なぜ「ストーンズ」なのか?

「ストーンズ」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      カッコよすぎーっ…!女性を虜にするラテン系俳優ガエルの魅力とは?

      そこで今回は、本作の見どころについて主人公のロドリゴを演じたこちらの方にお話を聞いてきました。

      143 これまで映画を中心にキャリアを積み重ね、日本でも女性ファンの多いガエルさんですが、本作はアメリカの連続ドラマに初出演となったことでも注目を集めた作品。クラシック音楽業界の裏側を描き、多くの支持を得ているドラマですが、シーズン4となる今回は日本を舞台に繰り広げられており、加瀬亮さんや藤谷文子さんなど日本の俳優陣が出演していることでも話題となっています。

      そこで、撮影のために日本を訪れたガエルさんを直撃し、本作の魅力について語ってもらいました。

      新しいコンセプトとして知ったときにはすごくワクワクしたのを覚えているよ。 それから、素晴らしい才能を持った製作陣とのコラボレーションや音楽にも惹かれたんだけど、僕にとってそれまでとは違う楽しい経験になるんじゃないかという直感もあったんだ。

      そして、実際に飛び込んでみたらその通りになったよ。 ガエル 僕自身このシリーズですごくオープンになれたのだけど、みなさんも僕が感じているのと同じ気持ちを抱いてくれているからじゃないかな。今回演じている天才指揮者のロドリゴというのは、数学的に音楽を考えることができるキャラクターなんだけど、僕にはその能力がないから、彼に手を引いてもらうようにして、この広大で無限な世界に歩み出しているんだ。

      そうやってこの世界観に触れ合えることに僕は幸せを感じているんだけど、おそらく観ている人たちにとっても同じで、そういうところに惹かれているんだと思っているよ。撮影中に印象に残っているエピソードがあれば教えてください。かなりバイオリンの上手な子だったんだけど、このドラマを観て指揮者志望になったそうだよ。僕たちは大きな冒険に飛び立とうとするとき、後押しみたいなものが必要なときというのがあるけれど、彼の場合はこの作品がそうだったんじゃないかな。 ガエル シリアスなドラマではなくてコメディだから、心から楽しめるというのが人気の理由ではあるけれど、そんなふうにインスピレーションを受けることができるというのも魅力なのかなと思っているよ。 あと、クラシック好きはもちろん、そうではない人でもこのシリーズをきっかけにすごく盛り上がってくれていて、僕にとってはそういうことすべてがうれしいんだ。

      ガエル 実はいまもまだ演奏シーンに対する怖さというのはあるんだけど、例えて言うなら水が冷たいとわかっていても飛び込むような感じで演じているんだ。

      指揮のレッスンもかなり受けたけど、そうは言っても基本レベル。自分が信じるやり方でやるしかないという感じだね。

      今回はLAのフィルハーモニーを実際に指揮した映像も一部は使われているよ。 それと、シーズンを追うごとに音楽に対する興味もどんどん増してきているので、ハーモニーを学ぶコースを受けたりもしたし、家にピアノがあるから、それをときどき弾いたりもしているんだ。

      そうやって音楽への理解も深まってきているので、演奏を見ていても、何が起きているのかというのが前よりもわかるようにはなったと思うよ。 ガエル 音楽の魅力というのは、音楽の手のなかに自分の身を預けて、自分を解放できること。今回はそうやって演じているけれど、それが僕にとっては、すごく心地よいものでもあるし、楽しい作業でもあるんだ。

      そしてもうひとつは、誰にとってもパーソナルな視点を持てるものであり、それぞれの解釈には価値があるということ。だからこそ、それを楽しむことによって人をひとつにできるし、対話を生む力を音楽は持っているんじゃないかな。ひとつのことに秀でている人は、銀行の口座がどうだとか日常的なことが一切できなかったり、人間関係が苦手なところがあったりするけれど、ロドリゴにもそういうところは通じているんじゃないかな。人間って何かに長けているけど、そうじゃないところもあるというのはみんな同じかもしれないね。

      あとは、簡単に言うと夜になると変身してみたいキャラクターでもあるかな。そんなふうに自由でありたいし、彼みたいにいろいろな楽器を演奏できたらいいなと思うね。

      ガエル 僕もロドリゴと同じようにメキシコに本拠地があるんだけど、仕事でよく旅をしているし、いろんな言語で話をしたりしているから、そういう意味で彼は僕のドッペルゲンガー的な存在で、重なるところはあると思うよ。 それと、役者としての醍醐味は、ロドリゴみたいにすごく複雑な側面を持ったキャラクターを演じられること。シーズンのなかでも気持ちにいろんなアップダウンがあるから演じていても楽しいんだ。

