なぜ「Time person of the year」なのか?

「Time person of the year」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      今日のあなたの“ラッキーソング”は? オリコン英語星占い(2018年1月27日)

      開運メッセージ、キーワード、アイテム、アクションなど星座ごとのアドバイス付き。ベスト3の中から毎週の12星座別ラッキーソングも教えてくれる、音楽好きにはたまらないハッピーフォーチュンをご紹介します。yourself. 「信じる気持ちを取り戻すことができるとき。
      関連キーワード - Instagram - KinKi - Kids - ゴールデンボンバー -

      Interview with Chan Kim(CHANCECHANCE)

      Kimにルーツやインスピレーションの源を語ってもらった。 Chan「私の出身高校には制服がありませんでした。そういうこともあって、私は服飾に興味を持ち、友達の顔を用いた服をデザインしていました。

      Chan「ストリートファッションからはどのように服をコーディネートするか、そしてどんなアイテムを身に着けるか、ということを学びました。

      Chan「旅をすることからインスピレーションを得ます。 Chan「自分と同じような感覚を持ち、同じようなゴールを目指している人を選びます。モデルを選ぶときには、その人がどれだけ有名で世間に知れ渡っているかということは全く気にしません。
      Chan「最近、Pakbaeというビデオグラファーと仕事をしました。

      私はまずフォトグラファーとテーマについて話をして、お互いの折衷案を探し出します。常に新しい展望を得るために、私は毎回別なフォトグラファーと仕事をすることを好みます。done. ーービデオの中の音楽も素晴らしいけれど、最近はどんな音楽を聴いていますか。studio. ーーブランドにとってもソーシャルメディアは必須のツールとなりましたが、インターネットとの付き合い方をどのように捉えていますか。 Chan「プロモーションのツールとしてセレブ達がCHANCECHANCEを着ている写真をアップするのは好きではありません。
      do. ーー日本のファッションに関してはどのように見ていますか。お気に入りのブランドでも、ユースのファッションについてでも何か思うことがあれば教えてください。 Chan「日本のファッションからはたくさんのインスピレーションをもらっています。

      Chan「韓国でも若者のカルチャーについて人々は高い関心を持つようになっています。

      wear. ーーコラボレーションしたいアーティストやブランドはありますか。 Chan「ファッションは、自分の気持ちと、アイデアと、思考を表現するためのツールです。 Chan「ROCKETの展示では何かの業績というものは期待していません。
      Chan「年間計画としては、CHANCECHANCEがこれまで伝えてきたコンセプトやスタイルとは違う、新しいラインを創ること。今の韓国ポップカルチャーシーンを牽引する、ジャンルも雰囲気もさまざまなクリエイターが揃う。会場では、それぞれの作品やアイテムを展示&販売するほか、ポスターやポストカード、ジンなども販売予定。日本ではなかなか触れることができない韓国の最旬ポップカルチャーを体感できるまたとない機会だ。


      関連キーワード - Instagram - KinKi - Kids - ゴールデンボンバー - ファッション - コーディネート -

      NY Issue : Interview with Secret Project Robot

      アーティストが集まるエリアとなっているブッシュウィック。をオープンしたレイチェルとエリックは、単なるアートの売買ではなく、アート活動をサポートするためにカフェやバーを運営するなど新たなチャレンジを続けている。

      家族のようにアーティストが集うこの場所は、とてもあたたかく、活気に満ちている。

      ——今ブッシュウィックにはたくさんのアーティストが集まっていますが、その中でも先駆けてギャラリーを移転させたのがこのSPRですよね。

      Robotというアンダーグラウンドなクラブを運営していて、当時のパーティにもプロジェクションやアート的なものはあったけれど、もっとアートを増やして、大きなインストレーションもやりたかったんです。誰もそういうアート空間を作っていなかったですしね。

      アートギャラリーで行なっている素敵なインスタレーションはあったし、アートを少し取り入れたパーティも存在していたけど、大きなインスタレーションの中でアートの一部として人々がパーティやパフォーマンスをすることはなかったんです。展示するアーティストも場のエネルギーに共感するような人を選んでるんですか。 Rachel「“シーンを空間が作るか、空間をシーンが作るか”という質問は常にありますよね。

      ここに来て、『最高だ、演奏したい』と言ってくれる人もいて。気に入ってくれる人たちがいつもいるので、どんどんシーンが大きくなっていくんです。 Erik「イベントの形式上制限はあって、丈夫で消耗に耐えうるアートでなくてはいけません。
      貴重すぎてはダメだし、人々が登っても平気なようなもの。パフォーマーに関しては、アーティストが作った空間の中で演奏できなければいけない。例えば、壁にポツンと作品があるようなミニマムな感じはここには合いません。
      たくさんのクレイジーなアートを求めているんです。ちろん作品は大切だけど、売ることにはあまり執着していない。 ——ここならではの特色についてもう少し教えてください。 Rachel「今見える物のほとんどは、私たちが作り上げました。

