なぜ「アマゾンフレッシュ」なのか?

「アマゾンフレッシュ」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      イオン、スーパー事業の利益「ほぼゼロ」が意味する深刻さ

      かかわらず、グループが稼ぎ出す営業利益は昨年度が1847億円、今年度半期決算で850億円と、はっきり言えば業績はぱっとしない。 そして重要なことは日本最大であるがゆえに、イオンは日本の小売業全体の縮図であるということだ。

      イオンは巨大スーパーからコンビニエンスストア、ショッピングモール、専門店とあらゆる小売業態を経営している。

      つまりイオンの業績がぱっとしないということは、日本の小売業界全体としてぱっとしないということだ。

      ちろん業界他社ではセブンイレブンやユニクロのように儲かっている小売業もいる。

      しかし、なぜ小売業全体としては儲からなくなってしまったのだろう。 この謎を解く手がかりが、イオンの開示資料にある。実はイオンは、それぞれ業態の違う会社の業績を細かく開示している。

      だから、イオンの業績の詳細を調べると、日本の小売業の何が儲かって何が儲からないのか、その裏側が見えてくるわけだ。

      アマゾンエフェクトによる苦境 現在の小売業の苦境はインターネットのせいだという説は根強い。アメリカではネット通販の成長によって、リアルな小売店が悪影響を受ける現象をアマゾンエフェクトと呼んでいる。

      この影響を端的に表しているのが、イオングループのスーパー業態の苦境である。売上が1.5兆円、小型の食品スーパーの売上が1.6兆円で、この2つの業態でイオングループ全体の4分の3の売上高を稼ぎ出している。

      一方で、この小売2事業を合計した営業利益は4億円だ。



      しかし、こう問題提起をするとおそらく食品スーパーの責任者は「うちは108億円の黒字だよ。 そう、私から見れば五十歩百歩の“うすーい”業績なのだが、確かに食品スーパーはわずかに黒字、大型スーパーはわずかに赤字という業績の差が存在している。

      実はこの差は、アマゾンエフェクトをどれだけ受けるかの差である。食品スーパーは生鮮食品が売上の中核にある分、ネット通販の悪影響をそれほど受けないという強みがあるのだ。

      一方で大型スーパーの場合、生活用品、衣料、寝具、電気製品などネット通販に顧客を奪われたり、安売り競争に巻き込まれたりという悪影響を受けやすい商品の比率が高い。それくらいアマゾンエフェクトは小売業の業績の足をひっぱっているのだ。

      ところがアマゾンは、アマゾンフレッシュを通じて生鮮食料品の販売も始めた。コンビニエンスな事業は儲かる 大手小売業で一番気を吐いているのは、イオンのライバルであるセブンイレブンだ。

      ミニストップの業績は上半期で1056億円の売上高で14億円の黒字と、利益率では食品スーパーよりもずっといい。

      しかし、規模的にはセブンイレブンに大きく差を開けられているせいで、利益額は全体に大きな影響を与えるほどのものではない。

      しかし、実はイオンにはミニストップよりもずっと規模の大きいチェーンストアがある。 アメリカには日本のようにコンビニ文化はない。セブンイレブンはアメリカから来たが、アメリカのセブンイレブンは日本よりもずっと数は少なく、コンビニといえば主にガソリンスタンドに併設された小規模小売店というイメージだ。

      ニューヨークの市街地を歩くとわかるが、コンビニに代わって日常の小さな買い物の拠点になっているのがドラッグストアだ。

      そしてウエルシア薬局は、このアメリカ最大のドラッグストアであるウォルグリーンズのビジネスモデルを参考に日本の薬局を再編した小売業態だ。

      ウエルシア薬局を束ねるウエルシアホールディングスはイオングループの一員であると同時に、東証一部上場企業であり、16年に売上高でマツモトキヨシを抜いて現在は日本のドラッグストア業界首位の地位にある。 ウエルシアの上半期業績は売上高3407億円、営業利益145億円。だからイオングループの小売業の中で一番儲かっているのがドラッグストアだという結果につながっているわけだ。

