なぜ「はあちゅう」なのか?

「はあちゅう」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      【衝撃】人気ライターはあちゅう氏がおじさんに苦言「俺は弱者だ!ってアピールしてくるおじさんってほんとださい」

      ネットをしない人たちの間では有名ではない人物だが、インターネット世界では絶大な知名度と影響力を誇るライターであり、彼女を慕うファンは老若男女問わず少なくない。 暴言吐いてきたのは向こうなのにインフルエンサーに発言を晒されるのはパワーハラスメントだとか因縁をつけてくる人もいるし。彼女に対して強く反発したり、クレームをつけている男性の可能性が高い。根拠のないことを書き込みする人物とは思えないし、一時的な感情でカッとなり書いたとも思えない。しかしながら強い憤りを感じる言葉でもあるため、かなり鬱憤が溜まっているのかもしれない。それを知るには、おじさんの意見を知らなくてはならないし、善悪を第三者が判断できるものでもないかもしれない。や仕事術、そして新しい書籍の話題などで盛り上がってくれると嬉しいのだが、人気者はあらゆる面で多忙のようである。

      【物議】ライターはあちゅう氏に恐怖を感じた男性がネットで心情を吐露 / 影響力の大きい著名人からのパワーハラスメントを危惧

      氏の行動に恐怖を感じ、インターネット上で心情を吐露。書き込みしたはずだったが、何者かがその書き込みをキャプチャー(スクリーンショット)し、はあちゅう氏に渡した。ちなみに、はあちゅう氏と大屋友紀雄氏は友達関係になく、SNSで繋がっていない。書かれているのは、はあちゅう氏がBuzzfeedに記事を掲載した経緯があるから。Buzzfeedの記事を拝読し、私も社会的正義を理念とする編集部の活動に深く賛同いたしました。

      記事を拝読し、私も背中を押されたような気持ちになりました。

      そのメッセージには、私の個人的な心情を述べた投稿のスクリーンショットのみが送られてくる、というものでした。17万人を超えるフォロワーを持つ、著名なブロガーである伊藤氏から、無言で私のプライベートな投稿が送られてくる。伊藤氏によるインターネットでの活動が活発になるにつれ、私の個人的心情の吐露も、耳目を集めるようになりました。

      私は今回の事柄は、プライベートな領域に属するものであり、また伊藤氏の社会的影響力を鑑み、ノーコメントとさせていただきました。

      この記事が発表された直後、伊藤氏への私信を、伊藤氏が無断で公開されまいた。ここまでにおいて、伊藤氏の行為はハラスメントにあたるのではないか、と思い至りました。

      私は伊藤氏の現住所を存じ上げず、また所属する組織も存じ上げておりません。
      本日付けで公開された小島慶子氏の記事によれば「#MeTooは男性排斥運動でもなければ、女性だけのものでもありません。
      Buzzfeedの記事を拝読し、私も社会的正義を理念とする編集部の活動に深く賛同いたしました。

      記事を拝読し、私も背中を押されたような気持ちになりました。

      私も#metooの動きをきっかけとして、ここに証言することを決意いたしました。

      なお、私と伊藤氏はSNS上でつながりはもっておりませんでした。そのメッセージには、私の個人的な心情を述べた投稿のスクリーンショットのみが送られてくる、というものでした。17万人を超えるフォロワーを持つ、著名なブロガーである伊藤氏から、無言で私のプライベートな投稿が送られてくる。17万人という決して少なくない影響力を持つ伊藤氏から、私の個人的心情の吐露について、無言の圧力を感じました。

      そして時間を空けることなく、私のプライベートな投稿が伊藤氏によって公開されました。

      伊藤氏によるインターネットでの活動が活発になるにつれ、私の個人的心情の吐露も、耳目を集めるようになりました。

      その結果、複数のメディアから取材の申し込みなどがございました。

      私は今回の事柄は、プライベートな領域に属するものであり、また伊藤氏の社会的影響力を鑑み、ノーコメントとさせていただきました。

      そのなかで、一部メディアにおいて、ノーコメントを条件に取材を受けました。

      そのメディアには、伊藤氏がかつて記事を発表していた媒体に近しい編集者がおり、私の力になってくれるのではと感じ、取材に応じることにした、というのが取材を受けた理由です。この記事が発表された直後、伊藤氏への私信を、伊藤氏が無断で公開されまいた。さらには、私の所属する組織の名前を出し、あたかも私の組織がセクハラを容認する組織である、と感じられるような示唆を行ない、私は再び恐怖を感じました。

