なぜ「輸入制限」なのか?

「輸入制限」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      「森友」株安、世界で突出の下落率…安倍政権の存在そのものが、日本経済の悪化要因に

      “貿易戦争”の震源地といえる米国、中国市場を上回る。米中の景気の失速、円高ドル安の懸念、2019年3月期の主要企業の業績の下振れ観測が、トリプルの重石となっている。

      3月23日の東京株式市場は、再び大荒れの展開となった。日経平均は一時、前日比1032円安の2万559円まで下げた。取引時間中に下落幅が1000円を超えたのは2月6日の1万710円安以来。 これまでの歴史が証明しているが、一国の保護主義が報復合戦を呼び起こし、“貿易戦争”になれば勝者なき消耗戦となる。をボトムとする長期上昇トレンドに乗り、18年1月には2万4129円まで駆け上がった。その後、調整局面に入り、当面の下値抵抗線といわれている1万9239円に接近してきた。近年の株高は円安と超低金利に支えられてきた側面が強い。NYではリスク回避の動きがさらに強まる可能性が高い。 トランプ大統領の政策の方向性が変わらない限り、NY株安、ドル安の流れは収まらないだろう。17年末には同112円だったから、3カ月で8円も円高が進んだ計算だ。

      トヨタ自動車は、対ドルで1円円高になると営業利益が400億円目減りする。や韓国は、しっかり適用除外になっているのにもかかわらずだ。

      米国受けする自動車に照準を絞り込むかもしれない。13年後半から14年は1万5000円近辺だったので最悪、このラインまで下げる覚悟が必要かもしれない。ころが、森友文書改竄の大波をモロにくらって安倍内閣は、一転、先進国で最弱の政権となってしまった。 事の重大さを考えれば、麻生太郎財務相は即刻辞任すべきで、安倍内閣総辞職があっても不思議はないのだが、6月まではなんとか踏ん張るとの見方が大勢を占めている。

      昨年7月、安倍首相は支持率低下に対して解散総選挙という危ないカードを切ってみせた。背景には野党のていたらく、労働連合がきちんと労働組合として機能しなかったことがある。を流して野党の攻勢をかわそうとする動きも出始めたが、1年前の支持率低下とはバックグランドが基本的に異なる。外交で反転攻勢できるとの見方がある一方で、それが甘すぎるとの意見も多い。 こうしたもろもろの環境の悪化に伴い、海外投資家の日本株売りが続いている。

      海外勢は今年に入り、現物株と先物合わせて7.9兆円を売り越した。中国が人民元を切り下げた直後の売越額6.9兆円を大きく上回る。

      ただ、外国人には森友問題は理解不能で、彼らが今一番気にしているのは内閣支持率だ。

      気が付くといわれてきたが、支持と不支持が現実に逆転した。1ドル=103円を突破し、さらに円高が進んだ時点で再び株価は大きく崩れる可能性が高い。を発動し中国製品6兆円強の制裁を決めたが、これは大暴投だ。

      為替レートは、企業側の想定に比べて大幅に円高となった。 3月は混乱を避けるために日本銀行が必死になって株価の下支えをしてきた。3月28日時点で、月間購入額は8309億円に達し、月間ベースで過去最大になった。同日には一時、540円安の2万776円まで下げたが、日銀がETFを747億円買い入れたこともあって大引けでは286円安の2万1031円まで戻した。だが、4月以降も株価を無理やり支えることができるのかは不透明だ。

      本格的な下落の局面が来るのは意外と早いかもしれない。いよいよ株価2万円割れを覚悟しなければならないだろう。読売だけが前向きな報道を続けているが、領土問題は完全に棚上げ。安倍首相は5月にロシアに行くが、“お土産”は何もない。朝鮮中央通信によると、習近平国家主席が金氏の訪朝の招請を快諾したという。 最後に、19年3月期の減益シナリオにもう少し踏み込んでみたい。
      関連キーワード - トランプ大統領 - ドナルド・トランプ -

      「米国の保護主義→円高」との見方は危険だ…かえって米国GDPは成長の可能性

      トランプ米政権がいよいよ保護主義的な通商政策に乗り出した。トランプ政権にとって重要な節目となる11月の中間選挙までのパフォーマンスとの見方もあるが、相手国が報復措置などで対抗した場合には、自由貿易体制に亀裂が入る可能性も否定できない。 市場はこうした動きを嫌気して円高になっており、今後、さらに円高が進むとの予測も出ている。

