なぜ「矢野燿大」なのか?

「矢野燿大」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      【プロ野球】矢野燿大氏が阪神、荒木大輔氏が日本ハムの2軍監督就任に就任。若手育成の重責を担う!

      ポストシーズンで勝ち残っているチームを除けば、もう来季を見据えながらの選手、首脳陣の人事異動の時期に入っている。

      そんななか、阪神と日本ハムで新たな2軍監督の就任が発表された。 ※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題! ■矢野新2軍監督は1軍ベンチからの異動 ここ2年、阪神2軍の注目度アップに大きく貢献した掛布雅之2軍監督の契約満了に伴い、今季まで1軍作戦兼バッテリーコーチを務めた矢野燿大氏が2軍監督に転身。若手を鍛え上げて1軍に送り込む重責を担うこととなった。 矢野2軍監督と金本監督は同い年で、現役時代も同じタテジマのユニフォームを着たチームメイト。金本監督が一浪したため、学年は矢野2軍監督がひとつ上。プロ入りも矢野2軍監督のほうが1年先輩ではあるが、気心は知れている間柄であることは間違いない。 2年間、1軍ベンチにいただけに、チームの現状は誰よりも把握しているはず。梅野隆太郎に続く捕手の育成、固定できる1番バッターの育成など仕事は山積だ。

      矢野2軍監督のもとからどんな若虎が現れるのか楽しみにしたい。 ■栗山監督とは旧知の間柄の荒木新2軍監督 昨季の優勝から一気に5位に転落した日本ハム。こちらも戦力の底上げと整備が急務だが、体調不良により退団する田中幸雄氏に代わって、荒木大輔氏が2軍監督に就任することとなった。 早稲田実出身で甲子園アイドルだった荒木2軍監督は、ヤクルト、西武、横浜で現役生活を送ったあと、2004年から2007年まで西武で、2008年から2013年まではヤクルトで、おもに投手コーチとしての指導者経験を積んでいる。

      栗山英樹監督とは、現役時代、ヤクルトで同じ釜の飯を食った仲。 今季限りでの渡米がもはや既定路線化している大谷翔平だけでなく、FAなどによる主力メンバーの流出が囁かれている日本ハム。常の球団経営方針を考えれば、抜けた穴を埋められるだけの若い芽が投打に渡って出てこない限り、チームの浮上は難しくなるだろう。荒木2軍監督の指導力、選手の力量を見極める目は非常に重要だ。

      ■2軍監督がチームに追い風を吹かす 阪神と日本ハムでは状況が異なるとはいえ、過去10年のAクラス入りの回数は、阪神が6回、日本ハムが7回と、ともにリーグの上位常連球団だ。

      その1軍を支える新たな2軍監督が、どういった指揮官ぶりを発揮するのか。1軍との意思疎通も含めてしっかり機能するようなら、これ以上ない援軍となるだろう。

      【プロ野球】妄想「格闘技」対決! 60発男・バレンティンの突進を止める日本人選手、出てこいや!

      顔面付近に当たる死球とり、両軍入り乱れての大乱闘が発生した。阪神の矢野燿大作戦兼バッテリーコーチを突き飛ばすなど大暴れ。 普段は陽気なスラッガーも、一度怒りに火がつくと誰も止められない。パワーみなぎる大立ち回りに目が釘づけとなったファンも多かっただろう。腕っぷしでもNPB最強の呼び声高いバレンティンだが、果たして、サシで闘って勝てる日本人選手はいるのだろうか、と。 ルール無用の闘いであれば、勝てる日本人選手はそうそういないと予想するが、この妄想対決はあくまでもルールのある格闘技。なれば、勝機を見出せる可能性は多分にあると筆者は考える。体格面ではバレンティンに正面からぶつかっても当たり負けはしないだろう。風貌通りの格闘技センスを発揮すれば、勝機を見出せるはずだ。

      しかし、それ以上に相撲と細川には深い因縁がある。相撲技で外国人選手に敗れた9年越しのリベンジを果たし、あの悔しさを晴らしたい。バレンティンは相手にとって不足なし! ■怪力にはテクニック&スピードで対抗だ! 相撲での闘いも興味深いがプロレス対決も魅力的だ。

      決する勝敗では、体格のハンデをテクニックとスピードでカバーできる。力勝負を挑むのではなく、スピードと柔軟性で対抗。守備同様に、トリッキーな動きでバレンティンを撹乱させてから、隙を突き、バレンティンの痛めている左足に低空ドロップキック。 バランスを崩したところで、間髪入れずスモールパッケージホールドで丸め込み、3秒間ピンフォール。的なフィニッシュホールドで、世紀の番狂わせを起こす可能性は非常に高い。