      私たちの労働であり、私たちのプロジェクトであり、私たちの愛がこもっています。

      その他は友達に手伝ってもらっていて、この壁を立てたのも私たちと友達です。アーティストが家族の一員のようで、それが一番の特色かな。他の場所はまっさらな空間が多いけれど、ここは作り上げた人の思い出や気持ちでいっぱいなんです。その代わりにバーの売り上げでアーティストをサポートしようとしているところも、他のギャラリーとは違います。

      バースペースはパフォーマンススペースをサポートしているんです。 Erik「NYのギャラリーやミュージアムはすでに有名になっているビッグなアート中心。ほとんどのギャラリーもお店のようで、服をお店に買いに行く感覚でアートをギャラリーに買いに行く場所になっています。

      アートやインスタレーションを常に展示しているスペースで、売ることが目的になっていないのは、僕たちを含めてごく一部だけ。 Rachel「ヨーロッパではこういうあーとスペースはそんなに珍しくないけど、アメリカでは何でも値段がついているし、博物館の展示もアートの価値を上げるためになる時もある。 Erik「ここの従業員もみんなアーティストで、みんなここで生活費を稼いでいるんです。 Rachel「以前は他の仕事もあったから、週に2回しかパーティを開いていなかったけれど、今は週7でやっているし、パートナーが6人も増えたから色々できるんです。みんなが金銭的にも個人的にもこの場所に興味深々だから、もっとファンクショナルになりました。

      Rachel「私たちは長い間ギャラリーをやっているけれど、流行りはころころ変わっています。

      2004年に始めた頃はDeitchが人気だったから、みんなカラフルなアートを作っていました。

      Museum系の綺麗でシンプルなアートが流行っているから、私たちのスタイルとは違うんです。 Rachel「どこの大学院が人気かも関わってきます。Designから卒業していて、プロビデンスのシーンの影響が強かった。Bardは特殊な学校なんですが、そのスタイルがNYCのアートシーンに広まっています。

      私たちは長い間活動しているから安定しているけど、それでも人気は上下しますよ。 Rachel「前のスペースを閉鎖して、8月から12月まではスペースがなくて。その間に選挙があって、私たちの選択肢は逃げるかすぐに戻ってくるかでした。このスペースを作ると決めたのは、政治的な理由もあったんです。こういうコミュニティやアートシーンの存在を世の中に伝え直すこと。人は仕事を頑張らなきゃいけない環境にいると、大事な作品を作れるように頑張るんです。バーリンなどのもっと生活費が安い街に引っ越すと、あまり制作をしなくなる人もいます。

      みんながたくさん活動しているから、自分ももっと頑張らなきゃと思うんです。刺激しあっていて、全てが高くて、ちょっとマニアックかも。プロモーションツールとしては有力ですが、政治などに関しては、Likeを押すことと、デモに行ったり、アートを作ったり、実際何か行動を起こすこととは全然違います。

      フォロワー数やいいねが多いからといって、その人の作品がいいわけじゃない。作品のクオリティーと作者の人気が混同されて、人気者コンテストになってしまうのが悪い面かな。世界中の人がインフルエンスし合って世界が狭くなるのはとても良いことですよね。

      Rachel「500回Likeが押されていても、いい作品なのかは分からない。あと、クールなアーティストを探すのにも良いツールだし、新しい発見をするのには最高ですよね。

      本来は自分の作品についてだけ悩めばいいのにその作品をどう見せるかなども考えなければいけない現代は、チャンスも多いけど大変ですよね。

      HoleというギャラリーにはDeitchのアーティストも関わっているけど、Deitchとは違って、商品をどう美しく見せるかが重視されているんです。 Erik「特にここのアートに関して言えることかもしれないけど、SNSでかっこいい写真を見るのと、実物を見て体験することは全然違うんです。SNSでパーティーを見て楽しそうな雰囲気が伝わってきても、実際そこにいたのとは全然違うのに、人々は本物の体験をSNSで置き換えようとしてしまう。画面を通して何かを見るのもある種の体験だとは思うけど、細かいとこに気づいたり、音楽を体で感じたりする実体験とは違う。 Rachel「彼のことは15年ほど知っているけど、本当に努力家なんです。Mirabileは、FlucTというムーブメントアートに関わっていて、最近注目を集めています。

      Rachel「ネットで調べたら出てくるので見てみてください。トラディショナルなパフォーミングアートだけど、動きがとても独特。ここのメンバーは私たちと、FlucTのMonicaの他には、Jakeという演劇のようなパフォマーンスをするアーティストがいます。

