なぜ「Air Quality」なのか?

「Air Quality」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む



      関連キーワード

        OKAMOTO’S 10th Anniversary feat. LOUIS VUITTON

        語っていた彼らだが、10年の活動を経て、その自由な発想、深い知識、体現するためのテクニック、4人のバランスなど全てにおいてまさに唯一無二の存在であると誰もが認知するバンドとなった。VUITTONをまとってのシュートで大人の表情を見せてくれたOKAMOTO’Sに、好きなことをやり続けることについて、そして自分らしくあることについて聞いた。 ハマ「もちろんあえて地道にやろうとしていたわけではなくて。売れなくていいなんて毛頭思っていないですし、実際急行に乗り換えようとしたこともありました。

        そういうやり方は自分たちには無理だと思ったんです。自分たちなりの歩みでやったら想像しえない体感で10年目を迎えたという。始めたときは今のような豊かさではない豊かさか、辞めているかどちらかをイメージしていたので、おもしろいものだなと。今自分がいるステージで見えている視界があるとして、視界は自分がいるステージによって変わっていくものだと思うので、視界や価値観も成長したうえでやりたいことをやれる、そういう予算感がきちんとある人が売れている人なんじゃないかな。そのおかしな発想に追いつけるくらいの予算があるから有名人の蝋人形を何百体も作ってMVを作れてしまう。 ショウ「俺は“この人たちはこういう感じだよね”とわかってくれる人達の母数が増えることが売れている状態だと思っていたので、きちんと俺が思った通りに伝わってほしい、俺が好きなものを好きになってほしいという、そういうワガママな気持ちから売れたいと思っていて。そこで悩み切って、その変化が音に出始めたのが『OPERA』かな。『OPERA』にそのワガママを詰め込み切れた自信があったからこそ、ツアーに来てくれた人があんなにたくさんいるのを見て、自分の思いが成仏したというか。そのマイノリティを応援してくれる人がこれだけたくさんいるんだなと、ここ10年でよくわかりました。

        結局パーソナルな部分も音楽の中身も、大きく分類していくと他のバンドと同じ方向になるし、それが好きでお金を払う人も限られてくる。その中で自分たちについてきてもらえたのは、俺らのゴールがいかにお客さんに向けられているかだと思っていて。 ショウ「一度みんなでそういう話をしたことがあったよね。

        レイジ「それにここまで4人が均等に音楽が好きなバンドというのも珍しいんじゃないかな。バンドだったら全員がそうでなくてはならないし、1人でモノを作る人でも何の仕事している人もそう。何かが起こった時にきちんと自分のせいにできるようにすること。好きな仕事をしている場合、それに対して自分の他には誰も責任とってくれない。 コウキ「それに通ずるとことがあるけど、長く続けている先輩は僕らと会った時に凄くフレッシュに褒めてくれることが多いんです。音楽については一流のリスナーでもあり続けること。興味を持っている時点でそれがその人の才能だと思うんです。だから興味が無いのに続けるのは間違いだからやめた方がいい。色々な選択肢がある中で選ぶのは自分だから、興味はないけれど生活をとることもできるし、生活はできないけれど興味をとることもできる。ここがダメな自分、ここは誰にも負けない自分、なにも無い自分という自分。色々な自分があるけれど、自分を否定してしまうと全うに生きてられないじゃないですか。お客さんがたくさんいてくれたからこそ、“誰にもわからないだろう”なんていうところの雪解けができた。いつまでたっても自信がないフリをすることが失礼だと思ったんです。う一つ自他ともに個性の塊であるOKAMOTO’Sにどうやってオリジナリティを築き上げたかを聞きたいです。 ショウ「個人的にそこを考えていた時期もありましたが、自分ではオリジナリティは生み出せないという結論に行き着きました。

        ショウ「確かにアウトプットの努力はしていました。

        アウトプットって感性を技術でくみ上げるものだと思うので、感性だけでも色々なことが噛み合ったときに良いものが出来ることはありますが、定期的に安定して供給するには技術が必要。 レイジ「人の話になってしまうんですけど、大先輩の家に遊びに行ったときにラモーンズの話になって”ラモーンズは本当にかっこいいよな、でもラモーンズをどれだけコピーしてもラモーンズにならない、絶対コピーできないところが個性なんだよな。そこに気づいて伸ばすことが大事なんじゃないかな”と言っていて。ショウが言っていることと一緒で、努力しないとオリジナリティは見つからないということなんです。見つけてもらうために装飾しないでいかに出し続けられるか。だからこそ、オリジナリティを出すためには知識や経験はすごく大事。そして他者からオリジナリティを指摘されて自覚してからが第2フェーズで、今度は意図的に伸ばしていく作業になる。それが確固たるものになった瞬間に気づいたら大多数の人に広まっていて自分のキャラクターになる。その方向性やタイミングを間違えると本当の自分はこんなんじゃないのに、ということに苦しんで、下手すると取り返しのつかないものになってしまうんじゃないかな。 レイジ「トライ&エラーを怖がる人がどんどん増えている気がする。よく言えば気合が入るし、悪く言えば怖いだけになってしまう。個性を持つだけなら意外と簡単な気もしますけどね。

        岡村靖幸さんの楽曲は今聴いてもフレッシュで、いつの時代の音楽かわからない部分があるし、この感覚はフレッシュとしか言いようがないというか。ヒップホップもそうだけど、生まれちゃったときの鮮度がずっと維持されているもの。 ハマ「
        それで、物まねしていくうちにオリジナルの偉大さに気づかされるわけで。 ショウ「あと、アメリカももちろんいいですが、アジア圏のツアーに行きたい。『10’S』、11月に『オカモトズに夢中』、2011年9月に『欲望』を発売。を収録し、ツアーファイナルの映像を全曲収録したBlu-ray付きライヴアルバム『LIVE』を2017年5月31日にリリース。同年10月7日には中野サンプラザにてキャリア初のホールワンマンの開催を発表し、即完売となる。11月には東阪ホール公演と、東海エリア限定の対バンツアーも敢行した。

    考察。「Air Quality」とは何か?

    「Air Quality」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

    GGRYみんなの意見

    話題のトピック

    Googleでホットな話題