なぜ「Saturday Night Live」なのか?

「Saturday Night Live」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      Shiggy Jr. “これまで”の集大成と“これから”の期待を膨らませた結成5周年ライブ

      今回のライブはバンド結成5周年を記念したもので、“これまで”の集大成であると同時に、“これから”への期待も膨らむ2時間となっていた。80年代風のディスコナンバーを連発すると、観客は笑顔でクラップしながらサビで手を掲げ、一緒に歌い、体を揺らした。年齢や性別に関わらず、先入観なしにダイレクトに楽しめる軽やかさ。この、自然と踊ってしまうような弾むダンスビートとポップでキャッチーなサウンドこそが彼らの代名詞だろう。すでに終盤のような盛り上がりに嬉しい戸惑いを見せながらも、「だから、今日という日をどうしてもみんなと過ごしたくて。海辺の街へと一気にトリップするような錯覚を覚えた。池田の歌声がいつかの懐かしい風景を引き連れてくる。再び雨上がりの夜空が広がり、全ては過ぎ去った思い出だったことを知らされる。また、ここで、バンドのソングライターでもある原田の歌声の魅力に気づいた人も多かっただろう。池田が歌い、原田がコーラスを添えるエモーショナルなラブバラッド。“目がさめると君がいない”という喪失感が描かれていた。Jr.にバラードという新しいエッセンスが加わったとともに、男女二人のボーカルを活かした可能性のさらなる広がりも感じる構成となっていた。例えば、この日のように原田が男性視点の曲を歌ったり、池田が平歌で希望を、原田がコーラスで葛藤を歌う曲も聴いてみたい。アグレッシヴなロックナンバーを立て続けに披露し、フロアを熱狂させた。諸石のドラムが激しくなればなるほど、池田のキュート歌声の切迫感が増し、ドキッとさせられる。 ラストナンバーを前に、池田はマネージャーに結成記念日を聞かれた際に、当時の手帳を見返してみたそうで、改めて、結成時のエピソードを語った。Jr.2017.12.5LIQUIDROOM撮影=田中聖太郎 「自分の2012年の手帳を見返して見たら、12月5日のところに<茂幸くんとスタバ>っていう予定が入ってて。渋谷の井の頭線の駅に入っているスタバに行ったら、手ぶらの茂幸くんが仁王立ちで待ってて。その日の日記に、<この人とだったら人生をかけて歩んでいける。5周年を迎えて、素敵な仲間に恵まれて、みんなが会いにきてくれて。そう言って深々とお辞儀をすると、3人のメンバーも一緒に頭を下げた。アコースティックでの披露で諸石もずっと一緒に口ずさんで歌っていたのが、自身のバンドや楽曲への愛を感じて印象的だった。結成5周年のパーティーは締めくくられ、“いつ、どこで、誰か聞いても、寄り添える国民的バンド”を目指す、6年目の第一歩を踏み出した。
      関連キーワード - ダウンタウン - 浜田雅功 - アニメ -

      Shiggy Jr.、結成5周年記念ライブ開催「みんなが応援してくれたからShiggy Jr.があり続けています」

      Jr.の魅力が存分に詰まった記念すべきワンマンライブとなった。序盤からアッパーな曲の数々に会場の空気は高まっていく。特別な日だからどうしてもみんなと一緒に過ごしたくて、この日に開催しました。

      続けざまにミディアムナンバーを披露する彼らの姿は、楽曲の幅とともに5年間の成長すら感じさせるパフォーマンスで会場を魅了していった。をカバーするこの日だけのスペシャルなパフォーマンスで会場を驚かせた。彼らがネクストステージへと向かうことを予感させる、池田がピアノを弾きながら熱唱する壮大なバラードで会場全体を包み込んだ。

      ロックナンバーを立て続けに畳み掛けると再度会場のボルテージも上昇。”って言われて、見てみたら、12月5日にしげゆきくんとスタバ、っていう予定が入ってて。その当時の日記に、“こんなに真剣に音楽と向き合っている人と私は今まで出逢ったことがない。2018年のワンマンツアーの開催をステージ上で発表すると会場からは大歓声があがった。4人はおじぎをした後も会場の観客に感謝を述べ、名残惜しそうにしながらステージ袖へと姿を消した。Jr.はこの日、2018年に全国ワンマンツアーを開催することをステージ上で発表。
      関連キーワード - ダウンタウン - 浜田雅功 - アニメ -

      Amazon Echo DotとGoogle Home Mini対決! どっちを買うべき?

