なぜ「gtx1660 性能」なのか?

「gtx1660 性能」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

GGRYみんなの意見

  • GAILLさん: RT @KotoriKanase: 海外でRX5500XTのレビューが出始めていますが、おおむねGTX1660無印と同程度の性能です。 - 2 時間 55 分 9 秒前
  • 手榴弾一号さん: 他社製品見ると2万円台か 性能次第ではGTX1660系よりコスパいいかも - 13 時間 51 分 14 秒前
  • RAT_SANさん: RX5500XTが発売された GTX1660にやや劣る程度の性能、でもVRAMは多い 価格は4GBが170ドル 8GBが200ドルで
    > https://t.co/iPA62YYt2S

    - 17 時間 45 分 44 秒前
  • Sway くっきいさん: @xRqrw PCに性能は分からないですけど大体 GTX1660買っとけば144FPSは出ると思います! - 1 日と 1 時間 56 分 26 秒前
  • ぜふらむ🖖🏼さん: そんな訳でGTX660→GTX1660に換装。上に1660Tiや1660Superが居るが自分には性能と消費電力を考えるとこれで充分。 マザーが古いので動かない事もあるのではと危惧していたが、問題なく起動。UFEIさまさま。 - 6 日と 37 分 34 秒前
  • しあんせさん: ツクモの歳末セールって、10万円以下でエントリーモデルとしてはかなり性能の良いゲーミングパソコン買えるの良いよね (GTX1660とi5とSSD512GBでとか) - 8 日と 16 時間 9 分 17 秒前

関連する記事のサマリーを読む

      関連キーワード

        ASUSがゲーミングノートPCを一挙刷新。第9世代Coreプロセッサ搭載

        ハイエンドからお手頃版まで、選択肢ももりもりに。 新しいCPUとかGPUが発表されると、PCメーカーもそのPCを使うゲーマーも、それらがをPCに実装される日へのカウントダウンを始めます。シリーズもほぼ全モデルが一挙にアップグレードされました。

        本体は3モデルとも共通で、中身のグレードがそれぞれ違います。

        2070、ディスプレイのリフレッシュレートは240Hzで応答速度がたった3mm秒となっています。

        色の世界的な基準を作っているPantoneの協力を得て工場で色再現のキャリブレーションをしたり、Nvidiaのディスプレイ同期技術G-Sync対応だったりで、とにかく美しさと反応の速さにこだわった感じです。GA502は今のところ唯一価格が発表されていて、このラインの中では一番お手頃になっています。

        あることを考えると、それでもかなりのお値打ちです。よくよく見ると本体底面に小さなキックスタンドがあり、ディスプレイを開けると本体が若干浮く仕組みです。GX701をベースとした筐体で、RGBキーボードライティングとかASUS独自の冷却機構といったゲーミングに特化した機能を備えています。

        を指定することで、パワーと静かさどちらを取るか選べます。IIIはミッドナイトブラックのペイントにサイバーテキストの装飾があります。2070にでき、サイズはそれぞれ15インチと17インチの展開です。15インチのディスプレイはリフレッシュレートを最大240Hzに、17インチのほうは最大144Hzにできます。
        ひとつは本体をぐるりと囲むRGBのライトバーで、全体がインベーダーみたいに光ります。ここに、ゲームプロフィールやライティング設定、パフォーマンスモードといったものを保存できます。
        Driveと名付けられた隠しパーティションまであって、重要なファイルを暗号化して保存できます。
        なんだかサイバーパンキーで楽しいんですが、突き詰めるとUSBメモリ以上に何かできるわけじゃないです。 それから、ストリーミング中にビデオ電話したりする手段も確保されてます。Ti、筐体は米軍仕様の810Gテストにクリアした堅牢性能です。Gの1,000ドルというラインを下回るのだとしたら、ゲーミングPCとしてはすごく安価な選択肢となります。 ASUSは米国ナンバーワンのゲーミングノートPCブランドとして、ユーザーに対しなるべく多くの選択肢を用意しようとしているように見えます。ただそれぞれの違いがもっとわかりやすかったら良かったかな、という気もちょっとしてます。

        悩む前に買おう。GPU・グラボがほしいなら今が賢いタイミング

        考えていたら、いつまで経っても買い替えタイミングを逃してしまうのは他のガジェットと変わりません。
        グラフィックボードを買い換えようと考えている人にとっては、今が絶好のタイミングです。NVIDIAとAMDによる新しいGPUはコストパフォーマンスが良く、またすでに存在するハードウェアは徐々に古くなり、価格に対するプレッシャーも加わります。 GPU市場は発展の速度が早いため、いつ購入を決めれば良いのか判断に迷ってしまいます。

        価格は常に変わり、新しいモデルは常に発表直前です。しかし私達は今が購入のベストなタイミングだと考えています。

        NVIDIAもAMDも、大規模な発表を行う間に少しのインターバルが生じます。この間マーケットにおけるGPUの価格が若干下がります。Tiは新しいけれども、RTXが誇り高く掲げるレイトレーシング技術に対応しておらず、値段が抑えられています。

        10シリーズの性能が少しずつ時代遅れになるにつれて、どこまで値段が下がるかにも注目する価値はあります。性能としては最高ではなくなったけれども、GTXはかつては時代の最先端技術であったわけで、今でもそれなりのピクセルを動かすことができます。
        1070以上のモデルでは、幅広いゲームにおいて、1080p/60fpsは期待できます。
        20-シリーズを購入する場合はそこに価値があります。レイトレーシングによって正確な光の反射やよりリアルな映像が楽しめます。何より、今後は対応ゲームが増えること間違いありません。
        しかしユーザーたちの期待はやはり、NVIDIAのRTXに対するカウンター的GPUのローンチにあります。今年後半にはNaviと名付けられている新しいアーキテクチャをローンチする予定です。現状でも節約が目的であればAMDの製品も良いものばかりです。 検討すべきGPUたち 2019年に入り、立て続けに3つの高性能GPUがローンチされました。

        VだとこのGPUは1440p解像度で60fps以上を達成するとのこと。2060よりも100ドルほど高く小売される傾向にあります。レイトレーシング無し、そして若干劣るメモリだけれども、新しいTuringアーキテクチャが欲しいという人は検討の価値ありです。2060よりも若干劣りますが、節約できる、という具合です。

        しかし、AMDプロダクト購入に興味がある場合は別です。NVIDIAによるプロダクトの中でもベストなものに対抗する意図で出されたこのプロダクトですが、価格帯は700ドルほどに抑えられています。

        私達のベンチマーク性能比較でもその結果が出ています。

        VIIにアップグレードすることも検討の価値ありです。これを繰り返すといつまでたっても購入できないのも事実です。

    -->
    考察。「gtx1660 性能」とは何か?

    「gtx1660 性能」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

    話題のトピック

    ブログで注目


      Googleでホットな話題