なぜ「第一生命ホールディングス」なのか?

「第一生命ホールディングス」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

GGRYみんなの意見

  • Tweets さん: 大手金融で最年少のトップ、#第一生命ホールディングス(#HD)の稲垣精二社長 ... リンク:insurance.整骨院.top/2019/10/09/544… タ グ:#3回目 #半生 #大手金融 #最年少 #社会人 #稲垣精二社長 #第一生命ホールディングス #第一生命保険社長 - 6 日と 23 時間 28 分 2 秒前
  • プロトレーダー@ゴルフ三昧 さん: 8750 第一生命ホールディングス(株) 買いですね😊 - 8 日と 17 時間 58 分 43 秒前
  • M式株式投資 さん: 8750 第一生命ホールディングス(株) 買いですね😊 - 8 日と 17 時間 58 分 45 秒前
  • 三毛猫トレーダー さん: 8750 第一生命ホールディングス(株) 買いですね😊 - 8 日と 17 時間 58 分 47 秒前
  • 日本株トレーダー連盟 さん: 8750 第一生命ホールディングス(株) 買いですね😊 - 8 日と 17 時間 58 分 49 秒前
  • プロトレーダーサポート連合 さん: 8750 第一生命ホールディングス(株) 買いですね😊 - 8 日と 17 時間 58 分 51 秒前
  • みーさん@億トレ さん: 8750 第一生命ホールディングス(株) 買いですね😊 - 8 日と 17 時間 59 分 32 秒前
  • 株トレード発信@億り人 さん: 8750 第一生命ホールディングス(株) 買いですね😊 - 8 日と 17 時間 59 分 46 秒前
  • 最新トレード発信会 さん: 8750 第一生命ホールディングス(株) 買いですね😊 - 8 日と 18 時間 30 秒前
  • 就活STYLEさん: 【損害保険ジャパン】みずほ系。第一生命と提携。2010年4月1日、日本興亜損害保険とともに経営統合。NKSJホールディングス傘下。 - 3 日と 18 時間 13 分 23 秒前
  • 自己株買付情報さん: 8750 第一生命ホールディングス株式会社自社株買い 上限:2800万株、280億円(取得済)1224万9700株、197億9829万円取締役会(2019年5月15日)での決議状況(取得期間2019年5月16日~2020年3…
    > https://t.co/4aoShH4ihs

    - 4 日と 12 時間 34 分 36 秒前
  • Tweets さん: 大手金融で最年少のトップ、#第一生命ホールディングス(#HD)の稲垣精二社長 ... リンク:insurance.整骨院.top/2019/10/09/544… タ グ:#3回目 #半生 #大手金融 #最年少 #社会人 #稲垣精二社長 #第一生命ホールディングス #第一生命保険社長 - 6 日と 23 時間 28 分 2 秒前
  • ㈱新日本保険新聞社 さん: 第一生命ホールディングス、株式報酬制度に関する新株式発行の払込完了を発表 shinnihon-ins.co.jp/industry-news/… - 4 ヶ月 17 日と 18 時間 17 分 11 秒前
  • JPubb 日本企業 リリース 保険さん: 予防接種のための国際金融ファシリティ(IFFIm)が発行するワクチン債への投資について~開発途上国を救う新たなワクチ... 〔07/18 第一生命ホールディングス
    > https://t.co/zZ6WK1lmUX


    > https://t.co/3CWipbgeB7

    - 4 ヶ月 22 日と 9 時間 53 分 46 秒前
  • 愛知母子4人殺害放火は天皇美智子の命令 さん: 私の考え 支配草加 核爆津波3.11を逆に11月30 美知子父中曽根秋男の誕生日 マスコミ脅迫 朝日新聞襲撃殺 日航墜落 世田谷一家 大阪池田小 車突っ込む 名似火事 平成=色男 kouhou999.hatenablog.com ・ 第一稀元素化学工業 第一工業製薬 第一興商 第一三共 第一精工 第一生命ホールディングス - 4 ヶ月 23 日と 9 時間 27 分 13 秒前
  • Ladanse さん: <本日の後場成り行き注文> 現物売 日本カーボン 5302 信返買 第一生命ホールディングス 8750 現物買 オムロン 6645 信新売 KDDI 9433 商船三井 9104 - 5 ヶ月 8 日と 17 時間 9 分 5 秒前

関連する記事のサマリーを読む

      関連キーワード

      平均67歳の副会長たち(起業家ゼロ)が率いる「経団連」に主導される“日本経済の限界”

      中西宏明会長は2月12日の記者会見で、新任の副会長、6人が内定したと発表した。 商社枠を制したのは、住友商事の中村邦晴会長。三井物産から住友商事と、旧財閥系商社でのバトンタッチとなった。 生命保険枠は、日本生命から第一生命ホールディングスの渡邉光一郎会長へと代わる、順当な人選だ。

      化学枠は住友化学から三菱ケミカルホールディングスの越智仁社長にバトンが渡った。 重機械枠は、三菱重工からコマツの大橋徹二社長に渡る。 ●旧態依然とした“順送り人事” 副会長就任に意欲満々だと取り沙汰されている審議員会副議長が3人いた。 中西氏が会長を務める日立製作所のメインバンクは、みずほ銀行だ。

      この関係で中西氏が佐藤氏を抜擢するとの噂が流れたが、さすがに中西氏はこうした俗説には惑わされなかった。 佐藤氏は悲願の副会長の座を射止めることができなかった。20年春に三井住友フィナンシャルグループの國部毅社長が任期満了を迎えるまで待つことになる。 サントリーの新浪社長は経済同友会の代表幹事の候補になったこともあって、「手垢がついている。

