なぜ「広島 対 巨人」なのか?

「広島 対 巨人」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

GGRYみんなの意見

  • 角頭歩さん: RT @mildoumori: 1番楽しみにしていた贔屓球団同士の試合 交流戦後節 西武巨人の試合ハイライトです。 ミリオン選手、たいじ選手すばらしい試合ありがとうございました! この試合観たさに広島行きました。そして広島焼きは美味しい。 #eBASEBALL #パワプロ … - 1 時間 21 分 46 秒前
  • スイカさん: RT @pBJvgxeqPcAI9ml: ソフトバンク巨人の日本シリーズは大いに結構なんじゃないっすか?パワーパワー感あるし。広島日本ハムの「育成」シリーズにして強烈なアンチテーゼになりそうでワクワクする。正直あの頃のマスメディアがやたらに育成を連呼するのに辟易としてた… - 3 日と 8 時間 12 分 38 秒前
  • ゆーきさん: @jirogfan いつもは巨人11球団ですけど、今回は広島11球団ですからね笑 - 3 日と 23 時間 58 分 26 秒前
  • コウスラ@昼寝&ねらわれた星ガチ勢の御心*さん: 2019/5/5 広島 巨人 スタメン発表 #carp
    > https://t.co/aV2PKZHHWK

    @YouTubeより - 4 日と 3 時間 1 分 27 秒前
  • かじこさん: @ishd_mr @scott0343BB 俺は夏でしたので上着は気にしなかったです。巨人広島を東京ドーム観戦しましたよ⚾ - 4 日と 5 時間 18 分 36 秒前
  • GASHさん: ヤクルトのハフって残らないらしいけど、セの成績見ると、DeNA戦11試合0.00で、残りは阪神2.53、中日3.97、巨人6.75、広島6.75で、別によくはないんだな - 4 日と 11 時間 23 分 45 秒前

関連する記事のサマリーを読む

      関連キーワード

        日本シリーズ、屈辱の4連敗の歴史。今期惨敗だった巨人は過去にも…

        プロ野球日本シリーズは福岡ソフトバンクホークスが巨人を降し、3連覇を達成した。対戦成績は鮮やかな4勝0敗、全ての試合内容でも常に優位に立つ展開が繰り広げられ、その強さが印象付けられたシリーズとなった。4連勝、そして4連敗は強烈なまでにファンの脳裏に刻まれる。 ◆驚異の4連投で宿敵を撃破1959年南海対巨人 史上初めて、ストレートでの4連敗で敗れたのは1959年のシリーズを戦った巨人だった。4勝、その記録は伝説として今なお語り継がれている。

        古葉竹識監督が率いる広島は初戦と第4戦を引き分けたものの、初勝利はならなかった。 1960~70年代、V9を達成した巨人に対し幾度となく立ち向かっていった阪急が実力と経験の差を広島に見せつけ、この年以降、連覇を成し遂げるその一歩を力強く刻むこととなる。広島は山本浩二、衣笠幸雄ら主軸が本塁打を放つも、初のシリーズで勝利へと導くことは出来なかった。 多くのファンは、敗れた巨人選手のそのコメントが強く印象に残っているのではないだろうか。 この年の日本シリーズは0勝4敗という数字以上にショッキングな試合展開が続いた。4戦目は初めて先制するも、中盤で大量点を奪われると、追いつくことができずに敗北、屈辱の4連敗を喫した。 投打で圧倒されたことはもちろん、平凡な外野フライを落球、勝負所での牽制死など、独走で優勝したシーズン中には見られなかったボーンヘッドなども目立った。 冒頭のコメントを発したのは巨人内野手の岡崎郁。最終戦後のセレモニー、敢闘賞として表彰された際、敗れた悔しさからの涙を隠そうとはしなかった。 ◆豪打の巨人が獅子を粉砕2002年巨人対西武 就任1年目の指揮官同士の対決となった2002年、原辰徳監督率いる巨人の強力な打撃陣の前に伊原春樹監督の西武ライオンズが4タテで屈した。 西武は初戦、先発に松坂大輔を立てるも、清水隆行、清原和博の本塁打で早々にノックアウト、打線も巨人先発上原浩治を捕まえられずに第1戦を落とす。続く2、3戦目は巨人が何れも二桁安打を記録し快勝、第4戦もリリーフのマウンドに立った松坂が巨人打線に捕まり万事休す。巨人は短期決戦に勝負強さを発揮する清原、この年を最後にMLBへと旅立った松井秀喜等主力の他、後藤孝志や斎藤宜之といった伏兵の活躍もみられライオンズを圧倒した。 伊原春樹氏は後年、この戦いを振り返ったコメントの中で自チームと巨人打線の迫力の差があまりにも大きかったと語っている。

