なぜ「flumpool」なのか?

「flumpool」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      【ライブレポート】オーラル、フレデリックetc...熱狂『MASHROOM 2018』で白熱バトル

      MUSIC』が合同で立ち上げた逸材発掘のプロジェクト。壮大なSEと盛大な歓声、オーディエンスからのクラップに包まれながらメンバーがステージに登場。そして彼らが一発目に届けたのは、最新ミニアルバム『TOGENKYO』の表題曲『TOGENKYO』。忘れられない楽曲が持ち味の彼らは、今日も序盤から人々の脳裏に刻み込まれるミュージックを叩きつけていた。健司が煽るとフレデリックのディスコナンバー『ディスコループ』へと向かい、急テンポで音が移り変わる『パラレルロール』を勇ましく演奏。立て続けに送られる高揚感漂う音たちを楽しむように、オーディエンスも自由に、はしゃいでいた。そして一度聴いたらもう1回聴きたくなるナンバー『リリリピート』へと進み、中毒性のある不思議な空間を描き出していた。特別賞の俺たちがやれること、それは特別な日を格別なライブに変えることです。健司が自身の想いを打ち明けると、踊らずにはいられない『オドループ』へと繋ぎ、会場はダンスフロア化。BEATS』をぶちかまし、忘れることのない音楽を存分に発揮してくれた。1曲目に披露していたナンバー『Casablanca』を今年のMASHでも1発目に投下。GIRLという確立されたバンドがはっきりとわかる瞬間だった。言葉通り、『MONSTER』では、オーディエンスが拳を挙げたり体を揺らしたりするなど、彼らの弾ける音楽を心の底から楽しんでいた。触れ、「先輩が開いてきてくれた道ではない所にも僕らは、道を開いて行かなければならないなと凄く思っていて。 熱い言の葉を伝えた後は、何処か哀愁漂う音の欠片を散りばめてくれる『黒い海』、彼らの代表曲ともいえるロックナンバー『いえろう』を続々と披露。冷める事のない熱気が場内を包む中、フィナーレに相応しいアップナンバー『サラバ』を歌い届け彼らはステージを後にした。 セットリスト 1Casablanca 2光る予感 3MONSTER 4黒い海 5いえろう 6サラバ パノラマパナマタウン 3組目に登場したのは、神戸という“パナマ”で結成された4人組オルタナティヴロックバンド、パノラマパナマタウン。Introduce』を序盤から披露し、オーディエンスに勝負を挑むかのように、強気姿勢をぶちかましていく。軽快なカッティングから勢いよく投下されたのは、『世界最後になる歌は』。オーディエンスを煽り、会場では岩渕だけを照らし出す、神秘的な光景が広がっていた。 「俺たちまだまだ後輩で、若くてMASHの中でもまだ入ったばっかだけど、このステージでは先輩も後輩も関係ない。岩渕は攻め攻めなMCを投げ込み、自由すぎるビートをかき鳴らす『リバティーリバティー』へ突入。いったコール&レスポンスが広がり、これぞロックンロールと思わせる圧巻な景色を見せてくれていた。 後半では、過去と未来を繋ぐ『MOMO』、今の彼らを証明する渾身のナンバー『ラプチャー』を送り届け、メジャーシーンに風穴を開けるニューロックバンドが出現していた。カウントを合図に、心地の良いアルペジオが鳴り響いたのは『緑閃光』。松本大(Vo./Gt.)が大きく息を吸い込み、歌声を届けたが、今日はなんだか声が掠れて聴こえた。彼はこの日、万全な状態ではない姿でステージに立っていた。胸中を打ち明け、会場からは盛大な拍手が鳴り響いた。 調子の悪い状態でもステージに立ち、その苦しみや葛藤を振り払うように『innocence』を振り絞る声で歌う松本の姿。松本が話すと1月19日に配信リリースされた新曲『花と詩人』を優しくしっとりと響かせ、涙を誘った。そして、最期まで諦めることをせずに『涙星群の夜』、『キャラバン』、『地球儀』といった希望に満ち溢れた楽曲を演奏。A&R』を大切に想う気持ちが強く伝わる懸命なステージだった。石原慎也(Vo&Gt)の儚い歌声が響き渡ると、男女の恋愛観を描いた『煙』で彼らのステージは幕を開けた。共感せずにはいられない深い歌詞、そんな想いを命がけでオーディエンスに伝えるように叫ぶ石原。会場を見渡しながら「見てくれて、聴いてくれてありがとうございます。