      し保護主義的な流れが続くようなら、逆に円安に振れる可能性もある。短期的には円高警戒で問題ないが、長期的には円安シフトも頭の片隅に入れておいたほうがよいだろう。この数字はあくまで交渉材料であり、最終的にどのようなかたちに落ち着くのか現時点ではまったくわからない。交渉材料として持ち出した数字とはいえ、金額が金額だけに世界経済に対するインパクトは大きい。リーマンショック前の好景気のときには7600億ドルを超えたこともあったが、バブル崩壊で赤字は大幅に縮小した。だが、米国の景気が回復するにつれて貿易赤字は再び拡大傾向となり、過去4年、連続して赤字が増えている。

      国別では中国が圧倒的に多く、対中貿易赤字は3750億ドルと全体の半分以上を占めている。

      今回の要求は1000億ドルの赤字削減なので、対中貿易赤字を4分の1にするよう求めたことになる。また、削減要求が中国に対してだけとは限らず、対EU、対日本に波及する可能性もゼロではないだろう。 こうした動きを警戒して、為替市場では円高が進み、株式市場も冴えない展開が続いている。

      中間選挙の実施は11月なので、当分、こうした動きが続くと見る市場関係者は多い。 だが、トランプ政権の保護主義的なスタンスが、単なる選挙目当てのパフォーマンスであるとは限らない。仮にこれが持続的な政策だった場合、世界経済には多大な影響が及ぶ。一部の市場関係者からは、さらなる円高の進展を警戒する声も上がっているようだ。

      確かに保護主義的な政策が実施された場合、米国の株式市場に流れ込んでいた資金が、不安心理から逆流する可能性は否定できない。円高を警戒するというスタンスは間違っていないだろう。 だが、保護主義的な動きが長期化した場合、必ずしも円高とは限らなくなってくる。場合によっては円安になる可能性も考えられるので注意が必要だ。

      では、なぜ保護主義が台頭するとドル高になる可能性が出てくるのだろうか。 もし米国が輸入制限のような措置を実施して、これを継続した場合、米国の輸入は減少する。相手国による報復措置などで米国の輸出も減少する可能性もあるが、米国が圧倒的な輸入大国であることを考えると、輸入減少の割合のほうが高いだろう。米国は先進国では数少ない人口増加国であり、今後も着実な需要の増加が見込める。また、ロシア、サウジアラビアを抜いて世界最大の石油産出国となっており、自国で必要とするすべてのエネルギーを自給できる。さらに言えば、米国は世界屈指の食料輸出国であり、農作物の供給力もケタ外れだ。

      つまり米国は、巨大な島国として、貿易に依存せず経済を回していく基礎体力を持っている。

      このような国が輸入制限に踏み切ったとしても、それによって国内経済がすぐに萎縮する可能性は低い。 政府が強制的に輸入を制限した場合、これまで輸入に頼っていた製品やサービスは、国内産に切り替わることになる。 そうなってくると、国内での貨幣需要が増し、金利が上昇しやすくなる。米国はすでに量的緩和策から脱却しており、金利の上昇フェーズに入っている。

      この状態で国内需要が増せば、金利上昇に拍車がかかる可能性が高い。金利上昇はドル買いを誘発するので、逆にドルが買われ、円が売られる可能性も出てくるのだ。

      中国など貿易相手国から見ても状況は同じである。米国に対する輸出が減れば、輸出の対価として受け取るドルも減る。自国通貨に両替するためのドル売りも減少する可能性があるので、やはりドル高要因となる。短絡的に考えないほうがよい、といったのは、そういった理由からである。ドル高になった米国経済は、その後、どのような動きを見せるだろうか。ドル高になると、米国にとっては輸入品が安くなるので、これまで以上に輸入を増やしたいとの力学が働いてしまう。仮に中国に対して輸入制限をかけ、特定の商品の輸入が減ったとしても、企業は別の製品を輸入に切り替えるだろう。 そうなってしまうと、貿易を全面的に制限しない限りは、輸入が増えてもとの状態に戻ってしまうので、ドル高もそれ以上は進まない可能性が高い。為替は大きな影響を受けず、本来の為替変動要因である二国間のインフレ率で最終的なレートが決まってくる。 結局のところ保護貿易を実施しても結果はあまり変わらないという話だが、少なくとも、単純に円高というイメージだけでは動かないほうがよいことは、おわかりいただけると思う。 米国が輸入制限を行った場合、為替よりも企業経営や国際的なマネーの流れに大きな変化が生じる可能性が高い。たとえば、日本企業に対して、なんらかの貿易制限がかけられた場合、日本側は米国からのエネルギー輸入を増やすことで赤字を解消するといった施策を打つことになる。 そうなった場合、中東などからの原油の輸入が減少し、原油価格にも影響が出てくるが、市場参加者にとっては、むしろこちらのほうが由々しき問題かもしれない。
      関連キーワード - トランプ大統領 - ドナルド・トランプ -

