なぜ「山尾志桜里衆院議員」なのか?

「山尾志桜里衆院議員」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      山尾志桜里 イメージ回復作戦の「不貞ネタNG」も身内から不要論

      「『保育園落ちた日本死ね!!!』と題したブログを国会で取り上げ、待機児童問題で脚光を浴びた山尾氏だけに、妻子ある男性との不貞問題はとりわけダメージが大きかった。説明責任を求める国民感情をくまずに、離党会見や自身のブログでは『男女の関係はなかった』の一点張り。疑惑の相手である倉持氏を政策顧問に任命した理由なども語られていますが、開き直りにしか見えません。
      入りし、衆議院憲法審査会などで活動をともにしている。

      しかし、その“身内”からも批判の声が聞こえてくるのだ。

      いった党の重鎮からの評価が高く、会派入りも将来の入党を見据えてのこと。しかし若手や中堅議員の一部からは、スキャンダルイメージがつきまとう厄介者として不要論が噴出しているんです。立憲民主党の火薬庫にならないことを祈るばかりだ。


      関連キーワード - セクハラ -

      ドラマ『相棒』に"官邸のアイヒマン"北村滋内閣情報官が登場!? 公安が反町や仲間由紀恵を監視・恫喝する場面も

      元旦早々、なんとも興味深いドラマが放送された。実は、そのストーリーに、安倍政権中枢に実在するある人物を彷彿とさせる"黒幕"が登場するなど、いま日本が直面する現実を批評的に描いた作品となっていたからだ。

      会場から加害者と同時に被害者も姿を消すが、被害者と接触のあった3人の高校生が半年前から行方不明となっていたことが明らかになる。から逃れるために、少年たちが計画したものだった......。 ストーリーだけ追うと少々荒唐無稽に思えるかもしれない。しかしその内容とそのディテールは現在の安倍政権下で現実に進行する監視社会、公安警察の暗躍、そしてその危険性を示唆する要素が散りばめられていた。目的こそ、リストアップされた政府要人、官僚たちのPCなどにハッキングさせ、その個人情報やスキャンダルなど弱みを握ることだった。あり、実際、ハッキングして得た情報収集をもとに、要人たちを脅迫、ある時にはスパイにするなど思いのままに操り、ある時にはその地位から失脚させるなど様々な工作を行っていった。 たとえば、各省庁の幹部人事を一元管理する内閣人事局長を脅し、官僚人事を牛耳ろうとするが、しかし局長はこれに耐えられず自殺。その局長のカバンから何者かが遺書を抜き取ったと証言をした男性には、息子の就職をネタに口を封じる。さらに仲間由紀恵演じる広報室課には、過去にロシア諜報部員との間に一人娘をもうけるなどの不適切な関係、スパイ容疑が存在したが、その際の秘密のやりとりをちらつかせ、都合のいいフェイク情報をマスコミ発表させようとする。また内閣官房副長官には息子の薬物使用をネタに、辞任を迫る──。そう、これらは決してドラマの中の絵空事などではない。現実社会においても、公安が政治家の身体検査を行い、また官僚に対する監視が行われてきたことは公然の事実だ。

      くに安倍官邸は、公安警察を使って官僚たちを勤務時間外もその監視下に置くなど、徹底している。

      その理由は森本氏が慰安像をめぐる安倍政権の報復措置に、不満を口にしたことだったとされるが、その批判は公の場でなく、知人との会食というプライベートの席で出たものだった。やはり勤務時間外の違法性もない私的な言動まで把握されていたのだ。

      秘密警察さながら、スキャンダルや秘密を握り、それをネタに恫喝、自分たちの思いのままに動かす。違法手段を含めた様々な諜報活動は、それを影で牛耳る有馬の指令であり、有馬は多くの諜報情報を駆使し、周囲を都合のいいように操り、また自らの地位を確固たるものにしようと目論むのだが、この有馬、実在の"あの要人"とオーバーラップするのだ。

      内調は総理直属の諜報機関で、北村氏は安倍首相の側近中の側近。と警察庁外事課長などを歴任した公安警察のエリートだが、第一次安倍政権時、首相秘書官に抜擢されたのをきっかけに安倍首相と急接近。警察と官邸のパイプ役として、日本版NSC立ち上げにも深く関わり、特定秘密保護法の法案策定でも中心的役割を担った。 しかも北村氏はほぼ毎日のように安倍首相と面会し、菅義偉官房長官を飛び越えて情報を直接伝えることもしばしばという親密さであり、政権批判に対するカウンター情報や政敵のスキャンダルを流しているとされる人物でもある。それを報じることを知った山口氏は、北村氏と思われる人物にメールで報告していたことがわかっている。

      これらの大元はすべて、北村氏の指示で内調や公安に嗅ぎまわらせた情報で、それを御用メディアやジャーナリストにリークするなどしたといわれている。

      まさにドラマ中の有馬そのものだが、さらに類似点があった。 〈我が国が近代国家として誕生してから、外事警察は、国家主権といわば不即不離の形で発展を遂げてきた。〉 〈昭和一二年七月に支那事変が勃発するや、我が国は、次第に本格的に戦争に介入せざるを得なくなり、近代船に対応する国内体制整備に迫られた。戦時における外事警察は、適正外国人の抑留と保護警戒、俘虜及び外国人労働者の警戒取締りは勿論のこと、敵性国による諜報、謀略、宣伝の諸活動に対抗する防諜機関として国策遂行上極めて重要な任務を担うことになった。〉 このように論文全体において北村氏は、戦前戦中の警察を礼賛し、大衆運動や思想の取り締まりを渇望しているのだが、それはドラマ中の有馬審議官も同様だった。水谷豊演じる杉下右京に、その諜報活動が多くの人々を追い詰めた責任を問われ、有馬はこう言い放っている。