      小売よりもずっと儲かるビジネスがある では、ウエルシアがイオングループで一番儲かるビジネスなのかというと実はそうではない。イオングループにはそれよりもずっと儲かる3つのビジネスがある。 実はイオングループで一番儲かる事業は金融事業。つまり個人と決済をキーワードにした金融事業が上半期の営業収益で1979億円、営業利益329億円とイオングループの稼ぎ頭になっているのだ。

      いい立地を見つけ、土地の権利を手に入れ、銀行資金を引き入れて巨大なショッピングモールを開発する。このビジネスモデルでは、入居するイオンの総合スーパーや各種小売店の利益を吸い上げる不動産事業のほうが、小売事業よりも確実に儲かっているのだ。

      そして3番目にこの不動産の管理事業も大きな儲けを生み出している。

      イオングループのビル管理事業会社は売上高1518億円、営業利益88億円。小さな企業だが生み出す利益はスーパー事業部門と比肩できるほどの収益性である。結論 イオングループは日本の小売業の縮図である。全体を眺めてわかることは、ネット通販の悪影響を回避できる小売業でないと業績が苦しいことだ。

      アマゾンで買えるような商品を売っている小売業態は、すでに儲からないビジネスへと変わってしまったようだ。

      アメリカでアマゾンがホールフーズを買収したように、日本でもスーパーを買収して参入してくれば、アマゾンフレッシュが日本のスーパーの収益性を削っていくことになる。 さらに残念なことに、小売業をやるよりも、小売業者からお金を得るビジネスをやったほうが儲かるということだ。

      イオングループの稼ぎ頭が金融事業と不動産事業だという事実は、今の日本の小売業の苦境を一番わかりやすく語っているのかもしれない。
      関連キーワード - コンビニ - ユニクロ - ミニストップ -

      声で注文!アマゾンの最新デバイスはここが凄い

      2015年、アマゾンは、音楽や映像のストリーミングサービスを開始した他、多くのデバイスを発売。日常生活の中で急速に存在感を増した1年だったと言える。本国アメリカでは、日本未上陸のサービスやデバイスも存在し、新しいライフスタイルを形成しているという。そこで、まだ我々が知らないアマゾンのエコシステムが日常にどう溶け込んでいるかを、シアトルの一般家庭で体験してきた。 取材したのは、アマゾンドットコム本社に勤務するジュンさんのお宅。映画やテレビに出てくるような“いかにもアメリカの住まい”といった雰囲気の家で、奥さんと長女のカヤちゃんが出迎えてくれた。アプリを立ち上げると、サクサクとメニューを選び、素早く注文。本当に1時間以内で届いたことに驚いた! 早速、パーティーを開始。ナウ』は、行ったことがないレストランの味を知るのにも便利なの。2015年11月、日本でも日用品を中心にサービスが開始されたが、アメリカではシアトルで、昨秋からケータリングにも対応するようになったという。料理を作るのは地元のレストランで、注文が入ると配送スタッフがピックアップして届ける仕組み。シアトルで話題となっているレストランの料理を自宅で楽しめるとあって、人気は上々。レストラン側からも、店に来られない人に味を覚えてもらうきっかけができたと歓迎されている。

      トラックと同じ鮮やかな緑色のショッピングバッグの中には、牛乳やワイン、そして地元のケーキショップのスイーツが詰め込まれていた。フレッシュ』はいわゆるネットスーパー的存在です。ことで、共働きの家庭には欠かせない存在なのだそう。奥さんが話しかけると、再びブルーのランプが光る。ころにより晴れ間がのぞき、後に雨に変わる予報です。家族との時間を生み出してくれるアマゾンのエコシステムが、日本の家庭にもそう遠くない未来、やってくることを期待したい。
      関連キーワード - コンビニ - ユニクロ - ミニストップ -

