なぜ「放送法2条14号」なのか?

「放送法2条14号」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

GGRYみんなの意見

  • やんさま さん: #NHK受信料 受信料の支払い義務についての過去の判例 「携帯電話の所持は放送法上の受信機の設置に当たらない」 マルチメディア放送(すでにサービス終了しているNOTTVなど)の定義を定めた放送法2条14号で「設置」と「携帯」が分けられている。 なるほど! mag2.com/p/news/217601 - 4 ヶ月 15 日と 16 時間 41 分 24 秒前

関連する記事のサマリーを読む

      関連キーワード

      NHK受信料、携帯所有者も支払い義務化へ…「不払いだと視聴不可」が実現されない理由

      これは筆者の知人が、NHK受信料徴収員と交わした会話。玄関口でNHK受信料徴収員と話して、首から提げていた携帯電話にワンセグ機能があったため、契約を余儀なくされたというケースもあるようだ。

      受信契約及び受信料に関して定めた放送法第64条の条文は以下の通りだ。

      「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であって、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。原告が上告したが、最高裁は上告棄却し、東京高裁の判決が確定したわけだ。

      上智大学文学部新聞学科の水島宏明教授から聞いた。 ●スクランブル放送 「かつては、NHKが視聴者の理解を得て行われる双方の対等な契約である、というような一般通念でずっと来ていました。

      それがこの10年くらいの間に、法律を盾にとって払わない人には強制的に裁判をして取り立てるという流れが出来ています。

      その方向を後押ししたんだなという理解をしました。

      NHKがすべての番組を放送と同時にインターネット配信できるように、今国会で放送法は改正される見通しです。そうすると放送を見るのはテレビ受像機だけではなくなるという、大きな流れがあるわけです。通信も5Gの時代になって、スマートフォンでフルセグが見られる時代になっていく。テレビを持っているからといってNHKを見るとは限らない。受信料が話題に上るたびに、見る人だけが払う仕組みにすればいいという声は上がる。 契約者以外は見られないスクランブル放送は、WOWOWやスターチャンネル、スカパー!が実施している。

      2017年度のNHKの放送受信料の支払率は、全国値で79.7%。NHKの立場に立ってみれば、現状でそれだけの受信料が徴収できているのだから、煩雑な仕組みを設けることもないということになるだろう。安倍政権に近いとされるフジテレビであろうが日本テレビであろうが、露骨に安倍首相のヨイショをしてるわけではないです。著者は森友学園問題を追っていた、当時NHK大阪放送局の司法担当キャップだった相澤冬樹氏。地を這うような取材で特ダネをつかんでも、その後には、森友学園と安倍官邸のつながりをなんとか薄めた放送にしようとする上司とのせめぎ合いが続いたことが書かれている。

      「NHKの中で代々受け継がれてきた、報道の側が持っている意識があったわけですけど、それさえも忖度しちゃってダメだと言われたり、あるいは放送されないとか、そういうことが起きてしまっていたわけですよね。

      ニュース報道においては、政治部的な報道の仕方、社会部的な報道の仕方があります。 政治部的には森友学園でいろんな刑事事件にもなっているわけですから、そのことが安倍政権の維持だとか、今後の政治動向にどういう影響を与えるのかというのが一つの論点です。社会部的には司法として詐欺事件なのか、それとも財務省の背任なのかという論点があるわけです。背任のほうは全然立件されてないじゃないかということで、検察審査会にもかかっているわけですけれども、立件はされない方向になっています。

      そこをちゃんと報道してないじゃないか、って思う記者たちがいるのは当然です。 そこはNHKという組織の報道の内部の自由ですよね。

      トップが右行けば皆が右行くわけではなくて、それぞれの細かな自由が本来あるはずです。それは産経新聞だろうが読売新聞だろうが、あるわけですよ、個々の記者には。報道する価値のある情報で、裏付けがちゃんと取れていれば報道するというのが報道マンのセオリーです。それはどうしてだって相澤さんは怒っているわけです。少なくとも、そういうことをちゃんとやれるからNHKって信頼できる、となっていたと彼は思っているはずです。 NHKだけが知っていて、これは間違いない事実なんだという話だったら、それは伝える。それは偏向でもなんでもなくて、考えるための材料を国民に提供するという、きわめて公共性の高い仕事です。中立か中立じゃないかっていう話は、割と意味がないんです。それぞれの記者なり制作者がどんな考え方を持っているかというのは、本当にバラバラですから。 相澤さんの森友報道に介入した上司というのも、それぞれ思惑があるわけです。 あくまでも森友学園問題を追及しようとしていた相澤氏は、考査部への異動を告げられる。私も組織を辞めた人間なのでそうでしたけど、いろいろ言われるわけですよ。森友問題を追求しているから、組織にとっては癇に障るというか、ちょっと困った奴だ、やりすぎだよな、分をわきまえろよといって記者から外したかもしれない。同期がどんどん管理職になっているなかで、彼は現場のデスクをやっていたわけで、それ自体が異例のことだったわけですよ。

-->
考察。「放送法2条14号」とは何か?

「放送法2条14号」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

話題のトピック

ブログで注目


    Googleでホットな話題