        ◆本拠地での終戦、史上ワーストも記録2005年千葉ロッテ対阪神 3戦目までいずれも10失点での敗北、最終戦は接戦に持ち込むも追いつくことができず、地元甲子園球場で相手の胴上げを見ることになった2005年シリーズ出場の阪神タイガース。活躍でレギュラーシーズンを勝ち抜いた力強さは最後までみせられずに終わった。日本代表チームに12球団中最多の7人の選手を送り込むこととなる。また、このシリーズは、初戦が7回裏1死、濃霧の為コールドゲームという珍しい結末となったことでも記憶されている。

        短期決戦では勝負の流れを引き寄せることが極めて重要であり、日本シリーズという大舞台では時として実力通りの結果にはならない場合も少なくない。たった4戦での決着は選手のみならず、ファンの心理さえも大きく揺るがし、ともすれば一年の締め括りとしては大きな痛みさえ伴い兼ねない。だが、何年かに一度訪れる残酷とも言えるその結末もまた、プロ野球の醍醐味とも言えるのではないだろうか。

        日テレ尾崎里紗は「渓谷」、テレ朝田中萌は肉感ボディを披露…美女アナ「チン百景」公開!

        を一挙に大放出しているのが、9月17日発売の週刊アサヒ芸能だ。

        から知られざる肌出し癖まで、知的淑女9人の疼きぶりは読みどころ満載だ。

        中でも注目されているのが、真夏の扮装対決だ。

        「日テレの尾崎里紗アナが巨人軍のチアガールに挑戦したのが、同局の『バゲット』で紹介されましたが、肝心のお宝シーンは放送されず。 だが一方で、地道に捲土重来を狙う女子アナもチアガールにチャレンジしていた。彼女は同僚アナとの『不貞』がバレ、しばらく謹慎状態でしたが、ここにきてAbemaTVなどで活躍。レギュラーを務める番組では、何とサッカーチーム応援のために一肌脱ぐという企画で、チアガールに挑戦。を9月17日発売のアサヒ芸能9月26日号で詳報している。

        亀梨和也の“ガチ野球オタ”ぶり披露に「ファン心理分かり過ぎ!」の声

        まいじつ 8月29日放送の日本テレビ系プロ野球中継『巨人×広島』に出演した『KAT-TUN』亀梨和也が、細かな気遣いを見せて野球ファンからの好感度をアップさせた。 この日、中継にはゲスト解説として、巨人やメジャーリーグでプレーした〝ゴジラ〟こと松井秀喜氏と、昨年まで巨人の監督を務めていた高橋由伸氏が出演。同局プロ野球中継サポーターを務める亀梨も放送席に座り、松井氏の隣で緊張しながらトークを引き出していった。2019 普段あまりお目にかかれないレジェンドの解説だけあって、この日の中継はオープニングから特番のような雰囲気。視聴者プレゼントも松井氏と高橋氏のダブルサイン入りボールという豪華仕様で、2人がボールに直筆のサインを入れる様子もリアルタイムで映し出されていった。 両名がサインを書き終えると、ここで亀梨は松井氏からボールを受け取り、カメラへ向けてサインを見せることに。すると、亀梨は受け取る前に自らのズボンで手のひらをこすり、手がきれいな状態でボールに触れるという当選者への気遣いを見せた。自身も有名人であるにもかかわらず、応募してくる視聴者が野球ファンであることを考慮した行動を取っていた。自身も野球好きであるが故に、ファン心理を理解した行動で好感度を上昇させたようだ。

        「通常、タレントによるスポーツ現場の出入りは、他の記者からもチームからも、あまりいい顔をされません。
        仕方ないとはいえ、タレントは知識や作法を〝分かってない〟ことが多く、取材対象の調子を乱したり、ひどいときには練習や他社の取材の邪魔になってしまうことも多いからです。

        しかし、亀梨は元野球少年だけあって礼儀がキチンとしており、グラウンドに入る際は必ず一礼してから足を踏み入れます。 同じ東京ドームの仕事でも、コンサートと取材ではまるで別人になる亀梨なのであった。

    -->
    考察。「広島 対 巨人」とは何か?

    「広島 対 巨人」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

    話題のトピック

    ブログで注目


      Googleでホットな話題