      最後に今シーズンで注目のところを教えてください。 ガエル シーズン4のなかで非常に興味深いのは、人間関係。いままで経験してこなかったような確固たる人間関係に自分の身を置いてみようとロドリゴが思うんだ。

      部屋に入ってくるだけで女性陣を色めき立たせ、空気を一変させてしまうガエルさん。軽くウインクで挨拶されただけで、腰から崩れ落ちそうになりましたが、いくつになっても相変わらずの色気とチャーミングさは健在。これからもずっと追いかけ続けたいと改めて心に誓いました。

      セックス、ドラッグ、クラシック』が原作となっている本作。ストーリー 歴史のあるニューヨーク交響楽団に新たに就任したのは、若き天才指揮者といわれるロドリゴ。

      しかし、変わり者でもある彼はことあるごとに騒動を引き起こしていた。そんななか現れたのは、大きなチャンスをつかもうと必死のオーボエ奏者ヘイリー。
      関連キーワード - anan -

      THE BAWDIES 結成から15年分の軌跡を詰め込んだ初のベストアルバム『THIS IS THE BEST』DELUXE EDITIONのデラックスぶりを解説

      話はまず今回、蔵出しとなるインディーズ時代の超レアなデモ音源の話からスタート。BAWDIESの本質を今一度振り返る有意義なものとなった。アルバムを全部持っているという方もシングルを持っていないと、聴いていない曲がたくさんあるのかな。 ROY:その写真もね、TAXMANの家のデジカメで撮って、自分達で手作りしたやつを、100円で……。その影の作り方がわからなくて、真っ昼間に普通に外で撮ったんで……。それがうれしくてうれしくて、いまだに覚えていますね。


      僕らが大好きだった60年代のビートバンド/ガレージバンドってカバーが多かったんですよ。 ROY:もう本当に初めて作ったオリジナルソングで、これはここでしか聴けないです。改めて録音しなおしているんですけど、デモバージョンはここでしか聴けないです。 ――言っても駆け出しのバンドですから、レコーディングの予算もそんなになかったと思うんですけど。そんなに時間もかけてないんですけど、確か4チャンネルぐらいしかなかったと思うんですよ。 TAXMAN:それを、その場で簡単にミックスしてもらって完成っていう。 TAXMAN:こういうふうにしたかったんだなっていうのがすごく伝わってくるって言うか。 ROY:60年代のビートバンド/ガレージバンドへの憧れがもろに出ている。

      インディーズの頃ってそういう色が強かったんですけど、メジャーに行ってからは、昔の音楽をそのまま伝えると言うよりも、現代の人達にも伝わりやすい方法で伝えて、現代の音楽として届けたいと考えるようになったんですよ。インディーズの頃は、それよりも“あの音を出したい”というだけでやっていたから、自分達のオリジナリティーがどうとかよりも、憧れとか好きで仕方ないという気持ちでやっている感じだったんですよ。僕らが憧れていたのって、ビートルズやストーンズじゃないんですよ。ビートルズ、ストーンズになれなかった、ホントにシングル1枚で消えちゃったような、当時の僕らぐらいか、もっと若い10代後半とか20代前半とかのアメリカの若物達が60年代前半に演奏していたロックンロールが好きだったので、調べようがなかった。音は荒くても別にいいと言うか、それよりも気持ちのほうが重要と言うか。

      ただ、機材はヴィンテージの物と現代の物では音が全然違ったので、そこはこだわりました。

      せっかく結成15周年目、デビュー10周年目を祝うんだったら、最初の1本目を入れなければ始まらないんじゃないかなっていうのはありました。

      インディーズの頃は、自分達のオリジナリティーがどうとかよりも、憧れとか好きで仕方ないという気持ちでやっている感じだったんですよ。BAWDIESは、たぶんこんなふうに曲作りしていたんじゃないかってうっすら感じたんですよ。 ROY:そもそもガレージバンド自体がその手法で曲を作っていたっていうのがあるので、そこを土台にしてっていうのはなくて、元々そういうものだっていう。そこに違う歌詞とメロディーが乗る、みたいなものがガレージのね。

