なぜ「コンピューター」なのか?

「コンピューター」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      不要なファイルを削除し、パソコンを軽くするアプリ5つ:Windows 10向け

      不要なファイルだらけのOS、PC起動時に立ち上がる20ものアプリ、システムを遅くする無駄の数々。PCをきれいにしてくれる無料アプリがたくさん出ています。

      OSに最初から入っている『ディスククリーンアップ』アプリです。 スキャンが終わると、システムから安全に削除できるファイルが種類別に表示されます。ブラウザのキャッシュ、ゴミ箱の中身、アプリやアプリのインストール時に残された一時ファイル、今後不要なファイルのサムネールなどはほんの一例です。レジストリクリーナーは、消してはいけないものを消さない限り、効果が少ない傾向があります。Decrapifierは、インストール済みソフトを一掃するのに便利なアプリです。見つかったアプリを、自動的に3つのカテゴリーに分けてくれます。Decraptifierユーザーがそのアプリを削除した割合、特定のアプリについて知るためのWebへのリンクが付いた小さなはてなマークのアイコンなどが表示されます。確認をしたら、不要なアプリを一切合切流し去ってくれます。 ツールバー、スパイウェア、その他のマルウェアなどは、あなたのPCを汚します。ちょっと慣れたコンピューターユーザーでも、必要なアプリをインストールしたときに不要なサードパーティ製のアイテムを追加してしまったり、Webサイトに騙されて怪しいアプリを入れてしまったり、といった罠に陥りがちです。 とはいえ、ときどきクイックスキャンをして、不要なものがないかを確認すればいいだけです。軽量でインストール不要なのに、効果的かつ効率的に不要なものをスキャンしてくれます。Cleaner』という名前ですが、各サービスのデフォルトのインストール先フォルダーをスキャンし、安全に削除できる過去のゲームからの残骸を見つけてくれます。削除したいプログラムを、跡形もなく消し去ってくれます。 ゴミ箱を見つけるために、いちいちデスクトップを表示しなければならないのは億劫です。この小さなアプリ『MiniBin』は、システムトレイにゴミ箱を設置してくれます。そのため、ファイルを忘却の彼方へドラッグアンドドロップするのも、ゴミ箱を空にするのも、ゴミ箱を元に戻すのもかんたんにできます。

      関連キーワード - ローラ -

      【インタビュー】 nishi-ken×土橋安騎夫(REBECCA)スペシャル対談 キーボーディストとしての音楽論

      今回対談をするお2人 nishi-ken 数々のアーティストの楽曲制作、サウンドプロデュースを手掛ける音楽プロデューサー。また、キーボーディストとしての一面も注目を集める。 土橋安騎夫(REBECCA) REBECCAのキーボーディスト、作曲家。2018年現在、Live、DJ、Produce、劇判音楽の制作などジャンルにこだわらない幅広い音楽活動を展開中。 土橋安騎夫:一番最初は、ウツさん(宇都宮隆)のコンサートのときだよね。

      土橋安騎夫:ウツさんの周りで絡んでいたりしていて、凄腕ミュージシャンがいるって話を聞いていたんですよ。
      それで、これがnishi-kenか!って思ってツイッターとかではお互いにフォローしていたよね。

      憲太郎の略だったので割と普通だなって思いました。

      nishi-ken:ライブが終わったあとに飲みに行ったりはするんですけど、それがプライベートの感覚に近かったりします。 nishi-ken:一応、仕事というか現場からの流れではあるんですけど。 土橋安騎夫:以前、開催されたイベント『SynthJAM』の帰りにキネマ倶楽部の近くのお店に入ったんですよ。適当に選んで入ったんですけど、そこが結構良くて。OKで、その日二階が空いていたので貸切状態だったんですよね。