      ここまでにおいて、伊藤氏の行為はハラスメントにあたるのではないか、と思い至りました。

      私は伊藤氏の現住所を存じ上げず、また所属する組織も存じ上げておりません。
      日本に限らず、国内外で、発言の場や大きな影響力を持たないために、メディアや影響力の大きい著名人からのパワーハラスメントの被害を受けたまま、泣き寝入りをせざるを得ない、という事例が数多くあると聞いております。本日付けで公開された小島慶子氏の記事によれば「#MeTooは男性排斥運動でもなければ、女性だけのものでもありません。
      論点は、非公開投稿を公開しても許されると判断したあちゅう氏の意図と、Buzzfeed編集部のスタンスや記事化の背景になると思われる。
      関連キーワード - セクハラ -

      はあちゅうのセクハラ告発がなぜ女性から批判されるのか? はあちゅう自身の過去のセクハラ冷笑から考える構造的問題

      ころが、このはあちゅうの勇気ある告発について、評価する声の一方で、批判の声が巻き起こっている。

      もっとも、こうした批判のほとんどは、セクハラする側の男たちによる告発無化のための話のすり替えでしかない。勇気ある告発をした人間に対して、力を持っている側がこうした吊るし上げ攻撃をする日本の社会の問題については、別稿で指摘したいと思うが、

      ただ、はあちゅうへの批判については、もうひとつ気になることがある。いったような冷ややかな意見が多数混じっていることだ。

      本サイトでは、2015年3月にはあちゅうがセクハラ批判を揶揄する発言をしたことを取り上げ、そのことを検証する記事を掲載したことがある。しかしこのとき、はあちゅうはセクハラCMに対する批判の声を冷笑するようなツイートをしていた。 〈好きな人にやられたら嬉しいことを嫌いな人がやったらセクハラになるって言葉思い出した。 「けれど、立ち向かわなければいけない先は、加害者であり、また、その先にあるそういうものを許容している社会です。 本サイトがこの問題をもちだしたのは、このはあちゅうの過去の発言がセクハラ告発を冷笑する女性たちに共通するものであり、それを生み出しているのもまた、男社会の歪んだ構造であると考えるからだ。

      だから、本サイトはこの機会に、かつてはあちゅうを批判的に検証したこの記事をあえて再録したいと思う。あちゅうを攻撃しているセクハラ男でなく、はあちゅうに冷ややか視線を投げかけている女性にぜひ、読んでもらいたい。そして、このときのはあちゅうの姿が、いまの自分たちの姿と地続きにあることを感じ取ってもらいたいと思う。 動画を見ていない人のために、動画内で描かれた物語を紹介しよう。 まず、ボーダー服+パンツ+トレンチコートという出で立ちで出勤するひっつめ髪の女子が、会社近くで先輩と思しき男性と遭遇する。そのとき、ふたりの同僚である、もうひとりの女子が登場。そこに〈需要〉というテロップがかかり、〈求められること。断罪された女性が、その言葉をまんま内面化してしまうのである。 ご存じの通り、このスペシャルムービーには非難の声が殺到し、すぐさまルミネも謝罪し動画は公開中止となった。 〈ルミネのCM、上司がイケメンだったら炎上しなかったと思うんだけどな~。好きな人のためなら頑張れるけど、冴えない上司に言われるのはムカつくってだけで、好きな人にやられたら嬉しいことを嫌いな人がやったらセクハラになるって言葉思い出した。しかし問題は、"セクハラ行為も好きな人ならOKで、嫌いな人はNG"というコメントのほう。 だが、このような言説に抗うように、声高に叫んだ女性がいる。

      嫌いな男には触られたくないと拒否するし、だからといって好きな男に欲望される存在でありたいと思うことを否定する必要はない──田中はそう主張したのだ。

      田中がこのような言葉を口にしたのは、彼女自身が矛盾を抱える存在だったからだ。

      〈私自身の卑屈な例〉として、胡座をかいていたところに好きな男性がやってきて、とっさに足を正座に組み直したエピソードが紹介されている。

      ころが、好きな男が入ってきたらしい気配を感じただけで、考えるまでもなくからだが勝手に動いて正座になってしまった。女への抑圧って、かように身体化しているのか、いやぁ驚いたって思いました〉 田中の世代の女たちは、男に好かれる女になること、男に選ばれる女になること、すなわち女らしい女になることを幼いころから徹底的に叩き込まれてきた。そうした男性の視線、男性の考える一方的な価値のなかでしか生きられなかった時代に、田中たちは自由に生きたいと立ち上がった。だからといって、男性に好かれたいという思いを、すぐさま消去できるほど人間は器用ではない。ちろん、男からだけでなく女からも、その矛盾は追及されてきた。矛盾し、引き裂かれる自分こそが、いつわらざる"いま、ここにいる私"だからだ。

