なぜ「鶴田真由」なのか?

「鶴田真由」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      関連キーワード

      ロングインタビュー:アキラ100%の熱い演技で号泣必至の映画『こはく』 監督が投げかける“本当の家族の優..

      別れた父に根深い恨みを持ったまま大人になり、定職にも就かず母親と同居している兄。そんな兄弟がお互いに複雑な感情を抱きながら父を探し歩く──。 7月6日より全国で公開される映画『こはく』は、慟哭のラストシーンとともに“家族の優しさ”とは何かを投げかける。原案を作り、監督を務めたのは、長編映画2作目となる横尾初喜氏。そして、感情の起伏が激しく気難しい兄役に抜擢されたのは、“裸芸”でブレイク中のお笑い芸人、アキラ100%こと大橋彰だ。

      撮影の裏話も含めて、たっぷり語り合ってもらった。よりも父に対する恨みの感情が強いことや、仕事もろくにせず虚言癖もある難しい役どころ。大橋さんは少し哀愁の漂う役柄で、かつユーモラスな一面もある難しい役を見事に演じていました。

      僕はコメディーも好きなので、素敵な役者さんだなと思っていました。

      大橋:『ゆらり』は、僕の所属事務所のネタ見せをしてくれている作家さんが書いた本なんです。 横尾:そんな大橋さんが突然、お盆を持って裸でテレビに出てきたときにはビックリしましたよ。高校の時から役者の道に進みたいと思っていました。

      ちょうど“第三舞台”や“キャラメルボックス”といった劇団が人気で、面白いけど最後はグッと感動を呼び起こすような演劇に僕も魅せられ、本気でお客さんを笑わせるコメディー俳優にも憧れていました。

      大橋:『ゆらり』の映画化のときは、少ししか出番がなかったので、あまり監督とじっくりとお話しする機会はありませんでした。 横尾:その役も大橋さんのユーモラスな特徴が光って、とても良かったです。 横尾:先に井浦新さんにオファーして快諾をいただいていましたが、その兄でストーリー上とても大切になる役柄を誰にお願いしようかとなったとき、井浦さんとは違う表現で化学反応が起きるような役者さんが絶対に面白いだろうなと考えました。

      表現をあらゆるアプローチで演じることができるんです。 大橋:横尾監督がまた映画を撮るので出演オファーが来ているとマネージャーから聞いたとき、台本を見る前から絶対に出るつもりでいました。

      登場シーンがめちゃくちゃ多くて、何枚ページをめくっても章一が出てくる。 大橋:兄の設定については、台本上では特に説明がなかったので、監督の思いを実際に聞いたのは、撮影前に現場に入ってからです。長崎が舞台の映画で、すべて方言のセリフだったので、それまでは方言のニュアンスを覚えることでパニック状態になっていました。

      大橋:僕としては、弟の亮太を支え、寄り添いながら父を探していくイメージでいました。

      弟はそれを見つめながら、自分も父になっていくというストーリー。この映画は監督の半生をもとに作られた自伝的な要素が詰まった作品だと知りました。

      言ったことがこの作品をつくる出発点となっています。

      でも、身内とはいえ兄の気持ちを勝手にほじくり返して映画にするのはどうかと、最初は覚悟ができていませんでした。ちろん、映画を作るにあたって、僕の兄にも母にも実際に父のことをどう思っているのか、たくさん取材はしました。

      横尾:今回は僕自身も一緒にお父さんへの思いを探していく旅をしたような感覚でしたので、とにかく井浦さんと大橋さんと3人で話し合いながら撮影を進めていきました。

      一緒に作り上げていった感覚で、それがラストのシーンで爆発したのかなと。だった ──お父さん役の鶴見辰吾さんとは、直前まで顔合わせをしなかったとか。 横尾:クライマックスで父と息子たちが再会するシーンは、この作品におけるカタルシスになるのは間違いない方向でした。父を探し回って再会するシーン撮影は、それだけで丸1日とっていましたが、その日の大橋さんの集中力や気迫は近寄りがたいほど。 ──試写を見た人たちも、ラストシーンはみな泣いていました。

      テクニック云々ではなく、まっすぐな“熱量”をどう映像に出していくのかが自分の仕事です。そういう意味では、あのシーンは大橋さんの熱量がちゃんと映像に残った結果なんだと思いました。

