はよく繋いだな。大量得点は素晴らしい。投手陣もいいみたいだし、今年は。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ #hanshin - 8 日と 2 時間 30 分 24 秒前

話題のトピック