なぜ「武藤昭平」なのか?

「武藤昭平」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      無二のロックベーシストが“旅の途中”で迎えた至上の日 ウエノコウジ 50生誕祭をレポート

      ウエノコウジ撮影=三吉ツカサ ウエノコウジという存在を知ってから、20年になる。ELEPHANTのベーシストとして、実家の部屋にある本来はベース音があんまり聞こえないはずの安物CDコンポから、ドスの効いた重低音を吐き出していた。いきなり個人的な話になってしまったが大目に見てほしい。そういう無数の“出会い”と歴史が、この日のO-EASTには溢れていた。何しろ、客席もステージ上も、会場に集ったのは皆、この50年間のどこかでウエノコウジという存在を知り、出会い、その人柄やベースの腕前に惚れ込んだ人ばかりなのだ。

      ボヤきつつも、随所にネタを仕込みながら軽快にトークを展開。リズムを刻み、軽快ながら質量の高い塊のような音が転がり出す。わずか2曲という短いステージではあったが、シンプルなスリーピース編成とガレージ/ロックンロールなサウンドは、ウエノコウジの核ともいえる鋭く重いベースラインを存分に堪能させてくれた。ばかりに、場内一丸となった熱い拍手と歓声が送られた。ドラムの両脇にギターと鍵盤が配され、ウエノが一歩前に出たフォーメーションとなっているのは、このあと次々に登場するゲストボーカルとウエノがフロントに並び立つための配置である。 山本健太 佐々木亮介撮影=三吉ツカサ 「今日は野郎しか出ません。
      かつて憧れ倒したであろう存在に背中を預け、並び立つ佐々木は、堂々たるトップバッターぶりであった。 花田裕之撮影=三吉ツカサ そこへ続くのは、ウエノにとって「すごく憧れてます、ずっと。古市のアコギ、ウエノのウッドベースとともに温かみのあるブルースをじっくりと届けてくれた。 百々和宏撮影=三吉ツカサ 百々和宏は、「飲まなかったらイケメン。見せた鬼気迫る絶叫は、鮮烈なインパクトと熱い何かを、確かに聴く者の胸に残していった。イントロが演奏される中登場したのは、バンダナにグラサン、ダメージデニムに黒Tシャツを捻じ込んだ“世良TOSHI-則”ことTOSHI-LOWだ。

      これまで東北や熊本など被災地を勇気付けてきた歌声は、O-EASTにおいてもひたすら愛に満ちて、そして強い。いきなりのハイテンションと強引なまでの盛り上げで高らかに祝福、たちまちアッパーな空間を作り上げた増子直純。ウエノのウッドベースでのスラップ奏法と、ものすごい声量を誇る増子のハスキーボイスで甦る名曲に、場内は熱狂に包まれた。リズム隊が低くテンポだけを刻む中、時間が経過するほどに激しさを増し高音へ遷移していくフレーズと、歌うようなその音色に、聴く側の内面からもジワジワと昂揚感が湧き上がっていく。ソウルフルな歌声や天性のグルーヴ感もさることながら、この人はやはり生粋のギターヒーローだ。

      奔放な立ち振る舞いと、決して前へ前へと来るわけではないユラユラとしたアクションなのに、その佇まいと存在感は間違いなくロックでパンクなのだから不思議である。刹那的に繰り返されるシャウトに、場内のボルテージもひときわ高まっていった。 タブゾンビ撮影=三吉ツカサ 最後に登場したゲストには度胆を抜かれた。イントロがトランペットで演奏された次の瞬間、ものすごい歓声が場内を支配し、大騒ぎに。始まれば、キレのあるギタープレイでたちまち耳目を惹きつける。加山雄三撮影=三吉ツカサ ここまでおよそ2時間。通常のライブであればもう終わっていても普通なのだが、まだまだ続く生誕祭。 登場を告げるSEが流れ出すと、オーディエンスたちが前方へギュッと凝縮。バンドにとって今年初ライブであり、何より先輩であり同士でもあるウエノの祝祭ということで、ステージに現れた5人の姿勢と纏う空気からは、明らかに気合がみなぎっている様子が見てとれる。轟音と炸裂音が濁流のように渦を巻き、最前列付近ではクラウドサーフも始まった。鍵盤のフレーズと、柏倉の何ビートか判別不能なくらい緻密に細かく刻む打音が火花を散らす。リズム楽器の範疇を超越する高次元のせめぎ合いを目の当たりにすると、それでも彼らのサウンドがバランス崩壊せず、難解な実験音楽風になることもないのは、ウエノコウジの存在によるところが大きいのだと、改めて感じる。スリーピース編成時や、パンク/ガレージ系の楽曲でみせるような、バンドをゴリゴリと推進させるエンジンの如きプレイではなく、ときにリズムキープの役を負ったり、アンサンブルの隙間を埋める気の利いたフレーズを入れ込んだり。こういったプレイヤーとしての引き出しと懐の深さは、彼が今なお進化中である証といえるだろう。痛みや寂しさ、孤独感を歌う曲ではあるが、細美の歌声も、masasacksの歌うようなギターソロも、コーラスをする観客たちも、場内を包み込む空気そのものも、ひたすら優しい。武藤不在の寂しさが、ふっと希望に変わっていくような、そんな時間が流れる。流れだし、再登場したメンバーが全員、バックドロップと同様の“Carp”っぽい字体で“Ueno”と書いた真っ赤なTシャツに着替えたところで、ウエノのMCがあった。 ウエノコウジ撮影=三吉ツカサ 語られたのは、たくさんの感謝とこれからへ向けた言葉。自身がセレクトしたセットリストの最後を飾るナンバーを紹介する。会場を揺るがすほどの大歓声に迎えられ、瑞々しく奏でられたその音は、紛れもなくウエノコウジの音楽人生に対する最大級の祝福であり、揃いの赤Tシャツに身を包んだ5人からあの場にいた全ての人へと送られた、バンド讃歌でもあったはずだ。