      俺はこれしかやらないんだ!っていう感じではないんですよね。

      サウンド的にもこだわりが強そうな音だなって思うんですけど、意外と先輩方にもついていける感じなんですよ。ツアーしても打ち上げがなくてそのままホテルに帰っちゃうっていうタイプではなくて、割とみんなで酒飲んでギャーギャーしたりとか。僕等ってアナログテープの時代から始めているんですよ。アナログの時の考え方を持ちながらハードディスクレコーディングをすると、前の古い考えを持ち込んでしまったりするんだけど、彼はそういうのがないんです。自分が発想する部分とは違う強力な音の組み立て方があります。 nishi-ken:音楽的な話をすると、僕の中で80年代ってヒットチャートがジャンル問わず同じ音色ってイメージなんですよ。例えば、ドラム、シンセベース、エレピ、リバーブやコーラス感だったりがどれも似てて。漠然と60、70年代って生演奏のダンスミュージックで、80年代から強くシンセサイザーの音色とシーケンスが人のグルーヴに入ってきて音の派手さが明らかに変わってるんですよ。なんか感覚だけでもそこに巻き戻って、自分ならどういう風にここから変化させていくんだろうなっていうタイムマシン感覚です。実際80年代は子供だったからリアルタイムに沁みこんでいるのって実は90年代なんですよね。

      だからこそ僕の中で80年代は新鮮だし、一番カッコいいと思えるジャンルなんです。今、アナログシンセの音にとても近未来を感じてます。 土橋安騎夫:レトロフィーチャーな感じだよね。

      60年代、70年代の流行りはあるんだけど、80年代って何故か飛ばされやすい。それがなぜかっていうと、80年代ってエレクトリックな部分でもある意味黎明期なんです。音がダサいんですけど、その喜びに浸っているんですよ。90年代の音ってループとかサンプリングとかが確立して、色んなクラブ系の音楽に広がっていくじゃないですか。さっき実験って言っていたけど、まさに実験段階の時代だったから、80年代は飛ばされるんですよね。

      みんな80年代をトライはするんだけど、僕が80年代くるよって言っても80年代の人間だから、あんまり説得力がないんです。 nishi-ken:今土橋さんが言ったように、みんな80年代の音楽をやるときって大体90年代手前なんですよ。僕が思う80年代の音楽って80年~85年ぐらいなんです。僕がカッコ良いと思っているのはそっちなんですよ。90年代に近寄れば近寄る程、どんどんそのテイストがユーロビート調になっていくんです。 土橋安騎夫:YMOを代表とするテクノポップが流行ったのは、実は70年代後半から80年代の初めにかけてでした。それはクラフトワークからがるもので、無機的な要素を取り入れた音楽が日本でも流行って、それはリズムボックス、シンセドラムだったんです。そこから82、83年はそこに人間の息吹をいれようとするわけですよ。nishi-kenが捉えると、そこを上手くやっていける感じがしますね。


      クリエイターが秘めているアーティスト性っていうのはみんな持っています ──音楽クリエイターさんが秘めているアーティスト性についてお聞かせください。 nishi-ken:表に立つ存在と裏の存在の違いって単純に表に出るか出ないかで。音楽を制作する意味ではものすごくフラットな立ち位置だし。なのに無名のクリエイターが大きなコンペを勝ち獲ったとしても名前が広まる時代ではなくなってしまってる。例えばこのご時世に売れた名曲を誰が作ったかなんて世の中はおそらく知らない訳で。曲についてクリエイターが語るべきなんですよきっと。今はとにかく居ないに等しい扱いの時代になってる。それってクリエイターからすると、ものすごく雑な扱いをされているって思うんです、世の中に対して。そんなのは誰かがクリアにするとかって待ってても変わるものでもなくて。 土橋安騎夫:まず調べようとしないと思うんですよ、今の時代は。って昔は調べたりしたと思うけど、今はそういう事をしなくてもクリエイターよりも先に曲が耳に入って来ちゃうし,次から次へと情報が溢れるので、忘れてしまうんですよね。