      だいたい同じ、でもタスクによって得手不得手も。あり、こちらも10月に日本での発売を開始したところです。Miniに3つのタスクを与え、どちらがちゃんと使えるのか対決させています。

      それぞれどちらのデバイスがうまくこなしていたか、見ていきましょう。Assistantに、スマートホームデバイスを操作する機能があります。よく使われているのは、たとえばPhilipsのHueみたいなスマート照明です。 今回のテストでは、両スマートスピーカーが照明をオンオフしたり、明るさを調節したりといった基本的なタスクをいかにきちんと安定してこなせるかを判定しました。

      それから明るさを変えたり、消したりするのもまったく問題なくできました。

      AlexaアプリにHueを操作するスキルをインストールするのは問題ありませんでしたが、音声コマンドがうまくいったりいかなかったりしました。

      最初は2、3回うまくいったんですが、上の動画を撮ったときは全然成功しませんでした。Miniの勝ち! テスト2:音楽再生 これはちょっと複雑です。どちらのスマートスピーカーも、できるかできないかでいうと、音楽の再生ができます。
      Miniもドライバーが小さいので、そのスピーカーは本来、音楽を流すというより音声コマンドへの回答を出力するためのものに過ぎません。
      どちらのデバイスで音楽を聴いても、音質はひどいです。3.5mmヘッドホンジャックがあるので、普通の大きいスピーカーにつなげられるんです。Dotではヘッドフォンジャックを使わなくても、ワイヤレススピーカーにつなぐこともできます。
      Miniを使って別のスピーカーから音を出すには、ちょっと面倒ですがChromecastが使えます。Audio対応スピーカー、またはChromecastを接続したテレビに音を飛ばすんです。ソファから立ち上がる必要も、リモコンを手にする必要すらなく、座ったまま、さらには寝そべったままで、見たい番組とか映画の名前を言うだけなんです。Miniも、テレビを操作するには別途ホームハブが必要になるんです。 このテストではまず、Harmonyのハブとアプリでテレビを見るための基本的な手順を設定しました。

      Miniからも、その手順を無事に呼び出す、つまりテレビをオンにすることはできました。

      その点は、Chromecastを組み合わせることで解決できました。

      その動きは、冒頭の動画の2:30あたりを見てみてください。Miniは、違うところよりも似ているところの方が大きくて、どっちが良いとはっきり決めるのは難しいです。Miniの方がソフトウェアやデザインが優れているだけじゃなく、使いやすく、カスタマイズも簡単です。Echoは長いこと、スマートスピーカー界最初にして唯一の王者でした。
      関連キーワード - ダウンタウン - 浜田雅功 - アニメ - スター・ウォーズ - バトルフロント -

      Shiggy Jr. 結成5周年に向けて再び走り出した4人の現在地

      E.P.』のリリースを機にビクターエンタテインメントへ移籍、というバンドにとって重要な時期。シルエットも重なり、セッションの音数もどんどん増えてきた。イントロへつなげると、トリプルシンセのダンサブルなサウンドでフロアを席巻。トリプルギター編成に変わり、池田、原田、花井がユニゾンでエレキを掻き鳴らすと大きな歓声が上がった。池田と原田のデュエットソングとなっており、途中、原田によるラップパートが入っていたのも新鮮だった。原田がアコースティックギター、森がアコースティックベースいに持ち替えて演奏。ライブ前半に池田がフロアへ投げ入れたサイン入りボールをキャッチしたファンによってくじ引きで選曲されたもので、この曲のみサポートメンバーを入れず4人で演奏。植木の感出るアコーディオンの音色や、ハイトーンなのに柔らかな池田の絶妙なボーカルも相まって、5年越しに新たな表情を見せるようになっていた。会話の延長線上に音楽があるような、そのくらい温かなテンション。手を叩き、思い思いに歌うオーディエンスの姿を見て、池田が笑顔でOKサインを出した。撮影=田中聖太郎写真事務所 ここまで一気に書いてしまったが、ポップに弾けたかと思いきや、時には大人の表情でしっとりと魅せ、かと思いきやダンスポップ的アプローチでフロアを揺らし、新たな挑戦をぬかりなく仕込ませ――と、とにかくやっていることの幅が広い。それぞれの曲ごとに異なる声色を出すというよりかは、あえて何にも染まらないようにし、いつ如何なる時もその歌声をまっすぐに貫かせている印象。歌声ひとつでバンドを引っ張るその頼もしさは、この日のステージでも大いに発揮されていた。Jr.になる”という大きな武器を持てていることは、“いつどこで聴いても飽きない”ポップスを目指しているこのバンドにとってとても幸福なこと。リスタートにあたるタイミングとはいえこのバンドらしく、この日のステージにはシリアスな空気は一切なかったが、ふとした場面からその幸福な事実を改めて確認することができたのが、何だか嬉しかった。曲間でもビートを途切れさせることなくノンストップで畳みかけ、場内のテンションが最高潮に達したところで本編の幕を閉じた。一糸乱れぬ鋭いキメによる冒頭から空気が引き締まるような緊張感があり、この曲もまた、バンドの新たな一面を開花させてくれるようなものだった。
      関連キーワード - ダウンタウン - 浜田雅功 - アニメ - スター・ウォーズ - バトルフロント - アメリカ - ライアン・ゴズリング - エレン・デジェネレス -

考察。「Saturday Night Live」とは何か?

「Saturday Night Live」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

Saturday Night Liveに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

話題のトピック