なぜ「尖閣」なのか?

「尖閣」に関するQ&A- 知恵袋, OKWave, 教えてGoo, Twitterなど

関連する記事のサマリーを読む

      ついに攻撃型潜水艦を派遣!尖閣・沖縄の"奪取"を目指し、日本を揺さぶる中国の戦略

      中国軍の艦艇と潜水艦が尖閣諸島沖の日本の接続海域を航行した問題で、その潜水艦が新型で攻撃型の原子力潜水艦だったことが新たに分かった。呼ばれるクラスのもので、射程540kmとも言われる長距離巡航ミサイルや、射程40kmの対艦ミサイルが搭載可能だという。また、映像では捉えられていなかったが、この潜水艦と共に中国軍の艦艇も侵入。これらが揃って尖閣諸島の接続海域で確認されるのは初めてだ。

      氏は「越えてはいけない一線を越えてしまったことの背後には、尖閣諸島を日本から奪いたい、そして軍事的圧力をかけたいこという狙いがある。領土から約22km外側にある領海のさらに外側の22kmの水域を差す。 16日放送のAbemaTV『AbemaPrime』に出演した、元産経新聞の北京特派員でジャーナリストの福島香織氏も「年明け早々に強気な態度できたなと。無害通航の場合、潜水艦は浮いて通るが、潜れば攻撃の意思があると判断されても文句を言えない。また、接続水域まで留めているあたりが日本の出方を見ている感じもするが、領海に入れば日本も海上警備行動を取るかもしれず、そうなれば抜き差しならない関係になってしまう。日本はこれに対して然るべき態度を取らないと、次はもう一歩と、サラミスライスのように迫ってくるのが今の中国のやり方。2016年くらいから色々な形でやってきて、いよいよ潜水艦まで出てきたという感じ。 静岡県立大学特任教授で軍事アナリストの小川和久氏によると、今回、海上自衛隊は最初から最後まで潜水艦を追尾しており、いつでも撃沈することができる状態にあったったという。 福島氏も「日本側は追尾できたから落ち着いていて余裕なのかもしれないが、中国が本気で尖閣を取りに来ていること自体にはもっと騒いでいいと思う。世が世ならこれで戦争が始まっていたかもしれない。 相次ぐ日本への挑発とも取れる行動に対し、菅官房長官は「中国に対しては11日、12日の2日に渡って外務事務次官から駐日中国大使に対して重大な懸念を表明し、厳重に抗議、再発防止を強く求めている。

      11日、外務省の杉山事務次官は中国の程永華駐日大使を呼び出し、重大な懸念を表明、抗議を行った。一方、中国外務省は11日、海軍の行動を正当化する声明を発表。また中国国防省は「中国軍艦の活動は正当な権利だ。

      「今は間違いなく日本が実効支配しているが、中国は"奪い返す""尖閣は日本に取られている"という表現を使っている。

      2022年になれば、日本が半世紀も実効支配を続けてきたことになり、日本の領土として国際社会の認識も定まる。だから中国は海洋国家として海軍を強化し、台湾、沖縄も取り戻すと主張している。

      を掲げ、アメリカと肩を並べるような大国になり、世界の舞台の中央に躍り出ると主張している。

      インドとの国境、最終的には外モンゴル、ロシアに奪われた領土も返してもらおうと思っている。

      前出の石氏も、「尖閣諸島奪取のために、まず日本の実効支配を崩すことが狙い。そうすれば、日米安保が担保されなくなり、米軍の影響力も排除できる。その次の狙いは沖縄で、これも米軍を追い出すことが目的。 東海大学海洋学部教授の山田吉彦氏によると、仮に中国の艦艇が領海に侵入した場合、海上警備行動が発令され、自衛隊の艦船が派遣される可能性がある。決して暴力は使わず、明け渡す、という選択を取るのか、決して勝てないけど、一目置かれて、なだめることができるような存在を目指すのか。"喧嘩は嫌だ"ばかり言っていても、"パン買ってこいよ!"みたいな存在になってしまうかもしれない。世界はそういう現実だということを議論しなければ行けないと思う。明治維新から敗戦までの間、"植民地になってもいい"というスタンスでいたとしたら、今の日本の平和や豊かさは無かったと思う。 福島氏も「実効支配を守るといっても、挑発に乗って紛争になってしまえば国際社会がどう見るか。いくら自衛隊が精鋭揃いだと言っても、中国とのガチンコ勝負はできない。国際社会を味方につけない限りはなかなか難しいまさに日本の胆力や戦略性が問われる。
      関連キーワード - AbemaTV -

      「安倍さんには早く辞めてもらって」田中眞紀子氏が自民党、進次郎氏、そして野党をメッタ斬り!