      nishi-ken:本当にそういう感じになってきちゃっているから、やばいなって思う。っとピックアップされるためにクリエイターが表に出るようなやり方をやっておきたい。好きな音楽を作ってそれが評価されて、その人がピックアップされて誰かに曲を提供しますっていう感じ。REBECCAがあって、そこからプロデューサーとして成長して、僕の中ではこれがお手本で。僕はバンドでデビューした訳でもなく、裏方からキャリアをスタートをして順序は逆を辿っているんだけど、今だからこそできる事はあるなって思って今回に到ます。自分だけで曲って出来ちゃうからどうしても内にこもりがちだけど。 nishi-ken:僕はクリエイターでありながらクリエイターに対して意識改革しなきゃいけないと思うことがあって、それは次があると思っていること。この感覚を裏方だけで留めてるクリエイターは捨てた方が良い。だから表に立ってやってみろ!っていう話なんですよ。その時に提供っていう事の重さが本当の意味で解ると思うんです。そういうのを全部踏まえて、先頭切って座標になりたいです。 土橋安騎夫:作詞家ってもっと不思議ちゃんじゃないとね(笑) nishi-ken:(笑)。そういう意味でクリエイターが秘めているアーティスト性っていうのはみんな持っています。

      全員:(笑) 土橋安騎夫:それを踏まえた上で80年代の音楽をやると、カッコいいんですよね。

      土橋安騎夫:80年代はみんなレコード作ってライブやって、レコード作ってライブやってを繰り返してた。それが一般的なやり方だったんだけど、そうすると考え方が完璧に分かれてくる。レコードにエンディングなんてライブのリハの時に考えればいいってなるわけ。今は余裕があるけど、昔はそういう感覚がないからとりあえずFOなんだよ。僕も今自分のアルバムを作っているんですけど、全部FOです。(笑) nishi-ken:僕の新曲の構成をチェックして欲しいんですよね。

      nishi-ken:今の構成はこんぐらいかなって思ってます。 nishi-ken::日本の音楽シーンの空気を読んでない感じがします。(笑) nishi-ken:今の時代はSNSであの曲どうだこうだってなるけど、当時はそこの距離感が物凄く遠いから自分がカッコ良いと思っているのを本気でやっているなって思う。 nishi-ken:空気を読んでないから突き抜けているんですよ、一個ずつが。この曲をこのバンドが歌ったらありえないみたいな話なんですよ。逆に今はこの曲をこの人が歌っても成り立つよねっていうのが多いと思うんです。それぐらい音楽のジャンルがいっぱいあって、そこから自分が選ぶ感じなんだけど、80年代ってそもそものジャンルや音楽自体が少ないから自分の事しか考えてない訳。レコード会社同士が今みたいにコラボっていう発想がなかったから、ひとりひとりがナルシスト(笑)。そうなると、例えば洋楽を聴いて“これいいな!”ってなったら似たようなのがいっぱい出来る。 nishi-ken:その感覚の人たちがみんな同じ音色に響いたって事ですよね。

      土橋安騎夫:そうそう(笑) nishi-ken:80年代のドラムの音って良いと思うんですよ、本能的に。その名残が90年代にあり、90年代からどんどん洗練されていく。そして今の時代は選ぶ音楽になり、古いも新しいも関係なく良いと思うものに流行を感じる個人個人の時代になってきてる。僕はこの80年代っていう音楽シーンが好きだし、何より語れるから作ると説得力が音に出る。 土橋安騎夫:ある意味、80年代って豊かだったんですよ。ふつふつしていた時代が80年代だからこそ面白いんじゃないかな。KYだし、自分の事だけだし(笑) nishi-ken:80年代は男がメイクしてナルっていますしね(笑)でも今って、あれぐらいふっきれてないとハマれないと思うんですよ。80年代は、DXだったりなどが出てきたから世の中がみんなキラキラしたエレピになっていた。90年代に入るともっと色んなものが出てきて、物凄くシンセサイザーを基調とした音色がヒップホップに入っていたりとか。 土橋安騎夫:90年代の後半になると、アナログのモデリングが出てきてアナログシンセ良いなってなるんですよ。昔に比べて手に取りやすいものにはなっていますよね。