      アマゾン、「言う」「ボタン押す」だけで買い物完了…革命的装置発売で極限までラクに

      を開発して、オムニチャネルの戦略性を高めている。

      食料雑貨を購入するためのリモコンであるダッシュの大きな特徴は、品名を言うか、バーコードを読み取るだけで、買い物リストを自動的に作成してくれる点にある。 食料雑貨も定期的に注文する頻度の高い品目であることから、こうした機能を備えたダッシュは新たな注文チャネルとして、顧客の購買行動にさらなる便益を生み出すものとなる。 エコーは、円柱の筒のような形状をした人工知能スピーカーで、音声認識により顧客のさまざまな問いかけに答えてくれる。 つまり、据え置き型であるためハンズフリーでの利用が可能となり、常時接続や常時待ち受けを実現していることから、日常生活の中で自然なコミュニケーションが実現できるというわけである。いったフロントエンドの一連の行動をアシストしてくれることから、顧客の購買行動の新たなチャネルとして期待されている。


      関連キーワード - コンビニ - ユニクロ - ミニストップ -

      アマゾンの生鮮食品配達が日本にもやってくる!?


      関連キーワード - コンビニ - ユニクロ - ミニストップ -

考察。「アマゾンフレッシュ」とは何か?

「アマゾンフレッシュ」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

アマゾンフレッシュに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • パルパルさん: (7)アマゾンフレッシュ30日間無料体験
    > https://t.co/4U4Mnv9qvG

    - 13 日と 17 時間 24 分 25 秒前
  • setusokuさん: 節約速報: 楽天でアリエール イオンパワージェル サイエンスプラス 詰替え用(770g*6コセット)が1000円送料別。アマゾンフレッシュより安い。
    > https://t.co/Z5mjBKyeux

    #節約 - 15 日と 6 時間 54 分 5 秒前
  • Amazonに取りつかれさん: アメリカは、生鮮食品なども扱う「アマゾン フレッシュ」、注文から1時間で商品を届ける「プライム ナウ」など開始、配達ご苦労様 - 16 日と 1 時間 51 分 48 秒前
  • 아후레카에루さん: アマゾンフレッシュ今知ったんだけどめっちゃ便利じゃないすかこれ…。うちの地域は対象外だから注文できないんだけど…。 - 17 日と 7 時間 45 分前
  • 品格あるRock&Rollレディさん: アマゾンは、第一線(ってゆういい方をあえてしてしまうけど)のドライバーさんも仕事がとてもスマートだと思う。フレッシュの注文は煩わしいサインとか不要だし。日本企業のネットスーパーの配達の人は、愚痴っぽかったり恩着せがましくて、運んでやってんだぞオーラに出ててとにかく偉そう。 - 19 日と 7 時間 37 分 49 秒前
  • 前田 利人さん: アマゾンは、生鮮宅配のアマゾンフレッシュだけを見ているとなんにも理解できない。10種に近い多様なサービスをAI...
    > https://t.co/H35MFixR41

    - 19 日と 14 時間 24 分 11 秒前
  • ネットショップ担当者フォーラムさん: 人気記事をチェック!ついに「アマゾンフレッシュ」が日本参入か 来春に生鮮食品宅配を東京23区でスタート?
    > https://t.co/OzxCkkDRHR

    (2016年12月26日) - 20 日と 10 時間 53 分 29 秒前
  • MOTCHさん: 窓からの景色はまだ夜景ですが、中央湊からの初の朝です!今日も荷物搬入や通販の荷物到着で外出はままならないので、勝間和代さんのロジカルクッキングのホットクックを使ったメニューを試すべく初めてアマゾンフレッシュをオーダーしました!今…
    > https://t.co/5JH4lH8nYp