      「大局に立って国を守る上でもっとも重要な武器はミサイルではない。テロや国家間の争いにおいてはもちろん、国内に潜む不穏分子をあぶり出すには、綿密に張り巡らされた情報網が不可欠です。その点我が国の情報収集能力は脆弱と言わざるを得ない。危機感を持つ人間が結集し、すみやかに制度を強化する必要があるんです。 これに対し右京は「そして誰を調査するかはあなたがお決めになる。国家の中枢に大勢を脅かすような思想の持ち主がいては困りますからね。

      まさに要人や市民への監視、弾圧に対する有馬の言動は、北村氏、そして北村氏が仕える安倍政権そのものではないか。このように現実の情報当局、警察の暗部を見事にえぐった『相棒スペシャル』だったが、脚本を担当した太田愛氏は、これまでにも共謀罪、特定秘密保護法、警察内部の抗争、公安の暗躍などの現実の警察が抱える問題を作品に投影することで定評のある脚本家でもある。 安倍政権の過剰な言論統制が、ジャーナリズムだけでなくお笑いやドラマ、映画、音楽などの表現世界にまで蔓延し浸透している今、果敢にも現実を風刺しその暗部をえぐる今回のような作品は、表現の自由にとっても非常に貴重だ。


      関連キーワード - セクハラ -

      立憲民主党、報じられない火種

      立憲への入党を希望する民進党議員は、まだ10人程度いるともいわれている。

      民進党は、立憲、希望の党との3党で統一会派を組んで来年の通常国会を戦いたい意向だが、立憲は拒否。希望は検討中だが、希望のなかには立憲と組むことに慎重論もある。立憲としては安保法制や改憲で政策的な隔たりが大きい希望とは組めないということだ。

      立憲は、政策の一致を前提に入党者を受け入れるが、安易に他党とは組まない純化路線を貫く。 そんな純化路線の筆頭が赤松広隆衆院副議長だ。

      「民進党が統一会派を申し込んだ際、立憲の枝野代表―福山哲郎幹事長ラインは『希望は無理だけど、民進なら一緒にやれる』と考えていたが、赤松氏は一蹴した。先の衆院選直後の10月31日に立ち上げたが、これを主導したのが赤松氏だとされる。その筆頭が事務方トップの秋元雅人氏で、民進党で選対事務局長のポストにあった。発言で、枝野氏らリベラル派が立憲の結党に踏み切った。秋元氏はその直後から立憲に移って選挙を仕切っていた。 当初、衆院選後に民進党の参院議員は全員が希望に移る予定だったが、その後の混乱もあって党の方向性が見えなくなり、事務局の職員も半ば解雇を宣言されたような状態だった。そんな最中の10月24日、いち早く秋元氏は民進党に辞表を出し、立憲へ移った。 「立憲内の旧社会党系の人たちは、『社会党の栄光よ、もう一度』とでも思っているんじゃないか。 立憲内のもう一つの火種が、リベラル系の市民団体の存在だ。

      を訴えたことで、市民団体が政策づくりにも関わってきている。

      「この旧社会党勢力と市民団体の力が強くなり過ぎると、立憲は没落した社民党の二の舞になりかねない。いえ、枝野さんは立憲の社民党化を望んでいるわけではない。12月の日刊ゲンダイのインタビューで『政治には<妥協>と<筋を通す>という2つのバランスが求められる』と語っている。

      立憲の支持率をみると、12月の朝日新聞の世論調査では9%。野党がバラバラでは安倍一強がますます加速し、何もいいことはない。
      関連キーワード - セクハラ - 小池百合子 -

      山尾志桜里、“宿敵”八代英輝と「直接対決」計画が進行中!

      説明したが、“居直り”とも取れる彼女の行動に批判が集中したものだった。 不貞騒動後、山尾氏にとって“宿敵”となった八代氏だが、現在、両者を巡り周囲に動きがあるようだ。

      「12月に入り、山尾氏はイベントに立て続けに登壇するなど、メディアに積極的に出る姿勢に転換していて『憲法の話をさせてくれるならワイドショーの取材も受ける』とまで語っている。

      題した山尾氏と倉持氏の対談記事が掲載されているが、そこでも触れなかった、山尾氏の不貞騒動に関する様々な疑問についても問いただすような対談企画の実現に期待したい。
      関連キーワード - セクハラ - 小池百合子 - TBS -

考察。「山尾志桜里衆院議員」とは何か?

「山尾志桜里衆院議員」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

山尾志桜里衆院議員に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • JCC株式会社さん: 衆院選後の動き 立憲民主党・野党第1党に(12月27日) 立憲民主党はきょうの常任幹事会で無所属の山尾志桜里衆議院議員ら4人の入党を正式に承認した。立憲民主党所属の衆参両院の国会議員は民進党を上回って野党第1党になった..
    > https://t.co/5dnIethQEw

    122 - 9 日と 21 時間 47 分 1 秒前

話題のトピック