なぜ「Time Warner」なのか?

「Time Warner」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      DAOKO、Hilcrhyme、TWICEなど10月中旬リリースの作品から9作を紹介

      その渦中にバンド名にダンスを掲げて登場した夜ダンだが、彼らの本気がついに炸裂。を聴いて、“ロックンロールがあれば大丈夫!”と嬉しくなった。 ライヴシーンで注目度を高めてきた男女混成5人組がさらなる飛躍の布石となるEPをリリース。 新境地であるダンスチューンをも自分たちの色に染め上げるHilcrhymeの歩みは止まらない。燃えたぎる情念の模様を巧みなラップスキルと身体の奥深くまで揺らすブレイクビートで描き切った表題曲は、ひとりの女性に“恋の炎”を燃えたぎらせる自信満々な男性目線で描かれたリリックに思わず聴き惚れる。をモチーフにした映画の主題歌などのタイアップ曲を収録。 冒頭からそのサウンドは沖縄の風を耳へ、歌はナチュラルで普遍的な言葉を胸の奥へ運んでくれる。かりゆし58が揺るぎないスタンスを持ちつつ、絶えず進化していることが伝わる7thフルアルバム。いられない》という歌い出しから、はやる恋心をリズミカルに表現したダンスナンバー。効果音でメリハリを付けながらグループ名の“TWICE”も歌詞に盛り込まれていて、2017年に日本デビューした彼女たちの再アピールを感じる一曲だ。

      アーティストとしての“もっと!”というエネルギッシュな気持ちも入って、これからのメインナンバーにもなる予感。全体的に粒立ちの良い低音とクールなカットアップ感が光っていて、大胡田なつきのヴォーカルワークにしても、また新しいプログレッシブポップを開拓しようとしている印象がある。ヴォーカルの理姫の割り切れない想いや揺れが伝わる歌詞世界、体温が伝わる歌に対し、J-POPのツボを突く構築された楽曲のバランスが本能と理性のようで面白い。その音は時に彼女の育った街、横浜を感じさせるものも。《大好きだらけの舞踏会へ》と誘い込まれ、堂々とした歌詞が暗闇を鳴らすサウンドに明かりを灯しているよう。悲しみさえも信念に変える直向なパワーには圧倒されっぱなし。彼女の真心を引き出すようにゴスロックが鳴り響き、麗しい歌声が激しく強く“かなでももこ”の存在を訴えかけてくる、勇敢な1stフルアルバムだ。


      関連キーワード - アニメ - NHK - テレビ東京 - X - JAPAN - 山田孝之 - アニメ -

      yonige 1stフルアルバム『girls like girls』引っさげZepp Tokyoで満員御礼のフリーライブ

      Tokyoで女性限定のフリーライブ『女の子の逆襲』を開催した。同アルバムは、オリコンデイリーアルバムチャートで初登場5位にランクイン、好スタートを切っている。

      現在のyonigeの勢いとアルバムの魅力をダイレクトに感じさせる圧巻のステージを繰り広げた。女子のリアルな本音をぶつけるようなこの曲によって、会場全体がyonigeの世界に染まっていく。 「寝屋川の片田舎から来た女の子ふたりがメジャーデビューして、Zeppでワンマン。「メジャーデビューアルバムをリリースして初めてのライブ。語っていたが、この日のライブからはアルバムの楽曲の素晴らしさを強く感じ取ることができた。ライブアンセムを連発、オーディエンスのテンションをさらに引き上げる。からはアルバムを引っ提げた全国ツアーがスタート。2018年2月には“ファイナルシリーズ”として東名阪でワンマンライブが開催される。20代女子のリアルな感情を描いた歌、ロックとポップを刺激なバランスで共存させたサウンド。全国ツアーによって、さらに多くのリスナーに伝わっていくことになるはずだ。


      関連キーワード - アニメ - NHK - テレビ東京 - X - JAPAN - 山田孝之 - アニメ - マイケル・ジャクソン - 恋愛 -

      『タイム・アフター・タイム ~H・G・ウェルズの冒険』の日本版エンディングテーマはシンディ・ローパーの名曲!

