なぜ「穀雨」なのか?

「穀雨」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      あじさい寺・春日大社・茶粥…初夏の奈良を楽しみつくすおすすめスポット

      石仏を2種類の花が彩る美景は6月下旬頃まで コスモス寺の異名を持つ古刹には、3種類200株のあじさいと、約3万本の希少な夏咲コスモスが紡ぐ美しい風景が広がる。願い事を書いて 奈良ホテルから散歩気分で夫婦大国社へ。夫婦の大国様が祀られる珍しい御社には、結婚をはじめ様々な良縁を願う人々が訪れる。 明治時代の面影を残す重厚華麗な空間で、緑茶でさらりと炊き上げた茶粥をゆっくり味わって 100年以上の伝統を誇るホテルでは、宿泊者以外もメインダイニングを利用できる。おすすめは奈良の郷土料理でもあり、あっさりやさしい味わいが朝食にぴったりの茶粥。木の根元などに隠れる習性がある赤ちゃん鹿を探して、驚かせないように、そ~っと撮影も楽しもう。 発酵たまごたっぷりロールケーキ 浮見堂に近く、古都の風情漂う小道に佇む 築100年の古民家でいただけるのは、発酵卵などを使い健康を意識した5種類の手作りスイーツたち。奈良県産の旬の果物を使った酵素ジュースなどのドリンクも多彩に揃う。 中華ベースの粥や麺類などを食べられる店では、5月上旬からかき氷が始まる。内容は月替わり 築150年の町家を改装した数寄屋造りの奥座敷で、リーズナブルにフレンチを楽しめる。信楽焼の器を飾り、箸で食べる料理は和のテイストも融合。しっとり流れる時間の中で古都のディナーを堪能して。グローバルファイナルで優勝した金子道人さんの店。気軽に会話をしながら、その人に合うオリジナルを生む。店の造りにもカクテルにも驚きと大人の遊び心が詰まる。
      関連キーワード - 結婚 -

      牡丹をめぐるとある疑問。七十二候「「牡丹華(ぼたんはなさく)」

      上代に大陸から日本に伝わり、その後大いに愛されて、鑑賞に、日本画や着物、焼き物や彫刻、刺青などの意匠となった牡丹。呼ばれ、間近で見ると息を呑んで見つめずにいられません。
      もちろん、奈良桜井市の牡丹で有名な長谷寺や、東京上野東照宮の冬ぼたんを訪れて楽しむような、牡丹好きの方には関係ない話です。混同している人が一定数いることに気がつきました。

      巨大な花をつける牡丹は落葉低木で、葉は切れ込みが深く薄い華奢な葉です。語源といわれるとおり、分厚く、つやつやとした濃い緑の葉が特徴です。ちろん椿は椿で、わび茶の世界で愛される、枯淡の滋味深い趣があり、また、花盛りに木一杯に真っ赤な花をつけるときには妖しい美しさがあります。つながるのはわかるけれど、牡丹の開花時期は実際には春の彼岸ごろではなく今頃です。こうしたイメージ、連想からいつの間にか、まるで似ても似つかない牡丹と椿が混同されるという事態が起きてしまったのではないかと思われます。いわれる日本風の筋物の刺青は、この頃に確立したものだといわれます。同様、おめでたい吉祥の組み合わせの意匠として成立しているのは確かですが、ではどうして、いつごろ、どんな意味があってこの組み合わせになったのかは実のところはっきりわかっていません。
      近世ごろからの俗説の可能性もあるように思われます。狛犬の中には、牡丹とおぼしき草をむしゃむしゃと食べている変った石像もあったりします。
      関連キーワード - 結婚 -

      二十四節気「穀雨」。春の雨が降るたび新緑が輝くころ

      関東では真夏日を記録したり、北国では雪が降ったり、全国的にさまざまな天候となった今週。降る時節 思いがけず長きにわたって、花時を楽しめた今年の春。東北地方から北海道にかけては、これからがお花見の本番。 新潮日本古典集成の注釈によると、 「邪気を払う葦の豊かに茂る原であって、いつまでも豊かな収穫が続く、みずみずしい稲のできる国、の意。ころには青々とした若葉が群落となった風景が見られます。すだれや屋根材に、燃料に、筆鞘や楽器など、古くから暮らしの中で使われてきた葦。豊かな水辺に緑の葦が生え、鶴が大きな翼を広げて飛来していた古代。 ひっそりと地面近くで咲く草花のスズランとは違って、ドウダンツツジは落葉性の低木。春の芽吹きの頃、スズランによく似た白い小さなつぼ型の花を枝から垂らし、木全体をおおうほど一斉に咲かせます。秋に美しく葉を紅葉させるドウダンツツジとは違い、こちらは常緑。開花時期はやや早く、花は枝分かれせず房状に連なって咲きます。 桜が華麗に散り去った後も、慈雨に潤み、蕾から次ぎつぎと咲きほころぶ晩春から初夏の花たち。
      関連キーワード - 結婚 - 穀雨 - - 季節 -