      米国、トランプ保護主義政策の「不吉な末路」…「世界大恐慌」の歴史的検証より予想

      トランプ米政権は3月23日、鉄鋼とアルミニウムの輸入制限を発動した。 これを受け、同日の米株式相場はダウ工業株30種平均がほぼ4カ月ぶりの安値に下落。中国が米国製品への関税引き上げ計画を準備していると発表し、株式市場に米中貿易戦争への懸念が強まった。1929年から30年代に世界を襲った大恐慌の前夜にも、米国の保護主義的な貿易政策に対し株式相場が神経質に反応する時期があったからだ。

      今後を占う参考とするため、当時を振り返ってみよう。翌16日のニューヨーク株式相場はこれを受け急落した。だが、株式市場はもっと以前から、関税引き上げへの警鐘を鳴らしていた。 最初に不穏な兆しがあったのは、1928年12月である。関税は農産物に限らずすべての商品が対象となり、共和党の委員は全品目の関税を引き上げるつもりだという。これを受け同日、ダウ平均株価は3.12%下落し271.05ドルとなった。関税法案はまだできてもいなかったし、成立するかどうか不透明だったからである。ダウ平均は年末までに300ドルに上昇し、翌1929年3月まで順調に上げた。『ワトソン議員、関税で難航を予想』との見出しで掲載されたのは、次のようなワシントン発の記事である。 「共和党の上院院内総務、ワトソン議員は23日、特別会期での法案審議についてフーバー大統領と会談後、関税見直しを数品目にとどめようとしている政府の計画は、議会で多くの反対に見舞われるだろうと語った。 保護主義の高まりを伝える不吉なニュースを嫌気し、翌25日の株価は4.11%安の297.50ドルに下落した。 夏になると反関税派が勝利するとの観測が強まり、ダウ平均は7月31日に347ドル、8月30日に380ドル、9月3日には当時の史上最高値である381ドルまで上昇した。だが続く数週間、じりじりと下げに転じ、10月10日に352ドルまで下落する。海外投資家が関税問題を警戒し、資産を処分し始めたためだ。

      歴史的な10月の株価大暴落にも関税法案の動向が強く影響した。をはじめとする保護主義派共和党議員の作成した関税引き上げ法案が本会議に上程された。これに対し自由貿易派共和党議員と民主党議員が共闘し、広範囲の関税引き上げを阻止しようとする。22日に化学品への関税抑制で自由貿易派が勝利すると、株価は大きく上昇。23日にカーバイドへの関税をめぐって共闘が崩れると、その情報が伝わった直後から株価は急落した。この日株価が大幅に下げたのは午前中で、午後には持ち直したが、その値動きも関税法案の審議と密接にかかわっていた。 午前中、上院でカゼインの関税引き上げが審議された。カゼインとは牛乳の成分で、食品としてだけでなく、紙の塗料など工業用にも利用される。以前の関税率は1ポンドにつき2.5セントだったが、酪農家と親しい共和党のショートリッジ議員はこれを一気に8セントに引き上げるよう主張。製紙地帯出身の議員らによる反対にもかかわらず、上院はショートリッジと妥協し、5.5セントへの引き上げを決めた。これは価格に換算すると推定87%もの関税率となる。 だが午後になると反関税派が巻き返し、他の化学品の関税引き上げを食い止める。終わってみればダウ平均は299.47ドルで、2.09%の下げにとどまった。しその後、大幅な関税引き上げが回避されていれば、株価の低迷は短期間で終わっていたかもしれない。 実際、その後一時200ドルを割った株式相場が翌1930年春に上向いた際、買い材料のひとつとなったのは、関税法案が廃案になるとの期待感だった。海外諸国が関税引き上げを警戒し、米国政府に圧力をかけたからだ。

