なぜ「赤山靭負」なのか?

「赤山靭負」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      「西郷どん」渡辺謙、名優の貫禄。泣きすぎて洟をかむ、その迫真

      俳優の芝居でじわじわとサスペンス性を高めていく。子どもたちにも慕われる 藩主になるまでの、長い長い前ふりだったのだなあと思う。題したかわら版が出回っていると知って、憤慨する。 かなり深刻な状況にもかかわらず、なぜか由羅がおポンチキャラに見える。 その後、赤山の切腹を、この目に焼き付けた吉之助は、お由羅のことを許せないと怒り狂う。 これまでわりとフェミニストふうに描かれていたように見えた吉之助だが、言うときは言う。っとも大事な先生を理不尽に失ったのだから無理もない。立ちふさがったり、銃をぶっ放したり、そこそこハデな見せ場があるが、愚かな女という印象だけが残った。おかげで、鹿賀丈史と渡辺謙の男の世界が際立ったともいえるだろう。 それまでも、吉之助から、薩摩の農民や下級武士が苦しんでいる様子の報告を逐一受けていた斉彬は、ついに立ち上がる。から隠居勧告を受けた斉興に向きあい、斉彬は、民の苦しみを救うため、自分が島津の当主となり薩摩を立て直さなくてはいけないと涙ながらに訴える。それから洟をかみ、ポイッとその紙を捨てる渡辺謙。前述したとおり、由羅なんて入っていけない世界なのだ。

      どちらが藩主になるか、天の声に任せようと銃でロシアンルーレットを提案し、まず自ら一発。 次の斉興は撃つ勇気はなく、もはやこれまでと観念する。 うるうると眼にたまりこぼれそうな涙を、渡辺謙はぐっと顔をあげて、堪える。 ただ泣くのではなく、洟かんだり、頭をあげたり、ただ泣くのではなく、間に何手も入れる余裕。 俳優としては鹿賀のほうが先輩だが、役のうえでは圧倒的に斉彬が上手。 覚悟のある斉彬に比べて覚悟のない斉興は精神的に負けている。

      吉之助の蒼い涙 渡辺謙の圧倒的な泣きの演技に比べると、鈴木亮平の泣きはパッション勝負という感じ。まだ青二才の段階だからそれでいいし、とにかく全身全霊で吠えるように泣いているから、胸を打つ。 先生の切腹が近づいているとき、はらはらと、葉っぱや花びらが舞っている。

      やがて、先生の残した着物の血痕が赤くなり、鳥の声や水の音が聞こえてきくる。家から外に出て、地面に突っ伏したところを、カメラが上にあがっていく。ちりちりと照りつける鹿児島の太陽の下の咆哮は、プリミティブで劇的だ。

      もうひとつの対決 鹿賀丈史VS渡辺謙の対決の前に、もうひとつの夢の対決があった。 斉彬派として喜界島に島流しされることになった次右衛門と別れに相撲をとるのだ。

      近年、何年かに一回、共演することがあって、そのたび、ファンは熱狂する。銀ちゃんとヤスの間で揺れ動くマドンナ小夏を演じた松坂慶子が、 風間杜夫の妻役で参加していて、相撲シーンではふたりを応援する。つかこうへいと縁のある俳優を多くキャスティングしていた。
      関連キーワード - NHK - 西田敏行 -

      『西郷どん』ロシアンルーレットで藩主決め 仰天ストーリーに賛否



      しかし、農民たちの生活は苦しく、年貢が払えずに借金を重ねてしまう者もおり、吉之助は自分の無力さを噛みしめる日々。行うこととなり、吉之助もその最期に立ち会うことに。島流しとなり、正助自身も謹慎処分となってしまったのだ。



      しかし、吉之助の努力がようやく実を結ぶことに。斉彬を動かし、斉輿を隠居させることに成功したのだ。

      嘉永4年、斉彬は第11代薩摩藩主となりついにお国入り。 ■仰天!ロシアンルーレットで藩主決め そんな第4話でもっとも視聴者の注目を集めたのが斉彬と斉輿が相対したシーンだ。

      ■ネットでは賞賛の声多数 この驚きの展開に視聴者から仰天&驚嘆が相次ぐ結果に。すむ圧倒的薩摩力でゴリ押していく姿勢、嫌いじゃない。ロシアンルーレットに切り替える斉彬とかヤクザ映画か。私はドラマの嘘は大いにありだと思うが、このロシアンルーレット演出は良くなかった。 史実と大きく異なるストーリー展開が放送開始より指摘されている『西郷どん』。
      関連キーワード - NHK - 西田敏行 - 西郷どん - 鈴木亮平 -