      しかし、一度捕まれば、体格、パワーの差から見て勝機は皆無と見ていいだろう。これまでに数々の武勇伝を残すなど、ファイターとしても天才的な才能を秘めている。

      中田こそ対バレンティンの最終兵器と見て間違いないだろう。 嫌いな先輩を頭から洗濯機にぶち込んだという武勇伝もささやかれる中田。

      しかし、シーズン60発を放ったバレンティンの豪腕ラリアットが火を吹けば、中田とて無事ではいられまい。現在、日本球界最高峰の黄金カードとも言えるマッチアップの勝敗やいかに……。

      しかし、ひとつのエンターテイメントとして、たまには勃発してほしい、という誘惑にもかられてしまう。そう思っているのは筆者だけだろうか……。そして乱闘を眺めながら、その輪のなかで最強の選手は誰かと妄想する。

      【プロ野球】死ぬ気で勝つ! 阪神・優勝争いのキーマンは気迫でチームを鼓舞する糸井嘉男だ

      やはり不安が的中した! 広島との開幕3連戦で阪神は24失点、8失策。開幕前から不安視されていた守備の弱さを露呈してしまった。 ここまで失点しても、1勝2敗と何とか3タテを食い止められたのは、1戦目の9回表に飛び出した福留孝介の2ランホームランがあってこそ。 スタンドが真っ赤に染まった完全アウェー状態で、6回以降の試合の流れからするとひっくり返されてもおかしくない展開だった。

      ただ、この3連戦では1戦目に10得点、2戦目に8得点しているところを見ると、昨季のような貧打は払拭しているように思える。スローガンの下、Bクラスに甘んじたものの、若手の台頭が目覚ましい1年だった。 ※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題! ■開幕からチームを引っ張るベテラントリオ 先述した通り、守りの不安とは裏腹に打撃陣は開幕から好調だ。

      特に新加入の糸井嘉男、開幕から4番を張る福留孝介、今年完全復活を図る鳥谷敬が絶好調。オープン戦では快音が聞かれなかったが、さすがベテラントリオ。 チームコンディション的には、若手が好調で突っ走るのもいいが、やはりベテラン選手が安定して打ってくれる方がいい。若手は壁にぶつかり急降下する可能性があるが、好調なベテラン選手は1年を通して結果を残すことが多いからだ。

      好調なベテラン陣に加えて、昨季の高山俊、北條史也、原口文仁に続く若手が頭角を現してくるとチーム力は一気に上がる。を跳ね除け、昨季以上の成績を残してくれれば言うことはない。ために打席に立つ糸井 今季の阪神の不安要素の1つでもあるのが、復活を期待される藤浪晋太郎だ。

      4月4日の京セラドームでのヤクルト戦では制球が安定せず、5回で8四球と大乱調。乱闘を誘発する死球まで与え、不安な状態を残したまま降板した。安定感を欠く要因としては技術的なことより、気持ちの部分が大きいのかもしれない。応戦した矢野燿大バッテリーコーチが退場となったが、矢野コーチ、高代延博ヘッドコーチをはじめ体を張って参戦した首脳陣の姿にナインが発奮。 続く、6回、7回を松田遼馬、8回を藤川球児が熱投。気合のこもった打席で、ライトスタンドに叩き込んだ。

      150キロストレートを完璧にとらえ、打球は弾丸ライナーでライトスタンドに突き刺さった。気持ちを若手が持ち続けられるか 守備の弱点はシーズンを通して克服しなければならない課題だ。

      しかし、守備は一朝一夕でうまくなるものではなく、現メンバーで戦う以上、ある程度の失策は仕方ない。藤浪だけでなく、若手を中心に阪神の選手は総じておとなしい印象がある。 開幕4戦目、5戦目に見せた糸井のホームランは、気迫で打ったようなものだ。

      この気持ちを若手が持ち続けてこそ、今季の阪神は面白い存在になる。 まろ麻呂企業コンサルタントに携わった経験を活かし、子供のころから愛してやまない野球を、鋭い視点と深い洞察力で見つめる。

      【プロ野球】《阪神・超変革を振り返る》広島の“走りっぷり”と阪神の“走塁”を比較してみた

      超変革の重要課題の一つとしていた“走塁”。

      しかし、シーズンが終わってみれば盗塁数はリーグ最下位。“走塁”の変革はいかにして成し遂げられるか。 ■意外にも盗塁成功率では広島と遜色がなかった 早朝のウエートトレーニングから始まり、午前中にハードな個人練習を経て、午後の全体練習に移る強行スケジュールは、今シーズン、不甲斐ない成績で終わったチームに喝を入れるにふさわしいメニューだ。