      警告し、ムッソリーニ率いるイタリアはオリーブ油の関税引き上げに激高した。 しかし諸外国の抗議にもかかわらず、米政府に動きがなかったため、株価は4月17日に294.07ドルまで上げた後、再び下落を始める。 法案は6月13日に上院で可決、そして前述のように、株式市場の閉まった15日にフーバーが承認の意向を表明し、16日に株価は急落した。同日のダウ平均終値は前週末比7.87%パーセント安い230.05ドル。前年10月29日の暴落時と同水準まで逆戻りしたことになる。保護主義による世界経済の収縮が決定的になった瞬間だった。トランプ政権の露骨な保護主義政策が世界経済に及ぼす影響を見極めるうえで、株式市場の動きから目が離せない。
      関連キーワード - トランプ大統領 - ドナルド・トランプ -

      安倍首相が北朝鮮問題に続き外交で大失態! ご主人様のトランプから「安倍はほくそ笑んでいるが、そんな日々はもう終わりだ」

      森友問題でいよいよ窮地に追い込まれた安倍政権だが、こういう状況になると安倍応援団メディアが必死になってアピールするのが、安倍首相の外交手腕だ。



      しかし、この外交手腕とやらも、実はまったくの嘘っぱちであることがここにきて次々とバレ始めている。

      そのひとつが、23日、米トランプ政権による鉄鋼とアルミニウムの輸入制限だろう。これは、鉄鋼に25パーセント、アルミニウムに10パーセントの高い関税をかけるもの。適用除外を求める日本の要求をトランプが認めず、中国など非友好国と一緒の高関税措置を発動したのである。 しかも、これには明らかに、トランプ大統領の意志が働いていた。トランプはこれに先立つ22日、ホワイトハウスでの会見で安倍首相のみを名指し、こう述べていた。 「安倍首相はいいやつだが、その顔はほくそ笑んでいる。

      それは『こんなに長いこと、アメリカを出し抜くことができたとはね』という笑みだ。

      安倍首相といえば、世界各国の首脳がトランプ大統領を批判してもひたすらトランプにこびへつらい、唯々諾々で忠実なポチ犬ぶりを徹底してきた。ようするに、安倍政権は国民の税金で大量に武器を購入させられるなど、さんざんトランプの商売に利用されただけで、ハナから相手にされていなかったのだ。

      電撃的に合意した南北首脳会談、そして米朝首脳会談の交渉舞台裏でも、安倍政権は完全に蚊帳の外に置かれていた。 ●南北首脳会談、米朝首脳会談の交渉も蚊帳の外で情報すらもらえず 国内外の複数メディアが伝えているように、この間の対北朝鮮交渉は韓国と米政府が連携して行ってきたが、安倍政権は韓国からはもちろん、ポチのように尻尾をふってきた米国からも情報をもらえていなかった。 実際、南北首脳会談実施の発表を受けたときの安倍政権の反応ときたら、まさしく寝耳に水でパニック状態。会見で述べるなど、明らかに米韓からの情報を確保していないことを露呈し、外務副大臣である"ヒゲの隊長"こと佐藤正久参院議員は3月6日の段階で〈慎重に対応しないと。この発表は韓国であり、北朝鮮ではない〉などとツイート。官房長官や外務副大臣レベルが、いま米朝韓間でどんな交渉がなされているのか、なにも知らなかったというわけである。 その結果、安倍首相は朝鮮半島の平和的解決に向けた動きが始まって以降も、北朝鮮への圧力、強硬路線を変えないどころか、平和的解決の動きに水を差すような言動ばかりを繰り返し、大恥をかいた。

      しかし、実際は、米韓に見放され、孤立していたのは、日本だったのだ。

      盲目的に賞賛するが、これが動かしがたい現実なのである。日本は安倍外交によって失敗し、国際社会から孤立しそうになっているだけでなく、いよいよ、頼みのアメリカからもパージされかけているのだ。


      関連キーワード - トランプ大統領 - ドナルド・トランプ - トランプ大統領 -

    リアルタイムトレンド Part I

考察。「輸入制限」とは何か?