      大橋:そう言っていただけると本当に嬉しいです。ちろん、あのラストシーンの重要性は理解していましたが、自分にそれがうまく表現できるか、とにかく不安で仕方がないという数日間を過ごしていました。

      普段から感情の起伏をすぐに表現できるようにトレーニングしているわけではないので、事前に気持ちをパンパンに溜めておかないと本番で出せないと思いました。

      コップに入った表面張力の水のように気持ちを口切一杯溜めて、ちょっとでもこぼれたら終わりという状態で、あの日の現場に入りました。

      僕も章一と同じように定職につかず、20代後半の頃は役者を目指しながらもニートみたいな状態の時期がありました。

      そんな鬱々とした日常も撮影をしながら思い返していました。

      そんな自分なりの気持ちも少しずつコップに注ぎながら、ラストシーンの撮影に持っていった感じです。 横尾:僕は、大橋さんならやってくれるだろうと疑っていなかった。 覚悟を持った強さがないと、優しさが人に大きな傷を与えてしまうこともある。この作品を通じて、自分もそのことを教えられました。

      結局、家族の“愛の強さ”を皆さんに感じてもらえたら嬉しいです。 大橋:僕の父親は病気で亡くなっていますが、未婚の兄貴とお袋は実家に住んでいるので、この映画の登場人物と似た家庭環境にあります。父に対する恨みも愛情の裏返しで、大好きだった父との思い出を忘れていないという複雑な気持ちも出そうと、ラストシーンを演じたつもりです。楽観的に前ばかりを向いて生きてきましたが、役者の彼女は僕とは真逆のスタイル。生活の中から役づくりに反映させられることもあるという素晴らしい生き方を間近で見させてもらっています。

      横浜国立大学在学中からミュージックビデオの制作などに携わり、その後2008年にFoolenlarge合同会社を設立し、副代表に就任。TVドラマやミュージックビデオ、短編映画の監督を手掛ける。2010年に解散後、現在のアキラ100%の芸名でピン芸人としての活動を開始。映画出演は横尾初喜監督の前作『ゆらり』に続き『こはく』が2作目となる。

      アキラ100%も「異常な緊張」 “裸芸”で遠藤久美子の妊娠を祝福

      第2子妊娠の遠藤久美子の前で“裸芸”がさく裂ほかイベントの様子 本作は、横尾初喜監督の幼少期の実体験を元に、両親の離婚で心に深い傷を負い、別れた父の姿を追い続ける男の姿を描く。 母役の木内みどり、弟役の井浦もいる中での裸芸を「一度母親の前でネタをやったことがあるんですけど、そのときと同じ気持ちです。

      アキラ100%×俳優・大橋彰 『こはく』取材ショットに「すごいギャップ」

      ツイートするように、アキラ100%が服を着て大活躍だ。

      横尾初喜監督が幼少期の体験をもとに原案を手掛け、出身地の長崎でロケを行った。 映画『こはく』は6月21日から長崎県で先行公開され、7月6日から全国順次公開される。

考察。「鶴田真由」とは何か?

