なぜ「ウリッセの帰還」なのか?

「ウリッセの帰還」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



      関連キーワード

      森麻季はじめ豪華キャスト出演オペラ『ポッペアの戴冠』記者会見レポート~美しいバロック音楽に脈打つ熱い..

      荘厳なバロック音楽の中に息づく生き生きとしたドラマ、時にドロドロした人間の熱い血潮。モンテヴェルディが作り上げたバロックオペラの傑作『ポッペアの戴冠』が、11月に東京と神奈川にて演奏会形式で行われる。 本作は、W不倫の果ての観客唖然、勧悪懲善を描いた物語。武将オットーネの妻ポッペアは、夫の不在中に皇帝ネローネと愛し合うようになる。それを知ったオットーネと皇后オッターヴィアは、苦悩の末ポッペアを殺そうとするが、それが皇帝にばれ、二人は追放される。ポッペアは新しい妃となり、ネローネとポッペアの喜びの二重唱で幕となる…といういささかとんでもない話。ポッペアは、自分の愛を遂げるために誰かを殺そうとしたり、策略にはめて自分の欲望を貫こうとは決してしていません。
      愛の神様の力を信じ、自分の命も顧みず愛を選んだ。

      ポッペアが本当の愛をネローネに捧げたからこそ、ネローネもそれに応えたいと思ってくれたのかなと。 森麻季 指揮の鈴木も「ポッペアは、そこにいるだけで人殺しの策略が周囲で起こり、妬みが渦巻いていく人物です。また鈴木は、この公演を前にヴェネツィアにあるモンテヴェルディの墓を訪れたことも明かした。 歌劇『ポッペアの戴冠』 バロックの音楽といえば、形式にのっとった美しく荘厳なイメージだが、実はとても生き生きとした人間の感情やドラマにあふれている、と出演者たちは口を揃える。悲運の皇后オッターヴィアを演じるメゾソプラノの波多野は語る。「オッターヴィアの最初のアリアが『絶望のアリア』、最後に歌うのが『さらばローマ』と別れを告げるアリアで、どちらも救いや楽しい部分は一切ないです。それでも、私はオペラの作曲家の中で、モンテヴェルディが一番好きです。 小林沙羅 指揮の鈴木によると、このオペラには25以上の役があり、作曲された当時から出演者が一人でいくつもの役を兼任し歌っていたそうだ。

      カウンターテナーの藤木は、なんとポッペアの乳母アルナルタとオッターヴィアの乳母の二役を演じる。教えられたオペラの演出で大切なことは、指揮者との良いコラボレーション。ことん指揮者に教えてもらい、ちゃんと耳を澄まし、ちゃんと勉強してドラマに活かす。美しい古楽器の調べと、歌手たちの美声に込められた生々しい人間ドラマと、熱い思い。

考察。「ウリッセの帰還」とは何か?

「ウリッセの帰還」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

  • 新録 さん: 2ヶ月の間を置いて、モンテヴェルディ「ウリッセの帰還」と間宮芳生「ニホンザル・スキトオリメ」という二つのオペラを鑑賞 奇しくも同じセミ・ステージ形式、間宮作にも古楽アンサンブルが登場とあって不思議な私的連関の体験を感じてしまった - 26 日と 20 時間 9 分 44 秒前
  • 新録さん: 2ヶ月の間を置いて、モンテヴェルディ「ウリッセの帰還」と間宮芳生「ニホンザル・スキトオリメ」という二つのオペラを鑑賞奇しくも同じセミ・ステージ形式、間宮作にも古楽アンサンブルが登場とあって不思議な私的連関の体験を感じてしまった - 26 日と 20 時間 9 分 44 秒前
  • Morikoさん: @Karajan_Kleiber 私、横着者なので、演奏者目当てで聴くに行く場合、特に馴染みのない曲ほどぶっつけ本番が多いんです。1980年に来日したウィーン国立歌劇場の『ナクソス島のアリアドネ』もそうでしたし、ザルツブルグで…
    > https://t.co/AdEQheXp66

    - 1 ヶ月 4 日と 4 時間 56 分 28 秒前
  • 北区文化振興財団 公演情報 さん: 「音楽の友」2月号"コンサート・ベストテン2018"で、オペラ研究家の岸純信さんが北とぴあ国際音楽祭2018オペラ《ウリッセの帰還》を第一位に挙げてくださいました! また、音楽評論家の加藤浩子さんも《ウリッセ》をベストテンのひとつに! 詳細は誌面をご覧ください。 ongakunotomo.co.jp/magazine/ongak… - 1 ヶ月 4 日と 23 時間 23 分 59 秒前
  • さわやか革命さん: 【ブログ更新】モンテヴェルディ「ウリッセの帰還」:神々の長ーい時間 
    > https://t.co/LE0himLf4L

    - 1 ヶ月 7 日と 1 時間 1 分 11 秒前
  • Moriko さん: 返信先:@nothungen フェルゼンライトシューレの音響は、なかなか面白いです。 岩壁の廻廊と合わせて、演目や演出で他では見られない上演が数々あって、レヴァイン指揮の『魔笛』『イドメネオ』ムーティ指揮の『皇帝ティトの慈悲』テイト指揮の『ウリッセの帰還』などすばらしい舞台でした???? - 1 ヶ月 18 日と 1 時間 10 分 17 秒前
  • show さん: 今年観た舞台は88本でした。ベスト10 ①ハンブルク・バレエ ニジンスキー②てがみ座 海越えの花たち③On7 その頬、熱線に焼かれ④北区 ウリッセの帰還⑤オフィスコットーネ 山の声⑥iaku 逢いに行くの、雨だけど⑦笑の内閣 そこまで言わんでモリエール(続く) - 1 ヶ月 23 日と 43 分 50 秒前
  • ペラオ さん: 今年生でみたオペラ(演奏会形式含む) アイーダ×2 フィデリオ×2 イオランタ トロヴァトーレ トスカ×2 魔弾 三部作 椿姫 マノンレスコー リゴレット 魔笛 ルチア トゥーランドット コジファントゥッテ メフィストーフェレ 後宮 ウリッセの帰還 ファルスタッフ ヘンゼルとグレーテル 以上22公演! - 1 ヶ月 23 日と 1 時間 8 分 17 秒前
  • メフィ(鏡谷)@mefistofele さん: #今年を月ごとに振り返る 10月、荻窪某所でセミみたいな声を2週にわたって聞く 11月、『ロビン』、『ウリッセの帰還』 12月、朗読劇『クリスマス・キャロル』 - 1 ヶ月 23 日と 5 時間 29 分 8 秒前

話題のトピック

最新つぶやきトレンド


    ブログで注目


      Googleでホットな話題