    - 21 日と 15 時間 57 分 20 秒前
  • マグさん: Amazonジャパンなど、3社が「サザエさん」のスポンサーに!高須クリニック、LINEがまさかの落選。磯野家はこれからアマゾンフレッシュを利用するの?ドラ猫の代わりにクロネコなの?#sazaesan #サザエさん…
    > https://t.co/BHOPiuZqCO

    - 22 日と 8 時間 41 分 7 秒前
  • なまた朝湯さん: フネがAmazonフレッシュで買い物し、サブちゃんが持ってきて。イササカ先生の小説を波平がKindleで読んだり。ノリスケとマスオがオンライン麻雀やったり。ないか。 / アマゾンなど、サザエさん...#NewsPicks
    > https://t.co/2DnNsuf85l

    - 22 日と 8 時間 57 分 16 秒前
  • おやじ@また勉強中さん: RT @ippo_n: Amazonが提供か。カツオAmazon echoで宿題、アマゾンプライムNOWでバレンタイン、磯野家の食卓はアマゾンフレッシュ、マスオ初めてのAWS、タラちゃんamazon dashでお使い...etc 色々作れそうね。
    > https://t.co/Mq

    … - 22 日と 13 時間 24 分 22 秒前
  • ☆美麗美寿々美乃梨香織愛嬢和夜菓春巻きオムライス☆─那遊里嬢─。さん: RT @yosuke23y: 日本でも食品配達の競争は熾烈化してきている。セブンミールとアマゾンフレッシュが有力だが、オイシックスやラディッシュボウヤなどの高付加価値系も存在感を示す。やはりロジスティックスの覇者であり、資本やIT投資で圧倒するアマゾンが、倉庫を増加すれば、単独… - 30 日と 5 時間 4 分 52 秒前
  • khiikiatさん: RT @mrbeats197912: 拡大路線に舵を切らない日本のAmazonフレッシュの動きを見てると、ユニー・ファミリマートあたりとのアライアンスでの全国拡大は十分あり得そう。 / アマゾンが「西友」「ファミリーマート」を買収する日 (...
    > https://t.co/KR

    … - 30 日と 20 時間 13 分 28 秒前
  • Little_mom@ブロガー·子育て奮闘中さん: 【ネスレ、米菓子部門をフェレロへ売却、ナッツやフルーツ等の健康志向を受け】…そういえば米アマゾンでもブルーベリーとかフレッシュなものが利益押し上げてたな。ケバケバキャンディはもうアメリカじゃうけないのか。
    > https://t.co/ylLszqN4dS

    - 1 ヶ月 5 日と 18 時間 52 分 4 秒前
  • マナ@1/20新宿WSTさん: @dai4suke ほんとそれー!アマゾンフレッシュとか材料すぐ宅配してくれるサービスならあるんだけどご飯作っても余ってしまって萎えるから結局作れないし出前的なの頼むにしてもなんか違うから、一人暮らしにはUberEatsが割高だけ…
    > https://t.co/PjM4mRqcch

    - 1 ヶ月 8 日と 9 時間 5 分 40 秒前
  • emme さん: なんとか25日までに家のことでやらなあかんことは80%こなした!サンタさんが熱帯雨林から持ってきてくれるはずのプレゼントもくるはずだし(頼むぞアマゾンプライム!)、ママからのプレゼントも用意した!丸鶏もフレッシュクランベリーも買った!よしこいクリスマス!! - 2 ヶ月 5 時間 5 分 36 秒前
  • ramona2772/aiubisさん: RT @WalkingKame: スーパーの売上減の理由としてアマゾンなどの影響は大きいと思う。PcWの調査ではアマゾンの登場で小売店での買い物が減ったとの回答が最も多いのが日本。次いで、米。自分も忙しい時に生鮮のフレッシュは便利で使うし、確かにBrick & Mortar(実… - 2 ヶ月 13 時間 14 分 24 秒前

話題のトピック