      それを象徴させるように、3ピースだからこそ鮮明に音が映える『ナイトクロージング』で感情を高ぶらせ、弱かった自分にさよならを告げる『グッバイ』で人々の心を救ってくれる幸せなひと時を見せた。 石原は今感じている事や未来に対する想いに触れながら、「僕の信じる仲間や、事務所や、ここにいるメンバー、僕達の事を信じてくれてる皆のおかげでこのライブハウスに立てています。

      ラストは、彼らが今一番大事にしているこの季節にぴったりのナンバー『いつか』を披露し、幕を閉じた。A&Rを引っ張ってきた彼らがステージに上がると、興奮を曝け出すほどの大きな歓声が、フロア中に響き渡り、オーディエンスは一気にステージ前方へ詰め寄っていくのがよくわかるほどだ。

      それほど彼らが魅せるパフォーマンスを待ち望んでいた人々がいるということだろう。挑発的に言葉を投げると、オーラルのライブには欠かせない四本打ちをかまし、キラーチューンの『Mr.ファントム』で暴れ狂う世界へと誘い込んでいた。メロディアスなギターを軸に、『モンスターエフェクト』で早々に景色が移り変わり、人間の闇の部分を全面的に表現した『嫌い』でどんどん狂騒的な空間を作り上げていた。Kids!!』といった、じっとしてはいられないヘビーチューンを叩き出していた。今の彼らだからこそ披露できる覚醒的ナンバーを存分に届け、会場にいたすべてのオーディエンスの心を鷲掴みにして帰ったに違いない。MEMORY スペシャルカバーアンコール アンコールでは、MASHROOMで恒例となっているスペシャルカバーを実施。かと思えば、そう簡単にカバーするわけでもなくパノラマ流にアレンジされたヒップホップチューンで『オドループ』を披露。新しいバージョンの『オドループ』に、オーディエンスからは黄色い歓声が沸くほどだった。CIGARETTESの『エイミー』を披露し、エネルギッシュな一面を発揮させた。Dogの『いつか』を一味違ったテイストでパフォーマンスし、新しい顔を覗かせた。CIGARETTESの愛の合唱『LOVE』を歌い、この日のMASHROOMは大団円を迎えた。

      LOUDNESS、back number、flumpoolなど12月リリースの8作を紹介

      Tokyo公演と、オリジナル盤のリマスタリングを含む豪華4枚組!聴き比べると、約30年の隔たりをまったく感じさせないどころか、むしろとんでもない熱量でガンガン迫ってくる現行LOUDNESSの人間力と演奏力に脱帽。 20周年を迎えたACIDMAN、約3年振りのオリジナルアルバム。”を冠した今作は強靭さと繊細さを併せ持つ表現力豊かなバンドサウンドと、宇宙規模の巨視的視点から愛や死生観を綴る独創的な歌詞世界が見事に調和。揺るぎない独自の世界観を構築する、現在の彼らにしか作れない作品。世界観をスタジオで再構築したDisc1は過去の作品から厳選した全10曲を選び、ギターと弦をメインにリズムレスでレコーディング。から生々しい歌の持つエナジーと色気に引き寄せられる。清春というヴォーカリストがプラグレスライヴでその個性と表現力、間合いを磨いたことが如実に分かる作品。 2017年2枚目となるアルバムは、エレクトロをふんだんに用いた近未来的な仕上がりに。新たなライヴアンセムになること間違いなしのキラーチューン!彼女たちが足を踏み入れた新世界の景色に胸が高鳴った。自身と向き合い、生きることと向き合って生み出された曲の数々は日常から乖離することなく、時にヒリヒリするほど鋭く、時にやさしい。アルバムのタイトルは現代社会が抱える問題を思い起こさせるが影を歌って光を浮かび上がらせる楽曲は自身の真髄だろう。エモコア、フォーク、UKロックなどの影響を感じさせるサウンドもポエトリーリーディングを含む詩の世界も含め刺激的だ。