      Kathleenというもう少しトラディショナルな踊りをしているメンバーもいるんだけど、彼女のダンスのテーマは『儀式』で、昔と現代の儀式をかけ合わせたアイデアです。あとWillというヴィジュアルアーティストで、音楽活動もしている友人がいて。彼の家族はメキシコ出身で、視点が私たちと少し違うから、いろんな考え方を取り入れられるし、クールなんです。
      関連キーワード - Instagram - KinKi - Kids - ゴールデンボンバー - ファッション - コーディネート - Instagram -

      『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』 ライナー・ホルツェマー監督インタビュー

      今もなお、大企業に買収されることなく、広告も一切なしに、自己資金のみで服作りに真摯に向き合う彼の作品は、世界中のファッションアイコンやセレブリティたちからこよなく愛されている。

      ファブリックと花を愛する男』は、これまで密着取材を一切断ってきたという彼にフォーカスした初のドキュメンタリー。 ライナー「ドリスと僕の間には、最初からコネクションが感じられたんだ。

      彼は僕の作品を観て気に入ってくれたし、僕は彼の作品に感心していた。聞いたら、『僕はカメラの前に立つのが得意ではないし、正直言って撮影はされたくない』と言われたんだ。

      し撮影が入ったら気が散るし、デザインに集中することができなくなる』という説明だった。それと同時に、映画を観てもらうとわかるように、ドリスは完璧主義者で、すべてを自分でコントロールしたいタイプなんだ。

      ライナー「彼はいつも『今はドキュメンタリーを作るべき時ではない、忙しすぎる』と言っていたのだが、決して『ノー』とは言わなかった。説得できるきっかけとなったのは、2014/15のシーズンにパリで行ったファッションショーだと思う。そして、あのショーを撮影してテスト版を製作し、彼が気にいるかどうか試すことを提案した。 ライナー「撮影中、僕は自分の存在感を感じさせないよう、彼らの日々の仕事を邪魔しないように努めた。4日間の撮影で僕の慎重な仕事ぶりを見てもらい、ドリスを説得することができたんだ。

      それに、彼は僕の作品やアプローチを気に入ってくれた。僕はファッション業界の人間ではないし、ファッション専門のフィルムメーカーでもない。ファッションのグラマラスな側面に興味はないんだ。

      僕にとって、本当に興味があるのは人となりと彼のアーティスティックなアプローチだけ。 ライナー「僕は手紙やメールを書いて、彼はとても私的な手書きの手紙で返事を送ってくれた。僕にとって、それは良い意味でとても感動的だったんだ。

      手紙は彼のイニシャル入りの美しい便箋に書かれていた。それに、彼と仕事をしている人たちから、普段だったらドリスは密着取材のオファーをすぐに断ると聞いていた。僕には『ノー』とは言わず、『もしかしたら、いつか』と言ったんだ。

      ——監督がおっしゃったように、映画を観るとドリスが完璧主義者だということがよくわかります。最初はあまり近寄り過ぎず、カメラも自分自身で回すことにしている。

      それと同時に、僕は自分自身の仕事のルールで撮影することも大切にしている。

      朝から晩まで、すべてのミーティングを最初から最後まで撮影する。そうしていると、人は僕の存在を忘れてくれるんだよ。ドリスは本作を製作すると決断した時に、すべては彼の人生における大切なエレメントだから、そのすべてをどうにか映画に収める方法を探す必要があると話してくれた。一歩ずつ進めていき、初めてカメラが自宅に通されるまでは時間がかかったよ。Teller』の撮影中だったのだが、当時は庭にしか入れてもらえなかった。ユルゲンでさえ、家には入れてもらえなかったんだよ。ドリスとパトリックにとって、自宅はとても大切なプライベートなスペースで、公にはしたくなかったんだ。

      僕は彼がプライベートな部分もカメラに見せたいと思っていることを、すぐに感じ取った。彼らは当初、家の中が混沌として見えるのではないか、散らかって見えるのではないかと心配していたようだ。

      映画はほとんど時系列に撮影しているから、前半はテーブルの上に何もないのだけれど、終盤は仕事が忙しくて片付ける時間がなくなっていくのがわかるよ。その方が彼らもリラックスしていて、より自然なんだ。

      ——映画の中で、ドリスさんがあまり成功しなかったコレクションについてもお話しされている様子を見て、監督との間の信頼関係を感じました。

      デザイナーがあまり振り返りたくないコレクションについて話すのは珍しいですよね。

      ライナー「当初はドリスやパトリックも、自分たちの見せ方についてこだわりを持っていた。デザイナーがアイデアを思いつき、とてもプロフェッショナルな形でそれを実現する様子を見せるべきだと考えていたんだ。