      「もっともっとたくさんライブして、みんなを笑わせて。日本全国のライブハウスやフェス会場や酒場で、ウエノコウジはベースを弾き、また僕らを熱くさせてくれるんだろう。その旅路の先で、55歳か60歳か、ひょっとしたら80歳か分からないけれど、再びこんな日が待っていたら素敵だなと思う。そのときはもちろん、武藤昭平との酔いどれライブも一緒に。

      ホリエアツシのロックン談義 第5回:ウエノコウジ(と、飛び入り参加の日向秀和)

      DAY』のリリースを記念して、僕たっての希望で居酒屋対談させていただきました。

      集合が夜遅めの時間だったので、その前にひなっちと晩御飯を食べていたんですが、ノリでひなっちも飛び入りすることになりレアな三者鼎談となりました。

      思い出話や与太話から、先輩ロックアーティストしてのアドバイスもしっかりと頂き、胸が熱くなるロックン談義。この後に予定されていた武藤ウエノのツアーは、武藤さんの病気療養のためキャンセルとなりましたが、武藤さんの一刻も早い快復と、また元気な姿でご一緒できることを願っております。 ――今でこそ共演や交流も多いですけど、世代的には結構離れているじゃないですか。 ――へえ! ホリエ:その飲み会に武藤さんも来てて。 日向:しかもその店に行くまでも、ズッチーズッチーって鳴ってるようなクラブを通らなきゃいけなくて、若いからその時点でもう怖いじゃん。行ったらミッシェルのメンバー全員革ジャン着てるしさぁ。そういう結構ハートフルな話してたら、バコーン!!って何かが降ってきて、机の上に。その頃からひなっちと仲良かったんで、その話も聞いてました。

      ウエノ:でもね、多分ひなっちもホリエも信じないと思うけど、最近飲むの飽きてきたんだよ。 ウエノ:こういう風に一杯飲んじゃうと、楽しくなっちゃうから飲むんだけど。地方とか行くとホテルに引きこもるんですけど、そのぶん買っちゃうから、結局は飲みに行った方がいいなっていうくらい飲んじゃったりします。 ホリエ:僕は近所に行きつけの店があって、そこには行きます。大将とも仲が良くて、常連のお客さんともしゃべれるっていう、そういう感じだったら行きます。 ウエノ:俺は基本的に行かないんだよね、唯一来れるのがここだから。 ホリエ:僕は今日初めて来ましたけど、噂には聞いてました。

      日向:でも深夜の役者論だけはちょっと……。 ウエノ:はっはっは!! 日向:あれは伝説ですよ。一葉くんという3組で出て、翌日が『GAMAROCK』だったんですよ、塩釜の。 ホリエ:役者論をずっと、3周ぐらい聞かされて。有森也実さんと役でチューしたっていうのを、ひたすら語るんですよ。 日向:それプラス有森さんがいかに素晴らしい人かを1時間くらい。 ウエノ:俺は5人の会話をグルーヴさせよう、グルーヴさせようと思ってるんだけど、ずっとホリエだけに言うんだよ。 ホリエ:最終的には武藤さんが眠くなって「すみません。
      DO!にメジャーのバンドが来るっていうのはなかなか無かったんですよ。 日向:すっごい好きだったからね、ミッシェル。東京に出てきてからよりハマって、でももうチケット取れなくなってたからライブは行けなくて。決定打みたいなものを作ろうとしてたんだろうね、多分。 ――あそこから一気に質感が変わった印象はあります。 ウエノ:ストイックみたいな方向に行っちゃったのかなぁ。やっぱり、気持ちが入れば早くなるっていうのが、人間だから普通だろうって思ってたんだけどね。

