なぜ「アイスダンス フランス」なのか?

「アイスダンス フランス」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      難しすぎる!?フィギュアスケート採点方法の不思議

      日に日に寒さも厳しさを増し、いよいよ本格的な冬到来といった季節になってきました。

      そんな寒い時季にこそ盛り上がりを見せるのがウインタースポーツです。特に今シーズンは五輪イヤーということもあり、様々な競技にメディアの注目が集まっています。

      ひときわ人気があるのが、フィギュアスケートです。これまでも数々の変更があったフィギュアスケートのルールに迫ります。 緻密な採点は公平なジャッジのため 大舞台で起こった、悲劇の採点 日本人選手の活躍もあり、大人気のフィギュアスケート。

      ただ、素人目から見ると、そのルールはとても難解です。細かな点数の差は経験者でないとわからないほど微妙な差。テレビの前の視聴者としては、静かに採点が出るのを待つのみです。 2002年シーズンまでは、各国から選出された審判9人がそれぞれ技術点、芸術点で6点満点を持ち、採点する方式でした。 そんな6.0ルールを変える転機となった、大きな事件は2002年ソルトレイク五輪に起きました。

      クリーンな採点のため、ルールの大変更 この騒動をきっかけに、フィギュアスケートの採点方法は大変更を余儀なくされました。

      =得点となるという、何とも緻密で複雑な採点方法が誕生したというわけです。 ただ選手側から見れば、細かな改訂であったとしても、適応していくことは大変なこと。公平なジャッジをするために生まれた複雑な採点方法。

      羽生結弦ら出場「国別対抗戦」応援する選手たちの姿が楽しめる

      男女シングル、ペア、アイスダンスでフィギュアスケート世界最強国の座を争う。見どころといえば、演技はもちろん、応援席からチームメートの演技に声援を送る各国の代表選手たち。 そこで今大会のテレビ中継では、選手の演技中には映し切れなかった“応援席”の様子をスマートフォンで映し出し、テレビ中継中の演技と連動して楽しむセカンドスクリーンが展開される。 方法は、スマートフォンでテレビ朝日アプリをダウンロード。アプリを起動し、トップ画面の国別対抗バナーをタップし、テレビ中継で選手がリンクインしたらスマートフォンをテレビの前にかざし、スマートフォンディスプレー中央のボタンを押す。 すると、アプリがテレビの音声を認識、放送中の演技と同じタイミングの応援席の様子がスマートフォンに映し出されるというもの。 これによりテレビで見る選手の“演技”と、スマートフォンで見る“応援席の選手たち”を同じタイミングで見ることが可能になり、テレビの前の視聴者も選手たちと同時に一喜一憂することができるようになるという。フィギュアスケート中継を実際のアリーナで楽しむかのような形にグレードアップさせた、テレビ朝日の画期的な新技術に期待したい。

      羽生結弦、宇野昌磨ら「国別対抗戦」日本代表選手発表!

      日本代表選手として男子シングルは羽生結弦、宇野昌磨、女子シングルは三原舞依、樋口新葉(わかば)の出場が決定。 会見には、羽生、宇野、三原、樋口に加え、メインキャスターを務める松岡修造と特別解説の荒川静香が登壇し、出場選手が大会へ向けた目標を書き込んだ日の丸国旗をお披露目した。書き込んだ三原は、「昨シーズンは少し苦しんだので、今シーズンはスケートができる幸せや喜びの気持ちを毎回、演技に込めました。

      “日の本一の兵”と評された真田幸村を意識したことを明かした。羽生は「日本の国旗を背負って戦う自覚が一番強い試合。みんなで戦うことが国別対抗戦なので、ここに集まっているメンバーが今の日の本一。羽生は「僕は僕で、みんなはみんなで、その結果、団体としての団結力をみんなで出していきたい。国際スケート連盟(ISU)が主催する唯一のフィギュアスケート団体戦。2009年から始まり、男女シングル、ペア、アイスダンス4種目の総合成績で争う、フィギュア最強国決定戦。 団体戦は、ソチ大会から五輪の種目にもなり、注目度は高くなっている。