      撮影が続くにつれて、ドリスはこの映画が現実的であるべきだと気付いたのだと思う。リアリティーを見せて、信ぴょう性のある作品にするべきだと思ったのだろう。だからこそ、彼は疲れてしまう時もあることを吐露したんだ。

      最初のインタビューは2015年3月に行ったのだけれど、その時はそういった話はしていなかった。 ライナー「彼はあの瞬間に、この映画の中でコレクションや失敗や間違いについて素直に話せるチャンスがあるのだと気付いたのだと思う。成功したコレクションについてだけではなく、何かを学んだコレクションについても話すべきだとね。

      人はそれを失敗と呼ぶかもしれないけれど、僕はそう思わない。彼はそれを話すことを不安にも思っていなかったし、話すべきではないとも考えていなかった。だけど、僕らはみんな人間で、そこには現実があるわけだし、良い日もあれば悪い日もある。4つのコレクションに密着するというアイデアはドリスのものだったんだ。

      僕は1つのコレクションに密着しようと思っていて、そうすれば映画の構成が作りやすいと思っていた。アイデア出しから始めて、コレクションに対するプレスの反応までを収めるというようにね。

      ドリスにそのアイデアを伝えたら、『もし本当に僕の仕事のエッセンスに関する映画を作りたいのなら、少なくとも1年かけて4つのコレクションに密着するべきだ。

      メンズ、ウィメンズ、夏、冬で僕が作るものは大きく違うから』と言われた。僕は彼に同意しつつも、これは編集において過去最大のチャレンジになるとわかっていた。コレクションを作る過程には一定のルーティンがあり、同じような構成で事が進む。 ライナー「僕は最初から4つのコレクションを映画に収めようと目標を定めて、それぞれのコレクションで異なる側面にフォーカスするようにした。それによって、繰り返しを避けることができたんだ。

      それと同時に、過去のコレクションを振り返るというアイデアも思いついて、とても良い構成が出来上がった。それは彼の経歴でもあるし、キャリアにおける芸術的な進化を見せることができたから、映画における重要な要素となった。 ——あなた自身もクリエイターですし、これまでに多くのクリエイターとお仕事されています。

      ライナー「人生において、自分の中に特定のクリエイティブな部分を発見する瞬間というものがある。一度発見したら、あとは勇気を出して、思い切ってその部分を見せるんだ。

      最初は他の人の反応を見て、とてもがっかりするかもしれない。自分の考えと相手の考えが合わなかったり、自分が良いと思ったものが良いと思われなかったりして、傷つくこともあるだろう。たとえばコマーシャルやテレビのニュースの仕事だと、クライアントから特定の方向性を強いられることが多々ある。『これはアートではないのだから、私たちが求めていることをしてくれ』とね。

      そこで重要なのが、そういったプロセスを経てもなお、自分のスタイルやヴィジョンを忘れないということ。あまり成功しなかったコレクションの時は、とても辛かったはずだ。

      ドリスと僕自身にとって、とても大切なのは独立心だ。

      ドリスは大きな会社を持っているけど、それは彼の会社だ。

      CEOが『売れるから今年は全部ブルーにしてくれ』というような大企業に属している彼なんて想像もつかないよ。たくさん稼げるコマーシャルは、自分自身のプロジェクトを実現するために引き受けるんだ。

      ——デザイナーとしてはもちろん、本作で描かれた1人の人としてのドリスの旅は素晴らしいものでした。 ライナー「これまでたくさんのクリエイティブな人々と仕事をしてきて、ドリスと他のアーティスト、それに自分自身の間には多くの共通点を見出してきた。ドリスに関して特に印象に残ったのは、彼が決して妥協しないということ。ほとんどの人は妥協しないけれど、ある時点まで来ると、『ベストを尽くしたし、映画も完成したから、これで公開しよう』ということになる。ドリスについては、常に最後の最後まで妥協しない人だと感じていた。ドリスのあのような姿勢は、これまでに見たことのないものだった。本作は、これまで殺到する密着取材を断ってきた孤高の天才デザイナー、ドリス本人に迫る初のドキュメンタリー映画です。美しいものを愛し、スキャンダルとは無縁で、何事にも全力で取り組む完璧主義者の彼がのぞかせた意外な素顔とは―。その時から3年がかりでドリスを説得し、本作の撮影に至った。
      関連キーワード - Instagram - KinKi - Kids - ゴールデンボンバー - ファッション - コーディネート - Instagram - ファッション -

考察。「Time person of the year」とは何か?

「Time person of the year」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

Time person of the yearに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

話題のトピック