なぜ「Space Force」なのか?

「Space Force」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



      関連キーワード

        新年からフルボリュームの“JAM初め”!「JAM Project Special Live 2019 A-ROCK」豊洲PITライブレポ

        2日間で100曲超えというエネルギッシュなステージを観せてくれた。まさしく活動初期を代表する1曲にイントロから大歓声が沸くとともに、瞬く間にフロアがペンライトの紅に染めあがる。冒頭の2曲から会場はすさまじいテンションに達した。 最初のMCを挟んでは『スーパーロボット大戦』シリーズ主題歌のメドレーが続く。客席と一体となった大合唱には、まるで長い長いライブのクライマックスかのような錯覚を抱きそうになったが、実際にはまだまだ前半を終えたばかりなのだ。

        まさに隠し玉といった趣で、沸騰しきった会場につかの間、和んだ空気を呼び込んだ。

        これらもライブではなかなかお目にかかれない楽曲たちだが、それぞれ特撮TVドラマとPCゲーム作品の主題歌で、駆け抜けてきた時間の長さとともに、彩ってきたタイトルの幅広さも感じさせる。 続いては『スーパーロボット大戦』エンディング曲のメドレーが繰り広げられる。激しく拳を振り上げ続けた主題歌メドレーに対して、深く心に刻みつけるようなバラードが続く。冴えわたるコーラスには、聴く者すべての心を揺さぶる迫力があった。KGのパートを終えると、ステージはいよいよクライマックスへと駆け上がっていく。て“爆鎮完了”し、ライブはいったん幕を閉じた。コール&レスポンスが巻き起こる中、ライブは終演した。Projectが残してきた足跡そのものなのかもしれない。意気込んでくれた彼らがさらにその先に見せてくれる光景を楽しみに待ちたい。

        「JAM Project」2019年・東京での“JAM初め” 「来年デカイところで」アニバーサリーライブ開催も宣言

        同ライブでは目前に控えた活動20周年に向け、両日で全100曲の披露に挑戦。2000年代前半の楽曲を中心とした56曲でファンを熱狂させ、19年東京での“JAM初め”を飾った。などバラードを主とするエンディング主題歌のみの2パターンのメドレーを熱唱した。歌唱後のMCでは、遠藤が「昔の曲を歌うと当時にタイムスリップした気持ちになる。 最後は、影山が「いつもみんなに励まされ、背中を押してもらってます。

        Berlin Issue: Interview with Chicks on Speed

        Mundilová いつだってパワフルな女性が時代を駆け抜ける。ミュージック、アート、ファッション、パフォーマンス何でもあり。ジャンルやルールに囚われない彼女たちのクリエイションは著名デザイナーやアーティストたちまで魅了するパワーを持っている。

        各々のプロジェクトを手掛けつつ、いまもなおCOSとして活動中。フェミニズムを超越したヒューマニズムな考え方、溢れんばかりのエネルギーはわたしたちの背中をぐっと押してくれるはずだ。

        インスタレーションまでの数ヶ月間の間、セルビアのベオグラードへ行って仕事をしたんだけど、そこでのプロジェクトが自然な流れで多様なアーティストを含むプラットフォームに成長して。COSやサイドプロジェクトのVOOCHAでのパフォーマンスもね。