      最後までずっとファンで、最後の幕張の日ももちろん行きましたし。最前でダイバーを受け止めるバイトやってたんですけど、それで鎖骨折ったんですよ。こう一緒に並んでるっていうのが信じられないくらいの。中津川に吉川さんを呼びたいっていう話になって、ちょっとフェスっぽいバンドにしたいっていう。頃からファンで、Complexなんてめちゃめちゃ好きで、全曲歌えるくらいですよ。 日向:僕も好きです! ホリエ:でも吉川さんには挨拶したことない。 日向:そんなこと言ったら、いっぱいいるじゃん。車に轢かれたら池畑さんの形にバンパーが凹んで止まったとか。をツーシームで投げたら、百々がちょっと揺れたっつうんだから。 ウエノ:あのね、俺はひなっちと8つ、ホリエと10違うんだけど、それだけ違うとルーツが違うんだよね。

      良い意味で色んなところから取り入れることができてるなって、いつも思うんだよね。

      俺はパンクが好きでさ、そこから遡ってロックンロールだ、ロカビリーだとか、そういうとこに行くんだけど、もうルーツがゴッツリ固まっちゃってるから。そういう意味では一つ下の世代のみなさんは色んなことを吸収できてるんだなぁと、羨ましいなぁと思う。 ウエノ:本っ当の一番最初はキャロルだけどね。

      近所に悪いお兄さんがいて、その人がキャロルや甲斐バンド、RCサクセションとか教えてくれて。 日向:じゃあ、そこで色んな悪さを知ってしまった。 ウエノ:そのお兄さんはもしかしたらそうだったかもわかんないけど、単純に音楽ありきで、子供心に革ジャンでリーゼントは俺の中で憧れだったね。

      僕は全然不良じゃなかったですけど、バンドやってる人ってなんか不良なイメージがあった。不良が、言ったらクリエイティヴなことをやるわけじゃないですか。 ホリエ:そういう意味では、ウエノさんは今に至っても一貫してるものがありますよね。

      白人の方がブルースに憧れてやってる感じというか。 ホリエ:ああ! ウエノ:ブルース愛がもう、ハンパないわけよ。昔のさ、ストーンズのレコードにもカントリーの時期があったりして、そういう曲って昔は退屈だから飛ばしてたんだけど、今聴くとむしろそっちの方がいい、みたいな。カントリーが沁みるみたいなことって結構あるかも。 ホリエ:あとは好きなバンドでも、アッパーな曲しか聴いてなかったのが後々になってバラードが好きになってくるとか。 ホリエ:武藤さんの歌詞もすごく、シンプルに抜けてきますよね。

      ってコンセプトみたいなものは俺が提案するんだけど、武藤さんっていうフィルタを通すと、もはや武藤昭平節だし、そこらへんが揺るぎないのはなんとなく自信はあるんだよね。

      ホリエ:歌い方を途中で変える曲、あるじゃないですか、急にプレスリーみたいになる。 ウエノ:カラオケボックスで2人で曲作ってるんだわ。っていう有名な曲があるんだけど、その歌い回しがかっこいいってキャッキャ言いながら作ってて。 ――ライブのお客さんも酔っ払いたい人と酔っ払ってる人ですもんね。

      ホリエ:武藤ウエノのイベントには何回か誘ってもらってるんですけど、ほんっとに客が酔っ払いなんですよ。 ウエノ:年に一回、バカなことやって楽しむみたいな感じなんだ、あれは。そのためには、さすがに筋トレとかはしないけど、走ったりはしますよ。それは俺がマッチョになりたいとか、すごい健康になりたいとかじゃなくて、長いツアーをやれる感じがずっと続けばいいなと。若い頃はロックしてるか飲んでるか、で良かったんですよね。

      ホリエ:でも、俺らから見た先輩の中で、ウエノさんって一番常識人みたいな。 ――ウエノさんより上の世代って、破天荒の度合いがすごいことになってる気がするんですよ。 ホリエ:本当にヤバい人たちを見てきたんだろうなっていう感じがありますよね。

