なぜ「On the Run Tour 2」なのか?

「On the Run Tour 2」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      Interview with TT about “LoveLaws”

      そのプロセスを通して、自分自身もミュージシャンとして成長したし、ソロだけじゃなく、ウォーペイントにも前よりももっと貢献できるようになったんじゃないかな。それというのはやはり、これまでのウォーペイントでの制作では味わったことのないような体験でしたか。自分を見つめ直す作業だったから、今回のアルバムを作ること自体がカタルシスというか、ある種のセラピーみたいなものだったし、すごく癒されたの。それから、自分のなかで触れておかなくてはけないテーマがあって、それを深く突きつめてみることで、自分の生き方みたいなものをもっとよく理解してみたかった。それは今回のアルバムでも触れている“愛”っていうテーマにも繋がっている。

      母親の子供に対しての愛だったり、男女の恋愛関係における愛だったり、常にロマンティックな関係を求めている自分自身がいたり。あるいは、バンドのメンバーとの絆だったり、そこからどうやって相手のことをもっと理解して、愛してあげるにはどうしたらいいんだろうってこととか。他にも、自分自身に対する愛だったり、色んな形の愛があると思うんだけど、それを今回のアルバムでは探求したかったし、その作業が自分にとって必要だったの。 TT「何年も前から考えているテーマもあるし、すごく最近になって考えるようになったテーマもある。

      ただ、比較的最近になってからのテーマのほうが多いのかな。ここ2、3年になって浮かび上がってきたテーマというか、『自分のこういう部分についてもっと深く知りたいな』と思うようになって書いた曲みたいな。だから歌詞も基本的には明確で伝わりやすいものになるように心がけているの。なかには曖昧な表現を残している部分もあるけど、それ以外の部分については、完全に自分の気持ちを理解してもらうことを前提にしている。

      そこから、『これをもうちょっと突きつめてみたい』『ここはちょっとブリッジが必要だな』という曲がいくつか貯まったときに、生ドラムだったり他の楽器だったり、自分ひとりではレコーディングしきれないところをエンジニアでありミュージシャンでもある兄に声をかけてみたの。向こうのほうが私よりもよほどドラムの音作りに関してはプロだから。制作にあたってインスパイアされたアーティストや作品があったら教えてください。

      ただ、他のアーティストのアプローチみたいなものに影響を受けたということはある。近年、とくにアートやエンターテインメントの世界ではジェンダーの問題が問い直されている状況がありますが、自身が活動するうえでもそうした意識をつねに心に留めているところはありますか。 TT「ムーヴメントは世の中に絶対に必要なことよ。このアルバムのなかで直接的に取り上げるってことはなかったにせよ、今回、自分のためにアルバムを作ることで、パワーを手にしたような、ひとりの女性として前よりも強い自分になれた気がしてるの。 TT「あと今回、恋愛について歌詞にしているけど、男女の関係でよくありがちなのが、男性が何かひどいことをして女性がそれに振り回されて、自分自身を大事にしなくなるっていうパターン。だから、自分の恋愛観だったり、自分以外の誰かに夢中になってのめり込んでしまう経験をクリエイティヴな方向に利用することで、それを自分自身のパワーに変えているの。それと今回、パソコンで自分ひとりでレコーディングする方法を覚えたし、ヴォーカルやギターにも取り組んでみたけど、ただドラムに関してはまだまだ素人だから、次はそこに挑戦してみたいな。世界では、より多くの女性が、あるいはLGBTやカラードのアーティストが活躍の場を広げています。

      あなた自身も、そうした変化を身近に感じるところはありますか。人間の本来持っている多様性をそのまま反映する、みたいな。個人的にはその変化が政治の世界にまで普及するのを見てみたい。アメリカの上院下院も年老いた白人男性中心で、あの人達が私の意見を政治に反映してくれるとは思えないの。politics.” ——ところで、今回のジャケットを飾っているあなたの写真について教えてもらえますか。 TT「あれは服従というか、降参してるみたいな感じのイメージで、ただジャケットの中身を開くと、靴を自分が操ってるような感じに映っているの。私たちをひとつに結びつけてくれる魔法であり、私たちを生かしてくれている宇宙の法則みたいなものだから。だから、そうした愛の成せる不思議な力というか、魔法みたいなものを表現してるの。テレサはオレゴン州ユージンに生まれ育ち、9歳の頃から父親と一緒にギターを始めた。

      ビヨンセ圧巻のステージ! サプライズ連続で「デスチャ」再結成も実現<動画あり>

      昨年は妊娠中でドクターストップがかかり出演を見合わせざるを得なかったビヨンセは、この日のために一日11時間という猛特訓を重ねてきたという。およそ2時間に及んだビヨンセのパフォーマンスは、まさに“サプライズ”の連続。数か月にわたり同フェスで再結成の噂が流れていたが、ついにこの日それが実現したのだ。

      Breath』を熱唱、次から次へと飛び出す“サプライズは会場を埋め尽くした12万5000人の観客を熱狂の渦に巻き込んだ。

      同フェスで有色人種の女性として初めてヘッドライナーを務めたビヨンセ。一夜明けてもファンの興奮は醒めやらず、日曜の朝から偉大なビヨンセを称える以下のようなツイートで大賑わいを見せていた。 「デスチャの偉業は、合衆国建国の父らの功績以上だよ。 「今日の予定はすべてキャンセルして、ビヨンセのパフォーマンス動画を見ることにするわ。
      関連キーワード - Instagram -

      HAN-KUN、4月発売のライブDVDより「New Era」MV公開

      IMPACT~』をひっさげ、自身最大規模となる全国ツアーを敢行。MVも楽曲に合わせて歌詞と躍動感を直球でリスナーに伝えるべく、限りなく無駄を削ぎ落とした映像となっている。


      関連キーワード - Instagram -

      MONOEYES『Dim The Lights Tour 2017』ファイナル・新木場STUDIO COASTを映像作品化

      OUT、映像化が待たれていた貴重な公演を余すところなく楽しめる内容となる。
      関連キーワード - Instagram - Instagram - 小室哲哉 -

    リアルタイムトレンド Part I

考察。「On the Run Tour 2」とは何か?

「On the Run Tour 2」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

On the Run Tour 2に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

話題のトピック

リアルタイムトレンド


Yahoo!検索ランキング