なぜ「ウリッセの帰還」なのか?

「ウリッセの帰還」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



      関連キーワード

      森麻季はじめ豪華キャスト出演オペラ『ポッペアの戴冠』記者会見レポート~美しいバロック音楽に脈打つ熱い..

      荘厳なバロック音楽の中に息づく生き生きとしたドラマ、時にドロドロした人間の熱い血潮。モンテヴェルディが作り上げたバロックオペラの傑作『ポッペアの戴冠』が、11月に東京と神奈川にて演奏会形式で行われる。 本作は、W不倫の果ての観客唖然、勧悪懲善を描いた物語。武将オットーネの妻ポッペアは、夫の不在中に皇帝ネローネと愛し合うようになる。それを知ったオットーネと皇后オッターヴィアは、苦悩の末ポッペアを殺そうとするが、それが皇帝にばれ、二人は追放される。ポッペアは新しい妃となり、ネローネとポッペアの喜びの二重唱で幕となる…といういささかとんでもない話。ポッペアは、自分の愛を遂げるために誰かを殺そうとしたり、策略にはめて自分の欲望を貫こうとは決してしていません。
      愛の神様の力を信じ、自分の命も顧みず愛を選んだ。

      ポッペアが本当の愛をネローネに捧げたからこそ、ネローネもそれに応えたいと思ってくれたのかなと。 森麻季 指揮の鈴木も「ポッペアは、そこにいるだけで人殺しの策略が周囲で起こり、妬みが渦巻いていく人物です。また鈴木は、この公演を前にヴェネツィアにあるモンテヴェルディの墓を訪れたことも明かした。 歌劇『ポッペアの戴冠』 バロックの音楽といえば、形式にのっとった美しく荘厳なイメージだが、実はとても生き生きとした人間の感情やドラマにあふれている、と出演者たちは口を揃える。悲運の皇后オッターヴィアを演じるメゾソプラノの波多野は語る。「オッターヴィアの最初のアリアが『絶望のアリア』、最後に歌うのが『さらばローマ』と別れを告げるアリアで、どちらも救いや楽しい部分は一切ないです。それでも、私はオペラの作曲家の中で、モンテヴェルディが一番好きです。 小林沙羅 指揮の鈴木によると、このオペラには25以上の役があり、作曲された当時から出演者が一人でいくつもの役を兼任し歌っていたそうだ。

      カウンターテナーの藤木は、なんとポッペアの乳母アルナルタとオッターヴィアの乳母の二役を演じる。教えられたオペラの演出で大切なことは、指揮者との良いコラボレーション。ことん指揮者に教えてもらい、ちゃんと耳を澄まし、ちゃんと勉強してドラマに活かす。美しい古楽器の調べと、歌手たちの美声に込められた生々しい人間ドラマと、熱い思い。

考察。「ウリッセの帰還」とは何か?

「ウリッセの帰還」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

ウリッセの帰還に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 赤旗文化部 さん: 【今日の赤旗文化面】 映画評「葡萄畑に帰ろう」(ジョ-ジア) ユーモア苦く強烈な風刺(評者:柴田三吉さん) moviola.jp/budoubatake/ オペラ評 北とぴあ国際音楽祭「ウリッセの帰還」 感情や試作 歌唱力で躍動(評者:関根礼子さん) - 1 日と 17 時間 22 分 43 秒前
  • 崎田幸一 さん: 返信先:@petitepao オリジナルと違うなあ(ヾ(´・ω・`)と思いますけど、先月の北とぴあでの『ウリッセの帰還』でもミネルヴァが三輪車にでも乗るみたいにミニバイクでぐるぐる回っていた場面が面白かったので、必ずしも悪いものでもないかもですね(^^;。 - 3 日と 4 時間 56 分 2 秒前
  • Gwendeling さん: 蘇我事件の時だけど、 御台所「夫と息子が殺されたかも!どうしよう」 蒲冠者「義姉上!俺がついてるぜ!」 帰ってきた鎌倉殿「なんでだよ!」 ウリッセの帰還だなこの筋書き - 4 日と 15 時間 12 分 41 秒前
  • 小野寺修二 さん: 『ドン・キホーテ 』会場の北九州市立美術館にて『ウリッセの帰還』主役でもあった、王妃ペネロペ銅像に。偶然とはいえ嬉し! pic.twitter.com/2jks9pB0fJ - 5 日と 1 時間 11 分 57 秒前
  • アマイミツノヘヤ さん: 先月の王子でのウリッセの帰還聴けなかったので 思い出すようにポッペアをかけている。 台本はヴェネツィア貴族のブゼネッロだけど、 血筋も良く貞淑だったとされる前妻オッターヴィアを悪役にして 不倫愛が祝福されるという “勧悪懲善”シナリオはやはりすげーな… - 5 日と 9 時間 38 分 47 秒前
  • しげち☆SHIRANAMI待機 さん: オペラ「ウリッセの帰還」って、初演が1640年なのか…おじさまたちの現役時代にはもうすでにあったのか… - 6 日と 22 時間 5 分 15 秒前
  • OOKI Akira 😜😜😻 さん: (2演目のみ予定だけど)予定通り進めば、今年の私のオペラ観劇は、極めて充実したものとなる。 バロックオペラは、アルチーナ、オリンピーアデ、オリー伯爵、試練の中の真実、ウリッセの帰還、セメレを聴いた事となる。来年1月に、ポッペアの戴冠 が加わるし 日本在住者の中では、トップクラスだ。 - 10 日と 14 時間 36 分 41 秒前
  • OOKI Akira 😜😜😻 さん: 音楽部門では、約6割が歌劇だったのだなあ。初めて演目が13。 松風、愛の妙薬、イル トロヴァトーレ、ペレアスとメリザンド、ジャンニ スキッキ、試練の中の真実、マクベス、ファウスト(グノー)、烙印を押された人たち、バスティアンとバスティエンヌ、ウリッセの帰還、スウィーニー トッド、セメレ - 10 日と 14 時間 43 分 19 秒前
  • シュシュ さん: ガーディナーのウリッセの帰還の冒頭を聴いてアレってなって ガッリードのウリッセの帰還の冒頭を聴いてなるほどってなる。。。 この違いは大きいよなぁぁぁぁぁぁ - 10 日と 20 時間 10 分 13 秒前
  • hr86 さん: RT @ryoterkakado: オルフェオの次はウリッセ!今年は記念の年は過ぎましたが個人的にモンテヴェルディづいております!取り上げられる機会が比較的少ない《ウリッセの帰還》もオルフェオに引けをとらない傑作です!是非お見逃しなく! https://t.co/0GUmb3v… - 13 日と 9 時間 34 分 20 秒前

話題のトピック

Googleでホットな話題