      田中はこの文章を約45年前に書き付けているが、いま、この時代にも、自分の矛盾にとり乱している女性はいるだろう。あるいはとり乱さないために、はあちゅうのように、消費される女性性を担保にして男社会の論理のなかでうまく立ち回りつつ、自分の価値を見出したほうがかしこいと考える女性もいるだろう。 でも、田中が述べたように、とり乱していていいのだ。

      一貫性がないと罵られても、いま〈ここにいる女〉として、セクハラにはノーと言えばいい。 だからこそ気になるのは、はあちゅうが今回の騒動にかんして、こんなふうにつぶやいていることだ。

      〉 そのクライアントに音読させられたという創作小説がどんなものなのかはわからないが、タイトルから察するに、よほど屈辱的な内容だったと思われる。それを声に出して読まされるという、耐えがたいセクハラを、彼女は受けたのだろう。ならば、いま一度、はあちゅうは考えてみてほしい。分けられることくらいたいしたことではないからガマンしろとでも思っているのかもしれないが、セクハラの中身や程度の差は天秤にかけて計る必要などないものだ。

      分けるという思考から発生している、ということを、ぜひ知ってほしいと思う。 最後に、はあちゅうには田中美津のこんな言葉を贈りたい。
      関連キーワード - セクハラ - ファッション - セクハラ -

      【激怒】ライターはあちゅう氏がマナー違反を犯して炎上! 1杯のラーメンを4人で食べる → 3軒で繰り返す

      ゆるふわライターとして絶大な人気を得ている、はあちゅう氏(31歳)。恋愛面においても、イケメン男優のしみけん氏と交際報道があるほど注目度の高い人物だ。

      あちゅう氏は女友達とグランドハイアットホテルでディナーブッフェを食べ、そのあと3軒のラーメン屋をハシゴした。その際、全店でラーメン1杯を4人で食べるという行動に出たため、多くの人たちが激怒。4人分の席を占領しておきながら、1人分の料理しか注文しない行為はお店の死活問題となるため、そのような行為は非常識といわれている。

      加筆されたが、ドリンクが写真に写っているのは1軒のみ。他店では証明のしようがないため、真相は不明なままだ。


      関連キーワード - セクハラ - ファッション - セクハラ -

考察。「はあちゅう」とは何か?

「はあちゅう」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

はあちゅうに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • Captain Nemoさん: 燃える理由がわかっていない炎上芸人「はあちゅう」 - Hagex-day info
    > https://t.co/o43Rh0Z0aT

    - 9 日と 19 時間 51 分 32 秒前
  • 西蔵@Munichさん: はあちゅう女史じゃないが、我こそは作家であると名乗れば誰だって名乗ったその日から作家なのだ。例え一行も書かなくても作家だ。他人の評価はその後から付いてくる。他人の評価の前にまずは自分。図太く在ろうじゃないか。 - 9 日と 19 時間 52 分 18 秒前
  • 絵里(占い好き)さん: 【占いフェスレポート】言葉の達人・はあちゅうと考える「占いのアドバイス ...。(´З`) - 9 日と 20 時間 21 分 33 秒前
  • 則天去私さん: RT @partyhike: はあちゅうの告発について、ツイッターでは彼女への批判も散見されるけど、 僕は断然彼女を応援するよ。勇気ある行動だし、セクハラ野郎は他の男達にとっても害悪だからね。セクハラは会社ではなくツイッターでやればブロックされるだけで済むんだよ。ちなみに僕はは… - 9 日と 20 時間 32 分 2 秒前
  • 物分かりのいい人間には、ならないさん: はあちゅう(慶応)のおかげで、広瀬隆雄というイキり野郎(慶応)と、line田端(こいつも慶応)のクズ発言が発掘された。 #metoo - 9 日と 21 時間 21 分 35 秒前
  • ハピコさん: アフターも終って帰宅ちゅう( ・∇・)今日も楽しかったぞーーーー!!今日のインテは売り子してました(о´∀`о)こっちも楽しかった!!やっぱりイベントはいいはあ。。。 - 9 日と 23 時間 55 分 4 秒前
  • 猫軍団さん: RT @fromdusktildawn: はあちゅう氏にセクハラ&パワハラした岸勇希氏の本「己を、奮い立たせる言葉。」のAmazonレビューのコメント「下半身を奮い立たせる行動」が「79人のお客様がこれが役に立ったと考えています. 」となっててワロタ。 - 10 日と 4 時間 13 分 30 秒前
  • k@nd@ yud@iさん: ブロガーもyoutuberもマスを相手にしたビジネスではないから、オヂサンはわからない。だから、はあちゅうの本を企画した編集はセンスがないと思う。それでも、はあちゅうは地上波に出ていたけど、一般人はほとんど知らない。 - 10 日と 4 時間 49 分 1 秒前

話題のトピック