      “大政奉還”されるとみられていたが、これも先送りされる。 新たに選ばれた6人は、前身を含めていずれも過去に副会長を出した企業の出身。正副会長は新任6人を含めて全員が60歳を超えている。

      業界枠がぎっちり固まっており、“中西カラー”を打ち出しにくいのは確かだ。

      だからといって、業界内の順送り人事では、旧態依然という誹りは免れない。孫正義会長兼社長などが入閣すれば、それこそサプライズとなったのだが、中西カラーが本格的に出るのは20年以降となる。

      日立製作所とみずほ銀行の“ただならぬ関係”

      経団連副会長ポストは18で、業界ごとに枠がある。副会長待機ポストである経団連の助言機関、審議員会副議長から選ばれるケースが少なくない。経団連副会長“内定”の密約』が、金融界で静かな話題となっている。

      会長の佐藤康博氏を副会長に抜擢するという内容だ。

      みずほFG社長だった前田晃伸氏が副会長に就いており、もし佐藤氏が就任すれば約12年ぶりとなる。旧興銀時代からのメインバンクというだけではない。佐藤氏は審議員会の副議長なので、副会長になる要件を満たしている。

      そこで、佐藤氏が副会長になるというシナリオが描かれた。今回も、永易氏の後任副会長は、三菱UFJFG社長の平野信行氏が有力視される。財界では、経団連副会長就任に備えた人事と受け止められている。

      「銀行業界から國部氏、平野氏の2人が副会長に座れば、佐藤氏の席はない。 佐藤氏は悲願の副会長の座を射止めることができるか。または、20年春に國部氏が任期満了を迎えるまで待つのか。 ●サプライズ人事はあるのか 商社枠も注目だ。

      副会長就任に意欲満々と取り沙汰されている審議員会副議長が2人いる。

      新浪氏は経済同友会の代表幹事の候補になったこともあって「手垢がついている。

      井阪氏が副会長になれば、セブン&アイ会長に退き、社長の椅子は創業家の伊藤順朗取締役に“大政奉還”される方向とみられている。

      業界枠がぎっちり固まっており、“中西カラー”を打ち出しにくい。 中西経団連は、どんな副会長の起用で、独自色を出すのか。経団連に見向きもしないIT関連やエレクトロニクス業界といった勢いのある経営者を取り込むことができれば、新しい風が吹くだろう。孫正義会長兼社長が入閣すれば、それこそ“ビッグサプライズ”となる。

      日本生命、揺らぐ「不動の業界首位」…「株式会社化」に市場が関心

      生命保険最大手の日本生命保険は、清水博取締役専務執行役員が4月1日付で社長に就任する。筒井義信社長は代表権のある会長に就き、岡本圀衛会長は相談役に退く。京都大学理学部で数学を専攻し、1983年に日生へ入社。アクチュアリーは国内に正会員が1700人弱しかいない。超難関試験をパスしないとなれないプロフェッショナルだ。

      営業の最前線である支社長を経験していないが、商品開発や企画、資産運用などの中枢ポストを歩んできた。2011年、筒井氏の社長就任時には、総合企画部長として中期経営計画の策定を指揮した。16年に取締役専務執行役員に昇進し、資産運用部門を統括してきた。 日生は昨年12月、米国の大手資産運用会社、TCWに出資した。ある預かり資産の8割以上を米国債券で運用している。

      日本国内は超低金利という厳しい環境が続いていることから、日生はTCWに資産の一部の運用を委託して収益を上げるのが狙いだ。

      TCWへの出資の交渉役を担当したのが、資産運用部門の担当役員だった清水氏である。15年3月期に、100年以上守り続けてきた首位の座を明け渡す事件が起きたためだ。

      これまで、清水氏は筒井氏と二人三脚で歩んできた。筒井氏のM&A路線を引き継ぎ、さらに発展させるための“攻め”の社長交代と位置づけられている。

      清水氏は記者会見で、「業界の揺るぎないマーケットリーダーでありたい。 集めた保険料を国債に投資すれば安定した収入を得られる時代は終わった。そのため、M&Aに軸足を置き、積極的にリスクを取りに行くというわけだ。

      日本生命の17年4~9月期の連結決算では、保険料等収入は前年同期比3.9%増の2兆7324億円、保険の本業からの収益を示す基礎利益は0.7%増の3449億円とプラス成長になっている。

      しかし日生単独では、日本銀行のマイナス金利導入で貯蓄性商品の販売が抑制されたほか、予定利率の引き下げの影響が出て、保険料等収入、基礎利益とも減収減益だった。 買収した三井生命とMLCが増収増益だったことが寄与して、連結決算の業績を押し上げた。 ライバルの第一生命HDの4~9月期の保険料等収入は2兆2224億円、株式を上場したかんぽ生命保険は2兆2036億円。両社に、いったんは抜かれたが、すぐに抜き返し、4~9月期に突き離した。いえ、2位以下が猛追しており、厳しい環境にあることに変わりはない。さらなる大型のM&Aを実施し、突き放したいところだ。

      第一生命HDは株式会社になり、上場を果たしている。

      株式会社に組織を改めて株式を公開することも、ひとつの選択肢となる。国内最大の機関投資家である日生が株式を公開すれば、証券市場に新しい風が吹くのは間違いない。 清水新体制の経営課題は数多くあるが、株式公開が最大のテーマとなる。

-->
考察。「第一生命ホールディングス」とは何か?

「第一生命ホールディングス」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

話題のトピック

ブログで注目


    Googleでホットな話題