      「風間さんと相撲を取る場面は、子どもに返ったようで楽しかったです」平田満(大久保次右衛門)【「西郷どん」インタビュー】

      -大久保次右衛門という人物をどのように捉えていますか。 のんびりしているように見えますが、実は島流しに遭うなど、幕末の政治運動の渦中で一生懸命生きていた人です。吉之助や正助を含め、子どもたちを大人がみんなで育てるという、古き良き時代の大家族のようなところはとても共感できました。

      半農半武士のような生活を送っていましたが、侍の心は持っていた。 -平田さんはこれまで幕末を題材にした作品に数多く出演されてきましたが、今回の西郷、大久保の特徴をどんなところに感じますか。今までも人間的な魅力は描かれてきましたが、より血の通った存在に感じます。 それぞれ何度か共演したことがありますが、若いながらもかなりのキャリアを積んでいるし、余裕もありつつ、まだまだ新鮮さもあって、魅力的ですよね。

      これから大人になるにつれて、さらに深みを増していく2人の関係が楽しみです。 自分でやろうと思ってもできることではありませんから、こういう機会を作ってくださって、本当にうれしかったです。物語的にもまだ追い込まれた感じはなくて、笑い声の絶えない楽しい現場ですし。風間さんは知り合ってからもう長いですが、人柄そのままで吉兵衛になっていました。

      松坂さんは久しぶりでしたが、やっぱり全然変わりません。
      おっとりしていながら、そこはかとないユーモアをお持ちで、いつもリラックスできます。
      お二人のご活躍を常に拝見しているので、何十年もたった気がしません。
      時間がたって改まった関係になるようなこともなく、昔と変わらずにお話しできましたし。3人とも健康に不安を抱えたり、事故などでブランクがあったりすることもなく、元気なこともうれしかったです。自分では意識していませんが、よく考えたら、3人ともそろそろいい年ですから。それでもこうやって元気に仕事を続けていられるのは、幸せなことです。きれば、もう一度でも二度でも、同じようにご一緒したいです。 西郷家と大久保家のセットでは、手前を撮影しているときに、奥の方で何かの作業をしているような場面が多かったので、常に一緒にいるような感じでした。 風間さんと相撲を取ったのは初めてですが、みんなが応援する中でやったので、子どもに返ったようで楽しかったです。先輩に悪いと思いましたが、僕は子どもの頃に相撲部だったので、どういうふうに組んで、どうしようか、みたいなことはアドバイスさせていただきました。

      さんと中園さんのお二人が書く薩摩隼人は、常に正義があるわけではなく、時には失敗もする。なるところですが、それをさせてしまうあたりがかわいいですよね。

      最初から出ると、ご祝儀のようなおめでたさがありますよね。


      関連キーワード - NHK - 西田敏行 - 西郷どん - 鈴木亮平 -

      「赤山の最期の場面は、鈴木亮平くんに『これから1年間頑張って』という気持ちを込めました」沢村一樹(赤山靭負)【「西郷どん」インタビュー】

      親子の対立が、薩摩藩主の座を巡るお家騒動に発展。ついに斉興が家中の斉彬派を粛清する“お由羅騒動”が勃発した。斉彬派の一員として切腹を命じられ、無念の死を遂げることとなった。演じたのは、物語の舞台でもある鹿児島出身の沢村一樹。撮影の舞台裏から鈴木とのエピソード、赤山の最期に込めた思いなどを語ってくれた。 -赤山靭負をどのような人物と考えて演じましたか。当時の鹿児島は、“男とはこうあるべき”というものがはっきりした非常に厳しい藩。赤山はその中でも新しい考えを持った柔軟な人物で、教育を通じて世の中にはいろいろな人がいることを教えた。それがかなった上に、そこに住んでいるという設定で、学校の修学旅行や社会科見学でしか行ったことのない武家屋敷の中でお芝居ができたので、楽しかったです。愚痴もこぼさずにやっているその姿を見たら、この1年は大丈夫だなという気持ちになりました。

      西郷さんが西南戦争でたどったルートを車で回り、最後に鹿児島に行くという話だったので、僕も日程を合わせて地元の友達と一緒に食事をしました。

      彼は大学で外国語を学んでいたので、耳がすごくいい。鹿児島で一緒に食事をした時から、友人たちの言葉に注意深く耳を傾けていました。

      本当に努力家で、先日、1カ月以上ぶりに会って感情を込めた長いシーンのリハーサルをやったときには、もう完璧でした。 当時の鹿児島は、中央から遠かったことがメリットになりました。