      その中にあって、外部の専門家を招聘し、野球以外の分野から技術指導を仰いでいる。

      一方、思うように塁を進められないイメージのある阪神。

      ただ、盗塁成功率を見ると、意外にも阪神の方が上回っているのには驚いた。 もちろん盗塁成功数が多ければ多いほど、得点圏にランナーが進むケースが増え、得点に結びつく可能性が高まる。そのため、勝利を呼び込む公算が大きくなることは言うまでもないのだが……。 “足が速い”“盗塁の技術が高い”“投手のクセを読める”など、いろいろな要素はあるだろう。 広島との盗塁数の差は、両チームの出塁率の差がそのまま反映されたと言えなくもない。 広島のチーム打率は.272に対し、阪神は.245と3分近く低い。 広島は打てるから積極的に仕掛けられるということならば、成功率で遜色のない阪神は出塁率を上げさえすれば、同じように仕掛けるチャンスも広がるはずだ。

      かつて2001年から5年連続で盗塁王に輝いた赤星憲広の通算打率は.295、通算出塁率は.365だった。赤星はスピードもあり、スライディング技術にも長けていた。 ■出塁できないから仕掛けられない悪循環 矢野燿大作戦コーチが、今シーズンを振り返りこんなことを言っていた。 打てなくなると、ランナーを大事にするために積極的に動けなくなる。そうなると得点圏にランナーが進むチャンスが減り、結果的に得点に結びつかない。 当たり前とはいえ、すべてはここに尽きるのかもしれない。 まろ麻呂企業コンサルタントに携わった経験を活かし、子供のころから愛してやまない野球を、鋭い視点と深い洞察力で見つめる。

考察。「矢野燿大」とは何か?

「矢野燿大」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

矢野燿大に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 阪神タイガース応援歌BOTさん: 湧き立つ大地に 輝る男猛虎の要矢野 狙い打ち(矢野燿大 応援歌) - 1 日と 13 時間 19 分 31 秒前
  • わんわんさん: 矢野燿大』とか、レジェンドが主役のプロ野球ゲーム!一緒にプレイしよ!⇒ 
    > https://t.co/mfunB8zV8T


    > https://t.co/mUKKoXaiiI

    - 1 日と 21 時間 6 分 29 秒前
  • 我慢@2003星野阪神の執念をもう一度さん: RT @torisuke88: 【星野の記憶】矢野燿大氏“無言トレード”で遺恨「見返したい」が「認められたい」に― スポニチ Sponichi Annex 野球
    > https://t.co/I6IqEtSpUD

    - 2 日と 2 時間 36 分 48 秒前
  • 最新野球ニュース&コラム包囲網さん: 落合博満 × 矢野燿大-1.mp4 
    > https://t.co/wzwQks2hsP

    #過去記事 - 2 日と 3 時間 52 分 8 秒前
  • ゆきは★将来の夢はサンタクロースさん: 【定期】甲斐田ゆき様 錦戸亮 矢野燿大HUNTER×HUNTER 関ジャニ∞☆NEWS 阪神タイガースViViD KANA-BOON - 2 日と 6 時間 42 分 37 秒前
  • 辛口阪神ファンさん: 【阪神タイガース】夢の中で矢野燿大の引退試合・・・アレッ?
    > https://t.co/1vLqTIVbyO

    - 2 日と 10 時間 53 分 37 秒前
  • meigenkakugennetさん: 目をつぶると韓国のバッターが1番から出てきて、どないして抑えたらええやろとか、展開を考えてしまうんですよ。もちろん、抑えて勝つって想像もしてるんですけど、同時に、自分のミスで負けたらどないしよっていうのがあって……怖かった、うん、やっぱり怖かったですね。|矢野燿大http:/ - 3 日と 11 時間 7 分 59 秒前
  • もしなのさん: RT @pumpkin_soap: シークレットゲスト。もしかして、矢野燿大あるんじゃないかと思ってる。#水樹奈々 #LIVE_GATE #NMLG - 3 日と 23 時間 38 分 36 秒前
  • 藤村甲子園111さん: 矢野輝弘(燿大) 2003年チーム防御率セ・リーグトップ3.53 打率.328(433-142)14本塁打79打点 初のB9とGGを獲得 - 6 日と 21 時間 41 分 26 秒前
  • さんじさん: RT @RUNA_arairyota: やっと飾れた - 7 日と 15 時間 57 分 5 秒前
  • めぐザイルさん: RT @npb_ikemen_bot: 矢野燿大(元中日、阪神)#イケメンだと思ったらRT
    > https://t.co/hpCYycpiH2

    - 10 日と 11 時間 8 分 45 秒前
  • Yukiさん: RT @asahi_osakaban: 【#高校野球 #矢野燿大】大阪)「下手でも勝てる方法はある」 矢野燿大さん:朝日新聞デジタル
    > https://t.co/PL7DVT1F4J

    - 11 日と 8 時間 27 分 15 秒前

話題のトピック