なぜ「探偵ナイトスクープ 関東」なのか?

「探偵ナイトスクープ 関東」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

GGRYみんなの意見

  • 森そばさん: @mokochobi3190 キムチ鍋美味しいよね😋 モヤシと春雨が合う💡 探偵ナイトスクープは1988年から関西で放送されてるご長寿番組です😀 残念ながら関東のキー局での放送はなく、東京MX日曜17:00〜、栃テレ火曜22;0…
    > https://t.co/T3XP1wvvhB

    - 6 時間 45 分 52 秒前
  • うしさんさん: RT @SizukaNakamura: 今日放送の探偵ナイトスクープを見たら西田局長ラストの回。 (関西と関東でタイムラグあり。) 19年間ご苦労様でした! しかも秘書が岡部まりさんで「懐かしいー!」とかじゃなくて「ウォー!」と声が出た😍 - 9 時間 25 分 58 秒前
  • アーミー@今さらだけど宮瀬みあが好きさん: やっぱり関東では放送少し 遅れてるんですね。 でもたまたま局長交代の会 見れて嬉しかった。 探偵ナイトスクープ - 1 日と 13 時間 20 分 21 秒前
  • RIEさん: 探偵ナイトスクープの新局長、ダウンタウンの松本人志なんだ。この前Twitterでなんか言ってたよね。このことだったんだ!びっくりなのとすごいなぁ~と思った。関東は放送時間が違うから録画だな。 - 1 日と 18 時間 51 分 44 秒前
  • 照明小僧さん: "探偵!ナイトスクープ"関東進行で二週続けて番組のイヤ~なとこ出てるな.... - 1 日と 21 時間 12 分 52 秒前

関連する記事のサマリーを読む

      関連キーワード

        松本人志、「探偵ナイトスクープ新局長」であの“打ち切り”番組ファンが歓喜

        “局長”が、11月29日放送回からダウンタウンの松本人志に代替わりするという。スタジオを探偵事務所に見立て、視聴者からの依頼を出演者である“探偵”と呼ばれるお笑い芸人らが依頼者のもとに行き、解決するプロセスのVTRを鑑賞するという内容だ。

        上岡龍太郎が初代局長を2000年まで務め、2代目局長として西田敏行が後を継いでいた。を入れる意味合いもあるのではないかと指摘されている。

        MXなどの独立局で放送されており、ゆるりとした空気感が漂う独特な視聴者参加型番組として認知度も人気も高い番組です。“やらせ演出”問題が発覚し、そのまま番組が終了。そのためネット上では『クレイジージャーニー』のファンだという人々から松本の新局長就任を喜ぶ声も。 宮根誠司が就任するのではないかとの噂もあった3代目局長。

        『LINDBERG III』から考察するLINDBERGの軌跡とその勝因

        令和最初の邦楽名盤紹介となる今回は、昭和最後の年に結成されて平成元年にメジャーデビューしたLINDBERGをピックアップ。キャラクターも手伝ってポップな印象が強いロックバンドではあるが、少し調べてみると、それはそれで間違いではないものの、決してポップなだけの存在ではないことも見えてきた。ヒット曲を出したLINDBERGは、1990年代を代表するロックバンドのひとつだ。

        最初のヒットであったから、そこだけで見たら、デビューから順調に売れたバンドだと思われるだろうが、実はそうではない。渡瀬マキにとってLINDBERGはメジャー最初の音楽活動ではなく、言わば2度目のデビューであったのである。そもそも彼女は1986年に『1986ヤングジャンプクイーン』でグランプリを獲得して芸能界入り。青年誌でのグランプリ獲得と言っても今のグラビアアイドルとは少し違うものではあったようだが、彼女の最初のキャリアは所謂アイドル活動であった。 個人的には彼女のデビュー時のことはわりと覚えている。

        デビュー間もない彼女がTVバラエティー番組に出演していたことを覚えていると言い換えたほうがいいだろうか。あるので、『探偵!ナイトスクープ』の亜流みたいなものだったものだったのだろう。出演者が全員、ツナギを着ていたような記憶も薄っすら残っている。

        おニャン子クラブ観たさにチャンネルを合わせているところに流れてくる番組といった感じだったのだろう。小柄な渡瀬が奮闘する姿に何か感じるものがあったのか、なぜか彼女のことは記憶に残っていた。発売は1990年2月だったが、この楽曲は所謂“月9ドラマ”の『世界で一番君が好き!』の主題歌として同年1月からオンエアされていたので、リリース前からその歌声は耳にしていたと思うが、その時はヴォーカルが渡瀬だとは気付いていなかったと思う。最初にそれを認識したのは彼女たちが歌番組『歌のトップテン』に出演した時。ブラックジーンズに長袖Tシャツという姿だったと思う。いかにも当時のビートパンクバンドらしい出で立ちで登場した渡瀬を見て、“おっ、彼女はあの時の!”とスワッとしたことを思い出す。“嫌やったから”と関西訛りで笑って答える姿も印象的だった。 その後のLINDBERGの活躍は軽く前述した通りだが、デビュー間もなくヒット曲に恵まれたバンドではあったとはいえ、そこまでの道徳は決して平坦なものではなかったことは、渡瀬の経歴を振り返っただけでも想像するに難くない。永井のオフィシャルサイトによれば、彼が上京したのは18歳の時とある。川添も永井と同じ年に上京したとなると、1989年のLINDBERGのデビューまで凡そ7年間を費やした計算になり、彼もまた決して楽な道のりを歩んできたミュージシャンでなかったことが分かる。II』から5カ月という短いインターバルでリリースされた作品だ。