「輸入制限」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

輸入制限に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • a6m5zeroさん: 【米輸入制限】トランプ政権、中国の報復措置を批判 - 産経ニュース
    > https://t.co/kc3Yrb7HOg

    @Sankei_newsさんから - 17 日と 39 分 17 秒前
  • 名犬ラテさん: RT @take_off_dress: 龍崎孝「世論調査で【国会で森友問題を優先すべきと思わないが60%】だったのは政治に非常に厳しい数字!つまり国会で森友をやっても真相解明は期待出来ないと思われてる」森友しか能ないの?北朝鮮情勢・鉄鋼輸入制限など世界が動いてるのに、1年… - 17 日と 41 分 1 秒前
  • Yukinari Igitaさん: 【米輸入制限】中国が報復措置 本音は「対米貿易戦争を回避」 アメとムチで妥協点模索
    > https://t.co/5EZy6GZU77

    - 17 日と 43 分 39 秒前
  • ぱっぱらぴーさん: NEWS 『報復関税 貿易戦争が現実味に』中国政府は、米政権が発動した輸入制限に対抗し、一部米国製品に高関税を課す報復措置に踏み切った。中国…
    > https://t.co/J532yUBFc4

    - 17 日と 44 分 52 秒前
  • Yuka Nonas (ノナス由佳)さん: <米輸入制限>中国、強硬策で揺さぶり 報復関税発動(毎日新聞)
    > https://t.co/JVhipdofZ7

    - 17 日と 46 分 3 秒前
  • MP3さん: RT @anonymous201504: 中国、米の豚肉などに高関税発動 鉄鋼など輸入制限に対抗~ネットの反応「国民の食糧を輸入制限したら 足元の中国国民が黙っていないような気がするけどな」「なんかこの米中間の争い、中国が圧倒的に不利じゃね?」
    > https://t.co/RSm

    … - 17 日と 54 分 34 秒前
  • ⚡㋓㋷㋗㋞さん: @HazukiOo 蓋なし衣装ケースで繁殖してる画像はどっかで見た覚えが:(;゙゚’ω゚’):活き餌に輸入制限とか禁止とかはマジ困るからホント管理しっかりしないと(´・ω・`) - 17 日と 59 分 39 秒前
  • edge@特別会計透明化‼︎さん: 拉致問題解決へ働きかけ要請、鉄アルミ輸入制限に懸念…無能さ満載すぎて言葉が無い日米首脳、2日間会談へ=「米朝」前に擦り合わせ-輸入制限に懸念伝達:時事ドットコム
    > https://t.co/uNnmzB71PG

    @jijicomより - 17 日と 1 時間 1 分 20 秒前
  • Indy Indiaさん: トランプ「自動車市場解放しろ!あと牛肉輸入制限もなくせ!じゃないと日本に更に制裁するからな!w」
    > https://t.co/Rexkqq2t7G

    TPP - 17 日と 1 時間 4 分 52 秒前
  • なつめみずきさん: RT @levinassien: トランプの輸入制限発動で日本はアメリカにとって「セカンド」でさえないことが明らかになりました。別にナイーブに驚いてみせる義理はありません。日本はアメリカの同盟国ではなく属国だからです。アメリカの機嫌がよければ「共存共栄」とおだてられますが、焼き… - 17 日と 1 時間 8 分 40 秒前
  • オルカさん: RT @rikishi19610329: 安倍晋三首相、17~20日の日程で訪米 トランプ氏に拉致提起を要請へ 与党連絡会議日米首脳会談では、トランプ政権が打ち出した鉄鋼・アルミニウムの輸入制限など貿易問題についても議論する見込みだ。
    > https://t.co/HYVdj

    … - 17 日と 1 時間 9 分 30 秒前
  • ちゃみーさん: RT @Sankei_news: トランプ米政権は鉄鋼とアルミニウムの輸入制限輸入制限の日本の鉄、米国ユーザーから「供給続けて」の声 →原油などの輸送に使うシームレス鋼管は、棒状の鋼材をくり抜く製造の難しさもあり米国で生産していない
    > https://t.co/kdS29

    … - 17 日と 1 時間 17 分 23 秒前
  • Ryutarow Kanamoriさん: RT @4023Sora: 日本はアメリカの輸入制限対象国になりました。安倍首相とトランプ大統領のの親密な関係から、対象国から外れると思っていたらしいです。でも、いくら親密と言ってもトランプ大統領から見れば日本は黄色人種の国、差別の対象国なのでしょう。もっと毅然としなければバカ… - 24 日と 17 時間 22 分 35 秒前
  • 今話題!!ドラ芸TV 速報さん: 米国の鉄鋼輸入制限除外に「歓迎」の意 韓国大統領府
    > https://t.co/hh5Ur1mllD

    ‾r/wowkorea/MSFs/‾3/gKgBn6fZrXM/10209498.html - 24 日と 17 時間 22 分 46 秒前

話題のトピック

リアルタイムトレンド


Yahoo!検索ランキング