      TAXMAN:オマージュでもないし、パクっているわけでもないし。 TAXMAN:みんなやっているから、逆に俺らもそのマナーに則ってっていう。 ――あの時代のガレージバンドって、ほとんどカバーばかりですもんね。

      ROY:イギリスのバンドと違うところは、そういうところですよね。

      いろいろ何かっぽいのを混ぜて作ったような曲がいっぱいある。 ROY:そもそもオリジナルを、そんなに作ってなかったから。 TAXMAN:オリジナルは2、3曲で、あとは全曲カバーみたいな感じで……。 ――じゃあ、最初はオリジナルにはそんなに……。そこらへんもガレージバンドと一緒で、オリジナルでどうこうって感覚はなかったです。 ROY:いまだにシングルのカップリングでカバーはやっていますからね。

      自分達の目標がやっぱりルーツミュージックの魅力を伝えることだから、それを直接訴えられるという意味では、カバーはこれからもどんどんやりたいという気持ちはあります。俺達が世界一のバンドになるとか、売れてやるとか天下を獲るとか、そういうことじゃなくて、ロックンロールってこんなに素晴らしいんだよっていうことを伝えるところから始まっているバンドなんで。HOME』っていうカバーアルバムを出した時は、僕らが入り口として聴いたような曲を敢えて選んだんですけど。”ってなっちゃってもあまり意味がないから、みんなが知っている曲をカバーしたほうがおもしろいのかなっていうのはあるんですけど。やりたいのを何でもやっていいんだったら、永遠にあります。 TAXMAN:当時できなかった曲も今だったらできるっていう曲もあるんで。 TAXMAN:ホーンやピアノを入れたいけど、そんな知り合いはいないし、みたいな。いっぱい増えたんで、じゃあ、この人とこれやってみたいねって、そういうところでもやりたい曲が無数にあるんですよ。書いてあるのを見つけた時は、泣いちゃったよね、もう。って言って録ったテイクがOKって言うか、かっこよすぎて、1回吹いて、もう終わり。僕らがバンドを始めるきっかけになったのがソニックスで。 TAXMAN:この曲以外にも昔、ライブでやったりしていましたけど、そのソニックスを日本に招いて一緒にツアーを回ったとき、彼らも気に入ってくれたんですよ。「いろいろカバーされたけど、こういうバージョンは初めてだ。

      本家にそんなふうに言われるってめっちゃうれしいじゃないですか。 ROY:ソニックスがR&Bのカバーをする時に、けっこうそういうやり方をしていて。”っていうことをするから、僕らもそうしなきゃいけないのかなと思って、違うアレンジでやったら本人達も気に入ってくれたっていう。 TAXMAN:あのソニックスが言ってくれるなんてすごいことですよね。

      ――そもそもソニックスが日本に来たっていうのがすごいことですよね。

      書いてあるのを見つけた時は、泣いちゃったよね、もう。今回も出させてもらうということで、書き下ろしの新曲がまずA面に入ります。そして、時を刻むということで時計にもなるっていう。 ――ああ、時を刻むということで時計なんですか。 ROY:それはホント、みんなそれぞれの楽しみ方で楽しんでいただければ。 ROY:15年分ありますから、いろいろな写真がありますよね。

      ROY:僕らの場合、スーツが作品ごとに変わるので、歴代のスーツも楽しんでいただけるんじゃないかな。EDITION』にはMV集が入っているので、それを見るとすごいわかりますよ。さらに僕らがMVを解説する特別番組も収録されているんですよ。っていう感じで、アルバムごとに紹介していくんです。 TAXMAN:けっこう幅広く、いろいろな方に来てもらっているんですよ。同じバンドでも監督さんが違うだけで見え方が変わりますからね。

      僕らの楽曲のクールな部分を切り取る人もいれば、僕ら4人でいるとけっこうわちゃわちゃしているんで、そういうコミカルな部分を切り取る人もいるし。メンバー個々のキャラクターも理解したうえで、それを作品に反映させつつ、映画監督なので、映画のようなMVを撮ってくれるんですよ。古い自分と戦って、自分を更新していくっていうストーリーなんですよ。