        I』から7カ月後に発表されているので、約1年間で3枚のアルバムを世に出していたことになる。これだけでも当時の彼女らの意気込みが十分に伝わってくるのだが、作品に宿るハツラツとした感じにもLINDBERGのやる気を見出すことができる。Lindberghになぞらえながら、周りからどう見られようと前へ進もうとする決意がそこにある。しかも、それは能天気でノープランな挑戦ではなく、《夜の向こうに》や《涙の向こうに》とあることから、挫折を理解した人の弁であることも分かるし、そこまでの彼女たちの歩みを重ねると実に味わい深い歌詞である。 と、アルバムのフィナーレで“いつか雨はあがる”と言っているのも清々しいところだ。

        見出せる、わずかな後ろ向き──言わば1パーセント以下のネガティブさがあることで余計に溌剌とした印象になっているのだろうし、だからこそ多くのリスナーの心に響いたのだろう。 ■押し引きのバランスが絶妙 そうしたリアリティーを損ねていない歌詞が、エッジーなギターサウンドに彩られながらもメジャー感の強い開放的なメロディに乗せられているのだから、LINDBERGの楽曲が大衆に支持されないわけはなかった。しかも、1980年代半ばにREBECCA、BOØWYがブレイクし、そこから“イカ天”に代表されるバンドブームへの流れの中で、すでにロックバンドは巷で認知されてたわけで──結果論であることは承知で述べるけれども──渡瀬がアイドルではなくロックバンドのヴォーカリストの道を選んだのは正解だったのだろう。フィードバックノイズが強調され、ディストーションがほどよく聴いたエレキギターの音から幕を開け、全体的にも如何にも90年らしいドライかつシャープなサウンドを聴くことができる。ハードロック的なアプローチと、多彩な表情を見せるが、いずれも弾き過ぎず抑え過ぎず、押し引きのバランスがいい印象がある。Adams風味があったりもするのだが、それもまったくこれ見よがしでなく、どこか奥ゆかしさを感じるほどのバランスで入っている。

        後半ではサイケなストリングスが聴けたりと、ロックバンドのマナーに則ったようなサウンドを聴くこともできるのだが、これもまた長すぎず、まったくマニアックに聴こえないのである。この辺りが即ち大衆を意識したものかどうか分からない。分からないから想像でしかないけれども、アルバムとはいえ、ロックバンド然としたサウンドをこれ見よがしに示さなかったことは、LINDBERGが多くのリスナーに親しまれたことと無縁ではなかった気がする。III』を聴いて改めて感じたLINDBERGの特徴を記しておこうと思う。誰が作る曲にしてもとてもキャッチーであることに議論を待たないと思うが、そのどれもが渡瀬の声のレンジにとてもマッチしている印象が強い。ちろん、そもそも渡瀬は幅広い音域を歌いこなせるだけのヴォーカリストではあるのだろうが、いたずらに高音低音を強調することなく、サビにつながるBメロ後半やサビの聴かせどころでいい具合の音域に突入しているのである。全体的には高音域ではあるのだが、無理のないギリギリの高音と言おうか。これはLINDBERG楽曲の溌剌さをベストに表現していたとは言える。そんなふうに考えると、改めて言うことでもなかろうが、LINDBERGというバンドは、歌詞、サウンド、メロディー、その全てにおいて、絶妙なバランスを発揮していたバンドであったのだろう。

        『快傑えみちゃんねる』関東進出は“瀕死”のフジテレビを救う? 「弱気な試み」の成否は……

        東京に住んでいると、面白い番組は東京発のものばかりだと思いがちだが、それは大きな誤りだ。

        「『快傑えみちゃんねる』は、司会の上沼恵美子と、ひな壇に座った複数のゲストがトークを繰り広げるバラエティ番組です。 「フジのこの時間帯は、もともとニュース番組が放送されていましたが、視聴率不振が甚だしくて15~16時台の放送が打ち切られ、その後はドラマの再放送が中心でした。 下手な挑戦をするぐらいなら、実績があるもので勝負するのはよくある話。しかしテレビ界の歴史をひもとくと、フジの試みが成功する確率は低そうだという。 「関西の人気番組を東京に持ってこようというプランは定期的に持ち上がりますが、うまくいったためしがありません。
        放送がすでに30年を超える『ナイトスクープ』は、23時台という放送時間にもかかわらず、毎回15%前後の視聴率を取るオバケ番組ですが、関東ではいろいろと時間帯を変えて放送してみたものの、視聴率は関西の半分もいきません。
        しかも関西ローカルの番組が関東で放送されるのは、タレントにとっても喜ばしいことではないという。 「関西ローカルのトーク番組に出る多くのタレントは、“少々話を盛ろうが、面白ければOK”というノリで番組に臨みます。 4月からは夕方のニュースに加藤綾子を投入し、局面の打開をもくろむフジテレビ。

    -->
    考察。「探偵ナイトスクープ 関東」とは何か?

    「探偵ナイトスクープ 関東」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

    話題のトピック

    ブログで注目


      Googleでホットな話題