      タイトルは、1983年に行われたレコーディングの際、シンディが雑誌で映画版の情報を見たことから決められたと言われる。タイムトラベルに夢中になっていたウェルズはある夜、友人たちを家に招き発明したタイムマシンを披露。友人たちを前に、未来では病気も飢えもなく、戦争も犯罪もない平和な社会が実現しているという"ユートピア論"を展開していると、切り裂きジャックの捜索のため警官たちが訪れる。
      関連キーワード - アニメ - NHK - テレビ東京 - X - JAPAN - 山田孝之 - アニメ - マイケル・ジャクソン - 恋愛 -

      あいみょん、yonigeら女性ボーカル4組による真夏の熱い“クリスマスライブ”

      ということで、この日集まったのは4組のアーティストで、ソロ、バンド問わず女性ボーカルばかりという華やかさ。スタッフが声をかけるほどぎっしりのオーディエンスが開演を待ちわびていた。それもこれも、彼女のかわいらしさと毒が同居する、まるで女性の感情の全部をひっくるめたような声だからこそ成立する。イントロが始まった瞬間、フロアの待ってました感が爆発。理姫のボーカルと詩世界はライブで体感するとまた違う化学反応が起こる。イントロのバンドアンサンブルから持って行かれる。日焼けした肌の匂いとかざらついた砂の感触とかたしかに感じた心の揺らめきとか……まるで波に浮かんで無抵抗にされるような気持ち良い曲だ。

      その後、ファンのツイートをいじる理姫によるキレのあるMCを挟み、ここからは怒涛のライブセット。ボーカル&ギターの牛丸ありさとベースのごっきんの2人組。3ピースらしいストレートな音像は、オーディエンスに1対1のコミュニケーションを仕掛けているよう。ロードサイドの風景や孤独感、退屈な日常といった、現代文学が描き出しているような世界をパッと一掴みにしてみせた鮮やかさだ。

      ネガティブとポジティブを同時に、かつシームレスに描き出す歌詞とサウンドは、もはや日本語ロックの新機軸と言えるものかもしれない。彼女たちの表現する“今”をこれからも聴き続けたいと思わせるようなライブだった。 あいみょん撮影=森久 この日のトリを務めたのは、あいみょん。結論から言って、ボーッとしてしまうくらい素晴らしいライブだった。始まるとすぐにオーディエンスが頭上でハンドクラップを打ち鳴らす。くっきりと歌詞が聴き取れる彼女の声は、メロディに乗ってより遠くに、より深いところに刺さる。曲が終わっても、その余韻が体の中にずっと残っているような感じがあるのだ。

      音楽的に細かいことがわからなくても、曲の持つ温度や息遣いはしっかり伝わっている。

      そしてそれができる人が、より多くのファンを獲得し、ブレイクしていくのだろう。切ない恋愛感情を歌いながら、あいみょんの音楽への一途さも伝わってきて、様々な感情が掻き立てられる。前者がフォークをベースとした曲で、後者はR&Bやファンクの要素も散りばめた曲だが、彼女はライブでも難なく乗りこなしていった。大切な友達を歌ったというこの曲を聴きながら、声の持つ説得力や才能についてずっと考えていた。考えたけどはっきりしたことはわからないから、またあいみょんのライブに行こうと思った。
      関連キーワード - アニメ - NHK - テレビ東京 - X - JAPAN - 山田孝之 - アニメ - マイケル・ジャクソン - 恋愛 - 恋愛 -

    リアルタイムトレンド Part I

考察。「Time Warner」とは何か?

「Time Warner」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

Time Warnerに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • Jim Bixby 🇺🇸さん: Expect AT&T’s ’WarnerMedia’ to expand HBO’s budget
    > https://t.co/jW1RS6fADl

    - 14 分 18 秒前

話題のトピック

リアルタイムトレンド


Yahoo!検索ランキング