      1993年、同期で初当選し、共に将来の総理候補と言われた田中眞紀子氏と安倍総理。初当選から13年後にはトップに登りつめ、二度目の就任では異例の長期政権を続ける安倍総理。13日放送のAbemaTV『みのもんたのよるバズ!』に出演した眞紀子氏が、そんな安倍一強の現状に"眞紀子節を炸裂させた。 まず、安倍総理のバルト三国歴訪に疑問を呈した眞紀子氏。「国会を開かないで、議員に月200万円ずつ配っている。

      財政再建が言われる中、仕事しないでお金がもらえる。 かつて国会の場で、安倍総理を右傾化していると批判したこともあった。平和志向の経済大国になって、世界のあらゆる人種を超えて感じられている普遍的な価値を重視する。一人ひとりの命を大切にして、平和な世の中を築いていく。戦争を引き起こした方たちの哲学にあると思うし、その関係者、お孫さんであるとか、A級戦犯でなくてもB級、C級戦犯の関係者がマスコミにも役人にもいます。

      そういう方たちにしたら、過去の事実を、ファクトとして潔く認めたくないという気持ちがあると思う。 さらに「安倍さんはアメリカの顔色ばかり見ている。

      巣鴨の拘置所にいたけれども断頭台の露に消えずに済んだ。

      だから50万円もするゴルフのパターを持ってアメリカにすっ飛んでいったりして。ああいう差別論者が大統領、政治家になるべきではない。エルサレムだって突然、あそこを首都として認めると。 かつて自身を外務大臣に指名した小泉元総理の次男、小泉進次郎衆院議員に対しても"かわいい坊や"と手厳しい。次は進次郎君をあげてバシッと落とすんじゃないかな、と思ってみている。

      すけど今まで何か安倍内閣の法案の通し方に反対したことがありますか。そういう反対論を一度も手を上げて言っているのを聞いたことないですよ。若い、現実的にバッジを付けている議員だったらそこで発言しないで、いつやるんですか。筆頭副幹事長なら、なおさら泥を被って火の中に飛び込まなきゃいけない。あの坊やがやるのかなと思ったら、マスコミ向けにさも分かったようなこと言ってるけれど、自分は一議員として行動を起こしていないでしょ、ということを申し上げている。

      そんな"安倍一強"を支える格好になっている野党の責任も追及する。小池さんに乗っけられてしまうなんて典型じゃないですか。薬害エイズの時に一緒に質問をしたことがあるんですが、相手に対して言葉もよろしくなかったし、激しいんです。結婚して、お子さんができて、受験が大変だったなんて国会で雑談をしていて、随分角が取れてきて。 「うちの父たちの頃のような古い自民党の体質、非常に悪い形が安倍さんになって出てきた。仕事がないから政治家になったような、へなちょこ侍ばかり。また、政界復帰の意志を問われると、「皆さん、そういうことをおっしゃるけどね。

      それだったら大統領制になるか、首相公選制度にしてください、というとみんなギャーと言って言わなくなる。
      関連キーワード - AbemaTV - AbemaTV -

      ウーマン村本が言及しなかったこと「大久保利通の決断が沖縄・尖閣諸島を守った」

      インターネットでは、村本氏を批判するコメントが溢れていて、その不見識を非難するのは容易いが、インターネットで情報を得ている若い人たちが尖閣諸島や沖縄の領有問題に関心をもってくれたのだ。

      せっかくの機会なので、沖縄及び尖閣諸島がいかにして日本領になったのか、その経緯を紹介しておきたい。 実はこの経緯には、NHKの大河ドラマ『西郷どん』の主人公、西郷隆盛とその盟友、大久保利通が深く関係している。

      西郷らが主導して成し遂げた明治維新によって日本は、それまでの江戸幕藩体制から、近代独立国家へと移行し、懸命に国家体制を整備するようになる。 その課題の一つが、沖縄などの領土の確定であった。この関係をもって琉球は中国の属国だと考える人がいるが、それは誤りだ。

      《今の中国は、使節がやってきた地域はすべて昔から中国の領土だったと言いますが、友好使節を派遣しただけで、支配されていたわけではありません。
      》 朝貢をしていたからと言って、中国の支配下に入っていたわけではない、ということだ。

      このため明治時代になり、日本政府は、琉球つまり沖縄の帰属問題に直面する。10月、台湾に漂着した宮古島住民54名が、台湾の先住民のパイワン族に殺害される事件が起こった。台湾の原住民は、自国の領民に含まれないので、日本人が殺されたのは自分たちには関係がないと、責任逃れをしたのだ。

