なぜ「net neutrality」なのか?

「net neutrality」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      インターネットの未来やいかに。米大統領選候補者のネット政策ランキング

      彼らに必要なのは、有権者にとって大事な問題に取り組むこと。なかでも間違いなく大切なのが、インターネットの将来。今年の2月にひとまず決着したネット中立性も、まだまだ議論の的だったりします。 候補者のなかには「リベラル派は政府が運営するインターネットを作りあげようとしている。

      第8位テッドクルーズ スーパー保守派、テキサスの上院議員テッドクルーズが最下位。数々の失言のなかでも、ネット中立性についてのツイートで思いっきり無知をさらしてしまっています。

      ネット中立性はインターネットのオバマケアのようなものだ。

      インターネットが政府と同じ速さで進んでいてはいけない。 そんなことも理解していない人が立候補していると思うと、このツイートも笑えなくなってきます。 1934年に制定された法律でインターネットへのアクセスを規制するなんて、ばかげた話だ。

      しかも、1934年に制定された通信法は、すでに何度も更新されています。

      それ以前に、ネット中立性がどういうものなのか理解しているかの怪しいです。 FCCによるこの規制は、ワシントンが何でもかんでも規制しようとしていることの好例だ。

      インターネットを官僚主義的にコントロールしようとしている。

      でも、実際は規制しなかったことによって、独占状態になって官僚主義的な業界が生まれてるんです。幅広い有権者層から支持されている彼は、ある程度インターネットについて理解しているみたいです。政策スピーチにおいて、彼は「もっと多くのブロードバンドやワイヤレス回線が必要です。

      しかし、2007年に彼はネット中立性について、いい感じにオープンマインドな意見を述べています。

      この選挙戦ではトップを走ることが予想されています。

      インターネットついて、彼女はうまいこと中立の立場をとっています。

      7月の経済政策についてのスピーチではこんな発言。 多様なプロバイダーがあって、消費者に多くの選択肢が与えられていることを確かめている必要がある。をしっかり調査するように書簡を送り、次のように独占状態を批判。 選択肢がないことによって、価格が上がり、消費者には質の低いサービスが提供されている 誰だって独占状態は好きではないはず。これを大統領が解体できるかどうか、彼の腕が試されるところです。
      関連キーワード - Instagram - トランプ大統領 - ドナルド・トランプ -

考察。「net neutrality」とは何か?

「net neutrality」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

net neutralityに関する全つぶやきはこちらを -> クリック

話題のトピック