      COLLECTORSのギタリスト、古市コータローが監修を務めた60年代のGSと歌謡曲のコンピ。他、当時のサイケ文化を反映させながらロックと歌謡曲を大胆に横断するカルトナンバーを全15曲収録。奇跡の実話』の主題歌として書き下ろされたミディアムバラード。愛する人を支えることが幸せであり、その幸せが自分を肯定できる居場所であると歌う様子は結婚式の誓いのようだが、《だからそばにいて欲しい》と切実に伝えている様子は相手の返事を待っているプロポーズのようでもある。ベルを鳴らすような、それでいて冬らしいメロディーが切ない。表題曲はタイトルの通り、誰かを慈しみ、尊く思う心を真っ直ぐに表した等身大のラブソング。生まれてきてくれただけでいい、どんな時も愛していると歌う山村隆太の歌声に、心がやわらかくほぐされる。“このままでは終わらない”というバンドの覚悟が垣間見えるロックチューン。
      関連キーワード - クリスマス - 乃木坂46 - 安室奈美恵 - 欅坂46 - 星野源 - NMB48 - 新しい地図 - Hey!Say!JUMP - 乃木坂46 - 欅坂46 - NMB48 - クリスマス - AKB48 - 安室奈美恵 - 香取慎吾 - 稲垣吾郎 - 草なぎ剛 - 新しい地図 -

      flumpool、早見あかり出演の「とうとい」MV公開!

      今回のMVは、先に公開されていたジャケットのアートワークともつながる内容になっており、女優として活躍する早見あかりが出演。 漫画家として、時に悩みながら鬼気迫る勢いで筆を走らせ、作品を作り上げていく姿と、歌詞とリンクした漫画が楽曲に合わせて展開される映像が絡み合う内容。過去と現在、現実世界のノンフィクションと漫画の中のフィクション、MVにでてくるものがクロスオーバーしていく。メンバーが全国ツアーを周る中でオーディエンス一人一人と向き合いながら歌詞を変え、作り上げていった楽曲であり、その歌詞をテーマにしたオムニバス形式の漫画が全8話掲載されている。


      関連キーワード - クリスマス - 乃木坂46 - 安室奈美恵 - 欅坂46 - 星野源 - NMB48 - 新しい地図 - Hey!Say!JUMP - 乃木坂46 - 欅坂46 - NMB48 - クリスマス - AKB48 - 安室奈美恵 - 香取慎吾 - 稲垣吾郎 - 草なぎ剛 - 新しい地図 - NMB48 - LINE -

      flumpool、早見あかり出演のシングル「とうとい」のMVを公開

      今回のMVは、先に公開されていたジャケットのアートワークともつながる内容になっており、女優として活躍する早見あかりが出演。漫画家として、時に悩みながら鬼気迫る勢いで筆を走らせ、作品を作り上げていく姿と、歌詞とリンクした漫画が楽曲に合わせて展開される映像が絡み合う内容となっている。

      を聞きながら漫画の世界に没頭してみてはいかがだろうか。
      関連キーワード - クリスマス - 乃木坂46 - 安室奈美恵 - 欅坂46 - 星野源 - NMB48 - 新しい地図 - Hey!Say!JUMP - 乃木坂46 - 欅坂46 - NMB48 - クリスマス - AKB48 - 安室奈美恵 - 香取慎吾 - 稲垣吾郎 - 草なぎ剛 - 新しい地図 - NMB48 - LINE - LINE - コンビニ -

考察。「flumpool」とは何か?

「flumpool」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

flumpoolに関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('flumpool') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143