なぜ「印刷博物館」なのか?

「印刷博物館」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      【0円】11月3日「文化の日」の入場無料スポット15選!東京近郊の美術館・博物館など、秋のコスパデート2017

      展示されている復元骨格は大迫力!二人の記憶に強烈に残るはず。 デートの締めくくりには、展示品のフィギュアや化石標本などが取り揃えられるミュージアムショップへ。昭和30年代の復元住居などが展示されるなど、レトロな気分に浸れます。 現在、プラネタリウムは休演中ですが、巨大な振り子や昔の天体観測機の模型を見ることができたり、太陽系の天体を通して宇宙の歴史を知ることができますよ。小路や遊歩道などは整備されていますが、木々や緑は限りなく自然のまま残されていて、野趣あふれる雰囲気を0円で満喫できますよ。 沼と湿地帯が広がる水生植物園は、まるで尾瀬に来たかのような気分になれて、気持ちのいいピクニックタイムが過ごせそう♪都会の真ん中で、大自然に触れるデートを楽しんで。また金曜と土曜は20時まで開館しているので、夜のデートにも◎。美味しい料理と芸術に浸る、優雅な休日を過ごすことができますよ。ここではいつも無料開放されている庭園に加えて、企画展とコレクション展の入館料も無料となります。目の前に広がる一色海岸、背後の山々、風景に美しく調和した建物など、思わず二人でじっくり鑑賞したくなるはず。その建物だけでも見ごたえたっぷりですが、文化の日には特別に常設展が無料で鑑賞できます。
      などを始めとした、世界的に有名なアートが目白押し。文化の日には、日本の“寂び”から独自の世界を創り出した作家の代表作、約150点を無料で味わうことができます。
      ほっこり心穏やかな時間が過ごせそうな博物館

      荒川区の縄文時代から近現代までを知ることができる、下町愛にあふれる郷土博物館。 昭和の復元家屋は懐かしい感じがして、普段忙しい二人をほっこり落ち着いた気持ちにさせてくれそう♪下町散策と合わせてぜひ訪れてみて。昭和39年の都営木造家屋模型の観賞や、郷土芸能鑑賞会などユニークな体験が無料でできます。
      この時期なら、美しい紅葉も満喫することができるかも!大人な二人の落ち着いた雰囲気のデートにピッタリです。内にあるので、博物館を出た後はのんびりと森林浴しながら、二人で鑑賞の余韻にひたって、語り合うのもいいかも。昼は、アスレチックや日本一大きなエアートランポリンなどで、思いっきり体を動かして遊ぶのがオススメ。全長17kmの林間サイクリングコースを自転車で走るのも気持ちいいですよ。 最寄り駅:安食/下総松崎/成田 ※2017年11月1日時点の情報です。スポットの情報、内容等は変更になる場合があります。
      関連キーワード - ハロウィン - グルメ -

      月刊保育絵本『キンダーブック』を約300点の資料でひも解く 『キンダーブックの90年―童画と童謡でたどる子どもたちの世界』展

      『キンダーブック』は、2017年で創刊90年を迎える保育絵本だ。

      本誌は、幼稚園や保育園に直接配本される月刊保育絵本の先駆けであり、時代ごとの幼児教育と密接に関わってきた。長きにわたり発行されてきた『キンダーブック』をふり返ると、その時々の人々の生活や、作り手から子どたちへの思いが生き生きと伝わってくる。さらに本誌は、印刷技術の進歩と共に多様な変化をみせる。創刊号から続く絵に写真が加わり、さらに写真とイラストの組み合わせなど、その表現は大きく変化してきた。 本展は、『キンダーブック』に関する約300点の資料を通じて、本誌の世界をひも解いていくもの。魅力的な誌面を作るための工夫や、編集者、画家や作家の思いなども紹介する。
      関連キーワード - ハロウィン - グルメ -

      『現代日本のパッケージ2017』展が開催 ”プレモル”から亀の子スポンジまでが一堂に

      身近な印刷物の代表例であるパッケージには、使いやすさに配慮したユニバーサルデザインや、地球環境に優しい包装材の開発など、解決すべき課題に対しさまざまな努力がなされている。