      REBECCAってシンセの音がバーンってすぐ飛び込んでくるんですよ。 土橋安騎夫:結局70年代は、キーボーディストとしてシンセサイザーっていうのが高嶺の花で。ピアノとエレピとストリングスとかしかなかったからそれが基本だったんだけど、REBECCAをやり始めたときに一度土台を全部失くしたの。そしたらシャラマーというバンドがPVで一台のシンセだけでしか弾いてなかったのに衝撃を受け、やっていくうちにこれだってなって、シンセサイザーだけにした。 ──これからシンセサイザーや作詞作曲に挑戦する方々に、アドバイスをお願いします。

      nishi-ken:歌詞サイトって作曲家にとって、とても良い環境だと思うんです。出来上がっている歌詞が既にあるから、それにメロディーをつけて作曲の練習をしてみるのもありだと思う。そこで出来上がったメロディーの上に自分で作った歌詞を生み出せばいいしね。

      土橋安騎夫:誰の曲かもわからないけど、歌詞が良いなと思うものに曲をつけるのは良いかもしれないね。

      作曲家って基本的に勘違いしている人が始めるものだと思っているから(笑)本当に恥ずかしくて聴かせられないってなってやる仕事ではないので、作ってみて出来上がって人に聴かせて初めて楽しいんだって事に気づくはずです。実は作ってるだけじゃ楽しさはわかるものではなく、誰かに聴かせてめっちゃいいねってなったときに初めて良さを感じる事もできますよ。 (既にフォローしていただいている方はそのままで!) UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。 ※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!) 応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。 締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。MUSIC https://music.line.me/album/mb000000000165f50b nisi-kenプロフィール 石川県金沢市出身。など数々のアーティストの楽曲制作、サウンドプロデュースを手掛ける。“魅せる"そのスタイルは次世代キーボーディストのアイコンとして注目を浴びている。


      関連キーワード - ローラ - LINE - 小室哲哉 -

      ミニファミコン ジャンプ版、メガドライブ ミニ、NEOGEO mini…ミニハード戦争を制するのは?

      この2製品の成功で、ゲームハードのミニ化&復刻版はすっかり定着した感があります。 さらに今年は任天堂以外のメーカーも参入し、競争がヒートアップするのは確実です。名で一時期スーファミを超えてシェアトップを取ったほどです。アーケードゲームのクオリティをそのまま家庭でも楽しめることで、格闘ゲームファンを中心にコアな支持を得たハードでした。家庭用NEOGEOの小型化ではなく、3.5インチの液晶ディスプレイを搭載したアーケード筐体版のデザイン。新たなバージョンのミニファミコンが電撃発表されました。

      毎週約500万部を売り上げていたジャンプ黄金期を彩ったコミックを原作にしたファミコンソフトを中心に20本プリインしたミニファミコンです。色以外の仕様は2016年発売のミニファミコンと同じです。黄金伝説』といった、ファミコン世代には馴染み深いにもかかわらず、これまでバーチャルコンソール化されておらず、気軽に遊べなかったタイトルが収録されている点。ゲームの紹介やコラム、書評を中心にフリーで活動している。


      関連キーワード - ローラ - LINE - 小室哲哉 - アニメ - ローラ -

      人生ゲームだけじゃない! 意外と奥深いボードゲームに世界へご招待!【学生記者】

      コンピューターゲームなど電源ゲームとは違って、人と対面して行うので、生で相手とコミュニケーションをとりながら遊ぶ楽しさがあります。 ボードゲームという名前ですが、ボードのないカードゲームも含まれます。ただし、トレーディングカードゲームは含めないことが多いです。そのためこの定義に当てはめると、先ほどあげた人生ゲーム、囲碁、将棋はボードゲームのうちに入ります。

      しかし、私自身はそれをやることはあまりありません。
      ボードゲームには8万を越える数があり、そしていろんなタイプのゲームがあります。そのため、それぞれの好みだったり、まだやったことなかったりするボードゲームを見つけて、何種類も遊んでいます。