        あと南スペインのハエン大学では教育学の芸術的なリサーチ、美学、方法について。 Melissa「ジェレミーとはオーバーオールを作ったわ。ジェレミーがパターンを作って、わたしたちがファブリックを提供したの。初めて会ったのはアメリカツアー中のバックステージで。 Melissa「彼はアイデアが強くて天才的なアーティストよ。そうそう、息子がわたしのジェレミースニーカーをこっそり履いてたの。adidasとコラボレートしたレインボーの羽付きモデル。you”の撮影をするから、ミシェルがいろんなミュージシャンたちを招待してたの。撮影後、ミシェルに”戻ってくるからちょっと待ってて”といわれて待つこと5時間。タッキーなファッションが好きだし、ヴェルサーチを着るってことがおもしろいの。鮮やかでファニー、いいテイストの人たちを悩ませるわ。ちょっとズレてるものを着るのが大好きで正しいと思ってる。Winkhaus ーーあの時代のガールズパワー、そしていまのフェミニズム。COSは幸運にも21年続けられてるけど、これまでいくつものガールズバンドの解散を見てきたわ。音楽業界だって、ブッキング、フェス運営、チケット販売、大抵男性が働いてるか男性趣味に基づいてるし、彼らは自分たちが正義と思ってる。すべての世代の女性がより大きな声を上げたり、話したり、より大きくなってることに私はポジティヴなの。多くの権力構造がシフトしてるし、誰でも首を突っ込むことができるわ。悪すぎることはヨーロッパでポピュリスト党が扉に足を踏み入れてること。最初は#MeToo運動がトレンドで、地位と権力のある男性たちをノックアウトさせるかもと思ったの。どちらも真実だと少し思うけど、#MeTooがわたしたちの世界を変えたのも事実。同時に法律を遵守してない政治家が、政界や人権に反対する立場から疑惑の声を上げて取り組んでいるのを見るのはクレイジーだわ。ディティールにまでこだわって立ち往生する時間はないの。恥ずかしがるのをやめる、前よりうまく失敗をする、人生を逃さない、会社やグループを作るエネルギーを持つ。 Alex「最初の頃、COSは必ずしもヒップではなくて周りが難しそうにわたしたちを見てくる姿に”自分自身が恥ずかしい”と感じることもあったわ。それは解放されて、メインストリームのしきたりや何がクールであるかの処方箋から離れてる。日本では未だにフェミニズムをはじめ、セクシュアリティの多様性が広く浸透していない部分があります。 Melissa「女性、フェミニスト、男女平等、人種平等について深く関わっていくのはいいこと。法律は後からついてくるし、まずは個人の中で変化が起こる。人々はお互いを攻撃して、そのせいで自分の意見を口にできない状況を作ってる。十分な自尊心のない人たちは他者のことをひどくいうけど、まさにジェラシーそのもの。これがジェラシー、サインであることに気付いて、速やかに逃げることが大事。し少しでもジェラシーを感じたら分析して、好きなことややりたいことを知れるといいわ。そんな2人が影響を受けた女性について教えてください。当時のニューヨーク、パリでワイルドかつエキセントリックな存在だった彼女のアートはもちろん、大胆なところが好き。instagramで見つけたんだけど、アティチュードが好きなの。 Alex「アート制作中って必ずしも”楽しい”とは限らないの。わたしにとっては継続的な問題解決であって、その手段として眠ることもある。眠っている間に問題を解決する、そして目を覚ますと喜びを感じるわ。プロジェクトがギャラリーに展示される、作品が完成したときのようにね。

        まさに今日!ここ最近ずっと舞台美術のアイデアで悪戦苦闘してたんだけど、今日やっとフォームが浮かんだ。

        これで次のアートミッションまで、よりリラックスできるし幸せを感じるわ。すべての新しい発明や発見のように、わたしが幸せになるうえで必要なの。毎日の日常的な経験はわたしのためではない、あえて自分が快適で親しみのない状況に置かなければいけないと感じてる。人生のパターンに固執せずに、予測可能な方法で生きてるわ。よくも悪くもあるけど、安定した友達サークルを持たないのと同様、繰り返しではなく思いがけない人生こそわたしを幸せにするの。 Melissa「お金を持つこと、人といい関係を持つこと、人にはいろんな幸せのかたちがあるけど、常に変化してるもの。ちろん猫をハグしたり、息子とディナーをしてベッドで眠ることだって喜びでいっぱいね。

        2週間ごとに、フェミニスト、トランス、クィア、サイボーグアーティストを特集するの。これはわたしにとってチャレンジでとても難しいんだけど、他のアーティストのためにどうやってシステムを築いていくか勉強中。ヨーロッパではインターネットにどんどん規制がかかっていくし、これから完全に変わっていくわ。Thought”でも、シンポジウムなどを通してこのことを学べるようにしていくわ。 Melissa「本当は今年の予定だったんだけど、お互いほかのプロジェクトが詰まっててまだ未定。

    考察。「Space Force」とは何か?

    「Space Force」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

    GGRYみんなの意見

    • rynrynさん: @realDonaldTrump Hey what’s happening with Space Force? - 8 分 34 秒前

    話題のトピック

    Googleでホットな話題