      作品を通じて、現代のパッケージのデザインや機能などの進化を一般の方々に広く知ってもらうことを目的に開催されるという。身近な存在でありながら、これまではなかなか深く知ることのなかったパッケージの面白さを、ぜひ会場で体感してみてはいかがだろうか。市場で販売されている商品化されたコマーシャルパッケージの優秀性を競う商品包装コンペティション。パッケージというデザイン領域のプロフェッショナルが集い、生産や流通を支える包装材料としての面だけではなく、作品のデザイン性や創造性を競うコンペティション。材料、設計、技術、適正包装、環境対応、デザイン、輸送包装、ロジスティクス、販売促進、アイデア等あらゆる機能から見て年間の優秀作品を選定するコンテストです。※印刷博物館ではこのうちのジャパンスター賞と包装技術賞を紹介。
      関連キーワード - ハロウィン - グルメ -

      クリエイターの発想と印刷技術が融合する 『グラフィックトライアル2017』展をレポート

      7月1日より印刷博物館P&Pギャラリーにて、4名のクリエイターが新たな印刷表現に挑戦する展覧会『グラフィックトライアル2017』が開催中だ。

      第一線で活躍するデザイナーたちの発想と、印刷の知恵と技術に満ちた本展をレポートする。キャッチコピーを冠した西武百貨店のポスターや、長野オリンピックの公式ポスターなどを手がけてきたアートディレクターの浅葉克己や、多くのミュージシャンのアートワークから空間デザインまで幅広く活躍する森本千絵など、世代を超えて様々な感性を持ったデザイナーたちが印刷表現に挑戦してきた。 100年以上の歴史をもつ凸版印刷株式会社が、色数、用紙、インキ等に制限を設けず、高度な印刷技術によってクリエイターたちの自由な発想を支える。2016年からはオフセット印刷に加えて、スクリーン印刷やインクジェットなども取り入れることで表現の幅を広げてきた。 本展ではいくつものトライアルを繰り返し完成したB1ポスター作品5点に加えて、その制作プロセスのテスト刷りや技法も展示。作品が出来上がるまでのクリエイターのユニークな試みと、それを実現していく印刷の過程を楽しむことができる。誌のアートディレクションを40年以上にわたり担当してきた仲條正義は、画像の抜き合わせに注目。あえて解像度の低い写真をB1サイズ用に引き伸ばし、それが異なる画像といかに輪郭のつなぎ目が混ざり合うかを試みた。 《火の国のネコ》《時間の国のネコ》などと題された作品では、それぞれに異なる世界観を表現するために紙の種類を変更したり、いくつもの印刷手法が試されている。

      まるで異次元空間にネコが浮かんでいるようなポスターは、仲條の粋な発案に応える印刷の奥深さが伺える。を思想と創造によって引き起こされる化学反応と捉え、共通する側面を持つ2名の人物のポートレイトを軸にしてポスターを制作。中には、独創的なコラージュ作品で知られる横尾忠則の顔を見つけることができる。風景写真が、鮮やかなレリーフのように表現されている。

      Perfumeや星野源のCDアートワーク、渡辺直美展のアートディレクション等、独自の世界観が高く評価されている吉田ユニは、子供の頃から好きだったというスクラッチの技術を用いた印刷表現に挑戦。 普段目にすることの多い銀色のスクラッチではなく、その上からさらに印刷を施すことで、削りかすまでも含めて作品になっている。

      さらにスクラッチの手法も従来の削るタイプのものに加えて、めくって剥がすものもあり、焼き魚やバナナ、植物などモチーフに合わせて異なるスクラッチ手法を用いている。

      合成ではなく実際に撮影した写真をモチーフにすることも多いという吉田は今回もリアルな存在感を追求し、削りかすの大きさや、写真サイズにもこだわったという。審査員特別賞などを受賞した澤田翔平は、白と黒が織り成す曖昧さをテーマに、グレーで奥深い世界を表現することに挑戦した。 作品に使用する写真は、第46回フジサンケイグループ広告大賞クリエイティブ部門優秀賞を受賞した写真家の中津祐一が撮影。澤田のディレクションのもと、ロケハンも含めると長期に渡る制作期間だったという。

      しかし、こだわり抜いた分、グレイッシュな世界観を表現するポスターが完成した。印刷はそれぞれ異なる手法を用いており、トライアルの過程からは繊細なグレーの変化を知ることができる。デジタル画面では感じ取れない質感を表現するこうした印刷技術は、高い芸術性を備えている。

      ここで実験されているトライアルの数々からは、これからの印刷表現の可能性を感じられることだろう。完成された作品たちはもちろん、普段何気なく手にしている印刷物にも、作り手の細やかな意図が潜んでいることを想像してみてはいかがだろうか。
      関連キーワード - ハロウィン - グルメ - 星野源 -

考察。「印刷博物館」とは何か?