      ただ、映画監督なので、演技を求められることが多い。 ROY:プロの目線で演技にダメ出しされると、すごく傷つくんですよね。

      そこは監督もわかっていて、楽しんでくれているのかな。今回、新曲のMVも草野監督が撮ってくれるんですよ。ペンキをかぶるシーンがあって、スーツが一着しかなかったから、ホント、一発勝負だったんですよ。そんなミスれない、顔は無表情のままうまくかぶらなきゃいけないというピリピリした状況で、MARCYが笑っちゃったんですよ、ペンキをかぶりながら。 ROY:でも、そのまま使うしかなかったから、よく見ると、笑っているんです。悟空が強い奴と戦う時に思わず笑っちゃうみたいな境地に達してます、みたいに言うんですよ。 ――いろいろお話を聞かせていただきましたが、ファンはぜひ予約をして。これだけ盛り沢山の内容で税抜き10,000円って、なかなかお利口な価格ですよね。


      関連キーワード - anan -

      『コロシアム・ライヴ』は、ブリティッシュロック界の最強集団コロシアムが生んだ壮絶な作品

      LP発売当時は2枚組で、当時のロック界で最高のパフォーマンスを繰り広げたといえるだろう。サックスとオルガンを中心にしたそのサウンドは、イギリスのミュージシャンが得意とするジャズロックのひとつではあるのだが、ジャズ的な表現を盛り込みながらもロックの強烈なエモーションを感じさせるものであった。全編を通して聴くとかなりの疲労を感じるぐらいパワフルで、同じジャズロックとはいえ、ソフトマシーンの冷徹なまでの冷静沈着さとは対極に位置している。

      今では忘れられがちだが、本作はロック史上に燦然と輝くライヴ盤の傑作なのである。この4人の知識力と組織力によって、彼らのもとには優れたミュージシャンたちが集まっていく。を聴くと、まだまだジャズの要素は強いがロック的なスパイスがちりばめられた素晴らしい作品に仕上がっており、ジャズロックが生まれる前夜の気配が感じられるのである。You』はブルースロック色が強く、ある意味でクリームに似たサウンドである。何よりもギター&ヴォーカルとベースの力量に不満が残るのだ。

      しかしセールス的には好調で、イギリスのチャートでは15位まで上昇、幸先の良いスタートとなった。Suite』は前作よりジャズ寄りのサウンドになり、グループとしてのまとまりが感じられる力作となったが、それだけにやはりギター&ヴォーカルとベースの弱さが際立ってしまっている。

      アメリカのみでリリースされているのだが、この作品は未聴なのでコメントはしないでおく。LP当時は2枚組でリリースされ、日本でもロック少年たちに支持された。まぁ、そんなことはどうでもいいが、これを最初に聴いた時、こんなにカッコ良いロックサウンドと出会ったのは初めてで、毎日聴いていた記憶がある。今でもこれだけの熱を帯びたロックはなかなかない。本作は彼らのこれまでのスタジオ録音盤とはまったく違う次元のサウンドであり、本当のテクニックを持ったアーティストが本気を出すとこれだけの演奏ができるということを認識させられた作品である。冬でも汗だくになるほどの熱~い音楽がここにあるのだ。

      ロック史上に残るライヴ盤のひとつであることは間違いない。
      関連キーワード - anan -

      故デヴィッド・ボウイ、霊媒師に死期を予言されていた? バンドのキーボーディストが明かす

      Garson』に、以前は公表できなかった内容が加筆された改訂版が5月に再発される。その一つが1970年代後期にボウイが出会ったある霊媒師が、彼が2016年1月に死亡することを正確に予言していたというものだ。

      彼は、「(その霊媒師は)彼が亡くなったちょうどあの時に彼が死ぬだろうと本人に伝えていた。いかれてたり嘘ばかりつく霊媒師は多いけれど、この人は本物だった。デヴィッドもそれが分かっていて、1秒たりとも疑ってなかった。(予言のことを)僕にはっきり話してくれたし、それを受け入れ、それに基づいて自分の将来設計を立てていた。「結構感慨深いものがあって、すぐデヴィッドに“信じられないよ”と(メールを)書いた。すると10秒も経たないうちに彼から電話があって、“マイク、僕たちは一緒に素晴らしい作品群を作り上げたよ”と言われた。みんなで彼を亡くした感覚だし、もしかすると考えていた以上に早かったんじゃないか。
      関連キーワード - anan -

考察。「ストーンズ」とは何か?

「ストーンズ」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

ストーンズに関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news2/index.php(562): tweet_output('\xE3\x82\xB9\xE3\x83\x88\xE3\x83\xBC\xE3\x83\xB3\xE3\x82\xBA') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143