      「葭始生」水辺の植物も、芽吹き始める|七十二候ダイアリー

      なんとなく思うことがあるものの、僕らが日常生活の中で季節の変化を意識することはそんなに多くない。そのときの旬の食材を食べ、旬の花木を愛でる生活をし、自然の移り変わりとともに今よりずっと細分化された季節の移ろいを感じていたのだ。

      や旬の食材を知ることで、普段よりも敏感に季節の変化を意識できる。季節の移ろいを感じ、取り入れてみて、暮らしに深みをもたせよう。山が緑に包まれ桜が咲き誇るだけでなく、水辺にも春は訪れている。

      力による人間の可能性を訴え、風に吹かれても元に戻る葭と照らし合わせて説いたものだ。

      21世紀の今でも、夏の暑い日差しを弱めるために、すだれを立て掛けている家庭は多い。葭はとても長い間、人々の暮らしに寄り添ってきたことがうかがえる。 旬の食材 マアジ 春から夏にかけて旬を迎えるが、1年中食べられる魚。どう調理していいか迷うほど、そのバリエーションは豊かで、一般的な開き、フライはもちろん、塩焼き、たたき、南蛮漬け、なめろうなどなど、日本人がこれまでどれだけ多くのアジを消費してきたかがメニューの多さからもよく分かる。 見た目からも一般的なごぼうとは異なり小さく、

      しかし、柔らかいのが特長。 本日の一句 故郷やどちらを見ても山笑ふ 正岡子規 緑が生い茂るこの季節、冬の景色とは一変して山々が色づき始め、まるで笑っているようだと詠んだ一句。生まれた正岡子規が、自然豊かな故郷の春を想い、この句を詠んだと言われている。


      関連キーワード - 結婚 - 穀雨 - - 季節 -

考察。「穀雨」とは何か?

「穀雨」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

穀雨に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • ロック◎天智即位1350年!さん: RT @koku_nara: おはようございます!良いお天気の奈良市内、穀雨オープンしております!!明日から大寒とは思えぬ暖かさ…また週明けより冷え込むようです。ホッコリ中華粥と辛旨☆担担麺で、お腹からポカポカに!本日もお待ちしております〜!あっ、昨日の産経新聞に掲載していただ… - 1 ヶ月 4 日と 18 時間 59 分 45 秒前
  • FAKE BOT 島村 卯月さん: @__MAMI_FTM 穀雨ですね. - 1 ヶ月 4 日と 20 時間 54 分 52 秒前
  • 魔女☪アンの占いぼっとさん: 穀雨(こくう)」春雨が多くなり植物が成長する時期。田畑が潤い、その成長を助ける時節。4/20.21頃。 - 1 ヶ月 5 日と 3 時間 49 分 55 秒前
  • 小林芳雄さん: 大変そうですねぇ~ (@ らーめん穀雨 in 渋谷区, 東京都)
    > https://t.co/u3c0oLiIGl


    > https://t.co/X42wyHWO4H

    - 1 ヶ月 5 日と 15 時間 11 分 12 秒前
  • 雑貨smileさん: RT @nara_raku: 【更新しました】穀雨☆奈良町の中華粥屋さん。寒い季節には中華粥がぴったり
    > https://t.co/k6Bs7T8mlG

    奈良町に移転された穀雨さんに行ってきました
    > https://t.co/9BfKhtQLKc

    - 1 ヶ月 5 日と 19 時間 53 分 37 秒前
  • 小林芳雄さん: 塩ラーメン720円!(^o^)/ 成程、手間がかかってそうで美味ですが、まあ、普通といえば普通…… 場所: らーめん穀雨
    > https://t.co/6buUjNrJrE

    - 2 ヶ月 8 日と 20 時間 19 分 22 秒前
  • 小林芳雄さん: 担々麺にしようかな?とも思いましたが、初めてなので塩ラーメンに(^_^) 後からお客さんがドンドン来て、今4人が立って待ってます! 場所: らーめん穀雨
    > https://t.co/tpnt6Whpom

    - 2 ヶ月 8 日と 20 時間 37 分 12 秒前
  • 小林芳雄さん: 12時開店だなと思って来たら既に行列!(>_<) カウンターのみで9席の店に、9番目に潜り込みました!(^o^)/ 場所: らーめん穀雨
    > https://t.co/GbVSQ3LP7e

    - 2 ヶ月 8 日と 20 時間 43 分 31 秒前

話題のトピック