なぜ「岩山糸」なのか?

「岩山糸」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      2018年大河ドラマ「西郷(せご)どん」のキャスト・あらすじ・ネタバレ まとめ #西郷どん



      関連キーワード

      「糸の気持ちを疑似体験することで、私自身も成長している気がします」黒木華(西郷糸)【「西郷どん」イン..

      その相手は、幼なじみで一度は他家に嫁いだ岩山糸。曲折を経てようやく結ばれた2人だが、その前には幕末の動乱が立ちふさがる。演じる黒木華が、革命に向かって突き進む吉之助を支える糸という女性に込めた思いを語った。 -第29回でついに糸は吉之助と結婚することになりました。

      今までの家に縛られる女性とは違い、私はあなたの一番近くで、自分ができることをしてそれを見届けたいという、新しい男女の形を示した。 -ここまでの糸の成長はどのように考えていますか。 久しぶりの登場となりましたが、その間、糸は糸なりに結婚して、別の家に嫁いでいた時間があります。だから、昔の雰囲気も残しつつ、いろいろなことを受け入れて大人の女性に成長したことを意識しながら演じています。

      言われたので、演じる上ではそういう部分も交えて。 -鈴木亮平さんが演じる吉之助の変化はどう感じていますか。

      ただ、人の上に立つ責任や覚悟といったものを背負っている雰囲気が加わってきました。

      やはり、人の生死と向きあい続けている分、昔の朗らかな感じとは違うなと。だから余計に、悩み、苦しむ吉之助さんの姿が、見ていて切ない。糸としてもより一層、強さを出して見守ってあげなければいけないなと、気持ちを新たにしているところです。 自分には子どもができないという後ろめたさがあるので、気を使っているはずです。吉之助さんの子どもを2人も生んでくれた人なので、やっぱり糸にとっても重要な存在。 -結婚して家族の一員になったことで、西郷家に対する印象は変わりましたか。 外から見ていたときとは、関わり方が明らかに違います。

      革命に向かって突き進む人の家を守るということで、糸自身も大人にならざるを得ません。
      新しい時代を作るという使命に燃える吉之助さんの妻として、糸は大黒柱の代わりにならなければいけない。そのためにいろいろと悩むわけですが、そういう悩みを人に見せないところにも、糸の強さを感じます。 -とはいえ、糸はもともと強い女性でしたよね。

      ただ、その強さがさらに増して、人としての器もどんどん大きくなっています。

      そういうところからも、糸の成長の跡がうかがえます。そういった部分をこれからどう演じていこうか、考えているところです。 お龍さんのように古い女性像を打ち破って、愛する男性をそばで支える人もいれば、満寿さんのように夫が外に出て、自分は今まで通り家を守る人まで、糸も含めていろいろな女性が登場してきます。それぞれに良さがあり、それぞれに大変な部分がある。そういった意味では、揺れ動く幕末の時代の空気とリンクしている印象です。 -ご自身と役の距離感は、最初の頃と比べて変わってきましたか。糸も吉之助さんをはじめ、いろいろな人と関わってきて、月日を積み重ねてきた分、自分の中で糸のことが理解できるようになりましたから。最近、母親役をやることが多いので、自分でも、子どもと向き合うとはどんなことなのか、自分の母親はどうだったのかと、いろいろと考える機会が増えてきました。

      ただ、第1回のときは想像しながら演じていましたが、今はこれまで演じてきた経験があります。

      黒木華、前妻への嫉妬にも向き合う『西郷どん』の妻は「強い女性」

      “男の戦い”がクローズアップされがちな幕末、稀代の革命家と共に時を過ごした女性に黒木はどんな思いを重ねたのだろうか――。以前の糸は、好奇心旺盛で行動力抜群、非常に芯の強いおてんばな女の子という印象だったが、吉之助との再会までは、自身も離婚を経験するなどいろいろな出来事があった。黒木は「監督からは複雑な気持ちを出してほしいと言われました。

      “大人”というキーワードで言えば、8月5日放送の第29話では、吉之助と糸が大きく成長した姿が垣間見える。吉之助は糸に“新しい日本国”という壮大な夢を語り、糸は吉之助が日本という国にとって絶対に必要な男であることを悟る。そこから二人は新しい関係性を築いていくことになるのだ。

