なぜ「東信」なのか?

「東信」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      厳選された素材で作られた至高の醤油ラーメン / 東京都中央区日本橋室町の「なな蓮」

      江戸時代、五街道の起点となり、水上交通や町人街の発展により賑わいを見せた日本橋。 そんな日本橋は、江戸時代から現在まで続く老舗が軒を連ね、今も昔も様々な選りすぐりの物産が集まる場所として有名な場所。 かつては海に面した土地には運河や河岸が多数設けられ、問屋の倉庫が白壁を見せて並ぶ景色は、江戸時代に多く描かれた錦絵にも見る事ができるほどだ。

      現代に目を移すと、日本橋三越や高島屋などの老舗百貨店を中心にオフィスビルが建ち並び、平日も休日も多くの人々が息づく町となっていることがわかる。 そんな日本橋には、舌の肥えた食通をもうならせる絶品の味わいを楽しめるお店が数多く存在する。たい焼きなどなど、他にも美味しいラーメンや熟成肉、焼き鳥に至るまで、こだわり抜いた名店が軒を連ねている。

      スタイル ともするとラーメン店は、ただラーメンを食べるだけ、という場所になってしまうかもしれない。 黒で統一されたスタイリッシュな店内は、シックで粋。浮ついたオシャレ感ではなく重厚なこだわりが詰まっている。

      お客をもてなすことを中心に据えた店内では、美味しいダシが香っており、まさに至高のラーメン店となっているのだ。

      妖艶なまでのスープの香りは、オトナの色香を感じさせるほどなのだ。

      香りにいざなわれるようにスープをひとくち味わえば、最高のラーメンタイムがスタートする。 比内地鶏を中心とした鶏のダシは、淡麗でありながら、余韻の長い味わい。 厳選された素材を、丁寧に扱っているからこその味わいは、ダシだけでも味わう価値があると言える絶品スープとして表現されている。

      そして、その絶品のスープにあわせられているのが、最高の麺。 4種類の厳選された国内産の小麦を、毎日製麺しているというこちらの麺は、噛み締めるたびに小麦のウマミと香りを感じることができる。 そして最高の茹で加減で提供される絶品のこだわり麺と、スープとの相性は言うまでもない。 ため息まで美味しい、と表現したくなるほどの、おいしいラーメンの余韻を強烈に感じる事ができるのだ。

      もちろん、麺とスープだけでも十二分に美味しいラーメンゆえ、トッピングについても言及する必要がないほどの味わいだ。

      こちらのラーメンには、豚バラと豚肩ロースの2つの部位がトッピングされており、1つのラーメンで2種類の美味しいチャーシューを味わうことができる。 また美味しいチャーシューとスープとの相性は抜群だ。

      きっとそこには、この場所でしか味わえない、まさに日本のラーメンの魂のような味わいが待っているに違いないのだ。


      関連キーワード - タモリ -

      【試写室】バラどころか…“花のない花屋”に衝撃!

      して映し出されるのは、まだ何も生けられていない、大きな試験管さながらの花瓶と、広々とした作業台。生花店というより、何かの実験室という様子なのだ。

      個人からも高級ブランドからも発注が絶えない、“究極の花束”作りに日々挑んでいる。

      同氏は顧客から注文を受けて初めてイメージを練り、それから花を仕入れて制作を始めるという、完全オーダーメードにこだわっている。

      店舗に花の在庫が置かれていないのは、そのためだ。

      外光を遮り、温度や湿度を徹底管理した地下の店で、花の美しさと向き合い続ける同氏の姿を見詰めるのが今回の大筋。 だが、東氏の日常は決して“きれい”にはいかない。開業に合わせて巨大なオブジェの製作を依頼された東氏は、精魂を込めてクライアントの期待通りのものを作っていく。さっそく祭壇を飾るシャクヤクの準備を始めるが、ここにも試練が待ち受けていた。 真っ白な大輪が美しいシャクヤクは、咲き始めたら一気に開花し、そして朽ちていく。式の4日前につぼみの状態で仕入れたシャクヤクを、当日咲かせようというのだ。