「鶴田真由」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

  • 09055085773 さん: RT @pandaya1030: @maki_sakuranbou riolife.jp/posts/810963/ ちなみにこの滝沢泰平パーティーに安倍昭恵さん、女優の鶴田真由さんも。 pic.twitter.com/0rsB2L3jgM - 5 時間 47 分 58 秒前
  • MIKA さん: 返信先:@leo_diary_ ギャロップみたいな足音が、🐾 心地良い!!✨💛✨ "お姉さん"の声も、心地良い!!🎐 ( 鶴田真由さんに声も話し方も 似てる?)🐰あくまでも、個人   の見解です。 - 1 日と 9 時間 50 分 55 秒前
  • MAKI@オールドルーキー さん: 鶴田真由、スピリチュアルで検索したら、こんな記事が。 日ユ同祖論の本など書いていたのか・・・。 この人、ガチだな。 鶴田真由が「日ユ同祖論」のオカルト本を出版…指南役は安倍昭恵夫人と同じ、夫人といっしょにスピ旅行も lite-ra.com/2017/08/post-3… @litera_webさんから - 1 日と 10 時間 18 分 35 秒前
  • MAKI@オールドルーキー さん: 返信先:@pandaya1030 こっ、これは! 昭恵さん、こんなのにもクビを突っ込んでいたんですね。 鶴田真由もスピ好きだったんですかねー。 山川夫妻もいるし。 彼らはこうやって共同幻想を見て、気持ちよくなっているんでしょうね。 - 1 日と 10 時間 23 分 36 秒前
  • 明野ベーカリーぱんだ屋(北杜市 明野町・ときどきパン屋) さん: 返信先:@maki_sakuranbou riolife.jp/posts/810963/ ちなみにこの滝沢泰平パーティーに安倍昭恵さん、女優の鶴田真由さんも。 pic.twitter.com/0rsB2L3jgM - 1 日と 10 時間 33 分 30 秒前
  • 気になるあの人の性格分析♡ さん: 25日生まれ 気分屋で繊細な♡を持つ芸術家肌の職人タイプ! 「25日」生まれの有名人 小笠原道大、櫻井翔、伊藤淳史、織田信成、 高島礼子、鶴田真由、椎名林檎、上野樹里、浅田真央 - 1 日と 11 時間 16 分 8 秒前
  • hyakutakekatumasa さん: サマージャンボ鶴田真由1等7億円💶 - 1 日と 18 時間 27 分 7 秒前
  • たっつん。(佑美ちゃん命名) さん: RT @DH__1016coro: 家族の話。 主演の新さん、大橋彰(アキラ100%)の兄弟が主役。 最後の心震えるラストシーンはリハーサルもせずに長回しでずっと撮影してたそうです。 鶴田真由さんの演技への姿勢のお話も伺えたり、何気ないけど印象的なセリフも実際に監督のお母さまが… - 1 日と 19 時間 41 分 28 秒前
  • たっつん。(佑美ちゃん命名) さん: RT @pan_yu_mi: 鶴田真由さんのシーンで、新さんがアキラさんの袖口を掴んでいて、兄弟の感じがあらわれていた、という鶴田真由さんのお話が印象的でした。 #映画こはく - 1 日と 19 時間 42 分 8 秒前
  • 09055085773 さん: RT @pandaya1030: @maki_sakuranbou riolife.jp/posts/810963/ ちなみにこの滝沢泰平パーティーに安倍昭恵さん、女優の鶴田真由さんも。 pic.twitter.com/0rsB2L3jgM - 5 時間 47 分 58 秒前
  • MIKA さん: 返信先:@leo_diary_ ギャロップみたいな足音が、???? 心地良い!!✨????✨ "お姉さん"の声も、心地良い!!???? ( 鶴田真由さんに声も話し方も 似てる?)????あくまでも、個人   の見解です。 - 1 日と 9 時間 50 分 55 秒前
  • MAKI@オールドルーキー さん: 鶴田真由、スピリチュアルで検索したら、こんな記事が。 日ユ同祖論の本など書いていたのか・・・。 この人、ガチだな。 鶴田真由が「日ユ同祖論」のオカルト本を出版…指南役は安倍昭恵夫人と同じ、夫人といっしょにスピ旅行も lite-ra.com/2017/08/post-3… @litera_webさんから - 1 日と 10 時間 18 分 35 秒前
  • 気になるあの人の性格分析♡ さん: 25日生まれ 気分屋で繊細な♡を持つ芸術家肌の職人タイプ! 「25日」生まれの有名人 小笠原道大、櫻井翔、伊藤淳史、織田信成、 高島礼子、鶴田真由、椎名林檎、上野樹里、浅田真央 - 1 日と 11 時間 16 分 8 秒前
  • hyakutakekatumasa さん: サマージャンボ鶴田真由1等7億円???? - 1 日と 18 時間 27 分 7 秒前
  • たっつん。(佑美ちゃん命名) さん: RT @DH__1016coro: 家族の話。 主演の新さん、大橋彰(アキラ100%)の兄弟が主役。 最後の心震えるラストシーンはリハーサルもせずに長回しでずっと撮影してたそうです。 鶴田真由さんの演技への姿勢のお話も伺えたり、何気ないけど印象的なセリフも実際に監督のお母さまが… - 1 日と 19 時間 41 分 28 秒前
  • たっつん。(佑美ちゃん命名) さん: RT @pan_yu_mi: 鶴田真由さんのシーンで、新さんがアキラさんの袖口を掴んでいて、兄弟の感じがあらわれていた、という鶴田真由さんのお話が印象的でした。 #映画こはく - 1 日と 19 時間 42 分 8 秒前

話題のトピック

ブログで注目


    Googleでホットな話題