      さわおさんとかから伝説として聞く感じなんですよ。かTOSHI-LOWとかに絡まれるんだけど、ホリエって絡まれない枠なんだよなぁ。 ホリエ:そうなんですよね、でもKjからはめっちゃパンチされるかな。そこがホリエさんと通ずる部分でもあるのかなって思ったんですけど。 ホリエ:僕は勝手に、ウエノさんはすごく安心感があるっていうか。ミュージシャンとしては上には上がいますけど、でも例えばこういうメディアの人たちとかって、バリバリ働くのは30代前後が多いじゃないですか。そういう人たちよりも僕らが上になってきたのは、めちゃめちゃ楽になりました。

      30、35くらいまでは本当に、とにかく戦ってる意識がすごくて。やっぱり秀でなきゃいけないって思うじゃないですか。 ホリエ:自分のやりたいことを研ぎ澄ましていけばいいのかなって、安心できるというか、いろんなこと考えなくてもいいんだっていう。 ウエノ:もちろん、今からでもいろんな時期があるから。さっきの俺のブルースとかカントリーの話じゃないけど、いろいろな時期がある。次のレコードを作るときに何を考えてるかはわかんないわけ。だから、今やりたいこと、思ってることが出せればそれでよくて。……なんか上手く言えないんだけど、絶対、やりたいことって増えていくと思うんだ。

      言うけど、そのときにやりたいことを出せれば、いつまでだってできるような気はするんだけどね。

      ホリエ:ウエノさん見てると、ずっとかっこいいから。年取ったら年取ったなりのカッコよさがもっと出てくるんですよ。 ホリエ:そういう先輩を見てると、僕たちも今が一番いいって、自分でもそう思いたいし、そうなれてたらいいなって思う。DAY』は、30代じゃ絶対に作れなかったものだと思うんだ。

      カントリーとかって、ほっこりするための音楽じゃなくて鋭い部分もある音楽だと、今の俺は思うし、それを出せたことがすごく嬉しいんだよね。

      だから、レコードを出せる環境と、自分がまだレコードを作りたいっていう欲と、今これがやりたいっていうコンセプトさえあれば、いくらだって俺はできると思う。 ホリエ:音楽を介してできることって、自分が思ってたよりもいっぱいあるし、出会う人もいっぱいいる。

      今日こうやって3人で飲んだことがもう、一つの経験だから。これがもしかしたら何か音に表れるかもしれないよ。 ウエノ:前のレコードを作らなかったら、今回のレコードはできないはずなんだし、やりたいことはどんどんやったらいい。HIATUSのレコーディングがあるんだけど、そうやっていろんな人から影響を受けて音楽ができるって、幸せですよ。

      武藤昭平、食道がん療養のためライブ活動の一時休止を発表

      治療に専念するため、現在決まっているライブ活動の一時休止に。を迎え、内容を変更して予定通り開催されるとのこと。 精密検査を受けたところ、食道に腫瘍が出来ている事が判明しました。

      きちんと癌を克服し、今回キャンセルしたスケジュール諸共、必ず取り戻していきます。メンバーに思いを託して、歩みを止めず活動してくれると信じています。

      皆さんの前で思いっきり演奏出来る日、思いっきり歌える日を楽しみに治療に励みます。 心配をかけて本当に申し訳ないですが、必ず元気に戻ってきます。 ■勝手にしやがれ 勝手にしやがれのリーダーであり、ドラム&ボーカルの武藤昭平が食道がんと診断されました。

      リーダーが治療に専念している間、勝手にしやがれはただ存続するのではなく前進していくことに決めました。

      武藤昭平が戻るその日まで、思いきり歌って思いっきり叩ける場所をメンバー一同で守っていきます。 引き続きの応援、どうぞよろしくお願いいたします。 ■ウエノコウジ いつも応援してくださっている皆様、お世話になっている皆様へ。 全国の皆さんとお会いできるのを楽しみにしていました。

      詳細確定するまで購入済チケットは大切にお持ちください。SETで出演予定の下記公演は、武藤昭平の出演はキャンセルとなります。詳細確定するまで購入済チケットは大切にお持ちください。この公演に関するチケットの払い戻しはございません。

      『GREENROOM FESTIVAL’18』日割が発表に

      FESTIVAL’18』の、日ごとの出演ラインナップが発表となった。

    リアルタイムトレンド Part I

考察。「武藤昭平」とは何か?