      ところが、天候の急変に左右され、調整は難航。冷蔵庫に入れて開花を止めたり、ストーブをたいて開花を促したりするも、東氏の表情は固い。美を追求するアーティストであり、命を扱う研究者でもある彼の、そんなテーマが込められている。


      関連キーワード - タモリ -

      「盆栽」×絶景。フラワーアーティスト・東信によるワールドツアー

      フラワーアーティストの東信さんが、盆栽をワールドツアーへと出発させました。

      実は以前にも、東信さんは盆栽を宇宙に飛び立たせるというプロジェクトを成功させています。

      この写真を撮るため、東信さんとそのチームは世界中を盆栽と旅しました。

      キューブ状のフレームに支えられた盆栽は、私たちが想像できない場所を巡っていきます。非日常的な景色に出会った盆栽から、より一層自然のパワーを感じます。
      関連キーワード - タモリ - グルメ - 恋愛 -

      あの名門金融機関で次々と不祥事発覚の異常事態!業界団体トップ就任で反発噴出

      永田町は7月10日投開票の参議院選挙一色に染まっている。

      その一翼を担うのが地方金融機関であり、信用金庫業界は中小企業金融の中心的な担い手にほかならない。「選挙が近づけば中小企業金融はホットな政治テーマとなる。その信金業界のトップ人事に今、注目が集まっている。

      「多摩信用金庫の佐藤浩二会長の政治力には舌を巻く。次期会長に、佐藤氏の息のかかった昭和信用金庫の神保和彦理事長を据える離れ技をやってのけた。 多摩信金の佐藤会長の全信協会長就任が決まったのは4月27日、6月の通常総会を待って正式就任する。だが、佐藤氏の会長決定までには紆余曲折があった。大前氏は後任会長には東京地区の信金が就くべきとの思いが強かったという。 自らの全信協会長就任が決まった佐藤氏は、取って返す刀で、それまで会長を務めていた東信協の次期会長人事の根回しに動いた。本来中立を保つべき同協会の事務局も佐藤氏をバックアップしたようだ。

      ●老練な信金経営者の深慮遠謀

      しかし、都内有力信金の理事長のなかには、プレミアム商品券をめぐる不祥事などコンプライアンス上の問題が指摘されている多摩信金の佐藤会長が、東信協の会長人事に介入することに反発する声や、佐藤会長時代に進んだ東信協の機能低下を懸念する声が強く、選出は僅差の票決となった。 だが、ここでも佐藤氏の根回しが功を奏し、後任には佐藤氏が推す昭和信金の神保理事長が選ばれたが、この人事が都内信金の新たな心配の種となっているという。 一方、それこそが多摩信金の佐藤会長の狙いとの見方もある。神保会長をサポートする名目で、全信協のみならず東信協にも影響力を保持しようというわけだ。

      まさに佐藤氏による佐藤氏のための信金帝国のようなものだ。

      信金業界では、以前より多摩信金と昭和信金の合併の噂が燻っている。

      大手銀行では考えられない高齢の人事継承の背後には、老練な信金経営者の深慮遠謀が見え隠れする。
      関連キーワード - タモリ - グルメ - 恋愛 - 多摩信用金庫 -

考察。「東信」とは何か?

「東信」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

東信に関する全つぶやきはこちらを -> クリック


    Fatal error: Uncaught exception 'PDOException' with message 'SQLSTATE[HY000] [2003] Can't connect to MySQL server on '127.0.0.1' (111)' in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php:143 Stack trace: #0 /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php(143): PDO->__construct('mysql:host=127....', 'root', '@test55th') #1 /var/www/ggry.net/news1/index.php(562): tweet_output('\xE6\x9D\xB1\xE4\xBF\xA1') #2 {main} thrown in /var/www/ggry.net/sql/twitter_pod5.php on line 143