      「お互いの成長を感じさせるためには、こうした会話を経て夫婦になっていくことがすごく重要だと思いました。

      撮影を振り返ると「女性は女性で一生懸命戦っているんだなというのが伝わります。述べると「私は結婚をしていないのではっきりとしたことは言えませんが、多分、私は旦那さんを支えるというタイプではないと思うので、より糸という女性の成長を強く感じるんです。 吉之助にとって、愛加那という女性は、自身に生きる力を蘇らせてくれた特別な存在だ。

      当然、糸にとっても気になる女性であるが、時代的な背景を考えれば、気になりつつも、夫になる男性に気持ちをぶつけることは並大抵のことではない。それまでは自分には子どもができないと思っていたし、後ろめたさもあったと思うんです。“母親”というキーワードは意識のなかにあるという。 『西郷どん』第1話では、上野公園隆盛像除幕式に出席した糸の姿が映し出された。糸という女性の半生をしっかり演じきれるか不安に思ったという。BSプレミアムにて毎週日曜18時、総合テレビにて20時放送。

      米倉涼子、黒木華演じる悪女と対峙!松本清張名作『疑惑』で初共演

      米倉涼子と黒木華が、テレビ朝日で2019年に放送予定のドラマスペシャル松本清張『疑惑』で初共演する。 数々の松本清張作品で主演を務め、鮮烈な印象を残してきた米倉が、2019年新たな清張作品に挑む。彼女が今回挑戦するのは、清張作品の中でも屈指の人気を誇る名作サスペンス『疑惑』。『黒革の手帖』をはじめ、『けものみち』『わるいやつら』『熱い空気』といった清張作品で、名だたる悪女を演じてきた米倉だが、今回は“悪女に手を差し伸べる弁護士”役で新境地を拓く。エキセントリックな言動に振り回されながらも、決してクロとは決めつけず対峙し、真相を追求していく。彼女にとってこれがテレビ朝日のドラマ初出演となる。球磨子は笑ったかと思えば泣き、しおらしいかと思えば、突然口汚い言葉で罵り出す謎めいた女性だ。

      そんな複雑怪奇な女性を、黒木が全身全霊で立体化。米倉との予断を許さない芝居合戦、そこから生まれる新鮮な化学反応に注目だ。

      なお、今回は『疑惑』を初映像化した1982年の映画版同様、原作では男性となっている弁護士を女性に置き換えつつ、2019年版ならではの新解釈で物語を描写。新たな視点から、対極の背景を持つ女同士の“スリリングな関係性”も色濃く描出していく。たして米倉は、有罪が濃厚とされる悪女を相手にどう立ち回り、どんな顔を見せてくれるのか。

考察。「岩山糸」とは何か?

「岩山糸」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

  • 白霊シロタマ@荊no558&黒い砂漠さん: 2ファボ目環は古甕神社の中での移動方法がスパイ◯ーマンっぽい。境内の中に小高い岩山があるので、木の枝に糸を巻き付けて跳んだ方が早いという理論…そんなことをしていたお陰か、かなり体幹が良い。 - 2 ヶ月 6 日と 10 時間 58 分 32 秒前
  • may each day さん: 岩山糸(西郷糸子)~西郷隆盛3番目の妻とは?西郷どんで黒木華さんが演じる bushoojapan.com/saigo/2019/03/… #武将ジャパン @bushoojapanから - 3 ヶ月 22 日と 2 時間 45 分 17 秒前
  • ゆー さん: RT @nhk_segodon: 縁側にて、ほのぼ〜の。 #NHK #大河ドラマ #NHK大河 #taiga #西郷どん #せごどん #segodon #鈴木亮平 #西郷隆盛 #吉之助 #黒木華 #岩山糸 #サイゴウドンじゃなくセゴドンじゃっど #セゴドン旋風おこすっど #… - 5 ヶ月 23 日と 6 時間 56 分 26 秒前

話題のトピック

ブログで注目


    Googleでホットな話題