      劇中にも出てきますが、目を付けられにくいので、密貿易でお金を稼ぐなどいろいろなことができた。だから、新しいものが次々と海外から入ってきて、さまざまなノウハウを持っていた。そこには、思想なども含まれていたに違いありません。
      -赤山の最期の場面は、どのようなお気持ちで臨まれましたか。 夏の暑い日で、汗がダラダラ流れるような状況でしたが、その汗がとても心地よく、逆に集中できました。

      この役が決まったとき、本当に良かったと思いました。

      それは、先ほども言った通り、鈴木くんに鹿児島というものを教えられるし、逆に向こうも教えてほしいだろうから、お互いにいい関係を築くことができると考えたからです。だから、スタート時点で鹿児島出身の僕がこの役をやるのは、きっと意味があるに違いないと。自動車が燃料を最も消費するのは、エンジンをかける時。そういう意味では、鹿児島からスタートするこの物語のエンジンの一端を担えて、本当に良かったです。
      関連キーワード - NHK - 西田敏行 - 西郷どん - 鈴木亮平 -

    リアルタイムトレンド Part I

考察。「赤山靭負」とは何か?

「赤山靭負」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

赤山靭負に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • kjyashima32さん: この方のことは知りませんでしたがこういう生き方は尊敬してしまう。桂久武(赤山靭負の弟)が西郷の親友となった哀しい経緯 井戸田潤さんが西郷どんで演じる
    > https://t.co/yj76mBtwlK

    #武将ジャパン @@bushoojapanから - 3 日と 13 時間 45 分 29 秒前
  • 大河ドラマFAN-西郷どん-さん: 嘉永3年(1850年)、高崎崩れ(お由羅騒動)で赤山靭負(ゆきえ)が切腹し、赤山の御用人をしていた父から切腹の様子を聞き、血衣を見せられた。これ以後、世子・島津斉彬の襲封を願うようになった。 - 10 日と 4 時間 13 分 3 秒前
  • マックさん: @nagamikan ウツボって読みます。この間、NHKの西郷どんで、沢村一樹がやってた「赤山靭負(ゆきえ)」もこの字で、矢を入れる細長い箱の事ですよ。 - 10 日と 14 時間 42 分 25 秒前
  • 戦国武将列伝Ω公式さん: 桂久武(赤山靭負の弟)は、西郷吉之助も、何度か訪ねて相談していた島津一門の武士ですが、西郷隆盛が奄美大島に赴いた1年後くらいに、奄美大島に赴任します。
    > https://t.co/BhMw7RiR8D

    - 11 日と 15 時間 38 分 7 秒前
  • かみかぜさん: @tos 赤山靭負 - 12 日と 16 時間 32 分 35 秒前
  • [モリリン]ほのぴー推しさん: @13528l 赤山靭負
    > https://t.co/YJIio781hz

    - 12 日と 16 時間 32 分 57 秒前
  • ㊉ミカゲ㊉さん: RT @aritomo0728: 赤山靭負のお墓
    > https://t.co/VkLLuH9y87

    - 13 日と 13 時間 52 分 44 秒前
  • evil-eye narickさん: 29日は、電車で伊集院駅まで向かい路線バスで赤山靭負先生のお墓参り。伊集院駅の駅舎と島津義弘の像を撮ったら、お供え用のお花で前ボケをかます(笑)
    > https://t.co/0d3JLFbO81

    - 14 日と 19 時間 1 分 2 秒前
  • るな~さん: RT @nekomekko: これだけで焼酎ひと瓶あけれるくらいにはうれしい!島津歳貞(桂久武)表記だし!みんなー!小松帯刀が領主やってて、小松帯刀のお墓がある日置市日吉町永吉へ!桂久武の兄赤山靭負のお墓がある、日置島津家の墓地がある日置市日吉町日置へ、日置市へおいでよ!… - 16 日と 10 時間 54 分 44 秒前
  • 猫塚@塩小姓さん: @kimako31 赤山靭負のお墓→赤山靭負と桂久武の家系(日置島津家)の歴代墓地(西郷さんの御子孫が焼き物窯やってる隣)→日置市役所日吉支所→小松帯刀の領地(御仮屋跡)→小松帯刀のお墓車で巡ると結構近いですよ☺️ - 18 日と 1 時間 56 分 25 秒前
  • りんかどんさん: RT @kagoshima8408: 赤山靭負(あかやまゆきえ) 墓所:お由羅騒動で惜しくも散った西郷隆盛の思想に影響を与えたとされる薩摩藩士 @日吉
    > https://t.co/mo1ySCHNjA

    - 18 日と 19 時間 47 分 52 秒前
  • 猫塚@塩小姓さん: お、赤山靭負墓の説明看板も新しくなってる!! RT - 21 日と 17 時間 19 分 56 秒前

話題のトピック

リアルタイムトレンド


Yahoo!検索ランキング