「印刷博物館」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

印刷博物館に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • もっつCLEARさん(ピンク担当)さん: RT @crd_tweet: 日本では、なぜ太さの一様なサンセリフの書体をゴシック体と言うのか。ヨーロッパのゴシック建築や、グーテンベルクなどの初期活版印刷から使われている装飾の多い書体をゴシックと呼んでいるのに、なぜか。(略)(凸版印刷株式会社印刷博物館ライブラリー)http… - 4 日と 7 時間 6 分 8 秒前
  • もりけんとさん: ようやく印刷博物館行ってきたこれで休講補完レポート書ける - 4 日と 9 時間 27 分 25 秒前
  • usaurara卯楽々堂&花うさぎさん: RT @PaperMuseumJPN: 本日より、印刷博物館さんとのコラボイベント「漉く・刷る 名刺 ~和紙漉きから活版印刷まで~」の申込を開始しました!ご興味のある方は、1/31までにお申し込みください。
    > https://t.co/FD3i0PEqeW

    - 4 日と 9 時間 42 分 52 秒前
  • michiaoさん: 「春隣」にふさわしいあたたかさ。文化博物館「至宝をうつす -文化財写真とコロタイプ複製のあゆみ-」貴重な文化財の保護と公開の矛盾の解決として精緻な複製が求められる。展示研究のためにもコロタイプ印刷は貴重な技術と言える。高松塚古墳壁画、法隆寺金堂壁画等見ごたえがあった。 - 4 日と 10 時間 17 分 36 秒前
  • tattoさん: RT @nekoyama_c: 江戸川橋の印刷博物館は常設でターヘルアナトミアと解体新書を並べて見られるのでぜひ。
    > https://t.co/nXZTrk38C6

    #風雲児たち - 20 日と 14 時間 46 分 29 秒前
  • あまのつまこさん: ブログ更新しました! 四十路スタイルショウ : 「本好きの下剋上 Meets 印刷博物館」と紅茶のツアー
    > https://t.co/o3NCaUim9W

    - 20 日と 21 時間 40 分 21 秒前
  • 三田駅 ⌬三千花(InDesignの人)さん: RT @garaguda: 幼稚園や保育園に直接配本される月刊保育絵本の先駆け『キンダーブック』を通じ、大正・昭和の子どもたちの生活を紹介『キンダーブックの90年〜童画と童謡でたどる子どもたちの世界〜』が、文京区の印刷博物館で10月21日~来年1月14日迄開催。https://… - 20 日と 23 時間 10 分 20 秒前
  • K.I.M@C93委託31日東"O"16bさん: 続き2)善後策としては白黒印刷にして原価を抑えるとかありますが今までのスタイルがもうカラー前提になっちゃってますしねぇ(^^;)文字を詰めるのはもう限界だし。そんなわけで現時点では一部やらかしちゃった所を修正した物を日本カメラ博物…
    > https://t.co/CLLuPSgjzT

    - 21 日と 41 分 17 秒前
  • こちさん: そういえば、あげ忘れていたので先月行った印刷博物館の写真を。印刷体験もしてきましたよ~
    > https://t.co/sYFhp15sGM

    - 21 日と 3 時間 32 分 18 秒前
  • ほ!さん: 28日、予定通り、印刷博物館へ。11月に一度来てたけど、時間都合でザッとしか見れなかったので、今回はじっくり見る。印刷機の見本やら、浮世絵の作り方やら、コラボと関係なくても、楽しい。昼前に行ったのに、ご飯挟んで、印刷体験もし…
    > https://t.co/62QLBcaB9C

    - 21 日と 11 時間 8 秒前
  • 花丸ちゃん 天使すぎるさん: RT @TOBOOKS: 「本好き」公式HP最新情報更新!
    > https://t.co/6MDf98g6v4