「武藤昭平」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

武藤昭平に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • FMBIRD司会/DJエージェントさん: RT @USEN_C43: VINTAGE MUSIC:今週のゲストも武藤昭平withウエノコウジのおふたりです!※ご出演の武藤昭平さんが病気療養により活動を一部休止することとなりました。詳細は、武藤昭平withウエノコウジのwebサイトをご確認ください。
    > https://t

    … - 24 日と 11 時間 46 分 10 秒前
  • kaoruさん: 武藤昭平、食道がん治療に専念するため一時活動休止。「思いっきり歌える日を楽しみに治療に励みます」(
    > https://t.co/Gk4WGPj4IX


    > https://t.co/ok4yru62d9

    - 25 日と 12 時間 17 分 33 秒前
  • 忘頭さん: 武藤昭平(勝手にしやがれ、武藤昭平withウエノコウジ)、病気療養のためライブ活動一時休止 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス
    > https://t.co/1qmoRk0FyP

    - 25 日と 13 時間 37 分 24 秒前
  • naさん: Shazamを使って武藤昭平のエヴリデイ・イズ・ラッキーデイを発見しました。
    > https://t.co/7AYFmdl52o

    エヴリデイイズラッキーデイ - 25 日と 16 時間 24 分 13 秒前
  • ちゃんまりさん: RT @CoffeeRumba: 5/5武藤昭平withウエノコウジ@宇都宮コーヒールンバ公演は、中止となりました。既にチケットご購入されてるお客様の払い戻しに関しましては、後日ご連絡させて頂きます。ご迷惑おかけして申し訳ございません。
    > https://t.co/ifYS2

    … - 26 日と 1 時間 58 分 52 秒前
  • なつきさん: @4t1e0n1116 ウエノさんは過去2回会ってるからなんとなく見過ごしてしまった…チバクハラがthe birthdayってバンドやってますね チバファンは大体追っかけてる感じです ウエノさんはエルレのVoとハイエイタスとかや…
    > https://t.co/TWmPm6qT0K

    - 26 日と 8 時間 18 分 19 秒前
  • ぐりこさん: #glicoplaying 武藤昭平withウエノコウジ - 凡人讃歌 ;
    > https://t.co/jkglgly60B

    - 26 日と 13 時間 30 分 49 秒前
  • みっぽん mippon.blue 知恵袋さん: 定期シェア - 26 日と 18 時間 6 分 56 秒前
  • 草さん: 武藤昭平、食道がん治療に専念へ
    > https://t.co/K1ABZyxmIf

    - 27 日と 6 時間 13 分 1 秒前
  • クガッタさん: RT @natalie_mu: 勝手にしやがれの武藤昭平、食道がん治療のため一時活動休止「必ず元気に戻ってきます」(コメントあり)
    > https://t.co/BcYEvAxLiy


    > https://t.co/PRwfdkKt6q

    - 27 日と 11 時間 36 分 43 秒前
  • さとみさん: RT @UK_PROJECT: 武藤昭平(勝手にしやがれ・武藤昭平withウエノコウジ)一時活動休止のお知らせ
    > https://t.co/kNCgsj93c4


    > https://t.co/4eNOGHOKQh

    - 28 日と 46 分 2 秒前
  • まひまひさん: 勝手にしやがれの武藤昭平が食道がんのため一時活動休止
    > https://t.co/WZeRUA5dMp


    > https://t.co/5fiw1QNho5

    - 28 日と 2 時間 43 分 1 秒前
  • しむさん: RT @re__co: 今度は私がヒーローになって、あなたを助ける✯ 武藤昭平[僕はヒーロー](弾き語り)2017/11/25 at 小倉 CHEERZ
    > https://t.co/9sqyWwT1Uo

    - 29 日と 3 時間 34 分 13 秒前
  • ススキノ@2018年もガンバルンバさん: RT @NorichikaHorie: お釈迦さま誕生祭音楽フェス「SHAKA NIGHT FEVER」を4月15日に求道会館にて開催
    > https://t.co/703ytTo23C

    武藤昭平・南壽あさ子両名によるライブありとのことだが、フェスというからにはもっと出演するのだろ… - 29 日と 10 時間 1 分 25 秒前
  • 圭衣子 けいこはん。さん: RT @katte_official: 【大切なお知らせ】●勝手にしやがれオフィシャルサイト 
    > https://t.co/FyFKYHvebs

    武藤昭平withウエノコウジ オフィシャルサイト 
    > https://t.co/NAMiMvAK7S

    - 29 日と 10 時間 50 分 20 秒前
  • 笹目狗子@J庭&春有難うございました!さん: RT @inu_thee_X1Rm6: ああっこれはウエノサンのベースラインや〜って感じでのああああ〜ってなったシンガポール急行 by 武藤昭平 with ウエノコウジ
    > https://t.co/1RMEM31tno

    - 29 日と 21 時間 34 分 34 秒前

話題のトピック

リアルタイムトレンド


Yahoo!検索ランキング