      そして、カードを置かれた人は、それが宣言した通りの動物か、それとも嘘を言っているのか判断して、宣言します。いった駆け引きが発生するので、とてもはらはらして楽しいです。 2.キャット&チョコレート 次に紹介するのは、3~6人用のキャット&チョコレートです。 カードをめくって出た危機的状況を、手札にあるアイテムカードから何を選び、どのように乗り切るのかを語ります。最終的に状況カードを多く持っていた方が勝ちというゲームです。 驚くような解決方法や無茶がありすぎる解決方法などが出て、笑ってしまうこと間違いなし。特に友達同士でやるときは、とても盛り上がります。ボードゲーム初心者でも気軽に楽しめるゲームです。 ここまで具体的なゲームからボードゲームのおもしろさを紹介してきましたが、百聞は一見にしかず。 私が一番おすすめするのは、ボードゲームが趣味の友達におすすめのゲームを紹介してもらって一緒に遊ぶことです。誰もボードゲームをやったことがない仲間複数人で訪れても、お店の方がしっかりと説明してくれるので、安心して遊べます。

      ただ、気をつけないといけないのは、本格的なゲーマーが集まるようなところは、初めてボードゲームを遊ぶには向いていないですので、事前に情報をよく確認しましょう。まだボードゲームをやったことがない人は、ここで紹介したものや他の人がおすすめしているボードゲームを、友達とボードゲームカフェに行くなどして、試しに遊んでみてください。
      関連キーワード - ローラ - LINE - 小室哲哉 - アニメ - ローラ -

    リアルタイムトレンド Part I

考察。「コンピューター」とは何か?

「コンピューター」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

コンピューターに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 日野 あたるさん: 今日私が狂ったように喋るなぁと思いのあなた。私、もともとめっちゃ喋りますむしろ、スマホでツイッターやってる時は少し遅いくらいです。元々コンピューター部で延々とタイピングしてたのでパソコンで作業しだした時が本気です - 6 日と 20 時間 46 分 12 秒前
  • T2重工さん: 国際信州学院大学は5ちゃん生まれの架空の大学、このうどん屋も架空、リプしてるコンピューター同好会みたいなのも架空、全部架空 - 6 日と 20 時間 46 分 34 秒前
  • harukaさん: お互いの理想の条件をコンピューターでマッチさせた情報提供だからアプローチしてきたカレと恋がはじまる確率はとっても高いのです!。[メールでGO!!]。
    > https://t.co/Yx6XXpGXWx

    - 6 日と 20 時間 53 分 17 秒前
  • ゆきだるまさん: コンピューターと戦ってもモーション騙しも意味ないしとりあえずバンバン技出てくるしつまんねぇぞ… - 6 日と 20 時間 54 分 16 秒前
  • ハーツクライBotさん: サンデーサイレンス×トニービンという血統なので、ハイペリオン由来のDNAをある程度有している。実際にハーツクライの産駒たちの血統構成をコンピューターによって計算してみると、ハイペリオン(またはゲインズボロー)優勢のものがかなり多い。 - 6 日と 21 時間 12 分 10 秒前
  • せっちゃんさん: 2001年宇宙の旅。全米が泣いた系かと思ったら全然違った!コンピューターも宇宙もこわすぎ!!Amazonプライムにキューブリック作品あるのほんとうれし〜
    > https://t.co/0HxCHtzno7

    - 6 日と 21 時間 13 分 15 秒前
  • 宮島正さん: 量子コンピューターでも解読困難な新暗号を開発 数学の難問で鍵作成
    > https://t.co/DqrLnEedYW

    - 6 日と 21 時間 14 分 41 秒前
  • kaorinアイドールウェスト出ますさん: 私にとっての人間の脳の機能というのはそういう認識で、さっきの連想機能の雑でいい加減で一貫性の無い思考が帰って来るという前提は、この頃想起したニューロンコンピューター(但し私流の)と何にも変わってない訳です。結局人間らしさの根底っ…
    > https://t.co/1ERcxyiHVO

    - 6 日と 21 時間 17 分 53 秒前
  • cyberjapanさん: 電脳的緑衣装 ❇️ コンピューターの基盤的な。、。サイバーですね今日の #ミュージックサーカス も盛り上がっていきましょうー!✌️#cyberjapan… タルイサザンビーチ
    > https://t.co/yvtd8aNE2n

    - 8 ヶ月 23 日と 9 時間 28 分 2 秒前

話題のトピック

リアルタイムトレンド


Yahoo!検索ランキング