      今回の第5回大会には、日本、カナダ、ロシア、アメリカ、中国、フランスが出場。第1回大会から、表彰台に上がり続ける日本が、3大会ぶりの世界一を目指す。

      フィギュアスケート期待のアイスダンスカップルを直撃

      フィギュアスケート団体戦の創設もあり、以前にも増して強化が急がれているアイスダンス。2014年の秋に結成したばかりのフレッシュなカップルだが、このところの急成長振りには驚かされるばかり。今季は国際大会でも高く評価されるまでになり、今週、ハンガリーで開催される世界ジュニア選手権にも出場する彼らに話を伺った。コンビを組むまで 深瀬理香子選手は元々シングルの選手として活動していた。数年前からアイスダンスをやりたいと考えていたというが、時折アイスダンスのセッションに参加する程度で、本格的にアイスダンスへの転向を考えたのは2014年の秋だという。 立野在選手はアイスダンスを始めて今年で6シーズン目。中学1年生からやっているというからそのキャリアは長い。目標とするのもショーンフェルダーのような力強いアイスダンスだという。 今季の彼らの急成長は、練習環境の改善によるところが大きいそうだ。

      「昨年の2月にモントリオールに拠点を移しました。

      モントリオールでは月曜から金曜まで、一日3時間は滑っていて、そのうち2時間ぐらいはレッスンがあります。 それがモントリオールに拠点を移した最大の理由だという。(立野選手) 指導者にも恵まれ、二人は順調に力をつけてきているようだ。

      海外を拠点に練習する二人にとって、言葉の壁はないのだろうか。 「モントリオールはフランス語圏ですが、レッスンの時は英語で指導してもらっています。

      (深瀬選手) 「僕も流暢ではないですが、拙いながらも英語で頑張っています。

      大技だけでなく基礎も大事に ところで、アイスダンスでは、かつてはコンパルソリーダンスと呼ばれるパターンダンスの競技があった。現在では廃止されてしまったが、代わりにショートダンスの中にパターンダンスを組み込むことになっている。

      最近の選手にとって、パターンダンスはかつてほど熱心に練習されなくなったイメージがあるが、二人はそれをどう捉えているのか聞いてみた。コンパルソリーのあった時期のアイスダンスが一番好きだったぐらいです。可能であればコンパルソリーだけやりたかったぐらいです。(深瀬選手) そのような姿勢が足元の上手さにも表れているのだと感じる。そしてまた、今シーズンのルール改正により、一時期よりもパターンダンスの重要性が増してきている傾向がある。リフトばかりで点を稼ぐのではなく、足元の技術もしっかりして、表現もできて、そんなカップルを目指す彼らに大いに期待したい。シニアの国際大会で活躍する二人を観られるのも、そう遠い日ではないことだろう。

    リアルタイムトレンド Part I

考察。「アイスダンス フランス」とは何か?

「アイスダンス フランス」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

アイスダンス フランスに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • lucia23さん: RT @oro1_: (初回より男子FSとアイスダンスFDの時間が変更された)ISU GPSフランス大会/グルノーブルスケジュールは現地時間(日本時間は+8時間)2018年6月20日現在※今後も変更となる場合あり
    > https://t.co/vJXJPk5gvQ

    https… - 3 日と 2 時間 12 分 5 秒前
  • みんかさん: フランスアイスダンス選手って男性もペーゼラのオールバックだったりオリビエさんの燕尾服といい色々再現度のクオリティ高いなと - 5 日と 1 時間 40 分 34 秒前
  • ニリさん: 話題中、チョロっと出てきたコーチのマリー=フランス・デュプレイユさんとパトリス・ローゾンさんのアイスダンスカップルも好きな選手だった。いつだったか、マリー=フランスが白地に黒の糸で刺繍が全面的に入ったドレスを衣装で着ていて素敵だ…
    > https://t.co/sij5x0E3nQ

    - 7 日と 23 時間 20 分 25 秒前
  • Комуги さん: 日本とフランスアイスダンス界のコネクションがずっと続いてくれていて、今また素敵なカップルが生まれた事がただただ嬉しい長く続いてほしいな… - 14 日と 18 時間 5 分 12 秒前
  • イッヌ@スケ垢さん: @prgrma なるほど、確かに国際大会などでもあまり見ないような個性的なペアですね。僕アイスダンスを見るようになったのは最近ですが将来この子達が上がってきたら沼に落ちそうな予感がします。フランスは決して強くはないですけどシン…
    > https://t.co/BkyOyhqtvS

    - 1 ヶ月 16 日と 12 時間 48 分 6 秒前

話題のトピック

リアルタイムトレンド


Yahoo!検索ランキング