      この清の回答を聞いて激怒したのが西郷隆盛の盟友、大久保利通だった。 ◆大久保利通は、日本中と世界中を敵に回した 実はこのとき、大久保利通は四面楚歌、周りは政敵だらけであった。郷里に帰った元勲のひとり、江藤新平は翌1874年に2月、不平士族たちに担がれて佐賀の乱を起こす。 そうした政治的混乱に直面しながら、大久保は佐賀の乱から僅か3か月後の1874年5月、台湾出兵を決断したのだ。

      因みに大久保と共に政府に残った三条実美らも、当時の列強諸国も、台湾出兵には反対であった。パークスはお雇い外国人の引き上げを示唆するなどの圧力をかけてきました。

      それでも大久保は、列強諸国にこう反論し、台湾出兵を断行した。「あなた方は日本を文明国ではないと不平等条約を押し付けてきた。》 大久保の主張を認めたイギリスの仲介により、日清両国は互換条約を締結し、清政府は日本に50万両を支払った。 《避難民に対する見舞金十万両、戦費賠償金四十万両を支払ったということは、宮古島の島民を日本国民と認めたということです。 もっとも清は協約を結んだにもかかわらず調印を拒否し、最終的な領有権の解決は1894年の日清戦争後になった。戦争に敗れた清は、台湾を割譲し、同時に沖縄を日本領と認めざるを得なくなったのだ。

      沖縄の帰属問題を解決したからこそ尖閣諸島も日本領に編入することができたわけだ。

      し大久保利通が、国内の政治的混乱や国際社会の反対を理由に、台湾出兵を決断しなかったら、沖縄と尖閣諸島の帰属問題はその後も外交問題になっていたかもしれない。言い換えれば、大久保利通のような指導者がいたから、沖縄も尖閣諸島も日本領になっているのだ。

      その一方で昨年11月、私が訪れたとき、台湾や中国から来た観光客たちがこの墓碑を見学していた。この墓碑の重要性を台湾や中国の人々は知っているのだ。

      だが、国際法上、尖閣諸島を実効支配しているとみなされるためには人員の配置や建築物の建設が必要だ。

      主張する外国や国内の与党勢力の反対があるからだろう。だが、明治時代、内外の反対を跳ねのけ、大久保利通が台湾出兵を断行しなかったら、果たしてどうなっていたことか、いまこそ思い起こすべきだろう。
      関連キーワード - AbemaTV - AbemaTV - NHK - トランプ大統領 - 衆議院選挙 -

考察。「尖閣」とは何か?

「尖閣」を世間のツイート・つぶやきから見てみる

GGRYみんなの意見

尖閣に関する全つぶやきはこちらを -> クリック

  • 彩花さん: RT @Sankei_news: 北漁船や尖閣に対応、福井・鹿児島などに大型巡視船の拠点増設
    > https://t.co/9ugALn9EMM

    - 4 日と 14 時間 12 分 52 秒前
  • 十六夜ま〜ぼ〜☪︎ᴾ湾岸ヘタクソな犬さん: RT @hyakutanaoki: 朝日新聞は、慰安婦の日韓合意で、韓国の肩を持ったり、尖閣の中国潜水艦の記事を一面から外したり(他紙はすべて一面)、マジで潰れてもらわないといけない!! - 4 日と 14 時間 12 分 58 秒前
  • たかさんさん: RT @bluesayuri: ただ昨年1年中共海警船30回の尖閣12海里侵入!今回海警船でなく!今年開始9日間3回の挑発、中共の海軍軍艦と潜水艦だよ!中共軍事サイトで恥もなく「今度こそ釣魚島を奪還」と自慢、これは「日中友好」のプレゼントだよ?日本は幾ら弱くて屈服しても、本当に… - 4 日と 14 時間 13 分 46 秒前
  • キノコさん: @adachiyasushi 選挙詐欺ですね(^^;;そうまでして中国に沖縄と尖閣をさしあげたいのでしょう。 - 4 日と 14 時間 14 分 20 秒前
  • 暁美家ほむ要塞さん: RT @chidiremen11: #武田邦彦「交戦権が無いのは国じゃないからと、米国が英国に説明して9条2項が入った。これを削除しないと日本は独立しない。中国が尖閣や沖縄を取ろうと我々には交戦権が無い。横田めぐみさんを取り返してこなかった原因。現在の日本人は国を守ると言う気持… - 4 日と 14 時間 14 分 45 秒前
  • チーグルさん: RT @NAGAYAMAHIDEKI: そう言えば #岩波書店 は台湾だけでなく、尖閣問題でも中国寄り。そこで『#広辞苑』6版で「尖閣諸島」項を見ると「中国も領有権を主張」とあるので、先日質問状で「どこの国の領土?」と見解を質すと、何と回答を拒否された。さすがは岩波だ!第7版は… - 4 日と 14 時間 16 分 18 秒前

話題のトピック