なぜ「嵐 YouTube」なのか?

「嵐 YouTube」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

GGRYみんなの意見

  • ナナシ🍡🏃🐈❄さん: RT @ARASHI_MATOME: YouTubeチャンネルが登録者数140万人突破!「Monster」MVは再生回数500万回突破
    > https://t.co/IXyYCIHM6Q


    > https://t.co/fNFjVXRYQs

    - 31 秒前
  • ぴのさんさん: RT @lll__jp: YouTubeのコメント欄で「今になってファンになっても良いのかな」って沢山目にするけどその答えが本人の口から出ました ’’長い旅路の中途中乗車 大絶賛受付中’’ 個人的には半端な気持ちじゃなく本気での魅力に気付き愛してくれてる人は大歓迎です と共… - 7 分 7 秒前
  • ⭐カラメル⭐ は風に乗るさん: RT @ENZML38Q6zi6qqN: ビルボードランキング のyoutubeが早速1桁台に入ってるすごい A.B.C-Z DAN DAN Dance!! - 12 分 22 秒前
  • 🌾🌾さん: YouTubeチャンネル1回も見てないけどはなおの感謝カンゲキ雨フルで見てしまったwwwwwwでんがんジャニヲタなの愛せる♡ - 44 分 6 秒前

関連する記事のサマリーを読む

      関連キーワード

        【ビルボード】ジャニーズWEST「Big Shot!!」が171,051枚を売り上げ総合1位獲得、ストリーミング解禁の嵐5..

        この5曲の動画再生数合計は16,358,098回で、動画再生上位を守り続ける米津玄師の動画再生上位300位圏内13曲の再生数合計16,208,065回を約15万回上回っており、一挙手一投足が注目される嵐の訴求力の高さを示す結果となった。ストリーミングでまだ余力を残しているため、次週以降に注目しよう。

        嵐のYouTubeチャンネルに「これが視たいんじゃない」の声が出るワケ

        10月9日、予告なしにYouTubeチャンネルを開設し、ジャニヲタたちを驚愕させている。

        人気モデルの本田翼が18日間かけて到達した大台にたった1日で達してしまい、ダントツの新記録を樹立した。 この快挙にファンからは喝さいが寄せられるほか、このYouTubeチャンネルに没頭してしまうことで仕事が手につかなくなるとの懸念すら聞こえてくるほどだ。

        昨年に開設されたジャニーズJr.のチャンネルでは、ロケ番組や内輪トークなどバラエティ番組さながらの動画を日替わりで公開し、テレビだけでは見ることのできない魅力を発揮。 もし嵐チャンネルが単なるMV置き場に過ぎないのであれば、いずれは登録者数の増加も収まるはず。一方で同様のチャンネルを開設する動きは他のジャニーズグループにも波及する可能性がある。Manまで、各グループがそれぞれのMV置き場を開設するかもしれないわけだ。

        ジャニーズが大改革!?嵐、YouTube解禁でファンの「お祭り状態」現場!

        たちまちのうちに100万回を越える動画再生回数をカウント。開設翌日の10月10日には、5本合わせて視聴数629万回、チャンネル登録者数92万人を突破、10月15日現在でチャンネル登録者数は100万人超のすさまじい勢いをみせている。

        音楽ストリーミングサービスの配信もスタートさせた。Musicなど主要音楽ストリーミングサービスの利用ができるようになった。ネットではジャニーズ事務所の大英断を高く評価する声が渦巻いた。 「ジャニーズ事務所といえば、肖像権を守るため、これまで頑なに画像や動画を制限し、いっさいのネット登場を認めなかった。それがFC会員限定の動画サービスに続いて、公式YouTubeチャンネル開局のみならず、音楽ストリーミングサービスにまで進出するとは驚き。ジャニー喜多川氏が亡くなり、ジャニーズ事務所の経営陣が一新されたとたん、一気に改革の嵐が吹き荒れるとは。 今、ネットで話題になっているのが、arashi5officialという嵐のツイッターとインスタグラムアカウント。生放送に櫻井翔が無事出演していることから考えて、とんぼ返りのタイトなスケジュールだった様子。YouTubeチャンネル進出は画期的ですが、コメント欄がオープンになっており、書き込み数は8700を突破。世界各国、様々な言語でリアルな感想がバンバン書き込まれており、お祭り状態。

    -->
    考察。「嵐 YouTube」とは何か?

    「嵐 YouTube」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

    話題のトピック

    ブログで注目


      Googleでホットな話題