    12/9より開催の印刷博物館イベントでの先行発売グッズを続々紹介です。鈴華先生描き下ろしイラストのキーホルダー、金属製しおり他、椎名先生の描き下ろしクリスマスカードも!… - 21 日と 12 時間 26 分 44 秒前
  • 矢音さむむ@ゲーマーさん: RT @Spicaspicakott: 12月31日朝日新聞朝刊(関東)の20面に「アートを楽しむお正月」の特集で印刷博物館が載っていますよ✨このチラシを切り取って持っていくと本券につき1名様まで当日入場料50円引きとのこと(1/14迄)!行かれる予定がある方、朝日新聞を要チェ… - 21 日と 21 時間 58 分 43 秒前
  • みゃいさん: 早速教えてもらった小説サイト読み耽っていたら年越ししそうなんですが。笑来年も色々なお出掛けやお話、ご一緒して頂けたら嬉しいです…!具体的には企画展見に、印刷博物館行きたい←一人でも行くけど - 21 日と 23 時間 9 分 41 秒前
  • ふぁいさん: @nekobako_ こちらこそ!来年もべるんさんとおしゃべりしたいです(><今年も興味深い記事を読ませていただいてありがとうございました.中でも「本好きの下剋上」の記事ではそれを知り今年中楽しませていただきました!(印刷博物…
    > https://t.co/jRppyN2Y0a

    - 22 日と 1 時間 5 分 29 秒前
  • tomokoさん: 今年の展覧会に加えて、今年行った美術館博物館での白眉は1,小石川の印刷博物館 とにかく楽しい2,根津美術館 お庭が素敵3,江戸東京博物館 ジオラマ好きにはたまらないあとは浜松の楽器博物館も素敵でした。来年もいろいろ行きたい! - 22 日と 3 時間 2 分 29 秒前
  • スヴィータさん: 印刷博物館でついグッズいっぱい買ってしまった。万超えるつもりはなかったが超えてしまった。
    > https://t.co/X9Uccn5yPt

    - 22 日と 6 時間 29 分 51 秒前
  • えいさん: @kotone_honzuki 印刷博物館と他にも博物館系巡るなら、地下鉄の乗り放題パスと合同でかなり割安のチケットがあったはず
    > https://t.co/4xrXm79qCb

    - 22 日と 6 時間 51 分 33 秒前
  • アン@あきさん: あとこれは印刷博物館のお土産。金属製BOOK。可愛くてつい買ってしまった。中身飲んだら本棚にいれとこー♪
    > https://t.co/vfOxTHA5SG

    - 22 日と 11 時間 13 分 52 秒前
  • 想像の地図さん: 【未掲載写真】第1号「活版印刷を知る。」印刷博物館 印刷の家
    > https://t.co/cFfup3sArh

    - 22 日と 12 時間 19 分 7 秒前
  • 風の時編集部(masami sato)さん: 【1664/寛文4年仙台城下絵図】侍屋敷の居住者名が詳細に描かれた仙台藩内政用絵図。B1版片面印刷12折解説付(仙台市博物館監修)1,500円 (税・送料別)ネットショップ→
    > https://t.co/Atq7C4nOKY

    #仙台 - 22 日と 12 時間 28 分 40 秒前
  • あびさん: @enohika 印刷博物館は家康の駿河版銅活字を所蔵している関係で何度か家康のマニア気質礼賛展覧会を開催して面白かったです(^^) 自分が好きな本をバンバン印刷して世間に広めようとする精神って広い意味では同人屋さんと同類のオタク…
    > https://t.co/bscMtkiP17

    - 26 日と 23 時間 34 分 50 秒前
  • まりみゆきさん: RT @n_onpaku: 【活版印刷で明治の木版も刷る今度の大人の夜学】岐阜なら誰でも知ってる名和昆虫博物館。ギフチョウ発見者・名和靖は農民を害虫から救うため美しい印刷物を多数発行。特許技術「鱗粉転写法」の工芸産業も。そのルーツは祖父のバラの一株に見た虫と植物のミクロコスモ… - 27 日と 40 分 46 秒前
  • 水澄狐狸狼鵜【完全なる咎人】さん: フォントかるたの拡張パック「白」「黒」は難易度「鬼」で各千円(あれ?別の商品と値段勘違いしてた。よく確認してなかったしなぁ、両方で二千円ならマストバイ)だったけれど、見た場所を確認して「あー、あそこが印刷博物館だったんだー」と思わず呟いた(閉店二十分前にフラりと寄ったしなぁ……) - 27 日と 11 時間 19 分 23 秒前

話題のトピック